« 角田山或る日 | トップページ | 生きる 2題 »

2009年5月28日 (木)

尾瀬ヶ原周遊

昨年は、5月16日(金) 三鷹在住の娘夫婦一家を訪問する途中、
そして今年は、ジィ~ジと相方が所属する〝山の会〟の会山行です。
それも企画実行担当リーダーは、ジィ~ジの相方です。
おまけに今年から初めての役割体験なのです。

■ 尾瀬ヶ原 (1,400m)

 【所在地】 群馬県片品村 福島県檜枝岐村
 【日  時】 平成21年5月20日(水) 
 【天  候】 晴 
 【参加者】 男性5名 女性13名 計18名
 【行  程】 鳩待峠(9:30-9:35)~山ノ鼻(10:20-10:30)~
        竜宮(11:50-12:40)~ヨッピ吊橋(13:00)~
        牛首分岐(13:35-13:45)~山の鼻(14:40-14:45)
        ~鳩待峠(15:40-15:55)

       *滞在時間 約6時間30分 
 【高低差】 約400m.
 【地  図】  国土地理院地形図1/25000 燧ケ岳、尾瀬ヶ原、至仏山

 *写真は、クリックで全て拡大します。

(記事)
朝6時5分 参加者18名で何時もの通り、新潟駅南口から北陸道経由
関越自動車道沼田ICへ…
途中、矢鱈と低速運転車に邪魔されて予定10分遅れで鳩待峠到着。

今回は、新入会員も数名参加してもらっているが、残雪歩行が少々
予想されるものの、危険度合は比較的低いと思われる。
ゆっくりと四周の山や足元の花を愛でることが、相方の目的。
通常山行ではあまり取れない写真タイムを何回も取りたいと言う。

ジィ~ジは、ラストリーダーしんがりを努めることに…
ストレッチしてからゆっくりと出発です。

普通の山登りと異なり、スタート場所からは、下りとなります。

今回は、尾瀬が原の約半分強のエリアを散策予定。

尾瀬ヶ原 下手な文よりも写真を見れば、その雰囲気は一目瞭然。

お天気快晴 気温約20度

  P11500531 P11500551
(写真 左) 鳩待峠から出発
(写真 右) 残雪輝く至仏岳を眺めながら木道を辿る参加者

木道をグングン下り一級河川〝川上川〟を過ぎると…

  P11500631 P11500651
(写真 左) 木道脇湿地帯に咲き始めのミズバショウ
(写真 右) この程度の残雪箇所が数箇所残るのみ。

山ノ鼻  10:20-10:30
平日の為か?随分静か、カメラ愛好者が数人程度
喉潤したり、用足しのために休憩です。

山ノ鼻を抜ければ、直ぐに広大な尾瀬ヶ原が拡がります。

いよいよ尾瀬ヶ原の周遊 絶好のCONDITIONです。

  P1150072
ジィ~ジがラストリーダー  参加者は写真取り放題

  P11500751
燧ケ岳に向かって進む参加者の皆さん

擦れ違うのは、ごく少数のカメラ愛好者だけ、静かな静かな尾瀬満喫。

  P11500781
例年より少ないとは言え、残雪の至仏山 尾瀬ヶ原も残雪消えたばかり

  P10001691  
      ミズバショウ暫くすれば最盛期

      P1150087
竜宮小屋手前の回廊 いわゆる竜宮の説明をする相方
カルスト入口(川の流れが湿原の中に消えるところ)
カルスト出口(湿原から消えた流れがまた湧き出るところ)

竜宮小屋の手前の木道脇は、今が見頃のリュウキンカの群落。

     P1150091

竜宮小屋 11:50ー12:40
ゆっくりと持参の手料理で昼食タイム
小屋の周りにはザゼンソウやアズマイチゲなども見られます。

今回の計画は、お昼が終わればヨッピ吊橋まで寄り道しながら
牛ヶ首分岐から山ノ鼻、鳩待峠へ戻る、正に尾瀬ヶ原の周遊です。

  P11500981 P1150100
(写真 左) 正面奥は景鶴山
(写真 右) ヨッピ吊橋 (亘っただけ東電小屋へは行きません)

     P10001791
            尾瀬=ミズバショウ?

