« 或る日の二人 | トップページ | 角田山は大賑わい »

2009年4月 6日 (月)

角田山・弥彦山・国上山三山縦走

まだ漆黒のR402、数台の車が連なり同じ方向を目指している。
まだ宵も明けやらぬ、この時間に…仲間の車に相違ない。

角田浜駐車場入口トイレ周辺には、既に20台近い車が、そして
ワサワサとうごめく人影と、或いは幾つかのヘッデンの灯りも…

ジィ~ジの所属する山の会の会山行№15
「西蒲三山縦走」の参加者の仲間たちです。

「西蒲三山縦走」=角田山・弥彦山・国上山
しかし平成の大合併で、西蒲原郡は弥彦村の僅か1村のみ。
角田山は、巻町から新潟市西蒲区に国上山は、燕市に。

∴現在正式には、西蒲三山と言えないのかも知れません。

所属の会で、会山行としてこのコース平成5年に最初にスタート
爾来17年継続されている。Hリーダー15回 昨年はIリーダー。
今年は新リーダーを委嘱したEリーダーの初会山行だ。
ジィ~ジは、昨年に引き続き参加、都合今回で6度目?

    3月28日(土) 晴
  参加者 女性16名 男性16名 計32名

4:55 角田浜P
Eリーダーから挨拶、点呼、並びに注意事項。
ヘッデン点けて揃ってスタート
        P1140408
             ゾンビ集団?

5:15 宮前コース登山口
取り付きは新潟市街よりの角田山の端っこ、宮前コース。
約25キロ 予定時間(休憩含み)約12時間の長丁場。
薄明るく空が白みかけ、ヒンヤリとした冷気が頬をなでる。

新潟地方26日から久しぶりに寒波襲来 この日も前夜から
白いものが山肌を覆っていた。
登山道の傍らのカタクリの花は、寒さを堪え、陽射しを待ちうけ
すべからく首をたれて忍の一字。

    P11404101
   薄っすらと新雪纏った山道を角田山山頂に向かって

6:26-6:42 角田山山頂
平日でも沢山の人が訪れる角田山 それでもさすがにこの時間
我らのグループで山頂貸切。
スッカリ朝を迎え、予報に反し?雲の切れ間に青空も…

    P11404111
           角田山山頂到着
朝食・間食15分ほどの休憩。

山頂からは、一旦五ケ峠へ下ります。
この時間帯になると、五ケ峠から山頂目指す人達がポツポツ。

7:37-7:45 五ケ峠
タクシーで乗りつけ、雪割見物の千葉市からのお客様。
この時間、花見には少し早すぎる。
花の有りそうな場所をチョコッとADVICE。

角田山を後に、これから先が愈々長丁場。先ずは樋曽山へdash

 P1140421
  春の淡雪と陽射しを待ち受けるカタクリの花。

8:38 樋曽山
ありがたい! この時間には柔らかな陽射しも出てきてくれた。
  樋曽山三角点は296.7m.

 P1140434_2 P1140437
(写真 左) キクバオウレン
(写真 右) シュンラン

9:28ー9:40 石瀬峠
樋曽山クリアー!ここで一服大休憩。

  P11404391 
石瀬峠は、スカイラインの入口(3月末まで閉鎖中)と間瀬への分岐。
全行程の40%弱くらい?

ここから多宝山に向かうには、スカイラインの舗装道路を約15分。

晴れているものの、風が少し出てきて、時折白い風花がチラチラ
少し寒さを覚えるものの、これはこれで風情あり。

  P11404411
       多宝山への取り付き。
*相方のかぶっている帽子は100均品

緩いアップダウンを繰り返し、少しずつ高度を上げ進むこと約1時間。

11:00-11:10 多宝山
  
  P11404431
             天測点

天測点は全国で、僅か48箇所と言う。

山頂は大賑わい。633.8m.一等三角点
ここで地元の旅行業者Tの三山縦走と交錯(国上スタート)

ここまで来れば、全行程の50%強
さぁ目指すは 目の前の弥彦です。 
大平園地に下り、更にスカイラインまで下れば登り返し

 P11404461
      弥彦山目指して進む我がチーム

 P1140450
   山頂9合目Restaurant目指す我がチーム

11:37-12:25 山頂Restaurant売店
昼食タイム ここでジィ~ジも珍しく缶ビール1本だけ頂きます。
相方作成の炊き込みお握りで腹を満たし、お茶飲んで…

12:38 弥彦山(634m.) 山頂奥の院
  
P1140453
    
雪解けの弥彦山山頂奥の院(参加者)

