« 皇海山(不動沢コース) | トップページ | 火打山 紅葉嘆賞登山その2 »

2008年10月 9日 (木)

大朝日岳 紅葉嘆賞登山その1

9月の始め、ジィ~ジ想定外の蜂騒動入院騒ぎ、そして10月末は
相方の母親の米寿を祝っての親族旅行と、少々出費が嵩みます。

とは言うものの、この時期紅葉求めての山歩きは外せません。

しからばどうするか? → 宿泊代の節約です。
日帰り登山しか有りません。
ガソリン依然高騰の折、なるべく近間で…

ジィ~ジ 久し振りに飯豊か朝日連峰に行って見たいなぁ!
相方と相談の結果 結論は 大朝日岳 (1870m.)

朝日連峰は、朝日平(五味沢)から泡滝ダムまでの大縦走と
日暮沢から2回と、現在まで3回の経験です。
相方の希望は、是非 朝日鉱泉ナチュラリストの家 を見て見たい。

男たるもの殆どの場合、連れ合いに逆らうことが出来ないものです。

     P11204611
       朝日鉱泉ナチュラリストの家

10月1日(水) 
昼過ぎユックリと出発 新潟から山形小国を目指し、更に長井市
から飯豊町へ、そして最上川に沿って朝日町を辿ります。
朝日町へ入ったら今度は朝日川を林道14キロ遡上します。
朝日鉱泉 ナチュラリストの家は、その地に建ってます。
夕方 4時の到着です。

〝宿泊できます〟の看板が出ているものの、我家は車中泊。。
朝日鉱泉の正面には、大朝日岳がデ・デ~ンと対峙しています。
(我家のコンデジでは光が弱すぎます。)

宿泊もせずに申し訳ないとは思いつつ、鉱泉のドアを開け、
情報収集です。

相方 「鳥原山の登山道の状況は如何でしょうか?」

管理人さん「問題ないですよ、大朝日小屋で泊まるんでしょう」

相方 「中ツル尾根を下って日帰りの積りなんですけど」

管理人さん 「年齢から見て無理です!日帰りするなら中ツル
        尾根ピストンしかないです。」

管理人さん?の善意?は理解できるものの会話は以上。

車に戻り、二人で相談。鉱泉の関係者のADVICEは理解できる
ものの、折角来たのだから中ツル尾根は登らず、小朝日岳までは
何とか登ろう。または5時半出発して12時の時点で戻ろうと…

鉱泉から少し離れた一般車駐車場で、誰も居ない真っ暗な夜を
車の中で、過ごします。sleepy
この夜の 満天の星は、今年一番 キラキラ キラキラ 

■ 大朝日岳
 【日  時】 平成20年10月2日(木) 
 【天  候】 晴/薄曇
 【同  行】 相方 計2名
 【行  程】 朝日鉱泉5:25~999m.P6:52~鳥原山8:33~
        小朝日岳(9:42-9:52)~大朝日小屋(11:16-11:20)
        ~大朝日岳山頂(11:33-11:40)~9合目昼食~
        7合目12:30~3合目13:45~朝日鉱泉15:52
        *所要時間 10時間27分 休憩約50分含む
 【標高差】 約1320m.
 【地形図】 国土地理院地形図1/25000朝日岳

記事)
朝日鉱泉関係者の方のADVICE無視する気は無いものの
5時少し前に起床、お湯だけ沸かし、簡単朝飯で出陣準備。

5時25分 朝日鉱泉出発
日のでは随分遅くなったものの、辛うじてヘッデンは要りません。

P11203221 P11203261 P11203271
(写真 左) まだ暗い朝日鉱泉の前からスタート
(写真 中) 朝日鉱泉下の朝日川の吊橋渡って
(写真 右) スタートから10分少々 中ツル尾根分岐

中ツル尾根分岐から大小のブナの生い茂る急登の樹林帯を
ジグザグに登り、高度を稼ぎます。

やがてスッカリ明るくなって、木洩れ陽受けて葉の輝き増します。

P11203291 P11203321

歩き始めて、凡そ1時間半弱で993mピークです。
鉱泉から2.5キロそして鳥原山へ3.5キロ   (長~い)

