« 今更ですが皆既日食 | トップページ | 新潟まつりを盛り上げたくて »

2009年8月 5日 (水)

予定は五色ヶ原

昨日ここ越後も漸く 〝梅雨が明けた模様〟と発表。(≠梅雨明け宣言)
今年は嫌になるくらい飽きもせず毎日 毎日 梅雨空続き。

新聞・TV・ネットで天気の様子ばかりチェック 様子はコロコロ変ります。
ほんの少し淡い期待を抱かせたり、(まぁ全体的に良くは無いのですが)

7月26日(日)~27日(月)
所属する山の会山行です。企画担当は斯く言うジィ~ジです。
目的地は、五色ヶ原なのです。

今年話題の映画 〝点の記〟の一シーン ザラ峠のテン場へ戻る時
長次郎がトレースが消え、一瞬ルートを見失った あの 五色ヶ原

そして厳冬のザラ峠を越えたといわれる戦国武将 佐々成政 に思いを
馳せること。

コースは五色ヶ原山荘泊 翌日は刈安峠から平の小屋そして黒部ダム湖
逍遙からトロリーバスで扇沢の予定。

*************     *****************     ********  

25日 実施するか取り止めるか 悩みに悩んだ挙句、実行決断。

男性7名 女性15名 計22名の参加者を乗せて、バスは6時に新潟駅を
スタート 。ありがたいことに曇っているが雨は当っていない。
富山に入り、桂台から室堂へ向かって有料道路を走っている頃には、何と!
雲の切れ間から 陽の光も時折射し、一部の山では上昇気流も見られる。

普段 悲観的傾向に陥るジィ~ジも、ヒョットすると暫く持つかも知れない!
なにせ参加者には 晴男の異名を持つ赤鬼氏もいるのだから 
これはヤッパリ神通力かな!? 少し楽観的な気分に…

・・・・ところが 予定通り室堂バスターミナルに到着する寸前から

フロントグラスにポツン ポツン rain

五色ヶ原山荘に電話を入れ、様子を聞いたところ 「特に問題は無い」 
参加者に雨具を着けて貰い予定通り、行動開始

10時35分 室堂ターミナル出発
石畳の道を歩き始めます。
     P1160030
      室堂ターミナルから雨具着けて出発
雨は大降りにはならないものの、ガスが停滞 視界不良。
それでも然程 寒さも覚えません。
 P1160031 P1160032
登山道脇には、チングルマやハクサンイチゲがモリモリ見られます。

相方にペースメーカーを依頼して、途中一の越へのルートと別れ、
先ずはイワゴロの道を直接 〈浄土山〉を目指します。
ツアー客 男女カップル客など下ってくる登山者とも多く交錯します。
11時15分 浄土山登山口
     P11600331
小さな雪渓横断し浄土山へ。、ガスの切れ間もなし…

岩ゴロゴロの登山道ですがこのコース意外と花も多く見られるのです。
ガス晴れぬまま、時折強風が吹きつけてきます。
11時53分 浄土山山頂(2831m.)

     P1160035
ガスにて視界不良、おまけに雨も少しずつ激しさ増します。
風も益々強くなってきます。
それでも参加者の皆さん 装備がしっかりしているのでブルブルと震える
状態にはなっていません。
ただ 天候状態は悪くなることが有っても好転の兆し全く見られません。
とりあえず、龍王岳 手前の[富山大学立山研究所]の建物の脇で
風を避け、間食や温かい飲物で身体を温めて貰います。

参加者の様子を見れば、このまま強行しても無理そうな会員が二,三人
まだまだ大事な方ばかり、事故を起こすわけにはいきません。
赤鬼氏始め同行の今回サブリーダーを依頼したメンバーと相談。

〝撤退〟と決断を下すジィ~ジです。

雨風が少し弱くなるのを待って、五色ヶ原への分岐から逆に一の越
向かいます。

一の越山荘 に向かう頃には殆ど雨もあがり風も少し向きが変り周りの
視界も僅かながら開けます。
一の越山荘の玄関広間は、避難のハイカーで立錐の余地も無いほどの
大混雑。
幸い雨も殆どあがり我らは、室堂を見ながら少し遅めのお昼とします。

     P1160039
奥大日岳の山頂付近は重く垂れ下がったガスが動きません。

ジィ~ジは五色ヶ原山荘へキャンセル依頼の電話をかけます。

一の越から下りは、殆ど問題が有りません。
雪渓を横切る場所が2ヶ所ほどあるものの、雪には慣れている我が会員
軽装のズックを履いた子供達や観光客はそれなりに難儀しています。

参加者の皆さん余裕を持って周りの花など眺めています。

 P1160045 P1160047

一の越から短時間で室堂ターミナル近くへ戻り、序でだから〝みくりヶ池
周辺でもグルリと廻ろうかと思っていた矢先、またポツンポツンと雨が
当り出してきます。勿論取り止め早速 ターミナルへ入ります。
ターミナルは、登山者 観光客で大混雑。メンバーがバラバラにならぬよう
三人の班長さんに絶えず班員の確認を促します。

