« 春季集中登山弥彦山&佐渡組上 | トップページ | 二王子岳にも春がきた »

2009年4月20日 (月)

佐渡 組上(続き)

4月9日(木) 晴
会山行№19 佐渡組上
リーダー S・O氏 参加者 男性5名 女性13名 計18名

ジィ~ジと相方 久々の会山行参加。
現役時代には、仕事で年に数回は行っていた佐渡だが、現役離れ
久々の佐渡である。

6時出航の佐渡汽船 〝おおさど丸〟予定通り8時半両津港着。

4月の大佐渡山脈は、まだ残雪が残り、白く輝いています。
天気も安定、崩れる心配は無さそうです。
     P1140581
            大佐渡山脈の残雪

両津港ターミナルから2台のジャンボタクシーに分乗し,狭い農道を
縫うように白瀬登山口へ向かいます。

組上(750m.)は、佐渡金剛山(962.2m.)に至る途中のピーク。
今回は、お花見目的で登り所要時間は約2時間の行程予定です。

9時丁度  登山口に到着。

9時10分 スタート
歩き始めや否や、足元にはカタバミ アヅマイチゲ、エンレイソウの
群生が何処までも続きます。
     P1140591
         陽射しを浴びるエンレイソウ

暫く緩い登山道を進むと、今度は丁度盛りのカタクリの大群生。

    P10000731    

9時40分 タン平水路
       P1140599
タン平水路 タン平(意味???) 
ここまでゆっくり約30分 リーダーより休憩の号令がかかります。

再び歩き始めれば、キクザキイチゲと今年最初の福寿草が彼方此方に

     P1140605

     P1000048
       暖かい日差しを浴びて光り輝く黄金花
福寿草花の終わりがけ?今年の見始めで、見納めになるでしょう。

スタートして約1時間 トビガ沢辺りから先は、登山道の両脇は
目当てのユキワリソウの文字通りオンパレード
ピンク系、紫系が多く、意外に白系が少なく、角田・弥彦山塊と
若干趣き異なります。

  P1140621

    P10000571  

    P10000671

   P10000591

     P1000019

    P10000581

標高低い割りに日の当らない場所には、まだ所々に残雪が。

  P11406381 P11406411
(写真 左) 残雪の登山道進む仲間達
(写真 右) 風雪に耐えた木々の造形

11時10分~12時30分 組上
写真撮りながらゆっくりと歩いて予定通りピッシャリ2時間で到着。

  P11406421 P1140644
(写真 左) 組上ピーク 左奥は、佐渡金剛山
(写真 右) 中央左最奥に金北山

暖かい春の柔らかな陽射しを全身に浴びて、マッタリタイム。
彼方此方から自慢の手料理が回ってきます。
参加のご婦人方は、新メニュー其々頭にレシピをINPUT。

つがいの鳶が餌を求めて我らの頭上で何回も輪を描いて…

腹も満たされた大休憩 やがて往路を戻ります。

林床の所々にポッコリと盛り上がりが見られます。
山蟻の蟻塚でしょう。

     P11406461

復路も心ゆくまで数々の色とりどりの花々を堪能しながら戻ります。

あんな花 こんな花の数々競演です。

  P1140678 P1140679

  P1140682 P1140675

  P1000021 P10000251

    P10000771 P10000791

14時00分 白瀬登山口 着。

     P11406831
     登山口でジャンボタクシーが来るまで寛ぐ仲間達。

沢沿いでフキノトウを見つけ、今宵の夕餉の為に少々GET。

迎えのジャンボタクシーに乗り込み、両津港へ戻ります。
参加者のご婦人方は、売店で佐渡土産を色々物色買い込み。
佐渡の経済効果向上に些か貢献。
ジィ~ジ達、男衆は、ビールで乾杯。(勿論 船内で続きですが…)