脇の広場では、敷物敷いて寛ぐハイカー多数で大賑わい。

   〝三山縦走これで二座クリアー〟

越後一宮 お弥彦さまの奥の院に参拝し、雪解けでグチャグチャの
泥濘道を下って、妻戸山を横目に、緩い長い下りを辿ります。
次の目標は、NTTの無線中継アンテナで目立つ、雨乞山279m.。。。

お昼時、暖かな陽射しを浴びて道の両側には、カタクリ始め、
雪割草など春の妖精たちの乱舞 オンパレードが続きます。
  P1140456 P1140458
(写真 左) キクザキイチゲ
(写真 右) カタクリ群落
    P1140459
           ウスバサイシン

 P11404621
     クルリン、パッと開くカタクリ

13:33-13:40 雨乞山
奥の院から凡そ1時間 雨乞山です。
    P11404651

弥彦をバックに颯爽モデルは、昨年のリーダー、甘納豆氏

もう既に歩き始めて8時間は、越えている。

雨乞山から下り、戦国時代忍ばす黒滝城址を目指す予定のところ
新リーダーのE氏 数日前状況把握のために下見をしたとの事。
雪解け道で、下りは正に滑り塩梅と判断し、今回は〝滝の道〟選択。
ジィ~ジも始めてのルートで、国上山塊の新発見で新鮮この上なし。
小さな沢に懸かる大小さまざまな滝をフルに満喫。

   P1140473 P1140475
(写真 左) ニリンソウ
(写真 右) スミレ

  P11404741
      こんな感じの滝が幾つも出現

少しずつ高度を上げて、何回も沢を渡り、グルッと黒滝城跡を
一回りした感じで大手門跡へ。

 P11404801 P11404771
(写真 左) 剣ヶ峰への登山口
(写真 右) 大手門跡石碑

    P1140481
          道端のキバナノアマナ

15:14 剣ヶ峰
最後のキツイ難儀な剣ヶ峰の急登を喘ぎながら登れば、両側は
足の踏み場も無いほどのカタクリの群落がどこまでも 何処までも。

 P1140482
     カタクリ カタクリ カタクリカタクリ

草臥れ ロートルジィ~ジは、坐骨神経痛の痛みが左足首に
かけて容赦なく襲って結構かなり辛くてキツイ。我慢せねば…

15:48ー16:00 国上山山頂

三山最後 国上山到着 やりました。
足並み揃い 全員で労を労い満足一杯のひと時だ。

    P1140484
      国上山山頂にて健闘を湛え最後の休憩
  

  P1140486 P1140488
(写真 左) 光る寺泊港沖の日本海
(写真 右) 国上山登山道脇の木彫りの仏

  P11404891_2 P1140490_2
(写真 左) 越後最古の古刹 国上寺
(写真 右) 良寛さま坐像

16:13 国上寺P
汚れたドロドロの靴を洗い、角田浜駐車場までチャーターのバスに
乗り込み、参加者全員 満足一杯の笑顔が溢れています。

お天気予報より、好天になり春の淡雪と昼からの陽射しを浴びて
乱舞する多くの花々、ジィ~ジ始めての〝滝の道〟etc etc
満足 大満足 達成感一杯の良き会山行となったのです。

予定より2時間近く早くで達成。
25キロ 11時間 (但し休憩120分)正味9時間の歩行。

Eリーダー有難う。参加者の皆さんにも感謝です。

    三山縦走 おしまい。       

  参加者 仲間の記事

   いめか嬢の記事は→コチラ 
   甘納豆氏の記事は→コチラ

二人とも写真も 記事も素晴しい。

|

« 或る日の二人 | トップページ | 角田山は大賑わい »

登山」カテゴリの記事

コメント

赤鬼さま
来年もう一度参加してみるのも良いかも。
あの当時と、雰囲気もチト違っているし…


投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月 9日 (木) 21:47

一度は歩いてみないとと思い、Hリーダーの時に参加した。一度歩けばもういいや。なにしろ天気も悪く雪が積もって花も隠れていたしね。

投稿: 赤鬼 | 2009年4月 9日 (木) 06:50

heppocoさま
よううこそ いらっしゃいませ comment有難うございます。
>春は、ますます越後ですね♪
そうですよ。是非皆様でお出かけ下さい。
縦走は別にして、この山塊は関東から日帰り圏です。
特に貴女と隊長さんには、越後の花々をたっぷりと見てもらいたいのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月 9日 (木) 04:32

いめかさま
三山縦走お疲れさまでした。
お陰で私も漸く炬燵から出ることが出来ました。(笑)

