« ジィ~ジの江戸滞在覚書(後半) | トップページ | 師走の角田山その2 »

2009年12月31日 (木)

師走の角田山

午後からポッカリ時間が空いたので、定番?角田山。

12月25日(金) 晴
1週間前の24年ぶりのドカ雪も、除雪の結果、道路には殆ど見らず。
何時ものコース稲島コースの広い駐車場も除雪され脇に積まれた雪だけ。

昼過ぎ、それも2時半近くのスタートです。

 P11800941 P1180095
(写真 左) 稲島コース登山口駐車場 除雪され雪は脇にどかされて
(写真 右) 稲島コース三合目付近 杉の小枝が散乱

歩き始めて吃驚 至る所に過ぎの枝が大量に散乱

更に進めば…

 P1180096_2 P1180097
(写真 左) 五合目手前東屋脇
(写真 右) 六合目途中 根こそぎ

山頂まで数十本の杉の大木が根こそぎ倒れ、登山道を寸断してます。
過って何年前か?台風の影響で何本か倒れた杉を見たことがあるものの
あまりの様相に言葉が出ません。

 P1180099 P1180101
(写真 左) 山頂小屋 健養亭 山頂で4,50センチ?
(写真 右) 九合目向陽観音 雪を纏った粟ヶ岳 *向陽観音の看板倒壊

七合目では小さな雪崩跡?発見

 P1180103 P1180104
(写真 左) 七合目小さな雪崩の跡が見られます。
(写真 右) 六合目を下山の相方 無残な状態

今回の降雪 ジィ~ジはたまたま上京中で正確な状況は不明なるものの
あまりのドカ雪で枝がその重量に耐え切れなかったのだと思われます。

それにしても凄い有様で、自然の力を今更ながら思い知らされたのです。

登山道の整備にまた費用と労力が相当掛かることでしょう。

ジィ~ジの角田山 21-20 でした。

                             続く

 

|

« ジィ~ジの江戸滞在覚書(後半) | トップページ | 師走の角田山その2 »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
ジィ~ジが江戸で遊んでいる間に、一番酷いときの角田見てきたんですよね!
たっぷり水分を含んだドカ雪の怖さ計り知れないものがあります。

この後始末 またまた大変ですね!手伝えることあるかな?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月 2日 (土) 21:31

ねぇー、凄い事態でしょ。
雪の重みで垂れ下がった枝の雪を、ガンガン叩いてみたのでが、全く落ちませんでした。 ベッタリ癒着した感じでした。
ただ、予期せぬこうけいに吃驚!!
昨日、稲島コースに登り・・・。 改めて痛々しい倒木に吃驚でした。

投稿: tuba姐 | 2010年1月 2日 (土) 21:17

赤鬼さま
明けましたね 今年も宜しく
杉の木折れたり、根こそぎ倒れたり悲惨そのもでした。
雪は怖いネ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月 1日 (金) 08:05

今回の雪は、水分をたっぷり含んだ重いゆきだったのよ。だから杉が
やられたんだね。

投稿: 赤鬼 | 2010年1月 1日 (金) 07:47

カモシカ永井さま
大晦日の夜になりました。
今年も身の回りに良いこと悪いこと色々有りました。
その中でも永井さんにお会いできたことは、特筆するべきことでした。
>来年は同年生の平井さんと、どこかの山小屋で酒酌み交わしながら、人生と山について語り合いたいと思っています。
小生も望むところです。
健康第一でお互い新しい年を迎えましょう。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年12月31日 (木) 19:31

ドカ雪の被害甚大ですね。
角田山は新年登山で登られる方も多いのではないでしょうか。
登山道整備する人も大変ですね。(お金の方も)
春のお花見頃には復旧できると良いですね。

平井さん
今年はたくさんのコメントいただいて本当に嬉しかったです。
どうぞ良いお年をお迎えください。
そして又来年もよろしくお願いいたします。

PS
来年は同年生の平井さんと、どこかの山小屋で酒酌み交わしながら、人生と山について語り合いたいと思っています。
奥様にもよろしく。

投稿: カモシカ永井 | 2009年12月31日 (木) 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/47163399

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の角田山:

« ジィ~ジの江戸滞在覚書(後半) | トップページ | 師走の角田山その2 »