« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

お江戸滞在徒然

2月18日(水) ~ 2月23日(月)
約1週間 ジィ~ジと相方は、娘夫婦の住処に滞在。
今回の目的は、下の孫娘の1週間遅れの誕生祝と、
上の孫娘の新体操の競技会見学なのです。

2月19日(木)
二人の孫は、それぞれ小学校と幼稚園へ、
娘は娘で、我らの江戸詰めを利用して学生時代の友人と
ランチとか…
幼稚園の孫娘の送り迎えも我らにお任せ。。。

幼稚園まで送れば、用事も無いジィ~ジと相方。

迎えの2時までお江戸の郊外を散策することに。。

以前TVでチラッと見た覚えのあるここへ
               ↓ 
   P1130996

府中の在、武蔵総社大國魂神社です。

先ずは、歩いて 歩いて 歩いて…

娘夫婦の住む三鷹在から、甲州街道を目指し深大寺を横目に
調布の在までエッチラ コッチラ トコトコ テクテク
凡そ一時(いっとき)弱で漸く賑やかな調布の宿場に辿り着く。

この先 府中の宿まで歩くには老体ではチトキツイ。
一人150両支払って電動駕篭に乗ることに…

やがて天を突くような高層集合屋敷が所狭しと林立する府中宿。
   P1130992
      八幡太郎義家公の像と欅並木

概ね5町近い(後世の単位では500m強)ケヤキ並木は、
源頼義、義家父子が奥州の安倍氏を征伐の途中
大國魂神社に戦勝祈願をして戦に勝利し、凱旋御礼詣りの為、
欅千株を植えた。
時代を重ね家康公も関が原と大阪夏・冬の戦の戦勝祈願と
大國魂神社の馬市から多くの軍馬を調達し、凱旋御礼で
また欅を補植し、更に馬場を寄進したと言う。

大國魂神社は、大國魂の大神を武蔵の国の護り神として
御祀りした社で景行天皇四十一年(111年)に創立された。
今日から1900年も昔の事らしい。

大國魂の大神は、出雲の国の大国主神と御同神である。

 P1130995 P1130994
             阿吽の狛犬

拝殿前のお賽銭箱に何がしかの小銭を入れて作法通り参拝。
平日にも拘わらず崇敬者の数もかなりに上る。

     P1130997
             常夜灯

  P1140001
       大鳥居前の御神木

時間は、午の刻に差しかかり、宿場の片隅の一膳飯屋へ、
軽い昼飯を終えれば、再び電動駕篭で調布の宿場まで。

宿場からは徒歩(かち)で、孫の通う前期寺子屋へ一目散。
急がないと決まりの刻限に間に合わないかもsign02

急げや 急げ run dash dash dash

どうにかこうにか 深大寺 向かうはまだ先だ!
燃油駕篭に乗ればよかったかなsign02 (今更)

飛脚にはなれないものの大急ぎ 火事場のなんとか。。

もう何とか時間は読める。間に合うこと必定。

間に合った!間に合った!
やがて孫娘 門の出口で塾長に直立不動で分れの挨拶。

三人で娘一家の高層棲家へ戻ります。

2月20日(金)
ジィ~ジは暇持て余し朝からダラダラ内容の乏しいTV観戦

相方は持参の餅つき器で赤飯と餅。

上の孫娘は、餅が大好き。 好き嫌いの多い下の孫娘も
幼稚園での餅つきか何かで、急に搗きたての餅が好きに
なった由。

幼稚園 学校から帰る時間を見計り黄粉、餡子餅
ジィ~ジも餅は、大大好物。

  *写真撮り忘れ

2月21日(土)
上の孫娘は、二親に連れられて買い物。
下の孫と近所の公園へ行ってブランコやウンテイ、jungle gym
その後はマンションの前で 上の孫娘のお下がりの靴はいて
ローラーブレードの練習です。
     P1140003
             得意顔

2月22日(日)
新体操競技会 写真は親しか撮れません。
(近頃 不審者 変質者多いから)
団体(5人)で出場の1年生の孫娘。飛んだり跳ねたり、
Y字BALANCEなど元気に真面目に演技
(所詮1年生チーム入賞は勿論出来無かったが、頑張った)

