« 角田山は大賑わい | トップページ | 佐渡 組上(続き) »

2009年4月15日 (水)

春季集中登山弥彦山&佐渡組上

例年4月の第一日曜日は、所属する山の会の春季集中登山と称する
一大行事が行われるのである。

20年近く前から春は、〝弥彦山〟が恒例になっている。

4月5日(日)晴/曇り
参加者 ① 能登見平コース 21名   ② 表参道コース 16名
      ③  裏参道コース   21名   ④ 崖松コース   34名
      ⑤  八枚沢Aコース  12名    ⑥ 八枚沢Bコース18名
      ⑦ 雨乞山コース   19名    ⑧ 本部       1名
                     計 142名

各コース担当の世話役さんは、今年もリーダーでなく、一般の女性
会員から協力して引き受けて貰うことができ、ありがたかった。

事前のバス会社へのバスの手配。当日の実施要綱・注意事項
参加者名簿の作成、印刷はジィ~ジの仕事。

7時40分 新潟駅南口で3台のバスドライバー氏と各コースの
世話役さんを交え、最終打合せ後、会員の乗車開始。
岩室まで最寄の場所に立ち寄りながら、各登山口まで。

今年の参加者5○才から8○才まで総勢142名 誰一人当日の
ドタキャンも無く、集合時間に遅れるでもなく、素晴しいと思う。

前夜の天気予報は、徐々に好天するだろうと期待を持たせたものの
登山口に近づく頃から、逆に山頂方面全体に怪しげな雲が広がりを
見せ始めた。
それでも雨の心配は無さそう。各コース予定通りのスタート開始。

ジィ~ジは本部担当なので、山頂に早く着かねばならないので、
能登見平コースの先輩会員各位に同行。

ガスは切れず、寧ろ濃くなるばかり、雪割草やカタクリも寒そうに
下を向いたままである。

ガスで覆われた越後一宮 弥彦神社奥の院 参拝するも冷たい風が
肌を刺し、寒さを覚えるほど

予定では、お昼を目途に各コースとも多宝山の手前の大平園地で
集合。昼食の後は、多宝山経由岩室丸小山公園へ下山。

山頂Restaurant前で、携帯電話で各コースの状況確認。
能登見平コース参加の先輩会員の皆さんも寒そう…

本部としては 決断を下さねばならない。
気象状況は如何見ても好くはならないだろう!
予定変更だ。
先ずは、能登見平コースの皆さんには山頂駐車場に待機している
バスに乗車して貰うよう指示を出す。

続いて各コースに連絡を取り、ジィ~ジ一人でRestaurant前で、
次々に到着する各コースの世話役各位にバス乗車を促す。

予定変更 お昼は弥彦村麓集落の体育施設〝サンビレッジ〟を
借用。
会長の挨拶と乾杯でお昼と懇親会の始まりである。

十数名の新会員からも自己紹介をして貰い、それなりに盛り上がった。

天・地・人 直江兼続公の弟、樋口与七(大國実頼)の居城である、
岩室 天神山城跡を見ることが出来ず、また歩き足りないと思った
会員も多数有ったと思われるが、風邪でも引かれては困るし、
予定時間より早く自宅に帰ることが出来て、喜んでいる会員も
居るかも知れない。

人それぞれ価値観 考え方が違って当然。良くも悪くも評価は
甘んじて受ける覚悟は出来ている積り。

この日、夜のTVでハングライダーが、ガスと気流のせいか?アンテナに
激突し、死亡したとのニュースが報じられた。

来年は、何とか大平園地で春の陽射しを浴びながら宴を張りたいもの。

******    ******       ******

4月9日(木) 晴
会山行№19 佐渡組上
リーダー S・O氏 参加者 男性5名 女性13名 計18名

ジィ~ジと相方 久々の会山行参加。
現役時代には、仕事で年に数回は行っていた佐渡だが、現役離れ
久々の佐渡である。

 P10000591

 P1000046

花花花…の佐渡の山 時間オーバー     (つづく)

|

« 角田山は大賑わい | トップページ | 佐渡 組上(続き) »

登山」カテゴリの記事

コメント

yukitubakiさま
いつもお世話様です。

今年の春季集中登山も誰一人集合時間に遅れるでもなく、素晴しいことだと
思っています。想定外のお天気で予定は大幅に変更しましたが、それなりに
新しい仲間の輪も拡がったようです。

久し振りの佐渡もたくさんの花に癒されました。
1年に一度佐渡を定番にするのも良いかもしれませんね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月20日 (月) 09:26

山いろいろ さま
カミさん側の甥っ子の結婚式で数日間東京滞在でした。
慰めのcomment有難うございます。
珍しく天気予報を素直に信じ、全く想定外の展開となってしまいました。
なかなか思うように行かないのが、この世の習いsign02

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月20日 (月) 08:25

赤鬼さま
土曜日(18日)東京で結婚式があり参加。序でに娘のマンションで
ゆっくりしてきました。

集中登山天気がねぇ~ 一番気懸りです。

佐渡 今回は反対側?の佐渡金剛山の手前だったので、例のところとは
違います。佐渡の山は新潟から日帰りできるので来年一緒に行きましょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月20日 (月) 07:48

もうぞうさま
お早うございます。
弥彦山も幾つものコースがあるので、是非挑戦されることを
お薦めします。(来年 花の時期が好いかも)

佐渡の花は、半端でなく多いしカラフルで改めて宝の島だとの
思いが強くしましたよ。
1年に一度佐渡訪問も良いと思います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月20日 (月) 07:41

いつも、驚いてばっかりの私です。
す・凄い参加人数!! ドタキャンも無いとは、ココロが一つになっておいでの山岳会!
本部で待機しての総括も、さぞ大変でしたでしょう。 参加の皆さんの笑顔がご褒美のイイとこ取りの評価があったのでは?

そうそう、これからが佐渡のお花満開ですねbud
アオネバ渓谷は最高でした。2年前に一度行っただけですけどねconfident
UP楽しみにしています。

投稿: yukitubaki | 2009年4月17日 (金) 00:02

集中登山、お疲れさんでした。
今年もたくさんの参加者で、なによりでした。サンビレッジでの食事も、ゆっくりと落ち着いて交歓ができて、それはそれで良かったと思います。

投稿: 山いろいろ | 2009年4月16日 (木) 15:34

集中登山ご苦労様でした。いつもいつも大変な仕事をこなしてもらってありがとう。雨乞コースは花も沢山あってよかった。佐渡はジイージ
と初めて一緒に行ったとこだよね。

投稿: 赤鬼 | 2009年4月16日 (木) 06:57

おはようございます。
弥彦も登山コースがたくさんあるんですね~
おいおいと制覇したいと思います。
佐渡の花紀行も楽しみです。

投稿: もうぞう | 2009年4月16日 (木) 05:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/44681813

この記事へのトラックバック一覧です: 春季集中登山弥彦山&佐渡組上:

« 角田山は大賑わい | トップページ | 佐渡 組上(続き) »