« 富士山眺望 | トップページ | 飯豊連峰遠望(五頭山) »

2008年12月28日 (日)

新潟彼方此方⑥

【荒海見学歩行会】 所属するNPO法人の行事に参加です。

12月17日(水)晴
師走の新潟にしては、珍しいインデアンサマーの日となりました。

予定では、荒海を見学体験して〝新潟みなとトンネル〟を歩く。

参加者は、新潟交通入船営業所待合室集合

理事長の挨拶の後、M氏先導に出発。
先ずは山田町の[宇品丸慰霊碑]に立ち寄り

P1130711P1130712P1130713
  宇品丸慰霊塔建立の趣意書
  大東亜戦争の終戦間近い昭和二十年八月十日
米軍の戦闘機(グラマン)数機により新潟港湾附
近の空襲を受けた際偶々同港山田町側に停泊中の
軍用船宇品丸の兵士は敢然としてそれを迎撃奮戦
した為に米軍機の攻撃目標を宇品丸に集中して
弾丸のほとんど全部を撃ち尽くして逃走したその為
港湾施設及び市街は最小限度の被害で済んだが
宇品丸の乗員はほとんど玉砕した。
  昭和二十九年地元山田町有志相図り新潟市の
救神となった宇品丸勇士の英霊を慰めようと
慰霊塔建立の議あり茲に当時の市長村田三郎
氏の筆を得てささやか乍ら建立を実現し、以来
毎年町内会にて慰霊祭を執り行ない英霊に
感謝の意を表している次第である。
    嗚呼悲壮
      宇品丸勇士花と散り
    その名も数も無きあとの
      霊なぐさむと伏し拝む

*現在の学校教育では、大東亜戦争と言う呼び名は禁じられている。

ここから先、新潟みなとトンネルに向い、海沿いを歩くのだが、
幸か?不幸か?  今の時期にしては珍しく

う~みは あ~ら~う~み む~こうは… ♪~♪♪

海は、全く穏やかそのもの。。 
新潟みなとトンネルの、正式呼称 新潟港臨港道路入船臨港線
日本一の長河 信濃川の河口を挟んで 
長さ 3.3キロ (内 トンネル部1.423キロ) 1987年から15年の
歳月をかけ 2002年5月19日から供用され、両端には、入船タワー
山の下タワーが排気塔を備え、建造されている。
             P1130715
                   入船タワー

 P1130716_2 P1130717
(写真 左) 日本海全く穏やか薄っすらと佐渡も見えます。
(写真 右) 入船タワー内部のトンネル概要説明板

入船タワーも山の下タワーも共に展望室は勿論、北前船や歴史的
貴重な資料が数多く展示されています。(入館無料)

入船タワー併設のトンネル歩行用通路へ向かいます。
 P11307181 P1130724
(写真 左) 歩行者用通路入口(入船タワー併設部)
(写真 右) トンネル内部歩行者通路の様子

ジィ~ジは、現役時代まだ工事中の時に歩いた経験あり。

以下 内部の様子
 P1130721 P1130723

 P1130731 P1130732

埋設部分のトンネルは、新潟東港で製作された8個の函の接続。

3キロ強の道程を辿り、山の下タワーに向かいます。 

 P1130734 P1130736
(写真 左) 山の下タワーから対岸入船タワーを望む
(写真 右) 山の下タワーから二王子岳さらに飯豊連峰が…

     P1130737
      沈埋トンネルの製作過程と方法説明

     P1130738
山の下タワー隣接の子供用遊具公園(冬季閉鎖中)

 P1130740 P1130741
          トンネル説明標識

我々の見学中も沢山の市民がウオーキングに利用 交錯。
冬季は特にアスリートの訓練場にもなっているとか
往復 7キロトレーニングにも手頃かと思われます。
駐車場も整備されているし、眺めもGOOD 。
これからもたまには、歩いてみたく思ったジィ~ジです。

歩いて見学終わって、腹も減り、時間も丁度お昼時
この日のランチです。

      P1130742

荒海体験できなったことがチョッピリ残念!!? 

              新潟彼方此方 ⑥ おしまい

|

« 富士山眺望 | トップページ | 飯豊連峰遠望(五頭山) »

新潟」カテゴリの記事

コメント

赤鬼さま
お早うございます。
>ただ沈埋トンネルを運んで沈める前に入ったことがある
それは珍しい体験ですね。
この日、機雷の話も出ていましたよ。
年末にまた戦争の話題が出ました。人類の歴史から戦争が消えません。
不景気でもせめて平和な毎日送りたいものです。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月29日 (月) 07:17

おいら車では通ったが歩いたことは無い。ただ沈埋トンネルを運んで沈める前に入ったことがある。宇品丸のことは知らなかったなあ。高校の大先輩が多く(終戦間際)亡くなっている。渡し舟が機雷に触れ木っ端微塵に
なったらしい。戦争は嫌だね。今もイスラエルとパレスチナがやっている。

投稿: 赤鬼 | 2008年12月29日 (月) 06:53

甘納豆さま
今晩は 今年も僅か残り3日 早いですねぇ~1年。
今年一年何かとお世話になりました。来年は更に力をお借りしたく
思っていますのでよろしく
膝大事にして下さい。きっと使い過ぎだと思いますyo。
トレーニングは大事ですが、オーバーワークは問題です。
実は、小生も左足が腰から踝にかけて痺れ、困っているのです。
ここ数日 痛くなる一方で困っています。坐骨神経痛なのです。
愚痴は言いたくありませんが、年ですかねぇ~?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月28日 (日) 19:44

もうぞうさま
今晩は いつも有難うございます。
山田町 宇品丸慰霊碑何れも新潟交通入船営業所から
歩いて2,3分のところなのです。
入船 山の下両タワーは、ゆったりしてあまり人もいなくて
ゆっくり出来ます。眺めも抜群。
 

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月28日 (日) 19:36

今晩は!
なになに「往復 7キロトレーニングにも手頃かと」ですか。
話には聞いていましたが立派な歩道なのですね。
でも今は自重、早く膝を治さないと年明けも沈殿になってしまいます。
今年1年大変お世話になりました。
相方様共々、どうか良いお年をお迎え下さい。

投稿: 甘納豆 | 2008年12月28日 (日) 19:32

今回の収穫。
山田町などという町名があること。
宇品丸慰霊碑のこと。
大東亜戦争と言う良い方が、教育現場にないこと。
などなど・・・
勉強になりました。

それにしても小春日和でなによりでした。

投稿: もうぞう | 2008年12月28日 (日) 19:23

山さま
トレーニングにもってこいの場所です。
山に海に眺めは良いし、北前船や新潟港の歴史資料展示されているし
おまけに無料 そして、あかりんちゃんの遊び場も有るのです。
目大丈夫?小生も調子悪いけど・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月28日 (日) 18:31

何度もお世話になっているこのトンネルですが、歩行用通路は未だ通行していなかったですね。ふ~ん、こうなってるんだ~。
山の下タワーも、いずれ訪ねてみようと思いつつ・・・。
居ながらにして、新潟の名所が解って嬉しいな。

投稿: 山いろいろ | 2008年12月28日 (日) 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/43552828

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟彼方此方⑥:

« 富士山眺望 | トップページ | 飯豊連峰遠望(五頭山) »