« 謹賀新年 21-1角田山 | トップページ | 弥彦山 また 弥彦山 »

2009年1月 7日 (水)

写真登山

ヒマラヤトレッキングなど全く経験ないジィ~ジ。

たまたま朝刊のニュースから 〝野口 健 写真展〟が6日から
東北電力グリーンプラザで始まった事を知った。

天気が良いにも拘わらず山へも行かず、暇を持て余していたので
昼から出かけて観に行って来た。

     P11308221
            入口のポスター

写真展示場は、当然の如く撮影禁止。

     P1130823

内部の様子。

写真は、約40点 登山とか山の風景などは殆ど無い。

今回の目的は、ヒマラヤの現状と問題提起で有る。

放置されたままの夥しい酸素ボンベやカートリッジ…
氷河湖の深刻化 4,000m.を越える高所での降雨
地球環境・温暖化への警鐘が目的だ。

ジィ~ジは、野口 健氏とは、当然ながら面識も無い。

只、彼の写真展を見て(見なくとも)、素直に同感できる事。
それは環境破壊と言う問題ではなく、それ以前のMoraleである。
名声?と自己満足でチョモランマ、エヴェレストATTACKすることを
決して否定するものではないものの。。。

しかし自分たちの出した(放りっぱなしの)ゴミ芥を持ち帰ることが
出来ない 山やさん もしくはツアーガイド 旅行業者…等々etc 。
そのような輩にエベレスト・富士山は無論 山の話をする資格は
無いと思っている。
ジィ~ジは、地元の山ばかり歩いてオーバーユースとか非難を
浴びることも今現在も有る。しかし山やさんと呼ばれるほどの
技量・実力も持ち合わせてはいないが、少なくとも自分が
もって行った物だけは断じて捨てはしない。

ジィ~ジは、汗を掻き、自然を通して感動を得たいだけなのだ。
最低の 最低のMoraleを持っていれば自然は回帰すると思って
いる。

年代とか組織とか民族とか宗教とか…離れてもそれぞれの立場
環境で最低限のMoraleだけは守り、持って居たいものと願う。

|

« 謹賀新年 21-1角田山 | トップページ | 弥彦山 また 弥彦山 »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

山いろいろ さま
仰せの通り 山を下り日常生活に戻れば、
〝まぁ いいか〟それが全てでしょう。

昔のクライマーは貧弱な装備な上、更に1gでも
減らす努力をしたりしたようですが、現在は商売で
連れて行く、変な市場原理が悪の根本かと、時々
思います。

小生 個人山行でモラル欠如のツアーハイカーしばしば
目にし、不快な思いをすることがあります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年1月 9日 (金) 09:05

yukitubaki さま
ジィ~ジは自分勝手な解釈とは思っていますが、
自然が持つ回帰力は計り知れない大きさだと思ってます。

しかし、せめて自分が出したものは、自分で始末できない
この現状を情けなく思っているのです。

赤鬼氏は自然保護の資格を有しています。
角田山では、花の時期大きな声で注意喚起しています。

 
 

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年1月 9日 (金) 08:54

以前、ある本で読んだ事。
体力の限界まで使い切って登頂した後、悪い事は百も承知で、要らなくなったボンベ等を捨ててしまう。改めて回収に行こうと思っていても、帰国してヌクヌクした環境に戻ると”まぁ、いいか”となってしまう。人間の心の弱さですね。
BCでの、日本製の空缶なども捨てられている写真を目にします。もっとポーターとかの数を増やせばいいようなもんだけど、経済的な理由かと思います。このあたりは、環境問題の意識の低さでしょうかね。

投稿: 山いろいろ | 2009年1月 9日 (金) 08:32

以前TVで、野口氏の”ヒマラヤ清掃登山”を見たことがあります。赤鬼さんが仰せの通り+生人参が放置。ヒマラヤでは、生ものは分解せずに其のまま鮮やかな人参が残って居ました。
私が所属する会の会長も視聴していた由。
会員に、改めて伝授!! 
個々に、意識してイイ山を残して置きたいものですね。

これから、山登りを始められる方々には、先輩のアドバイスが必須かと思います。
ココロを痛めるだけでなく、言葉にして!!

ともすれば、忘れてしまいそうな重大な事。問題提起して戴き、自分自信に問うてみました。


投稿: yukitubaki | 2009年1月 9日 (金) 00:00

もうぞうさま
小生所属する山の会では、たまに清掃登山もやっています。
空き缶やお花摘みの後始末など、未だ彼方此方に
当たり前のように見受けられます。
今日 弥彦へ行ってきましたが、平日なのに沢山の人が
登っていました。自分を含め、健康管理とか、それぞれの
目的のために登っている人を見て、私はオーバーユースと
非難したくは有りません。
一方ヒマラヤなどで機材を放置して来る日本人が多いのは
事実です。

お隣の国の観光客がマナー悪いと言われていますが、
日本人のマナーの悪さ小生も海外で何度も目にしたことあります。

また国内でも角田の雪割草ツアーなど、県内外からの
傍若無人な振る舞い数多く目にしますが、ツアーコンダクターで注意する事見たことが有りません。
大事なのは雪割草でなくお客様なのです。
これが現代の風潮だと思います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年1月 8日 (木) 21:05

日本では、ゴミ問題は良い方向に向かっていると思っています。
オーバーユースや屎尿が問題だと思います。
もっともオーバーになるほど、これかも登山者が増えるか?の方が問題でしょうかね~

投稿: もうぞう | 2009年1月 8日 (木) 19:41

sanaeさま
野口 健氏は〝環境学校〟と言う組織も運営しているようですね。

日本人は、ヒマラヤを富士山みたいにするつもりか!
と罵られたようです。
勿論日本人ばかりでは無いと思いますが、自分たちが
使った機材持ち帰らないという発想はどこから出るのでしょうかねぇ?困ったものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年1月 8日 (木) 18:47

野口健さん、登山家として登るだけでなく、いろいろな活動されてますよね。
いままでの登山家にはあまり見られなかったパターンでしょうか。
一般登山者のモラル向上になるといいですね。
写真展はいいですよね。我らには見ることのできない風景がそこにはあったのでしょうね。

投稿: sanae | 2009年1月 8日 (木) 12:13

彼の運動の元は、
ヒマラヤを富士と同じにするのか!と避難されたことに拠る由。

現在は金を積めばそれなりにエベレストの山頂に
立てるようだから…
嘆かわしい世の中になったものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2009年1月 8日 (木) 07:05

ヒマラヤでは大量のゴミが有るとは前から聞いて
いた。しかも日本の物が一番多いそうだ。情けなくなる。日本の有名な登山家達もボンベや缶詰を
置いてきたのかなあ。なんかイメージダウンしちゃうよ。喝!

投稿: 赤鬼 | 2009年1月 8日 (木) 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/43668928

この記事へのトラックバック一覧です: 写真登山:

« 謹賀新年 21-1角田山 | トップページ | 弥彦山 また 弥彦山 »