« ジィ~ジの江戸滞在覚書(前半) | トップページ | 師走の角田山 »

2009年12月30日 (水)

ジィ~ジの江戸滞在覚書(後半)

約1週間に亘ったジィ~ジの江戸滞在   前半は→コチラ

この時期の関東連日晴天 ここが日本海側と違う最大POINT。

12月21日(月) 晴
娘の旦那様、会社で一仕事してから大阪へ出張の由。

娘は自宅開放して幼児から小学生まで幾つかグループ分けして、
英語のパーティをしており、間近に迫ったクリスマスイヴェントの準備で
大忙しです。娘が準備に集中できるよう、邪魔するわけに行きません。

*英語パーティ
Helloと言う唄を唄って挨拶し、英語と日本語の絵本を読み聞かせ、その
絵本から子供達にテーマを与え、劇を演出させ想像力を伸ばす。
全国組織です。


ジィ~ジと相方はこの日から休みに入った下の孫と三人で、高尾山へ。
娘たちのマンションから車で約1時間ほど?

 P1180018 P1180024
(写真 左) 高尾山ロープウェィ駅前
(写真 右) 薬王院山門

高尾山、ジィ~ジ3度目 昨年は1年生の孫娘と6号路を歩いたのですが
今回は、あまり山に興味の無い下の孫娘、ロープウェィの利用です。

 P1180037 P1180039
(写真 左) 山頂にて
(写真 右) 山頂より富士山望んで

冬至の頃に、夕方ダイヤモンドFUJIが見られるとのこと、そのせいか?
大きな高価なカメラを持った写真愛好家の人達がそれぞれ三脚立てて
何十人も場所取りに懸命の様子。

 P1180045 P1180046
(写真 左) 相方の後を追う下の孫
(写真 右) 4号路吊橋の上にて

高尾山 いつ来ても多勢の人です。

マンション帰って孫娘  「ママ 高尾山 とっても楽しかったよ」
娘から我々に「ありがとう 仕事がはかどったよ」

12月22日(火) 晴
この日は、マンションの部屋開放して、娘の主催する英語教室の
パーティがある為、ジィ~ジと相方は居場所がありません。

折角のお江戸 少し歴史に興味の有るジィ~ジ 前から一度は行きたいと
思っていた 【江戸東京博物館】へ出かけることに…
 P1180059 P1180064
(写真 左) 絵草紙屋再現 内部展示
(写真 右) 江戸博物館外観

企画展は、<将軍綱吉と元禄の世>
時の将軍 綱吉の縁の品々多く興味深く見るものの、展示品保護の
関係もあるらしいが、あまりにも暗く少しガッカリ。

常設展示
関東大震災 第二次大戦下 昭和30年代の東京の様子。
見学の多くの小学生、現代の暮らしとのあまりの違いに驚いている。

企画展に依っては再訪したく思うジィ~ジです。
ただこの建物 吃驚する程、巨大では有るが、どうにも無駄な空間が
多く有るような気がしてなりません。
外観も歴史博物館にしては少し違和感があるかな…と。
*価値観 見方人様々ですが。。。。

この辺り、見所沢山。
芥川龍之介生育の地、勝海舟生誕の地 

本所松阪町と言えば、忠臣蔵 吉良邸

 P1180068 P1180069
(写真 左) 吉良邸裏門一部(再現)
(写真 右) 吉良邸跡説明板

過っての吉良邸の1/86で本所松阪町公園として利用。

両国は勿論 大相撲 国技館
駅の周辺には、鬢付け油の香する多勢の相撲取りも見られます。
時津風部屋 井筒部屋 出羽海部屋 二所ノ関部屋 春日野部屋など
それぞれ大きなビルで、上層階はマンションになっている様子。