16時 両津港 出航
佐渡と言えば、朱鷺、金山、そして おけさに甚句!
佐渡は 自然も一杯の魅力満載の宝の島
  P1140684 P1140685
(写真 左) おけさの衣装のお嬢さん
(写真 右) 夕陽で光る両津港を離岸

18時30分 万代島ターミナル着。
夕方6時過ぎ夕陽は越佐海峡 佐渡の山並みに沈みます。

  P1140688
       佐渡の山の彼方に沈む夕陽。

朝自宅を出て、たくさんの花を満喫して夕方には自宅に戻れる。

勿論一泊すれば佐渡の海の幸、山の幸も思う存分味わえる。
1年に1度は佐渡の旅 恒例にするのも一興sign02

花一杯の佐渡 お終い。

|

« 春季集中登山弥彦山&佐渡組上 | トップページ | 二王子岳にも春がきた »

登山」カテゴリの記事

コメント

yukitubakiさま
久し振りの佐渡でしたが、春の妖精をたっぷり楽しむことが出来ました。

以前 金北からの縦走の折に泊まった民宿。大食漢のジィ~ジが
食べきれないくらいの料理がでて吃驚しました。おまけに安かった。

佐渡1年に一度定番にしようかと思っています。日帰り可能だし…
採りたてのサザエ良いですねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月27日 (月) 21:41

あぁ~!
フラリ…佐渡へ~~~行ってみたくなりました。
日帰り可能な海外!

佐渡は、手つかずの自然が残っているようですね。植生豊かで!!

じつは、佐渡の自然な食を所望なんです。サザエのトグロを巻いたフニュフニュを刺身にして食べたいなぁ~restaurant


投稿: yukitubaki | 2009年4月27日 (月) 21:14

Mrs.Kさま
commentありがとうございます。
佐渡の雪割草は、株も大きく、ピンクや赤系統が多く見受けられました。
花期が長いのでまだ多分見ることが出来るでしょうし、別の花が
多く咲き始めたことと思います。
アオネバから金北の縦走は危険箇所も無く、問題ありませんが、
遅くまで残雪も残るので、天気が悪いと足場が相当泥濘ます。
それだけ覚悟をしておいた方が宜しいかと思います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月26日 (日) 06:31

ユキワリソウってピンクや紫、白など
こんなに色んな色で咲くんですかー!
本当にかわいいですね。
近いうちに佐渡で出合うのが楽しみです。

アオバネ渓谷から金北山縦走で何か
アドバイスがありましたらお願いします。

投稿: Mrs.K | 2009年4月26日 (日) 00:30

いめかさま
今晩は
佐渡の雪割草は、角田・弥彦山塊とはかなり様相が違っていました。
白を探すのが難しいほどピンクや赤系統で占められていました。
株も全体的に大きかった。
これからの佐渡は、シラネアオイやザゼンソウなど別の花々が
迎えてくれることでしょう。アオネバ辺りは花の宝庫ですから。

佐渡は花を見るには、最高の場所かもしれません。
6月のカンゾウも良いかもね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月22日 (水) 22:19

雪割草の色が濃いですね。
こんな色の花を見てみたいです。
あ~ぁ参加すれば良かった…
ちょっと、未練っぽかったでしょうか(笑)
佐渡は今月に行きます。
どんな花が見れるかワクワクです。

投稿: いめか | 2009年4月22日 (水) 21:15

noritanさま
愈々 秒読みになったようだね!
これから又暫く忙しくなって大変だろうけど、嬉しいことだから
やり遂げることが出来るでしょう。

佐渡は、自然が手付かずで花の種類も多いし、見応えあるねぇ~
大事にしたいし、沢山の人から見てもらいたいし…~ん。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月22日 (水) 18:32

自分のブログの更新をしないと、ついつい、他の方も記事も開かなくなってしまいます。
他の方の山記事を拝読すると羨ましくなるからかな(ーー;)
昨年は久しぶりに佐渡の会山行に参加して、シラネアオイやザゼンソウやら、たくさん花を満喫しました。
佐渡は時期を移して、それぞれに花が絶えないって感じですね。
眼だけで楽しませて頂きました。
そうそう、昨日はお世話さまでした!