更に少し下り金山沢で渡渉です。
     P11203331
再び急登を登り返し、歩き始めて3時間弱で、草原と池塘が目に
飛び込んできます。鳥原高原です。
登山道も木道に変ります。清冽な水が流れる水場や鳥原小屋と
朝日岳神社が祀られています。
鳥原避難小屋は素晴しく綺麗な床で一度は泊まってみたい感じ。
P11203361 P11203401
P11203431 P11203421

草紅葉今が盛りの感有り。
ここは、白滝から取り付くコースとの合流点でも有ります。
鳥原山(1430m.)山頂をクリアーすると鳥原山展望台です。
突然 どっしりと主峰 大朝日岳が、そして右前方に、小朝日岳が
凛々しく目に飛び込んできます。
  P11203471
        鳥原山展望台より

ここから小朝日岳は少し下りそして登り返さねばなりませんが、
景色に見とれ?さほど疲労感も覚えない二人です。
小朝日までは大丈夫だな! 先へ進む二人です。

P11203531 P11203561
(写真 左) 小朝日山頂手前の急登
(写真 右) 眼下には、辿ってきた長大な尾根道

この付近で漸く前日大朝日小屋宿泊の登山者と交錯が始まります。
(古寺鉱泉へ下る人達です。)

9時44分 小朝日岳
歩き始めて約4時間20分で小朝日岳 (1647m.)
四周の山々眺め、熱いインスタントコーヒーすすります。
まだこの時間です。大朝日岳までの所要時間も大体読めます。
これは 行くしか無いだろう!!
   P11203581
          小朝日岳山頂

  P11203621
    木々の葉は、赤く燃え出して秋本番

ユックリ景色を堪能して、大朝日岳へ向かいます。
一旦 熊越 まで高度差二百m程下らねばなりません。
 P11203671
      ここから下りが始まります。
   P11203731
         振返ればピラミダルな小朝日岳

熊越の鞍部からは、太いダケカンバを見ながら最後の登りに
掛かります。
ここまで来れば、もう引き返す訳には行きません。

前方の裸地 銀玉水 の付近を早朝、古寺鉱泉を発ったのか?
山頂目指してる10数人のグループが目に入ります。
我等もあと少し、頑張らねば!

   P11203771
     小屋も見えるし、周りは紅葉 気分爽快

ハイマツの緑と白い花崗岩のマッチする冷泉 銀玉水を過ぎると
朝日岳神社の奥宮、そして大朝日小屋が目前に迫ります。

 P11203811 P11203821

11時16分 大朝日避難小屋
撤退予定の12時前に目的地に着けたぞ!!
小屋の廻りは宿泊した人、早朝古寺鉱泉から登ってきたグループ
沢山のハイカーで大賑わい。
 P11203831 P11203841
(写真 左) 小屋手前真っ赤に染まったチングルマの葉と花穂
(写真 右) 大朝日岳避難小屋 平日でもかなりの混雑

一寸 一息入れて山頂を目指します。
生憎急に周りには下からガスが湧き出して、温度も急に寒く
感じます。ツアーのグループ山頂からドンドン下ってきます。

     P11203851
9月26日に降った新雪の残りも見られます。
今年の初雪 例年より相当早かったようです。

11時33分ー11時40分 大朝日岳山頂
ついに山頂到着です。我ら二人のみ 独占です。
(残念ながらガスが纏わりつき半袖シャツに寒さ覚えます)
 P11203861 P11203881
ジィ~ジ4回目の 大朝日岳山頂

この時期に半袖の馬鹿な我ら二人連れ、急なガスで展望利かず
お昼も未だなので、未だ歩いたことの無い中ツル尾根目指し
下り始めます。

山頂直下付近で、6時半頃朝日鉱泉を出たと言う単独行氏と遭遇
折角なので避難小屋で泊まる積りとか…
 P1120391 P11203971
(写真 左) 山頂目指す単独行氏
(写真 右) 中ツル尾根方向の紅葉

 P1120402 P11204031
(写真 左) 振返ればガス少し上がる。最奥は山頂
(写真 右) 合目表示板 (各合目毎に設置)

