« キツネノカミソリ(角田山浦浜コース) | トップページ | 唐松岳・五竜岳・鹿島槍ケ岳(前編) »

2009年8月26日 (水)

たおやかな山 (鳥海・笙ガ岳)

久し振りに岳友O夫妻そして又、同じく近所に住いする赤鬼氏を誘って
鳥海山系 笙ガ岳(1635.3m)へdash dash rvcar

鳥海山 ジィ~ジと相方 つい先日日帰りしてきたばかり 記事→コチラ

但し、今回の笙ガ岳(1635.3m)全く歩いた事が有りません。
     P11605271

■ 笙ガ岳 (1635.3m)

 【所在地】 山形県遊佐町
 【日  時】 平成21年8月16日(日)   
 【天  候】 晴
 【同行者】 赤鬼氏、O夫妻 相方   計5名
 【行  程】 大平登山口(8:03)~見晴台
(8:40-8:45)~清水大神~
        河原宿~御浜鞍部~笙ガ岳(10:30-11:15)~鳥海湖~
        御浜(12:07-12:22)~河原宿(12:56)~清水大神(13:15)~
        大平登山口(13:57)
                
                
        *行動時間 約5時間50分 休憩 約70分含む
 【高低差】 .
 【地  図】  国土地理院地形図 1/25000 [鳥海山(新庄)]

記事)
早朝4時過ぎ、我家のポンコツ車で赤鬼氏 O夫妻をpickup 。
ジィ~ジのヘボ運転で鳥海ブルーライン大平登山口へ…

国民宿舎 大平山荘より少し先の登山口駐車場には10台程。。。

先ずは伝石坂(つたいいしさか)階段状の石が敷かれた一寸した急登を
30分ほど九十九折れに登ると、見晴台。
     
P11604991 P1160505
(写真 左) 大平登山口 *初めての山先ずは地図を見て…
(写真 右) 見晴らし台   *眼下に国民宿舎 大平山荘と遥か日本海

見晴台から先は勾配も緩くなり、笹原のなだらかな山容が、何処までも。
道端にはシャジン始め様々な花が、目を楽しませてくれます。
見晴台の少し先〝清水大神〟の湿地帯には特に多くの花が見られます。
     P1160507 P1160511
     P1160513 P1160509

     P11605121
やがて
     P11605241
      鳥海山 新山も眼前に姿を現わし…

石畳の緩い緩い登山道を辿れば、目的の笙ガ岳その姿を見せてくれます。
      P11605271_2
笙ガ岳三峰 二峰 一番奥が一峰(山頂) *三峰より低い

       
P1160529_2
        キスゲやギボウシ咲く三峰進むMr.赤鬼
     P1160530 P1160532
     P11605331 P1160534
     P11605381 P11605401
山頂付近はお花畑 この時期にまだチングルマやハクサンイチゲ!!

     P1160542
       山頂でマッタ~リしましょう! バックは鳥海山
     P1160547 P1160548
     P11605541 P11605551
花々と眺望 青空の下でのんびりとしたひと時 (今年は珍しい)

ここまで来たのだから、鳥海湖をみて下山しましょう。♪~
笙が岳を後にすることに…
     P11605571
             バックは笙ガ岳
       P1160558
      鳥海湖見ながら感傷に浸るロマンチスト Mr.赤鬼

鳥海湖を少し登れば、メインルートの御浜(御浜小屋) 家族連れや
ハイカーで大賑わい。。。。
     
P1160563
御浜から直径200m.水深4m.の鳥海湖(カルデラ湖)見下ろします。
バックは勿論 鳥海山

暫し眺めを楽しんで下りは、愛宕坂から河原宿、そして往路を辿ります。
       P11605711
           河原宿付近行く我がチーム
帰りもユックリ花々を観賞しながら下ります。
     P11605741 P1160575

そしてまだ2時前、登山口駐車場へ到着。

       P11605771

高山植物の数々と名峰 鳥海山眺望のマッタ~リ~山歩きの終わりです。

帰りは、前回の鳥海山登山の時と同じ鳥海温泉 気持ちの良い汗流します。

後は無事に家へ帰るだけ… 新潟で皆で一杯やりながら食事でもしようか…

ところが ところが 日曜日 オバコおけさライン海水浴客の車や行楽客で
R7は大渋滞 何とか新潟へ入って中条から高速に乗るもまたまた大渋滞

腹は減るし、予期せぬ渋滞で腹は立つし 山と比べようなき疲れを感じます。

結局 予定時刻より1時間半以上遅れ、予定変更O夫妻を送り、赤鬼氏と
三人で我家の近くの仕出し割烹で 一杯(?)  
これで 漸く 満足 満足の一日となったジィ~ジです。
      
     

    

 

|

« キツネノカミソリ(角田山浦浜コース) | トップページ | 唐松岳・五竜岳・鹿島槍ケ岳(前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

三脚マンさま
以前 貴方のレポ見ましたyo。

笙が岳本当に花が多い山ですね!眺めも良いし…
今度は残雪期に歩いてみたく思いました。

飯豊 鳥海は3時間足らず、谷川山塊は2時間ほどで着きます。
アクセス的にはありがたいことです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年9月 3日 (木) 07:03