雨は益々激しさ増すばかり、ターミナルから20m.ほど先に停まっている
バスに向かうにも傘等何の役にも立たないほどの正に滝のような雨
それが一向に小降りになる様子も見られません。何時までも待機出来ず、
雨具を通して登山シャツ ズボンまでびしょ濡れでバスに飛び込みます。

ドライバー氏事前用意の暖かいタオルで身体を拭い、雨具を仕舞って
帰り支度です。

ワイパーが利かないほどの雨の中、バスは慎重に下山。雨脚少しずつ
弱くなり美女平にさしかかったところ、係員から停車の指示。
聞けば、基準以上の雨量で桂台への道が通行止めとの事。
小雨降るなか、車内待機。傘をさし美女平駅で買い物したり時間潰し。

果たして通行解除なるものやら まさかここで一晩?
凡そ30分強で点検作業が終わり 通行止解除 これで漸く帰れます。

時間もまだ早く、濡れたからだ温める為、立山 粟巣野にある
ウェルサンピア立山に途中停車です。

広い何種類もある大きな浴槽に手足を伸ばし、冷えた身体を温めます。

湯上りの火照った身体に、車内での冷えたビールは格別です。

予定変更で目的達成ならず、途中撤退、始めから中止にすべきだった
かも知れません。リーダーとして反省の要があるようです。
しかし 山での天候変化の対応とか、その厳しさとか、ある意味において
参加者の皆さんの勉強になったことも有るのでは…

夜 8時少し前、バスは新潟駅観光バス発着場に到着。

参加者の皆さん お疲れさまでした。
予定変更 深謝いたします。    

               おしまい

|

« 今更ですが皆既日食 | トップページ | 新潟まつりを盛り上げたくて »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさま
連続comment恐縮です。
五色ヶ原縦走は薬師だったのでしょうか?

ジィ~ジも昔、五色ヶ原で一泊翌日薬師岳で太郎平に泊りました。
あの頃は、まだ若くもう少し元気も有ったのですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月19日 (水) 19:07

せっかくでしたのに残念でしたね。
天候による判断はとても難しいです。
特にリーダーは大変だったと思います。
お疲れ様でした。
私は縦走で五色ヶ原をくたくたになって辿り着いたのを思い出します^_^;

投稿: sanae | 2009年8月19日 (水) 17:08

Albatross tuba姐さん
今晩は 今夜も些か酩酊致しておりますが。どうかお許し下さい。

五色ヶ原 我が故郷のエリアでもあり、数回縦走などの折に行って居ました。
今回 99.9%天候が悪い予測があったのですが、敢えて実行したのは、
我々の山歩きの会はツアー会社と異なり、利益追求などの必要性が有りません。
従って夏山でもこんな状態になるんだよ(大したことは無かったのですが)
と言う事を会員に知ってもらいたかったことと、もう一つの理由は
下と上では様子が違うかな?と言う甘い思惑も0.1%あったのは正直
否めません。
明日 改めて五色ヶ原の記事アップするつもりです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月18日 (火) 23:59

五色ヶ原!
地図上で確認しました。
いつも、地図片手にブログ訪問ですyo~~eyeglass
ありゃぁ!…、直ぐそばまで歩いているわぁ~!!
も、しばしばです。

撤退も、リーダーの判断ですよね…。
リーダーの判断を理解できるノボラー隊の理解力。。。
登っても、撤退でも。

機会があったら再チャレンジの山かなぁ~???
計画、参考にさせていただきます~~~。

投稿: yukitubaki | 2009年8月18日 (火) 20:59

甘納豆さま
慰めのcommentありがとうございます。

当日参加のnoritanが夕方、其方の情報を賢明にキャッチしていました。
300キロ弱離れていると天候もかなり違いますね。お天気で何よりでした。

天気確率悪いのに実行したわけは、ジィ~ジ流の警告の意味もあったのです。
(ホンの少し晴れること事を期待もしましたが。)

山は逃げなくても時間だけはドンドン過ぎてチャンスは減る一方です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月 8日 (土) 06:23

今晩は!
文面から大変な様子が伝わってきます。
自然のなせる業、あまり悲観することも無いと思います。
正しい判断だと思います。
同じ日に、自分も日帰りでしたが茂倉岳へ行きました。
不安を抱えながらの山行でしたが、何とか天気も持ってくれました。
ほんの僅かな雲の動きの差なのでしょう。
良いときもあれば、逆もある。
そして参加者は、どんな場合でもエンジョイしてるものです。