   P1120410 P11204141
(写真 左) まだ狂い残る?ハクサンイチゲ
(写真 右) マツムシソウ

8合目付近で風を避け、簡単なランチとします。
ガスは、少しずつ霧散して再び明るくなってきます。

今を去る11年前 朝日連峰大縦走の折、歩いた平岩山方面
(あの時は、あまりの長さでヘロヘロだった)

   P11204091

左手前方には往路の鳥原山(右)から小朝日岳(中央)

   P11204201
あの尾根を歩いてきたのだなぁ~

お昼が終わり、風も止み歩くに手頃な外気温 再び下山の開始。

  P11204231
      ハイマツと紅葉の登山道

 P1120426 P1120427

    P11204291
気分爽快 足取り軽く ♪ ♪~

6合目付近で賑やかな声、前後を若いガイドを従えた10人ほどの
おばさんグループです。
今夜は 山頂で宿泊。明日は鳥原山から下山の由。

13時45分 3合目
長命水も通り過ぎ、もう3合目の感あり。
(意外と楽ジャン!!)

 P11204361 P1120435
(写真 左) 3合目標識

3合目までスイスイと下りてきたものの、此の先からは急勾配の
下りが始まります。

3合目だから先は短いだろう…
これが大間違い 黒俣沢と朝日俣沢の出会い二股
朝日鉱泉まで、大朝日岳まで其々 4キロと表示
何!これから 4キロ
さすがに少々疲れが出てきます。
吊橋渡り、沢沿いに歩きますが、高度差数十m.のアップダウンが
延々と何回も続きます。

 P11204391 P11204431
(写真 右) 最初の吊橋
(写真 左) 沢沿いの様子

   P1120445 P11204491
(写真 左) 沢沿いに咲くダイモンジソウ
(写真 右) プリンプリンの茸???

少々嫌気が刺す頃、三本目の吊橋が…
ここまで来れば漸く、先が見える?!

朝 スタートの鳥原山分岐に到着。

 P11204511 P1120454

途中の弘法清水で喉潤せば、やがて朝日鉱泉が目に飛び込んで。

スタートの吊橋です。

無事明るい内に到着です。

 P11204561_2 P11204571

15時52分 朝日鉱泉到着。

   P11204581
鉱泉の正面にはどっしりそびえる大朝日山頂がど~んと…
感慨深げに暫しの間、見入る我らです。

朝日鉱泉の関係者の方のADVICEに逆らったかも知れませんが
老体の二人 何とか写真撮り撮り、休憩しながらCT10時間30分
を少々切って、戻ることができたのです。

久し振りの大朝日そして紅葉を満喫し、この長丁場をこの年で
完歩することが出来て、満足一杯、そして感謝の気持ち一杯で
車に戻る二人です。

帰路 立ち寄りは、飯豊町 ガマの湯温泉いいで旅館 
ユックリ温泉に浸り、夕食を食べて
じょんのび じょんのび・・・・

夕食が遅かったので、9時過ぎに自宅到着。 (完)

|

« 皇海山(不動沢コース) | トップページ | 火打山 紅葉嘆賞登山その2 »

登山」カテゴリの記事

コメント

yukitubakiさま
久し振りの朝日でしたが、矢張り魅力一杯の山容と紅葉でした。
姐さん4年まえに行ったの!ジィ~ジはもっと久し振りでした。
近くに素晴しい山があって我々は幸せですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月28日 (火) 05:21

あぁ~dash羨ましい!!
朝日岳の紅葉の美しさが忘れられないぃ~~maple
あの日、ナナカマドもモミジも真っ赤でしたわぁー。
4年も前の感動が甦って来るようだわ。

いいなぁ~、行きたい山が合うんの呼吸なんて…!!
メッチャ、羨ましいなぁ~~~shine

投稿: yukitubaki | 2008年10月27日 (月) 22:16

sanae さま
大朝日周遊のメインコースここお薦めです。
私も体力と金銭的余裕が有れば、鳥原山辺りで幕営して
ユックリ山を味わいたいのですが、なにせ???
マジに来年、花の時季か?紅葉の時季
是非 計画に組み入れられることお薦めです。
マイズルソウ勿論マツムシソウの残骸です。
ご指摘有難うございます。訂正いたしました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月20日 (月) 16:43

日帰りピストン ⇒ 日帰り周回です。
スミマセン。なおさらすごい!