牛首分岐で、又ゆっくりと大休憩

  P11501111
       参加者集合記念撮影 その1

  P10001821_2
        参加者記念撮影 その2

牛首分岐で大休憩 終われば再び山ノ鼻へ向かいます。

  P11501131
山ノ鼻向かえば、再び至仏山が近づいてきます。

山ノ鼻 14:40ー14:45

  P11501141 P1150115
(写真 左) 休憩終わり、鳩待峠へ向かう我が会友の皆様。

山ノ鼻の先からは、出発時と逆に鳩待峠から登りとなります。

     P11501201
            平日で比較的閑散

鳩待峠 15:40 到着
日頃と少し様子が異なり、閑散としている小屋売店

ドライバー氏から参加者に熱い蒸しタオルが渡され体の汗を拭います。
身体を拭くと風が肌に当り、しゃきっと身が引き締まる思いする気がします。

最高の登山日和、眺めや花に癒されて、きっと初参加の皆さんにも少しは
満足頂けたろうと、ホッとする相方です。  

  午後7時 予定通り新潟駅に到着です。
  全員事故も無く相方の初リーダー無事任務終了。
  ジィ~ジも一安心、胸なでおろします。

                         尾瀬ヶ原周遊 (完)

|

« 角田山或る日 | トップページ | 生きる 2題 »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

山空花さま
commentありがとうございます。
お天気と参加者の皆さんの協力で、初夏の尾瀬ゆっくりと
楽しむことが出来ました。
このところ関東は週末に限って天気が崩れるようですね。
現役の方にとってはお気の毒です。

ヒメサユリ咲き始めたようですが、粟ヶ岳や飯豊山塊では6月中旬から
27,28日までは見られると思います。
私は、13,14日は会行事、27日会山行、他の日はOKですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年6月 1日 (月) 17:15

輝ジィ~ジさん、こんにちは!
尾瀬もいい感じですね~。
最近週末出かけられる日に限ってお天気悪くて、山の景色まして尾瀬の景色が羨ましいです。
相方様のお心づくしのご案内で会員の方もきっと楽しかったでしょうね~。
とはいえ、輝ジィ~ジさんにはちょっとハラハラドキドキだったのでしょうか?(笑

そろそろヒメサユリも気になるところですが、最近の雪解けの早さから時期を読むのが難しいですね…。


投稿: 山空花 | 2009年6月 1日 (月) 12:57

まゆ太さま
今晩は commentありがとうございます。
>体調不良? 
大丈夫ですか?充分Careして下さい。健康な身体が全ての基本ですから!

>平日尾瀬、うらやましすぎまする~~~。
なるべく若い人達の邪魔をしないようにしているのですよ(笑)

6月はヒメサユリです。お天気の様子を見て粟ヶ岳か、飯豊山塊辺りへ
行こうかなぁ~ 13,14日は巻機山でプロの外部講師を招いて
会の勉強会です。
ヒメサユリ20日頃がピーク?皆さんで遠征してきませんか。。。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月31日 (日) 21:51

ジィ~ジさん、こんばんは。
平日尾瀬、うらやましすぎまする~~~。
今日は尾瀬の予定だったのですが、雨でも行くつもりだったのですが、体調不良によりいけず・・・(涙)
新潟はそろそろヒメサユリですね。ジィ~ジさんは今年はどのあたりへ?

投稿: まゆ太 | 2009年5月31日 (日) 21:33

mikkoさま
commentありがとうございます。
今回相方が初めてのリーダー(世話役)でしたが、お天気と参加者に
支えられ無事何とか終えることが出来ました。

尾瀬これからが本番です。空模様を睨んで是非お出かけ下さい。
1年に一度は時期を変えコースを変えて尾瀬を楽しむのも宜しいかと
思いますヨ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月31日 (日) 18:05

noritanさま
>♪夏がくれば思い出す、遥かな尾瀬~~~ですね。
この時期の尾瀬は静かで残雪とミズバショウを楽しむことが出来ます。
一段落したのだから、これからドンドンと外へ出ましょう。
尾瀬が待っているよ!


投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月31日 (日) 17:03

こんにちは~
相方さんがリーダーを努め、しんがりをジィ~ジさんがしめる
お互いの信頼関係があってこそですね~
お写真がどれも綺麗です。。。
こんな素敵なレポを見せられたら尾瀬に行きたくなっちゃいますよん! 
(^_-)☆ 

投稿: mikko | 2009年5月30日 (土) 20:40

お天気に恵まれて良かったでしたね!
私も行きたかったのですが・・・
同じ日、私は娘とコースケとで病院の検診でした。
鳩待峠懐かしいです。
尾瀬も懐かしいです。
♪夏がくれば思い出す、遥かな尾瀬~~~ですね。

投稿: noritan | 2009年5月30日 (土) 10:03

sanaeさま
commentありがとうございます。
日頃 世話になっている山の会少しでもお役に立てればと、
リーダー(世話役)引き受けたようです。
お天気に恵まれ、参加者の協力で何とか無事終えることが出来ました。