やはりロングラン縦走は達成満足感大きいですよね!
体力維持に努め来年も是非参加したいと思っては居ますが…

集中登山の協力も大変感謝いたしております。
有難うございました。
これからも何かとお世話になるかと思いますが、どうかよろしく。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月 8日 (水) 22:04

相変わらず、息のあったチームですね!
我がチーム・サイテイは、10数キロが今のところMAXです。
山行回数が違いますもんね(^_^;)
春は、ますます越後ですね♪毎年お花の数々、楽しませて頂いてます(*^。^*)

投稿: heppoco | 2009年4月 8日 (水) 22:01

お世話になりまして有難うございました。

もう炬燵もとって春本番ですね。
クルリン・パッのカタクリは宜しいですねぇ。
雪あり花ありで、とっても良かったです。

拙ブログのご紹介も有難うございました。

投稿: いめか | 2009年4月 8日 (水) 21:56

noritan さま
弟さん入会の経緯はそうだったんだ!
今回も何かと頑張っていました。

今年は春の淡雪も可愛い妖精の乱舞も、盛りだくさんで楽しい
山行となりました。
来年は、是非参加してください。

集中登山の参加費一応チェックしたつもりだけど合っていたかな?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月 8日 (水) 18:03

三山縦走、ながらく参加していません。
Hリーダーの最後の頃だったでしょうか?
我が、愚弟がまだ未入会の頃に、仲間と一緒に後ろを付いて歩き、お年寄りとは言え、みな、達者な歩きに驚き、それが縁が入会したのでした。
来年、参加しよう!
クルリン、パッと咲くカタクリは何とも愛らしい姿!
カメラアングルも上手い!
集中登山ではお疲れ様でした。
硬貨も沢山持って、下山して頂ましてありがとうございました!

投稿: noritan | 2009年4月 8日 (水) 16:45

yukitubakiさま
comment有難うございます。
年間150コースほど企画されている我が会に入りませんか!
ある程度の山は網羅されているので行きたいところへいけるかも。
今年の三山縦走は、Varietyに富んでいました。
来年も元気で再びトライするつもりです。(鬼笑う?)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月 7日 (火) 21:21

お疲れ様でした。

11時間かけて25kmにトライ山行、32人の呼吸を感じ取れます。
指をくわえて、羨ましいを連呼しています。
深いため息を吞んでのコメントにならない訪問になりました。
素晴らしい山岳会の会山行! 
羨ましいyo~~~!

投稿: yukitubaki | 2009年4月 7日 (火) 21:07

甘納豆さま
お早うございます。
先日は、大変お世話になりました。
素晴しいリーダーがまた一人誕生で心強い限りです。

>草臥れ ロートルジィ~ジ どころか、ますます油が乗ってますよ。

とんでもないです。油切れ エンスト寸前です。

もう皆さんに全てのことをお任せできるでしょう。
是非これからもご協力お願い致します。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月 7日 (火) 08:18

おはようございます。
本当にお疲れ様でした。
この三山縦走を為し終えると、芯から充実感を味わうことができます。今年1年の山歩きの前哨戦としてはこの上もない山行ですね。
長く続けたいものです。
それにも増して、ジィ~ジのこのレポの素晴らしいこと。
これぞ紀行文といった感じです。
草臥れ ロートルジィ~ジ どころか、ますます油が乗ってますよ。

投稿: 甘納豆 | 2009年4月 7日 (火) 08:03

mikkoさま
comment有難うございます。
春の淡雪や雪割・カタクリ等の花々、周りの景色見ながらの11時間
それ程、退屈もしないで歩けるものです。
来年 案内しましょうか!是非花を見に来てください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月 7日 (火) 05:56

25キロ 11時間・・・
恐れ入りました。。。

投稿: mikko | 2009年4月 7日 (火) 00:02

もうぞうさま
早速のcomment有難うございます。
この日は、予想外の登山日和となって参加者全員
大満足の一日となりました。

このコースもう暫くすれば、棘で厄介になりますが、
その前に是非 挑戦なさってください。
来年も参加する体力維持したいと願ってはいるのですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月 6日 (月) 14:08

長丁場、お疲れさまでした。それも宮前コースからとは、最長ですね。
私、残念ながらなかなか実現しません。

投稿: もうぞう | 2009年4月 6日 (月) 13:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/44584288

この記事へのトラックバック一覧です: 角田山・弥彦山・国上山三山縦走:

« 或る日の二人 | トップページ | 角田山は大賑わい »