投稿: sanae | 2008年10月20日 (月) 15:35

な、なんですか、これより続く紅葉巡り!^_^;
すごいバイタリティーですね(拍手)
しかも日帰りピストンとは!
さすがに早いですね~
ちっとも老体なんかじゃありませんよ。
私もいつかこのコース歩きたいと思っていますけど、
間違いなくじょんのびでお泊まり山行です(^^ゞ
山頂展望はちょっと残念でしたけど、紅葉見事ですね。
マイヅルソウとあるのはマツムシソウのように見えますね。

投稿: sanae | 2008年10月20日 (月) 15:30

noritan さま
火傷の他に、悩み事も!尤も悩み事ジィ~ジにも有りますが…
noritanの朝日のご来光の写真覚えています。
今回 ジィ~ジは楽に古寺鉱泉からの日帰り考えたのですが、
ナチュラリストの家 相方の強い一言で即決です。
鳥原山から小朝日、大朝日 メインコースは矢張り良いですyo。
我儘ジィ~ジは激混み避難小屋は尤も嫌なのです。
だから日帰りコースを選びます。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月14日 (火) 17:18

サラダ さま
comment有難うございます。
ジィ~ジは、なんでも駄目ですが、茸もサッパリ解りません。
マスタケも残念ながらチンプンカンプンです。さすがに舞茸は解りますが。(笑)
商品価値も高く、むらさき舞茸なんて見つければ、どうしましょう!?
>朝日鉱泉ナチュラリストの家
正直 今後とも泊まる気にはなりません。
(気持ちは兎も角、口の聞き方が…)
百越山の小屋は、昔ながらの雰囲気の小屋で良い感じです。
ひげの伊藤さん元気でしたか?
木曽駒からの空木も足元の花も良く良いコースだと思います。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月14日 (火) 16:43

コメント遅くなりますm(__)m
お話しましたように左手火傷し、他にも心悩ます事あり(?)ブログを更新できず、山にも行けずに、ブログも開かずの日々でした。映画や街をウロウロしていました。
朝日連峰界隈はたくさん登山口あり、私も計3回、「大朝日」の山頂踏んでいます。が、輝様の相方様と同じく「ナチュラリストの家」に興味はあるものの、このコースは行っていません。本は読みましたが。
最初は古寺鉱泉に泊まり、日帰りしました。夏はいいけど、秋は朝も暗いし、日暮れは早いので、長時間の日帰りは辛いものがありけど、ホント「若くて&熱々」のお二人です!

投稿: noritan | 2008年10月14日 (火) 05:31

輝ジィージさん こんにちは あれ? 輝ボ~イ様に改名ですか! 良いですね。 賛成です。
すごいですね。 日帰りで・・・ 風のように歩かれるんですね。 朝日鉱泉ナチュラリストの家懐かしいです。ここに泊まって 次の日大朝日岳に登った事があります。
そのとき マスタケを食べさせてもらって このきのこ覚えました。 今年上高地ですごいマスタケの群生を見ました。 でも欲を言うと 舞茸のすごい群生を見つけたい!
秋の山は 空木岳と百越山を縦走してきました。すっかり気に入り 今度木曾駒ヶ岳から空木岳まで歩いてみたいです。

投稿: サラダ | 2008年10月13日 (月) 14:50

甘納豆さま
comment有難うございます。
半袖しか持たない我ら、下山後に温泉に浸かると凄く身体が
冷えているのが実感できます。でも暑いと尚更堪えルのです。
朝日連峰貴殿なら針生平から泡抱ダムまでがお薦めですが、
自分の車で行くとなると、大変です。
このコースなら車で片道3時間半も見ておけば、貴殿であれば
多分もう一時間ほど我らより短縮できると思います。
天気の様子を見ていける絶好の山塊だと思います。
多分良い写真撮れると思いますyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月11日 (土) 12:50

