« 晴れ間求めて 鳥海山 | トップページ | キツネノカミソリ(角田山浦浜コース) »

2009年8月19日 (水)

リベンジ?五色ヶ原

前回(7月26日)天候不良に因る途中撤退の記事は→コチラ

足、腰弱り運転免許を3年前に返上した長兄夫婦と帰省中の姪を墓参りに
連れて行くべく生まれ故郷の富山市へ。。。。

無事に墓の掃除と墓参りを済ませ、皆で少し遅めの昼食後、再び長兄の家へ

近況報告など雑談交わし、夕方 長兄宅を辞し・・・・立山駅に向かいます。
翌日の天気予報は晴 sign02 ところが7時頃から又 ポツリ ポツリ rain
まぁ 降ればどこか立ち寄って家へ戻ればいいだけ!と。rvcar sleepy

■ 五色ヶ原 (2,400~2,500m)

 【所在地】 富山市大山町(新設合併)
 【日  時】 平成21年8月12日(水)   
 【天  候】 晴
 【同行者】 相方    計2名
 【行  程】 室堂ターミナル(7:25)~浄土山
(8:40-8:45)~分岐(8:52)
        ~鬼岳(9:20)~獅子岳(10:08-10:13)~ザラ峠(11:00)~
        五色ヶ原(11:40-11:55)~ザラ峠(12:20)~獅子岳(13:30)
        ~鬼岳(13:56)~分岐(14:54)~一ノ越(15:20-15:30)~
        室堂ターミナル(16:20)
                
                
        *行動時間 約9時間00分 休憩 約40分含む
 【高低差】 .
 【地  図】  国土地理院地形図 1/25000 [立山]

記事)
夜中に目覚めた時には、星空が…〝天気期待できるかな!?〟
目覚めたのは4時半頃、ケーブル乗車券は5時発売 急いで券売所へ。
もう既に数十人が並んでいる。それでも始発 6時のケーブルにセーフ。

ジィ~ジが五年生の時ケーブル開通。以来 今まで何十回乗ったことか!

高原バスの車窓からは。鍬崎山、薬師岳 大日・奥大日岳岳 剱岳
ソーメン滝など弥陀ヶ原の絶景が見て取れます。

7時25分 室堂ターミナルから前回同様、浄土山を目指します。
浄土山登山口の小雪渓
も今回は殆ど消えかかっています。
     P11603461
爽やかな空の下、聳え立つ剱岳を横目で見ながら進みます。

岩の隙間にはまだチングルマの群生が彼方此方に点在。

歩き始めて40分ほど、浄土山の手前からは目的の五色ヶ原sign03

  P11603501
前回ホントはこれを参加者の皆さんに見て欲しかったのです。
小突起の鳶岳、鷲岳そして薬師岳 さらに左の後方には笠ヶ岳 
     P11603591_2
         浄土山山頂と剱岳の雄姿
     P11603611
        一ノ越と霊峰 立山(雄山)
     P11603731
       遥かに富士山や南ア北岳なども
  P11603811
龍王岳から一旦下る頃には、五色ヶ原から早出のハイカーと遭遇。
挨拶交わして分かれます。
   P11603821
 龍王から下り、鬼岳を登り返し振り向けば荒々しい龍王岳が
 P11603841
  鬼岳下り大きな大きな獅子岳への登り返しが始まります。
後立山連峰のバックには槍と穂高も望めます。
     P11603891
            眼下に黒部ダム
*前回予定では、五色ヶ原山荘に泊って翌日は〝平の小屋〟経由で
ダム湖畔路逍遙トロリーバスで扇沢の予定だったのですが、この度は
自家用車の為、辛い登り返しのピストンです。
CTは凡そ11時間30分 coldsweats02  (A;´・ω・)アセアセ

汗かきながらどうにか2時間40分ほどで獅子ヶ岳山頂へ、ここからは
戦国武将 佐々成政で有名なザラ峠へ大きな下りが始まります。

11時 ザラ峠
帰りの最終バス時間に間に合うよう、時間に余裕を持って五色ヶ原に
着けなくても一応12時には戻るつもりの二人です。

ザラ峠から上り返しで目的の五色ヶ原ですが精々CTで40分ほど
何とか目的達成可能かな?  ところが周辺にガスが湧き出して…
11時25分 五色ヶ原
  
P1160405
    コバイケイソウとハクサンイチゲの大群落

11時40分 五色ヶ原山荘
     
P11604111
ガス ガス 
長居も出来ません。簡単お昼で直ぐにUターンです。
   
     コバイケイソウとハクサンイチゲの広大な溶岩台地
     チングルマもモリモリと大群生
     五色ヶ原は 高山植物の宝庫です。
     P1160419

五色ヶ原からザラ峠へ一旦下れば、長い過酷な獅子が岳の登り返し。
このコース往路の方が時間も掛かり、疲れた老骨にはかなりキツイ!!
P11604291 P11604301
(写真 左) 過酷な長い獅子岳への登り返し、山頂方向ガスで望めず
(写真 右) ザラ峠は文字通りザレ場
       P1160437
 獅子岳途中にはこんなところもチョコッと在ったりして!
13時30分 獅子岳
このあたりでは五色が原へ向かうパーティ何組も擦れ違います。
一様に声を掛けられます。(変な時間に室堂へ向かっているので)
返答は 「ハイ 懐が寂しいので日帰りピストンです。」と…