投稿: noritan | 2009年4月22日 (水) 12:42

FUKUさま
佐渡には未だ自然が一杯残り、花もカラフルで見栄えがしますね!
>佐渡、今年は5月6、7日と県外の友達と予定しています。
>晴れて、いい印象で帰って欲しいと願っています。
新潟のためにも是非そう有って欲しいものと思います。
それにしても顔が広いですねぇ~


投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月21日 (火) 21:34

わぁ~~ 佐渡も花いっぱいですね~
綺麗な花、花、花・・・ いい季節になりました~♪

佐渡、今年は5月6、7日と県外の友達と予定しています。
晴れて、いい印象で帰って欲しいと願っています。

投稿: FUKU | 2009年4月21日 (火) 18:17

甘納豆さま
お早うございます。
久し振りの佐渡で正に百花繚乱たっぷりと花を満喫してきました。
五月の佐渡もシラネアオイや他の花がきっと待っていてくれるでしょう。
山はこれから初夏を迎えますが、愈々もって甘納豆さんの出番となりますね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月21日 (火) 11:21

おはようございます。
うあぁ~~!!! お花がいっぱい。
百花繚乱とはこのことでしょうか。
まさに旬の時期ですね。
今年は暖冬小雪の年でしたが、遅くなっての降雪が幸いして、福寿草から雪割草、その他諸々のお花が一斉に見られた由、本当に良かったですね。
自分も5月半ばの会山行で連れて行って貰う積りですが、どんなお花が見れるでしょうか。楽しみです。

投稿: 甘納豆 | 2009年4月21日 (火) 08:04

山いろいろ さま
お早うございます。
久し振りの佐渡でしたが、色とりどりの大きな株の雪割草を
目一杯堪能できました。
1泊で山のあと旨い魚で一献傾けるのも良いかもね!
一人で出かけるとは別に、船の2時間は、アッと言う間だね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月21日 (火) 07:06

赤鬼さま
お早うございます。
折角の休日なのに雨ですねぇ~何処の予定だったのでしょう?

久し振りの佐渡で、天気も良く腹いっぱい花を見てきました。
この日も平日のせいも有るけど、佐渡汽船空いていました。

新潟のPR不足、事あるたびに彼方此方で提唱していますが、
本当に下手です。もう少し知恵がないものかねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月21日 (火) 06:53

まぁ、すごい花ですね。
今年は行きそびれましたが、昨年の今頃見た佐渡の花の大きさ、際立つ色合いに驚いた事を思い出しました。
船上の片道2時間も、またいいんですよね。

投稿: 山いろいろ | 2009年4月21日 (火) 06:52

今日は休み。山に行く予定だったが、この天気、中止。無念。正に佐渡は宝の山だよね。新潟の宣伝下手でさっぱり。もったいない。

投稿: 赤鬼 | 2009年4月21日 (火) 06:33

もうぞうさま
早速のcomment恐縮です。
今日はお仕事お休みですね。

佐渡は料理も旨い穴場が何箇所も有るし、魅力が満載です。
山だけであれば、日帰りでも充分コース幾つも取れます。

もう直ぐカンゾウの季節でしょうが、先ほどのTVで、保護している様子が
放映されていました。随分減ってきたようですネ!

海の幸 山の幸 佐渡は宝の島です。
出来れば来年から定番にしたいと思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年4月20日 (月) 15:47

近くて遠い佐渡。
3度行きましたが、山登りはまだ無しです。
6月のカンゾウも良いだろうな~

投稿: もうぞう | 2009年4月20日 (月) 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/44730654

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡 組上(続き):

« 春季集中登山弥彦山&佐渡組上 | トップページ | 二王子岳にも春がきた »