輝ボ~イ様 こんにちは!
「この時期に半袖の馬鹿な我ら二人連れ」違います。
「この時期に半袖の熱々な我ら二人連れ」ですよ。
いゃ~良いレポ見せていただきました。
まだ登山暦浅いので朝日連峰はつまみ食い程度しか知りませんが、このコースも良いコースですね。
またまた課題が増えました。
お二人の歩かれるコース、我ら山音痴にはいつも参考になっています。
輝ボ~イ様に若返りましたので(元々お若いですが)、これからもいろんなコースをご紹介願います。

投稿: 甘納豆 | 2008年10月11日 (土) 11:50

mikkoさま
comment有難うございます。
朝日連峰は色々なコース有ります。
古寺鉱泉から、日暮沢から、大井沢から、針生平から、泡滝ダムから…等、
どのコースも素晴しいですよ。地図をみてユックリと検討して是非
歩いてみてください。初夏も良いけど矢張りお薦めは紅葉時期でしょうか!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月11日 (土) 07:19

朝日連峰はいつかは歩いてみたいと憧れ続けている山域です。
紅葉が素晴らしいので、行くなら秋がいいかな?
10時間以上などという同じコースは到底無理なので
中ツル尾根利用で1泊2日かな~
地図を購入して数年が経過してますが、いつ実行できることやら・・・ (^-^;)

投稿: mikko | 2008年10月10日 (金) 23:37

もうぞうさま
毎度お世話様です。
この日は、歩くに丁度良い外気温だった為か?比較的楽に歩けました。
>趣味が同じおくさまでよかったですね~
残念ながら少し違うのです。趣味無い小生を山へ引き込んだのは家内なのです。
朝日連峰も飯豊連峰同様、アルプスと趣き異なる雰囲気が有るので
結構人気が有ります。何時の日にか是非歩いてみてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月10日 (金) 20:43

いやはやすごいですね~
私なんか未だに朝日連峰に入れず・・・
趣味が同じおくさまでよかったですね~
我が家内も嫌いではないのですが、身体が少々弱くて登山どころではありません。

投稿: もうぞう | 2008年10月10日 (金) 20:28

みいさま
お出かけ前の忙しい時にcomment有難うございます。
何とか 老体に鞭打って10時間超コースクリアーできました。
涼しくて歩きやすかったのです。
紅葉は、縦走路で最高の状態でみられるかもしれませんyo。
山頂の木々の葉は、既に降雪の為、痛んでいましたが、
元々 朝日連峰は縦走路の紅葉と草紅葉がメインですから
きっと きっと良き思い出が残ることでしょう。
宴会ヶ岳も楽しみですね。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月10日 (金) 16:07

いや~すごい!ですよ^-^

ホント、輝ボーイに改名!賛成^^v
10時間以上も、お二人揃って歩ける・・・
すごいし~素敵です^^

紅葉・・・もう、頂上は終盤かも?
しれませんね~0--0
でも、銃走路ではまだいい感じかな?
・・・って、願います^^

行く前にレポ見たら、意欲がどんどん
アップしますね^^
有難うございました~♪

明日は、残念ながら雨・・・><
3日目には、ご来光見たいなぁ~^^

投稿: みい | 2008年10月10日 (金) 15:40

赤鬼さま
お早うございます。
これまだ途中なのにスンマセンネェ!
この日は、涼しくて快適だったのですyo。
新雪が降ったためか?山頂の木々の葉は既に焼けて色が褪せてました。
それでも全体的に紅葉のピークを迎えた時期なので綺麗でした。
年の割には結構この日頑張ったもんね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月10日 (金) 07:03

ハードな山やるねえ。若い、若い。改名しなよ。輝ボーイと。徳本峠は紅葉まだ始まったばかりだった。朝日は
もう盛りだね。

投稿: 赤鬼 | 2008年10月10日 (金) 06:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/42738694

この記事へのトラックバック一覧です: 大朝日岳 紅葉嘆賞登山その1:

« 皇海山(不動沢コース) | トップページ | 火打山 紅葉嘆賞登山その2 »