« 21秋季集中[榛名山] | トップページ | てまりつくり »

2009年11月26日 (木)

新潟彼方此方 ⑧

今年の夏ごろより新潟市、特に新潟大学周辺で大きな話題になっている
朱鷺識別番号十三番 (愛称 かずみちゃん) 遅まきながらの見物です。

11月9日(月) 晴
凡そPM 4時半 場所は新潟市西区内野 新川元橋の橋上です。
橋の中央辺りに差し掛かるや否や、ネグラへ帰る真っ黒なカラスの大集団と
別にただ一羽、大きな鳴声をたてながら頭上を通り過ぎ河口へ向かうのは
紛れもなくお目当ての 朱鷺 かずみちゃん。。
上昇気流に乗ることが出来なかったのか?或いはサービスか?旋回して
再び頭上を飛翔。。
     P1170590_2
     新川沿いの住宅の上から旋回してくる十三番  (クリック拡大)
   P1170596_2
    頭上を飛翔する 十三番かずみちゃん

薄暗く、コンデジと撮影技術未熟なジィ~ジの腕ではNICESHOTは無理。

 P1170600_2 P1170604_2
(写真 左) 人家や人通りから僅か十数m.の市街地の松林の塒へ向かう
(写真 右) 新川元橋の欄干手摺にもたれ朱鷺見物の皆さん。

始めてみた飛んでいる朱鷺 もっと早い時期に来ていれば、更に鮮やかな
朱鷺色の羽を見ることが出来たろうにと少々悔やまれます。

*11月11日(水)
角田山からの帰り道、再び新川元橋に立ち寄るも、見物の地元の方から
「昨日の夜から外泊しているようだ!今朝も見なかった!」との話。
結局 寒風吹き荒ぶ中、5時頃まで待ったものの姿見ること叶わず。

新聞報道によれば、弥彦山を越えて長岡市寺泊で連日確認されている由。

偶然にも新潟市西区で見られた最後の日に見ることが出来たジィ~ジです。
ラッキー ラッキーです。

 *十三番朱鷺についての記事は→コチラをご参照下さい。

11月10日(火) 晴
所属するNPO法人の研究会の一つ 〝環境と農業の研究会〟の一環で、
有機農業 減農栽培に取り組んでいる農園の見学と、地産地消 〝昼食会〟。

行き先は 前日の新潟市西区から反対の江南区茗荷谷
〈諸橋弥次郎農園〉です。6代目の当主 諸橋弥須榮氏には過去2回ほど
講演をして貰ったことがあるのです。

 P1170605 P11706081
(写真 左) 諸橋家母屋 有形文化財築90年
(写真 右) 諸橋氏からの挨拶と説明
 P1170609 P1170611
(写真 左) ビニールハウス栽培の苺 越後姫 1月頃から実りだす
(写真 右) 井戸水と雨水で〈蛍〉養殖 カワニナも沢山

 P1170613 P1170615
(写真 左) 苺の親苗
(写真 右) 合鴨農法水田 有機米栽培田 (八俵/一反程度?)

有機米担当は、脱サラ五年の農業未経験の若者ですが、活き活きと
毎日の仕事や苦労談を語ってくれます。

この農園には環境配慮と子供達のために〈ビオトープ〉も有ります。
 P1170616 P1170617
(写真 左) 長谷川理事長の質問に答える青年
(写真 右) 無数のメダカが泳ぐビオトープ

 P1170624 P1170625
(写真 左) 自家製野菜のお昼 栗おこわ 十全茄子 野菜天麩羅他
(写真 右) 囲炉裏の前で挨拶の諸橋園主。

この日は我々のグループ14人と見附市の関係者20数人来園。母屋の
座敷で会食です。

栗おこわお代わりできないのが、玉に瑕?なれど、取立ての有機野菜の
天麩羅や煮物、或いは十全茄子の漬物など美味くない訳有りません。

*注意 お昼は準備の都合上10人以上のグループと事前予約必要。

減反政策 後継者問題など幾多の問題を抱えている農業の中でも
一つの成功例として門外漢のジィ~ジにも何かを与えてくれた見学会と
なりました。

|

« 21秋季集中[榛名山] | トップページ | てまりつくり »