笙ヶ岳、行かれましたか!
なかなか花もいっぱいで、何より鳥海山の展望が素晴らしいですよね。

近いっていいですね~。
飯豊と鳥海山なんか、ほんとジィ~ジさんの家の近くで、うらやましいです。

投稿: 三脚マン | 2009年9月 3日 (木) 00:16

mikkoさま
commentありがとうございます。
花と眺望を楽しみ山頂でマッタ~リ。美味しいものがあればさらに良し。happy01

この山初めてでしたが、来年は残雪期にでもと思ってます。

帰りの渋滞 滅多に渋滞経験しない我らにはかなりの苦痛でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月29日 (土) 07:04

すばらしい鳥海山の眺望を楽しみながらの山頂マッタ~リ。。。
いいですね~
私の理想とするところです。
たくさんのお花にも出迎えてもらって
気のおけないお仲間とののんびり山歩きも
楽しそうですね。
でも帰りの渋滞はなんとかならないでしょうかね・・・

投稿: mikko | 2009年8月28日 (金) 23:54

カモシカ永井さま
お早うございます。
>お互いいつまでもお酒が美味く飲めるようにしましょう。

その通りですね。先ずは健康第一で。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月28日 (金) 09:47

>良き岳友と一献傾けるのは、最高です。

結局これが一番というところに落ち着きそうですね。

お互いいつまでもお酒が美味く飲めるようにしましょう。

投稿: カモシカ永井 | 2009年8月28日 (金) 09:27

甘納豆さま
お早うございます。commentありがとうございます。
Mr.赤鬼と同行の際は、大体鬼さんが先導です。
今回は、楽すぎて鬼さんには物足りなかったかも知れません。
ジィ~ジはヘロヘロですが…

笙ガ岳=ショウガタケと読みます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月27日 (木) 07:44

yukitubakiさま
Mr.赤鬼はmysteriousな生物(人間?)
時々我家の近くに出没するのですよ!

>イイ山と、イイ仲間と…近所の仕出し割烹で一杯!
いいなぁ~~?!

良き岳友と一献傾けるのは、最高です。
我々の会に、お入りになりませんsign02

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月27日 (木) 07:33

おはようございます。
ごめんなさい。“笙ガ岳”読めません。
いつもながら良い所へ出かけられて羨ましいです。
赤鬼さんはいつも先頭を歩いておられますね。
普段頑張っておられる分、山に行くと生き生きとしてくるのでしょうか。
勿論、ジィ~ジ様もカメラ片手にお花に山にと元気いっぱいですね。

投稿: 甘納豆 | 2009年8月27日 (木) 07:30

コメントされる方々の中でMr.赤鬼氏が謎(勝手なおもい込み!)。

>鳥海湖見ながら感傷に浸るロマンチスト Mr.赤鬼

謎の人物は果たして・・・(゚m゚*)???でしょうか。

またまた、鳥海山の地図片手にレポ拝見!
イイ山と、イイ仲間と…近所の仕出し割烹で一杯!
いいなぁ~~?!

投稿: yukitubaki | 2009年8月27日 (木) 07:12

赤鬼 さま
楽すぎた山で、力溢れる鬼さんには物足りなかったことでしょう。
でも花の最盛期ならもっと凄かったろうね!

日曜日とは言え、帰りの渋滞は全く想定外の酷さだったね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月27日 (木) 06:48

この山誰も知らないみたい。珍しい山に連れて行ってくれてありがとう。花の最盛期に行ってみたいね。帰りの渋滞には参った。

投稿: 赤鬼 | 2009年8月27日 (木) 06:41

もうぞうさま
毎度お世話さまです。

この山は、朝4時に出発しなくて6時に出ても登れる山です。

7月の末から8月の始め、たとえ眺望が聞かなくても、花は迎えてくれでしょう。

鳥海の素晴しい写真撮れますよ きっと!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月26日 (水) 22:32

森林限界が低いのか、高山植物が豊富で気分の良さそうな山ですね。
それにしても「タフ」ですね~

投稿: もうぞう | 2009年8月26日 (水) 19:31

noritanさま
>よく、そんな山があることが分かりますね~~~

相方がたまたま何ヶ月前かの〝ヤマケイ〟を見て見つけたのです。
この山 鳥海と異なり静かで花が一杯、おまけに楽で誰でも登れる
意外と穴場かも…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年8月26日 (水) 12:22

凄いですね!またまた、遊佐町詣出ですか!
よく、そんな山があることが分かりますね~~~
そこら辺に一泊してゆっくりと周辺の山を花の時期に巡り歩くのも良いですね~~
私には来年の課題ですが・・・

投稿: noritan | 2009年8月26日 (水) 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/46033552

この記事へのトラックバック一覧です: たおやかな山 (鳥海・笙ガ岳):

« キツネノカミソリ(角田山浦浜コース) | トップページ | 唐松岳・五竜岳・鹿島槍ケ岳(前編) »