或る数人の中高年男女グループ聞けば、前日 一の越山荘泊そして
この日は五色ヶ原山荘さらに翌日はスゴ乗越で泊り薬師岳へ向かうそうな

吃驚するほどリッチだなぁ と思うジィ~ジです。

獅子岳からまた下りが始まり、鬼岳へ再び登り返し 相変わらずガス晴れず。
鬼岳からは龍王岳へ取り付きですが岩岩 ゴロゴロガスで慎重にマークを
探して…
     P11604421_2
龍王まで来れば殆ど後は問題なし。

15時 分岐 富山大学立山研究所

     P1160444
       ガスガス ガスガス前回と同じだ!

こんなときに見れるのは決まって ↓
     P1160448
            花を啄む雷鳥さん
15時20分 一の越山荘
     
P1160454

一寸一服して室堂へ下るだけ。。。どうやらバス時間にはかなりの余裕が!

ミヤマキンバイ点在に目を奪われながらタラタラとターミナルへ戻ります。
     P1160462

16時10分 室堂 玉殿の清水
     
P1160466
持参のペットボトルとテルモスに水を入れて持ち帰ります。


この日に見られた花々(抜粋)
 P1160363_2 P1160366_2 P1160368_2
 P1160377_2 P1160378_2 P1160379_2
 P1160380_3 P1160386_2 P1160385
 P1160387_2 P1160391_2 P1160396_2
 P1160397_2 P1160400_3 P1160418
 P1160426 P1160427 P1160432

 P1160436 P1160441 P1160458
     P1160348_2
     P1160450

室堂ターミナルバス乗車の折にケーブル乗車の整理券が渡されます。

美女平で20分ほどケーブルの順番待ち。
ケーブル7分で立山駅。早速 車に向かう二人です。

汗を流す立ち寄りは、今回は吉峰パーク ユッタリと温泉に浸ります。
ETC通勤割引摘要で立山ICから北陸道を新潟へdash dash dash

11時間30分のCT 何とか9時間でクリアー 雄大な景観と高山植物の
数々を見ることが出来て大満足で無事帰宅。

        リベンジ五色ヶ原  おしまい。。。。。

|

« 晴れ間求めて 鳥海山 | トップページ | キツネノカミソリ(角田山浦浜コース) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

カモシカ永井さま
commentありがとうございます。
今頃は剱岳山頂かと思います。
笠ヶ岳のクリヤ谷で膝を悪くされた由、くれぐれもお大事になさって下さい。
小生はここ数年坐骨神経痛で悩まされ、左腰、尻から踝に架けての
神経が疼いて困っています。
 
次回は裏劔とか、仙人池に映る紅葉の劔が見事でした。懐かしい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月23日 (日) 08:08

yukitubakiさま
五色ヶ原もしまだあるいた事がなければ、ここお薦めコースです。
花も眺望もきっと満足いただけることでしょう。

山は何と言ってもお天気が〝命〟ですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月23日 (日) 07:59

FUKU さま
commentありがとうございます。
>輝さま、なにとぞか弱きFUKUを念頭におかれスローペースでお願いします。
何を仰います?ジィ~ジこそ自分自身が大丈夫?と心配しているのですyo。
問題はお天気です。日頃行状の悪いジィ~ジ果たして晴れてくれますやら…
コチラこそお世話になりますがどうぞよろしくお願いしますね。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月22日 (土) 18:49

みいさま
commentありがとうございます。
このコースタイムかなり甘いのですよ。
ジィ~ジは富山市出身なので、比較的出向くチャンスも多くあるのです。

信州から足を延ばし、越中の山へ再度お越し下さい。

昨年4月龍王岳にトライしましたが、脚力が無いため、アイゼンの効きが悪く、
八合目付近で撤退しましたが、同行の友人夫婦は山頂に立ちました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月22日 (土) 18:43

赤鬼さま
来年のための?下見みたいなものです。(笑)
次回は晴の五色ヶ原是非一緒に満喫しましょう。
このコースタイム分岐から先が少し甘いかも。。
鬼さんであれば楽勝です。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月22日 (土) 18:36