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
朱鷺十三番かずみちゃんに計画的バッタリ Justmeetでした。(笑)
勿論 剥製以外で見たのは初めてだったのでかなり感動でした。

有機栽培・減農薬栽培で育った旬の野菜スーパーで売っているものの味とは
全く比較できません。

無農薬栽培の苺(越後姫)新潟市ではブランド化するべく力を入れています。
大粒で糖度も高くきっとまゆ太さんの口にも合うと思いますyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年11月28日 (土) 11:43

ジィ~ジさん、こんにちは。
かずみちゃんにバッタリ?!よかったですねー
自家製野菜のお昼、とてもおいしそうです。
越後姫も気になります(^^)

#笠ヶ岳のレポ、今更ですがコメントさせていただきました。

投稿: まゆ太 | 2009年11月28日 (土) 10:42

もうぞうさま
貴殿で有れば、優れた技術とデジイチ駆使してきっと記念の一枚撮れたことでしょう。
沢山のカメラ愛好者が高級機材を持って盛んにシャッターを切っていました。

やはり飛んでいる実物を目の当たりにすると一種の感動を覚えます。

当たり前に何処ででも見られるようになって欲しいものと念じます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年11月27日 (金) 20:11

お見事です。
私、まだ見たことさえありません。
燕に居るようですがね~

投稿: もうぞう | 2009年11月27日 (金) 20:02

カモシカ永井さま
いつもcommentありがとうございます。
朱鷺今年2次放鳥されましたが佐渡では群れを形成しだしたようです。
数年後には何処でも見られるよう期待したいものです。

コウノトリも九州で見られたり、信州で確認されたり素敵なことです。
信州に幸せを運んできたのかも知れませんネ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年11月27日 (金) 13:18

トキ、ずーと居ついてくれるといいですね。そして自然繁殖してドンドンと増えてくれると・・・。夢が広がります。
先日信州にはコウノトリが飛来しました。岡山県(?)で放鳥されたものですが2固体です。こちらもなんだかワクワクしますね。

投稿: カモシカ永井 | 2009年11月27日 (金) 09:26

赤鬼さま
お早うございます。
十三番朱鷺の西区でのラストの日?見ることが出来てラッキーでした。
奥方二度も見に行ったのなら一緒にいけばよかったのに!

茗荷谷の諸橋農園は中央市場の近くです。
有機野菜 減農栽培で現在年商約7千万強で、成功事例です。
仕事は大変だけど拘りが客を惹き付ける!?

投稿: ジィ~ジ | 2009年11月27日 (金) 07:22

おいらも見とけばよかったなあ。上さんは二回行ってるけど。茗荷谷
は親戚がある。こんな身近に有機栽培してる人がいるんだ。しかも
蛍まで。偉いねえ。明後日はよろしく。

投稿: 赤鬼 | 2009年11月27日 (金) 06:36

tuba姐さま
新潟市西区滞在最後の日に飛翔して塒へ戻るかずみちゃん見ることが出来て
本当にラッキーでした。1ヶ月も先に行けば良かったと一寸後悔。
何時か当たり前に飛んでいる朱鷺が見られるといいですね。

それにしても十三番かずみちゃん越佐海峡2度も亘るとは、凄いPOWERです。
雄が見つからないのは気の毒!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年11月27日 (金) 06:28

わぁ~~~、す・凄い!!
飛んでいる”朱鷺”撮影に成功!! ですねcamera
クリックして、十三番かずみちゃんをアップで拝見させて頂ましたyo。
わたしも、遭遇したかったなぁ~~~。イイなぁdash

投稿: tuba姐 | 2009年11月26日 (木) 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/46866106

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟彼方此方 ⑧:

« 21秋季集中[榛名山] | トップページ | てまりつくり »