« 新潟彼方此方⑥ | トップページ | 平成20年 山歩きのまとめ »

2008年12月30日 (火)

飯豊連峰遠望(五頭山)

師走の新潟にしては、稀有な陽気に誘われて、1時間弱の五頭山へ
考えることは皆さん一緒!?既に登山口手前の駐車場は満車状態。

*久し振りに二王子岳も頭に浮かんだものの寄る年波か?
 軟弱さが嵩じてきているようです。

12月20日(土)晴 同行 相方
9:15 どんぐりの森 登山口

この時期にしては珍しく全く雪は見られない。
P11307431_2 P11307451_2
(写真 左) 登山道整備協力御礼案内
(写真 右) 七合目行く相方

         P11307481_2

丸坊主ブナの木漏れ日受けながら落ち葉の絨毯踏む相方

三ノ峰手前から漸く以前降って固められた雪が現れます。
三の峰から冬道で二ノ峰へ向かいます。

木々の枝越に飯豊の山並が見え始めます。

P11307501_2 P11307531_2
(写真 左) 三の峰山頂の相方
(写真 右) 二の峰山頂の石仏とバックに飯豊

一ノ峰から一寸下って登り返し前ノ峰へ向かって進みます。

     P11307561_2

     P11307591_2
        前の峰から飯豊連峰眺める相方

会津に続く山並の奥には薄っすらと 宝の山 磐梯山 も

         P1130760
           薄っすらと磐梯山も

前ノ峰先の登山道脇に敷物敷き、持参のお湯でインスタントコーヒー
すすりながら ゆっくり マッタリ飯豊連峰 飽かず眺め楽しみます。

   P11307611_2
             飯豊連峰ほぼ全貌

     P1130766_2
飯豊連峰奥大日岳の手前 右側には姿良く望める秀峰 蒜場山

たっぷりと心ゆくまで飯豊の遠望を楽しんで下山することに。。。
向かう先には、角田山から弥彦の山

     P1130780

振り返れば、まだお昼前 多くのハイカーが飯豊の山を楽しんで…

    P1130783_2 

一ノ峰 正面に聳えるは五頭山塊最高峰 菱ヶ岳

     P11307851_2
三ノ峰まで下りて来れば、オヤッ あれは!
会の事務局長T氏です。「やぁ ヤァ」「おや おや」挨拶交わします。
現役時代の後輩Mさんを案内してきた由。
立ち話を終えて、我らは往路を下山です。

五合目付近から登山口にかけてウッドチップが敷き詰められて
フカフカ 柔らかな優しい道となってます。

P1130788_2 P11307891_2
(写真 左) 木屑敷き詰められた登山道
(写真 右) 登山口 どんぐりの森

12:15 どんぐりの森
飯豊連峰の眺望をコーヒー飲んで、リンゴを食べて心ゆくまで満喫し、
ノンビリ しても要した時間は 3時間
自宅から1時間足らずで素晴しい飯豊の山並を堪能できる新潟は
本当に良い所です。帰りは定番のK豆腐店に立ち寄って、更に
地元の安い新鮮な減農薬野菜を買い込んで用事は全て事足ります。

おまけに帰り道には10月30日 国際ラムサール条約 認定された
白鳥の飛来地 「瓢湖」

  *勿論この湖からも白く輝く飯豊連峰が見えるのです。

     P1130793_2
現在約6,000羽 強カウントされているようだが、この時間は
白鳥さん達は、近くの田圃へ出勤中

おまけのおまけ
我家が近づいて…
車で10分程 新潟流通センター付近からも飯豊は良く見える。

     P1130797_2
穀倉蒲原平野の田圃と北陸道越に聳える飯豊連峰。

滅多に見られない穏やかな日 満足満足のジィ~ジです。

   飯豊遠望 お終い。

|

« 新潟彼方此方⑥ | トップページ | 平成20年 山歩きのまとめ »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

山いろいろ さま
先日は、どうもどうもでした。頼もしい後輩でこれからが
益々楽しみですね。
この1年会業務等何かとご苦労様でした。
来年も健康に留意されより活躍されますよう

いい年して諍いばかり絶えない夫婦ですが、今年も何とか持ちこたえました。
来年は、一息息を飲み込んで少しは大人になる努力をするつもりです。

また 面倒見てください。 良き年を。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月31日 (水) 22:23

