« 二王子岳にも春がきた | トップページ | 新潟市公共施設評価ウォーク »

2009年5月 1日 (金)

角田山 (稲島~湯の腰)

このところ緊急連絡が何時入るか解らない事情があり、残念ながら
遠出が出来ない状況下にあるジィ~ジと相方です。
毎度のことながら特別なTRAININGもしていないので、脚力の衰えが
気になってくるのです。こんなときは決まって近くの 角田山へGOdash

4月23日(木) 曇/小雨
上空を見上げれば、今にも降りそうな厚い雲が全天を覆っています。

コンビニで買ってきた弁当を車中で食べて、雨が降り出したら、
途中でも戻ろうと稲島コース駐車場から1時少し前のスタートです。

歩き始めから道の両側には、トキワイカリソウ イチリンソウそして
シャガの花が目に飛び込んできます。

  P1140806 P1140808

     P11408111

     P1140802

キクザキイチゲからイチリンソウやシャガに変り、〝時の移ろひ
覚えます。

そして強烈な黄色で圧倒するキケマンの群落も…

       P1140815 
更にふと脇をみれば、マムシグサ?いいえそれはウラシマソウ。

       P1140818

八合目から日本海を眺めれば佐渡の島影も薄っすらと望遠。

     P11408221

九合目 向陽観音過ぎて木道の両側は、クロモジの花の盛りです。
甘辛両党使いのジィ~ジ 渋茶をすすりながらクロモジの楊枝で
上品な旨い生菓子を口にしたいと思うのです。

     P1140826

山頂は、お昼を終えて下るグループや、ベンチで寛ぐハイカーも…
幸い 雨は降りそうで降っては来ません。
山頂のエドヒガンサクラの大木は、見納め時を迎えています。

  P1140830 P11408321

TRAINING代わりの角田山 このまま下っても少し物足りない。
たまに 湯の腰コースまで下ってみようか!

宮前コース合流点から右へ、湯の腰コースを辿ります。
もう直ぐ道の両脇は、 チゴユリで埋め尽くされることでしょう。
所々には、何株か見られても名前は ヒトリシズカの清楚な花も
見られます。

        P1140834

急な階段をズンズン下り、杉林が見られる湯の腰コース登山口。
さて山頂へ登り返して稲島へ戻ろうか!
その矢先 ポツンと一滴二滴雨粒が当り始めてきます。
いい加減なジィ~ジと相方、雨が降れば途中で帰ろうと、雨具の準備も
していません。
登り返しは取り止めて、山麓をグルッと廻って稲島に向かうことに…

樹木の下を歩くので有り難いことに然程濡れない程度の雨量です。
おけさ柿栽培の柿団地グルッと廻って戻ります。

角田山の稲島側麓一帯は、一面に柿の木畑が拡がります。

 P11408421

柿の木団地の取り付け道路をジグザグに稲島登山口駐車場に
戻る頃には、何時の間にか雨も降り止んでいたのです。

チョッピリ足慣らしと、季節の花を眺めた角田山 
何度来ても飽きない角田山。  21-11 角田山 おしまい。

|

« 二王子岳にも春がきた | トップページ | 新潟市公共施設評価ウォーク »

登山」カテゴリの記事

コメント

yukitubakiさま
角田山稲島シャガロード今頃から最盛期に入ることでしょう。
チゴユリも一斉に花を開いていると思われます。
角田山無くてはならぬ大事な山ですネ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月 4日 (月) 16:28

足元に樹木に一斉に花が咲く角田山。
トレーニングコースとして縦横無尽にGOdash
イイッスねぇ~☆
シャガの花が咲いていましたか? 私も急がないと見そびれてしまいそうですね。
近日、稲島シャガロードへGOrunです。
情報ありがとうございます☆

投稿: yukitubaki | 2009年5月 4日 (月) 07:57

赤鬼さま
このところ漸く天気が良くなってきましたねぇ~
我家も暫く遠出が出来ません。
そんなときの角田山はありがたい。

GWに入ったけど何日か仕事あるの?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月 2日 (土) 06:51

角田は何時行ってもなんか咲いているね。天気良くていらいらするわ。

投稿: 赤鬼 | 2009年5月 2日 (土) 06:25

もうぞうさま
今晩は いつもお世話様です。
今回は登山口から直ぐ右折して稲島に向かったので断定は出来ませんが
湯の腰館は、現在微かにその残骸が見られるだけのようですネ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月 1日 (金) 21:57

湯之腰温泉・湯の腰館は廃業したそうですが、建物はどうなったのでしょうね~

投稿: もうぞう | 2009年5月 1日 (金) 20:35

毎日が日曜日の気楽な吾が身。こんなときこそ人様の
邪魔にならぬよう静かに沈殿しているべきかも知れません。

角田山麓一周何時か試しにやってみようかな!
山登りで無いので嫌になるか?或いは新発見があるか?

あかりんちゃんに会いに上京とか、反対方向だから楽に行けるでしょう。
我家は明日娘一家が襲来予定。(我家では1泊のみの予定)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月 1日 (金) 18:22

遠出もならず、なかなか身動きできない様子、大変ですね。こんな時にこそ、角田の至近距離の有り難さが身に沁みますね。
山麓一周して、全登山口を繋いでみるのも面白いかも。
明日から孫の顔を見に、東京へ行きます。

投稿: 山いろいろ | 2009年5月 1日 (金) 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/44854142

この記事へのトラックバック一覧です: 角田山 (稲島~湯の腰):

« 二王子岳にも春がきた | トップページ | 新潟市公共施設評価ウォーク »