2月23日(月)
環八から東名へ一路 、倅夫婦が住む裾野へ
この日は、天気が悪く、富士山見ること敵わず。
用件を済ませ先を急ぐ旅でも無し、河口湖でお昼はホウトウ
序でに きみまろCDを買って甲州街道タラタラ走り、
諏訪ICから中央道で我家へ向かった。

雪の越後上越・高田に雪が見られない。w(゚o゚)w

高速料金節約の為、西山ICからR116 八時無事 帰宅。

++++++++         ++++++++++

以上 江戸滞在記録 お終い

近頃 山へ行く機会有りません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

新潟彼方此方 ⑦

昭和20年寺尾農園として開拓。

その後
昭和24年~昭和56年までの33年間 
チューリップ球根が栽培され、レジャー施設も幾つか作られ
《新潟遊園》 として市民にも親しまれ、我家もまだ幼かった
長男・長女の遊び場所として何度と無く、利用した。

昭和56年に閉園したものの昭和60年 新潟市により
《新潟寺尾中央公園》として再び、市民の憩いの場として
活用されている。

 P1130978 P1130979

2月11日(水・建国記念の日) 晴

我家から徒歩10数分、山へ行くTIMINGを失い久し振りに
散歩がてらの散策。

   P1130984
      遊戯施設に興ずるファミリー

   P1130988
     シャボン玉遊びのファミリー

新潟市は、信濃川・阿賀の川と二つの大河による10数個の
大きな砂丘列で形成されていたと言う。
この地も過ってはその一部で有ったと思われる。
松林の先は下りとなり、その先には日本海。
この公園から海岸まで歩いても10分少々。

   P1130985
       松林の樹間から見える日本海

一月後には、色とりどり多種類の4万本強のチューリップの
花が市民の目を楽しませてくれるだろう。

6.4ha.の敷地には、芝生広場、運動広場、バラ園、そして
フィールドアスレチック等も整備されている。

近所の人達のラジオ体操、散歩 ジョギング等 様々利用。

   P1130990

折角の公共施設 マナーを守りながらも精々利用したいもの。

我家へ戻る道すがら
   P1130991
雪を頂いた飯豊の山並を望む事ができた。

新潟彼方此方 ⑦ 終わり。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

またまた 角田山

持病?の坐骨神経痛 左側の腰が痛く、踝(くるぶし)周辺の
神経の疼痛で、近頃ハードな山へ向く気力が湧かない軟弱者の
ジィ~ジです。

今年は、新潟も長野も富山もどこも小雪で、尚更、意欲減退。

2月9日(月) 薄曇り
相変わらずの ジィ~ジの100名山 《角田山》

お昼に少し前、何時もの通り、稲島(とうじま)登山口からスタート

登り始めるや否や、見たような顔 Aさん 更に暫くして会のF氏

七合目では、下山中の地元在住の会員Kご夫妻。
更に白根の会員 亀ちゃん(この日は一人)
山頂 健養亭の中でも会友や知合いの顔多数。
丁度、灯台コースから会友のO夫妻も仲良く到着。

ジィ~ジと相方 小屋には入らず、外のベンチでティータイム

1昨日以来の 角田山 雪は益々解けて!!! P1130972
         積雪殆どなし

      P1130974
            山頂のコース標識

   P1130976
      九合目向陽観音前広場 雪は無し。

右奥に薄っすらと 名峰 粟ヶ岳 (見えるかな?)

   P11309771
    八合目 左の山腹脇にボンヤリと佐渡島

今年は、もう積もらないのかなぁsign02

夕方から相方に用が有り、スタコラサッサと即、下山。

下山六合目付近で、又もや我家の近くに住む会員I氏と遭遇。

この日は、会員以外の知り合いを含めて、10数人と挨拶。

角田山 21-5 の一こまです。

あまり角田山ばかり行っているので、オーバーユースとか
クレームつけられるかな?
マナーは守っている積りですが…。。。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

角田山 2月

相変わらず、家でゴロゴロ変わり映えしないジィ~ジです。

このままでは、足が萎えてしまいそう。

今回もまた、自分の体調BAROMETERとTRAINING代わり。

2月7日(土) 曇り
家を出たのが凡そ1時 今日もお湯だけ持参の空身です。

お昼を山頂で取ったのか?下る人が途切れません。

P1130962
           山頂小屋 健養亭

山頂でこの程度、殆ど雪はありません。

P11309651
          九合目向陽観音

雪は全く見られない。

   P11309661
        八合目に戻る相方

例年であれば、圧雪が凍り、結構危険なのですが…
全く登山道に雪が見られない!!!!!