この日は本当にいい天気でしたね。そして、いつも睦まじく夫婦登山で微笑ましいですね。
三の峰で紹介した後輩は、下山をスキー場コースに取ったものだから、大喜びでした。五頭山は出湯とどんぐりしか知らなかったそうです。

投稿: 山いろいろ | 2008年12月31日 (水) 21:59

えいじさま
comment有難うございました。
100年に一度の歴史的不況が叫ばれている今年ではありましたが
100名山完登おめでとうございます。小生アンチ100名山でしたが
数えてみたら90過ぎており、結果的には屋久島入れてあと九州3座となりました。
元気であれば来年区切りを付けたく思って居ります。

今年こそ今年こそ 来年こそお仲間誘われて雪割草見に来てください。
日帰りでも楽勝です。
来年も良き山登りされますように 良き年お迎え下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月31日 (水) 11:13

ご無沙汰しております。
飯豊連峰の展望が綺麗ですね。
今年も花の時期に新潟に行けませんでしたが、来年こそは伺いたいと思っています。
来年もよろしくお願いします。

投稿: えいじ | 2008年12月31日 (水) 11:01

サラダさま
今年1年お世話になりました。
来年はご一緒できるかと期待していたのですが、残念です。
当方は暇なので是非声を掛けてください。

お互い健康に留意して良き年となることを祈ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月31日 (水) 07:07

五頭山は近くて すばらしい山です。 特に冬は飯豊山がすばらしいですので 私もはれた日に休みがあったら
それ~と 出かけて来たいです。
今年も1年 山三昧できて 良かったなと思っています。
来年は ペースが落ちますが マイペースで登ろうと 思います。
どうぞ、良いお年をお迎え下さい。


投稿: サラダ | 2008年12月31日 (水) 00:06

いめかさま
comment有難う 今年もお世話になりました。
今年は貴女にとっては不本意の1年となった様子
来年は、無理せずに楽しく山歩きをしましょう。
先ずは何より健康第一。

経済環境の好転と安穏を祈りましょう。
健やかに良き年 お迎え下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月30日 (火) 21:40

この日は、市内も素晴らしいお天気でした。
仕事をしてても、ブラインド開けてましたら
暖房もいらずにエコしてました(笑)

五頭山もご無沙汰してます。
こんど晴れたら、ゆっくり登ってきます。

来年も宜しくお願い致します。
どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

投稿: いめか | 2008年12月30日 (火) 21:13

もうぞうさま
今晩は 
お仕事お疲れさまです。
11月 12月時折新潟にしては小春日和の日がありました。

不況が叫ばれる現在、時折山へ行ってノンビリさせて貰っている
幸せに手を合わせています。
少しずつ少しずつ名実共に回復して欲しいと願います。

元旦登山 角田で迎えたいと思ってはいるのですが
天気が????

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月30日 (火) 19:55

甘納豆さま
今晩は!
とうとう明日は晦日となりました。1年ホンのひと時と思いつつ
無為に過ごし、毎度反省させられます。

この日は、飯豊が綺麗でしたね。
甘納豆さんの記事にまだcomment入れていませんが、
しっかりと楽しまれた様子が頭に入っています。

100年に一度といわれる不況の現在 せめて元旦くらいは
スカッと晴れて欲しいと思いますが、どうやら???

明日は頑張って総括記事アップして1年を締めたく思ってます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年12月30日 (火) 19:49

この日もいい天気でしたね~
次の休みで、まだ良い天気だったので、角田にでも行こうと思ったんですが、お客さんがあってダメでした。
残念。
今年は11月12月と山に行けませんでした。
元旦登山も天気悪そうなので、中止かな~?

投稿: もうぞう | 2008年12月30日 (火) 19:36

今晩は!
この日はまたとない素晴らしい天気でしたね。
自分も、朝日連峰を背に、目の前の杁差岳を飽かず眺めておりました。
年末年始はどうやら雪模様ですね。
ご来光見えると良いのですが。

投稿: 甘納豆 | 2008年12月30日 (火) 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/43573718

この記事へのトラックバック一覧です: 飯豊連峰遠望(五頭山):

« 新潟彼方此方⑥ | トップページ | 平成20年 山歩きのまとめ »