>この日は五色ヶ原山荘さらに翌日はスゴ乗越で泊り薬師岳
私も最近はゆっくりした行程の山登りを楽しんでいます。

八ヶ岳でお見受けしたときに健脚ぶりは伺えましたが、ご夫妻で素晴らしい足ですね。
私は先日笠ヶ岳でクリヤ谷を下ったのですが悪路の長距離で初めて膝痛発生しました。今も少し痛いですが明日から頑張って早月尾根から剱岳登ってきます。
その後も、初めて欅平に入り阿曽原温泉~仙人池ヒュッテ~池の平山という裏剱を計画しています。連続して富山入りです。

投稿: カモシカ永井 | 2009年8月21日 (金) 09:23

ため息が、聞こえませんでした?

あぁ~dash 凄いなぁdash 
山も、お花も、お2人も・・・。
映像、拡大で楽しませて頂きました。
ふぅdash

投稿: yukitubaki | 2009年8月20日 (木) 23:18

わぁ~! 聞きしに勝る健脚ぶり!、
11時間30分のCT を9時間でクリアー それで花を愛で写真に納めて とは凄い!
来週末の「剱岳」が恐ろしくなってきました。

輝さま、なにとぞか弱きFUKUを念頭におかれスローペースでお願いします。
トレーニング、しっかりしないと! もう手遅れですね、 どうしましょう?
心配… ウロウロ… しています。
 

投稿: FUKU | 2009年8月20日 (木) 14:46

しっかしすごい!ですね~^-^
健脚ジ~ジィ様・・・参りました0--0

すぐにリベンジされる行動力もすごい!ですが
11時間以上もあるコースを、さらっと9時間ですか(@@:)

山の天気は、一瞬にして変わりますね(--:)
でも、龍王岳の姿が見れてうれしかった!です^^
我らが登った時、何も見えなかったので・・・

たくさんのお花にも出会え、良かったですね^^v

投稿: みい | 2009年8月20日 (木) 14:35

若いのう。11時間30分を9時間ときたか。こんな花と景色が見れたはずなんだなあ。無念。

投稿: 赤鬼 | 2009年8月20日 (木) 06:27

もうぞうさま
今晩は!
来年是非花に時期に試してみてください。
きっともうぞうさんなら楽勝ですよ!
五色ヶ原晴れてくれたらもっといい景色が見れたのですが…
又 持越しです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月19日 (水) 20:37

凄いです。
私にはとても無理。
それにしても前半はクッキリ晴れて、素晴らし写真ですね~

投稿: もうぞう | 2009年8月19日 (水) 20:31

sanaeさま
我が故郷の山ですから、意外と訪れるチャンスが多いのです。

エリアマップのCTありがたいことにかなり甘め?に設定されているようです。(笑)
最後にガスが湧きましたが、花も眺めも満足でした。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月19日 (水) 19:17

さすがジィ~ジさんと相方さん、さっそくリベンジですね。
それにしても
>11時間30分のCT 何とか9時間でクリアー 
なんて、凄すぎです(@.@;

投稿: sanae | 2009年8月19日 (水) 17:26

noritanさま
来年又花の時期に実行するかもしれないので五色ヶ原はそれまで待ちなさい。
折角なら花とかTIMINGもあるから。
明日から五竜・鹿島槍だけど腰が痛くて…心配だよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月19日 (水) 16:07

リベンジされましたか!
私も仕切直ししたい山ばかりで・・・
かと言って、輝様御夫婦みたいに、健脚日帰りは出来ないし、そうこうしている内に花の時期は過ぎ去るし・・・
この週末、何処に行こうかな?と頭悩ませ、脚と相談しております。
五竜、お気をつけて行ってらっしゃいませ!

投稿: noritan | 2009年8月19日 (水) 15:35

山いろいろ さま
天気が良ければ(何処でもソウですが)花と景観が楽しめるよきコース
来年7月末あたりに歩いてみてください。
小生日帰りできたのだから、貴殿にはチョロイもんですよ。
歩いて損はしないと思いますヨ!是非 メモ メモ

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月19日 (水) 14:57

老骨とは名ばかり!若者も驚く馬力、恐れ入りました。
このコース、五色ヶ原のピストンだけだと、一泊では贅沢だし日帰りはキツイみたいですね。
来年は日帰り11時間でチャレンジしてみようかな?無理かな?

投稿: 山いろいろ | 2009年8月19日 (水) 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/45969979

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ?五色ヶ原:

» 心残りだった「五色が原」 [風の歌を聴け]
7月26日は会山行「五色が原」でしたが、雨と強風の為、途中で撤退でした⇒コチラ [続きを読む]

受信: 2009年9月10日 (木) 04:15

« 晴れ間求めて 鳥海山 | トップページ | キツネノカミソリ(角田山浦浜コース) »