投稿: 甘納豆 | 2009年8月 7日 (金) 22:31

noritanさま
コチラこそ先日はお世話様でした。
早く歩く必要は有りませんが、荷を少しでも軽く、そして自分の
身体も軽くすることがコツです。
自分のペースなら…とよく聞きますが、奥の深い、小屋も少ない山域では
辿り着けないことも、或いは天候変化に対応できないことも有ります。
ユックリ歩く事とダラダラ歩くことは違います。
無理はいけませんが、気力も必要でしょう。
先ずは角田でも何処でもいいので、回数をこなし身体を山に慣らすことが大事です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月 7日 (金) 06:35

本当にお世話になりました。
一時の晴れ間、でも雨・・・
目まぐるしく変わる天候に一喜一憂でしたね。
でも、一の越山荘前の昼食タイムは晴れ間で幸いでした。
岩ゴロゴロの道は初めてでした。
大町から室堂へ入れば、個人で行っても周回出来るのでいつか実現させたいです!
いつもそうですが、今回も荷を軽くすることで、もう少し速く歩けるようにしたいです。反省ばかりです。
又、お世話になります!

投稿: noritan | 2009年8月 7日 (金) 05:51

みいさま
遠征の途中からのcomment恐縮です。
今回天気が良くない確率高かったのですが、色んな理屈くっつけて
実行したのです。リーダーとして避難されるかも知れません。

明日の飯豊急に天気が変り終日雨模様なので中止になりました。
デカザックで雨中行軍大変ですから、賢明の策といえるでしょう。

仙台で牛タン肴に宴会ヶ岳登頂なさってください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月 6日 (木) 20:59

せっかく現地まで来て、撤退とは
言いずらいでしょうが、良き判断をされたと
思います^^
山の天候は、本当にあっと言う間に変わりますもんね!

また、来年のお楽しみ~♪

今週末は、飯豊ですか~^^
楽しんでらして下さい!

こちら、やっと仙台までやって来ました^^
明日の天気が心配でっす0--0
無理をせず・・・楽しみま~す^^V

投稿: みい | 2009年8月 6日 (木) 20:25

FUKU さま
今晩は commentありがとうございます。
白馬会山行お帰りなさい。お天気が良くて何よりでした。
きっと素晴しい花々を見ることが出来たでしょう。(大出原辺り)
鑓温泉で心身ともにユッタリ出来たことだと思います。

山は何といってもお天気を味方につけなくては
(何とかと同じで変りやすいけど)
来年は是非晴れて欲しいものです。それまで鍛えねば…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月 6日 (木) 20:20

輝ジィ~ジさま、こんばんは!
昨日、白馬から帰ってきました。日にち変更した甲斐があって
晴れの山歩きが出来喜んでいます。

五色ヶ原あの悪天候でしたが、おっしゃる通り
<山での天候変化の対応とか、その厳しさとか> とても貴重な体験をさせてもらい
いい勉強になったと思っています。有難うございました。
来年また計画されるとか、楽しみにしております♪

投稿: FUKU | 2009年8月 6日 (木) 19:18

カモシカ永井さま
お早うございます。commentありがとうございます。
今回は天気が悪い確率高かったので、中止にするべきだったかも、
それと裏腹に参加者の皆さんに荒天の疑似体験をして貰う気持ちも少し。

7,8年前、五色ヶ原山荘に泊まり、翌日は太郎平の小屋で泊ったことが
有りました。勿論テントでは有りませんが…

来年元気であれば、また企画せねばなりません。(笑)
奥穂高ですか!小生は、ユックリユックリ1泊で飯豊の頼母木です。
天気辛うじて持ちそう?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月 6日 (木) 08:52

花の宝庫・五色ヶ原又のお楽しみが残ったと言うことですね。
私は一昨年素晴らしい天気の中テント張ることが出来ました。越中沢山を越えて薬師岳に縦走(太郎平~折立に下山)しましたがムスコと二人で越中沢山の岩場でびびったりして思い出深い山行でした。
漸く天候も落ち着いてきましたが、今週は何処かにおでかけでしょうか。私は奥穂高岳です。

投稿: カモシカ永井 | 2009年8月 6日 (木) 08:30

赤鬼さま
正直 あそこまで強い雨は想像が出来ませんでした。
SUPPORT感謝致します。

今年は天気に恵まれませんね~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月 6日 (木) 06:47

撤退は大正解さ。これも山。皆勉強になったでしょう。

投稿: 赤鬼 | 2009年8月 6日 (木) 06:42

もうぞうさま
ありがたいcommentに感謝です。
しかし始めから中止にするべきだったのかも知れません。

数人でいく場合と、団体で行く場合では条件によって判断が
異なってきます。

大きな事故があったばかり無茶なことも出来ませんしねぇ~
一方で一寸疑似体験的要素の勉強の意味もあったのでした。
我が会の装備はほぼ万全でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月 5日 (水) 20:44

勇気ある撤退に乾盃!!
難しい判断ですよね~お察しいたします。

投稿: もうぞう | 2009年8月 5日 (水) 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/45844493

この記事へのトラックバック一覧です: 予定は五色ヶ原:

« 今更ですが皆既日食 | トップページ | 新潟まつりを盛り上げたくて »