大関 琴欧州関付け人と二人でタクシーでどこかへ行ったようです。

両国 回向院
昭和40年 この地に両国講堂があったとき、大学の或る選手権の関係で
来たことを懐かしく思い出します。

時間はまだたっぷり
今度は趣をガラリと変えて…
ゆりかもめ にのってお台場です。

ミーハージィ~ジ 正におのぼりさん。
フジテレビ 球体展望室 「はちたま」から東京湾の展望です。

 P1180074 P1180077
(写真 左) 東京湾レインボーブリッジ
(写真 右) 夕暮れの東京 羽田へ向かう飛行機後絶たず

 P1180078 P1180086
(写真 左) 夕陽と富士山
(写真 右) ライトアップのレインボーブリッジ

ジィ~ジ これでも22年前、丸の内のそれなりに知られたビルの10Fで、
連日 皇居を眺めながら仕事をしていたのですが、今や全く隔世の感 大

田舎から東京見物に来た ジィ~ジのおのぼりさん、そのものです。

何処の国?と思うような夕闇迫る大都会 東京林立する超高層ビルを
眺めながら電車で帰ります。

吉祥寺駅到着 今宵は相方と二人。
ヨドバシカメラ8Fの韓国料理店で韓国鍋のディナーとします。
腹も満たされ、チョッピリほろ酔い状態で娘たちの待つマンションへ…

二人の孫 口を揃え大きな声で「お帰りなさい パーティ楽しかったよ」
娘曰く、付き添いママさん達も即席出し物したり、大盛り上げ大成功。

12月23日(水) 晴
娘一家と朝食 
出張から帰った娘の旦那様、半年会えないので「くれぐれも身体を大事に!」

皆に見送られ車を出します。
この日、今上陛下の誕生された日で祭日。ETC割引で雪の新潟へ戻ります。

 P1180090 P1180093
(写真 左) 上州武尊山
(写真 右) 谷川岳 オキの耳 トマの耳

環八もスムーズ、関越道は言わずもがな。
マンション出てから4時間掛からず13時過ぎ新潟西IC到着。

またまた二人だけの生活に戻ります。
新潟地方 雪こそ降ってはいないものの日本海側の空模様。

ジィ~ジ江戸滞在覚書  おしまい。

|

« ジィ~ジの江戸滞在覚書(前半) | トップページ | 師走の角田山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
本年もどうぞ宜しくお引き回しの程、お願い申し上げます。

3月東京ですか!?我家は4月の入学式かな?
高尾山前回は全部歩いたのですが、今回は時間が足りなかったのと
下の孫、チョッピリ我儘で根性が少し足りないようなのでロープウェイに…

お江戸は見所満載ですね。まだまだ彼方此方行きたいところい~っぱい~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月 2日 (土) 15:03

高尾山は、わたしもロープウェイ利用の最短コースでした。
お江戸は”名所”が沢ぁ~山! アリーノですね☆
3月には「ちょいと、東京まで!」の予定ですが、【江戸東京博物館】に足を運びたいなぁ~。

今年も、宜しくお願い致します。

投稿: tuba姐 | 2010年1月 2日 (土) 13:06

赤鬼さま
大晦日まで仕事ご苦労様です。

正直言えば吉良邸はたまたまで、頭に入っていなかったのよ!
首洗いの井戸など再現して公園になっていたけど、当時の86分の1とか…

問題の時津風部屋も前まで行ってみてきたよ。
駅界隈に力士が多勢、鬢付け油の匂いも良いもんだ。

臨海副都心見ると何処の国?と錯覚起こしそう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年12月31日 (木) 06:44

おいらは今日も仕事だ。吉良鄭あと、一部のみ残っているが、あまりの小ささにびっくりした。あの付近相撲部屋がいっぺことあるよね。

投稿: 赤鬼 | 2009年12月31日 (木) 05:39

カモシカ永井さま
今晩は 
年末の江戸通いも5年になり、今年が最後です。
愈々明日は大晦日ですね!カモシカ永井さんにお会いしたのも
ついこの間と思っていたのですが、時の流れは早いものです。

来年は越後百山の完結のお手伝い出来ればしたいものです。
何はともあれ先ずは健康が基本ですね。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年12月30日 (水) 22:14

師走の東京楽しまれて何よりでした。
幸せ家族のほのぼのとした生活が伝わってきます。
年越寒波が押し寄せてきましたが、どうぞ良いお年を迎えください。
今年お寄せ頂いたご厚意に感謝いたします。有難うございました。

投稿: カモシカ永井 | 2009年12月30日 (水) 21:24

もうぞうさま
こんばんは とうとう晦日になりました。全く1年瞬くのまです。

今の時期 お江戸は何といってもお天気が良いですよねぇ~
5年間通った幼稚園も今年が最後でした。

高尾山は圏央道が出来たので新潟からも日帰り楽勝です。
冬至の今頃はダイヤモンドFUJI が見られるということです。

臨海副都心これが日本?かと思える風景です。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年12月30日 (水) 20:15

充実した江戸滞在だったようですね。
高尾山は1度登った事があります。もうまるで覚えていませんがね。
東京湾の夕景、キレイに撮れてますね。

投稿: もうぞう | 2009年12月30日 (水) 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/47154252

この記事へのトラックバック一覧です: ジィ~ジの江戸滞在覚書(後半):

« ジィ~ジの江戸滞在覚書(前半) | トップページ | 師走の角田山 »