ミズバショウ今頃が見頃かも、そして他の花々も咲き出していること
でしょう。燧ケ岳、至仏岳の残雪も殆ど消えたと思われます。
平日の尾瀬は、静かですネ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月30日 (土) 05:37

奥様が初リーダーとは!ベテランでいらっしゃるのに!
ジィ~ジさんもリーダー格でいらっしゃいますから山の会のみなさんは安心ですね。
尾瀬のミズバショウはこれからですか~行ってみたくなりました。
リュウキンカもとてもきれい。
至仏や燧ケ岳の雪は随分少なくなってますね。

投稿: sanae | 2009年5月29日 (金) 23:09

甘納豆さま
何時もお世話様です。

お天気に恵まれカミさんのリーダーDebut何とか終わりました。

>平日でなかったら参加したかったなー。
今まで一所懸命働いてきたのです。休みをとっても罰は当らないでしょう。
今度は是非 参加してください。きっと良い写真一杯撮れますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月29日 (金) 12:15

おはようございます。
おしどり夫婦で前後を固めての会山行、相方さんのDebutにお天気も味方してくれましたね。
静かな尾瀬の風景きれいです。
「ゆっくりと四周の山や足元の花を愛でることが目的」
「参加者は写真取り放題」
なかなか思いやりのある良いコンセプト、こんな山歩きが理想です。
平日でなかったら参加したかったなー。

投稿: 甘納豆 | 2009年5月29日 (金) 11:33

赤鬼さま
カミさんのリーダー初山行 お天気に恵まれて無事終了できました。

平日の尾瀬は、意外と静かでゆっくりと楽しめます。
あんまりノンビリで鬼さんには退屈かもよ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月29日 (金) 06:42

相方さん、初リーダーご苦労様でした。天候に恵まれなによりでした。平日の山行 人も少なく、さぞ気持ち良かったでしょう。おいらもたまにはこんなのんびりした歩きをしたいものです。

投稿: 赤鬼 | 2009年5月29日 (金) 06:32

yukitubakiさま
今晩は 毎度お世話様です。
昨年と同時期の尾瀬 二人で歩くのと多勢で歩くのと何と無く
雰囲気が違いますね。
この時期は団体で行ってもあまり他人様に迷惑を掛けないし…

今度は花の時期にアヤメ平の方にも行ってみたく思ったりして。
尾瀬=大勢?が良いのかな(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月28日 (木) 22:33

うぅ~ン!素敵な、至仏山と燧ヶ岳を見せて頂ました。

以前、会津駒ヶ岳から雪の至仏山をみて、ナント素敵な山ナンだろう?!の山。至仏山から、燧ヶ岳はナント素敵な相似法の山ナンだろう?!
って、魅せられた山には登ってきましたが…。

相方さまと、木道を歩かれた”尾瀬”を何度か拝見!
あぁ~!ヤッパ、大勢で感動の聖域なんだ『尾瀬』は。。。

投稿: yukitubaki | 2009年5月28日 (木) 21:46

山いろいろ さま
今晩は マイドハヤ。
相方のDebut 先ずは好天に助けられました。
ただこの日の朝早くに放射冷却で霜が下りたとかで、水芭蕉も
イマイチ元気が無かったような…
おまけに花の写真失敗作ばかりで。。。

26日はアカヤシオで、皆さん大喜びの由。
お疲れさまでした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月28日 (木) 21:00

もうぞうさま
今晩は 
相方の目論見は残雪とミズバショウのマッチングだったのですが、
ドチラも少しずれていたかなぁ?
残雪少ない割りに花はまだ少し早い。
難しいものですね。
ただ お天気に救われ少しは喜んで貰えたようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年5月28日 (木) 20:52

静かな晴れの尾瀬が楽しめてなによりでした。花の写真が少ないですが、結構たくさん咲いていた筈ですよね?。
相方様のデビュー戦、まずは完勝でしたね。お疲れさんでした。

投稿: 山いろいろ | 2009年5月28日 (木) 19:59

良い天気に恵まれてよかったですね~
私も十数年前に同じコースで、「引率」したことがあります。
時期は7月25日頃で、ニッコウキスゲが終わっていました。初めての人は、ちょっとがっかりしたようでした。
尾瀬はいよいよこれからがシーズンですね。

投稿: もうぞう | 2009年5月28日 (木) 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/45155555

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬ヶ原周遊:

« 角田山或る日 | トップページ | 生きる 2題 »