     P1130968
           不動明王像

       P1130970
          五合目地蔵さま

山好きな人は、優しい人が多いのでしょう。綺麗な菅笠に
赤いおべべが良く似合う。

それにしても、それにしてもsign01
自分の頭がおかしくなったのか?温暖化か?
二月のこの時期に、ここ新潟なのに雪が見られない。

これから先、来年 再来年と、こんな状態が進むのか?
これが普通になるのだろうか?
だとすれば、昔は一体なんだったのだsign02

解らない 解らない。 ジィ~ジのボンクラ頭では解らない。

角田山 21-4 お終い

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

五頭山と飯豊遠望

空模様眺め、気軽に出かけられる山が近くに幾つか有るのが
ジィ~ジの住む新潟のMeritの一つ。

前日の予報通り、朝から穏やかな快晴
ジィ~ジ前夜は、些か飲み過ぎ?
加齢の為せる技か?ハードな山へ向かう意欲減退進行中。

1月29日(木) 快晴 sun

8時にO夫妻の出迎えで出発。
向かう先は、角田山に次ぐ定番 五頭山

1時間足らずで村杉温泉からの林道に着くも、放射冷却で
駐車場への林道は、凍結で前を行く車が前進できず難儀中。

待っていて仕方が無いので、我らは少し雪の少ない路側に
駐車し、靴を履き替え出発。

菱ヶ岳登山口(内川)駐車場より高々100数十m.手前。
歩いてもたかが知れているのです。

9時35分 どんぐりの森 登山口
 P11309181 P11309191
(写真 左) どんぐりの森登山口に向かって
(写真 右) 登山口でお色直し

久し振りにここ2,3日少し降ったので、純白の新雪が心地良い。
先達のお陰と多数の登山者でしっかりと道は踏み固められ
ワカンはカッコだけ…

 P11309201 P11309241
(写真 左) どんぐりの森登山口
(写真 右) 先行くハイカー

七合目で小休止 水分補給と持参のリンゴ

10時50分 三ノ峰
 P11309251 P11309271
(写真 左) 三ノ峰山頂付近
(写真 右) 三ノ峰山頂避難小屋 

     P11309331_2
前方の一ノ峰、前ノ峰にも多くの登山者が見られます。

   P11309351
     振り返れば二ノ峰へ向かってくるO夫妻

  P1130937
   今日も飯豊は、バッチリだぁ~

    P11309411
    脇には五頭連峰の盟主 菱ヶ岳

一ノ峰から前ノ峰へ向い 心ゆくまで飯豊の山々眺め
暫し至福のひと時を味わう我らです。

三の峰まで戻って雪を踏み腰を下ろして軽~い腹拵え

  P11309421
三ノ峰へ向かう様子 新潟平野と新津丘陵

  P11309431
空はどこまでも青く、雪は白い。

こんな日が有るから雪山止められない!

平日とは言え、人間考えることは概ね同じ 時もお昼に近い
行き交う登山者まさに後を絶ちません。

沢山の登山者で持参のワカン出番は有りません。
夕方から我が相方 少し用事が有るということで往路を下山。
(用が無ければ、好転に誘われ菱ヶ岳まで縦走していかも)

    P11309451
ブナの木々、O夫妻日差しが強く影がくっきりと。

見覚えの有る女性の顔4人 またその後二人の女性
我が会の女性会員の皆さんです。

挨拶交わしスタコラサッサと下ります。

12時45分 どんぐりの森登山口
飯豊連峰の大展望たっぷり楽しんでまだ1時前。
これで満足感味わえるので言う事無しです。

林道の凍結は朝と違い、スッカリ解けていたものの林道路側
村杉温泉の近くまで吃驚するほどビッシリ車が駐車。

五頭山ありがたい山だ!!

帰路は必ず立ち寄るK豆腐
オカラを貰い、一品二品酒の肴を買求め、帰宅。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »