« 火打山 紅葉嘆賞登山その2 | トップページ | 飯豊本山 紅葉嘆賞登山その4(前編) »

2008年10月16日 (木)

雨飾山 紅葉嘆賞登山その3

安・近・短 節約、倹約月間の紅葉嘆賞登山は、まだ続きます。

今回 目的地にCHOICEしたのは、 雨飾山(1963m)です。

10数年前に初めて登り梶山新湯コースを含め、5回目のジィ~ジ。

ETC通勤割引摘要し、自宅から登山口まで凡そ2時間半で到着。

■ 雨飾山
 【日  時】 平成20年10月8日(水) 
 【天  候】 晴
 【同  行】 相方 計2名
 【行  程】 登山口8:45~ぶな平9:23~荒菅沢(9:50-10:04)~
        笹平11:05~雨飾山(11:28-12:00)~笹平12:22~
        荒菅沢(13:16-13:23)~ぶな平13:48~登山口14:30
        *所要時間 5時間45分 休憩約60分含む
 【標高差】 約1000m.
 【地形図】 国土地理院地形図1/25000雨飾山

記事)
日本100名山の著者 深田久弥が太平洋戦争終戦の前後の年、
冠する名の如く、悪天候条件とまだ登山道も無い状況下で、漸く
3度目にして登頂ができたとの事で有るが、既に隔世の感 大。

前回ジィ~ジが来た時は、登山口があまりにも整備され驚愕。
この度も、佐賀ナンバーや神戸ナンバー、関東各地ナンバー
平日なのに、さすが全国区!人気の程が窺える。

8時45分 登山口出発
CT山頂まで3時間半、お昼までには恐らく着けるだろう!?
準備完了 出発です。
沢音耳にしながら暫く緩い道が続きます。
400m.毎に丁寧な標識が設置されています。

P11205761 P11205791
(写真 左) 登山口駐車場と綺麗なトイレ
(写真 右) 登山口脇に設置の雨飾山概要盤

2/11表示板から階段状の登りと変り、周りはぶなの木々で
爽やか オゾン一杯の雰囲気となります。

P11205801 P11205821_2
(写真 左) 400m.毎の表示板
(写真 右) 2/11 山頂まで3時間と表示

     P11205851
            ブナ林は、オゾンで満たされている感じ

高度を上げるに従い 、周りの広葉樹も色が染まって黄葉  紅葉
       P11205901

    P11205911

登り揚げれば、次は100数十メートルの急降下が待ってます。
6/11の地点です。

9時50分ー10時04分 荒菅沢
先発の2つのグループが休んでいます。
我がチームもマッタリと大休憩取ることに…
沢水は、かなり冷たく長時間手を入れっぱなしに出来ないくらい。

多彩に彩られた紅葉とフトンビシと荒菅沢の岩肌が圧倒します。

 P1120595

 P1120598
              荒菅沢にて

荒菅沢から先は、ガレ場続きのかなりの急登に変ります。
山頂まで90分の標識ポールが立っています。

秋本番 雨飾山にしては、珍しく好天気?の爽やか登山

   P1120603
         多彩な色に囲まれて

P11206091 P11206111
(写真 左) ガレ場の急登
(写真 右) 急登を登り切れば笹平

11時05分 笹平
金山への分岐でも有ります。
此の先暫く、名の如く笹の中に切られた平坦な道に変り、
疲れも消えます。

   P11206141_2
       緩やかな笹平の登山道と紅葉

        P1120616 
          紅葉ハクサンタイゲキ

矢張り名にしおう雨飾山 振返れば荒菅沢なのですが、ガスが
山頂に向かってモクモクと上がってきます。

     P11206201

梶山新湯コースの合流点からは、再び最後の嫌になる急登に…
我慢しながらクリアーすれば

11時28分ー12時00分 雨飾山山頂
息上がるも漸く山頂到着です。
視界儘ならず、北ア展望叶いません。
可愛い20m程度離れた猫の耳 休んでいる人も見られます。

山頂から見る笹平に切られた登山道、形良い鼻の美人の横顔
偶然とは言え、見れば見るほど…

 P11206241 P11206251
(写真 左) ガス懸かる北峰
(写真 右) 笹平に切られた美人の横顔に似たり 登山道
 P11206281 P11206291
(写真 左) お昼を終えて記念に1枚 相変わらず半袖ジジィ
(写真 右) 北峰に安置された石仏 

腹拵えも終わり、山頂を後に笹平までの急降下 山頂目指す
登山者に落石注意しながら下ります。

荒菅沢のスラヴが目に飛び込んできます。

   P1120631

笹平から先は、再びガレ場の傾斜のキツイ登山道。
梯子や鎖が所々に…

 P11206371 P11206401

目を転ずれば、紅葉が氾濫状態

  P11206431

  P11206451

13時16分 荒菅沢
折角なので、またまた休憩を取ることにします。
フトンビシの見納めです。

荒菅沢から一旦登り返し登山口へ向かいます。

 P1120647 P11206481

      P1120653

      P11206541

ブナの木々には毎度の事ながら癒しを覚えるジィ~ジです。

14時30分 登山口到着

たっぷり 腹いっぱい紅葉を満喫し、雨飾荘に立ち寄り入浴。

身も心もリフレッシュし、節約月間糸魚川I/Cから北陸道に乗らず
能生道の駅へ立ち寄り、酒の肴の干物を少々購入し、名立I/Cから
長岡まで北陸道を利用です。勿論時間計算して通勤割引摘要。
干物少々土産に相方の里へ、義弟夫婦と母親の米寿祝の確認
一緒に飲もうと言う義弟の言葉を我慢して、一般道を我家まで
タラタラと車を進めるジィ~ジです。
安・近・短 紅葉登山は、まだ続くや否やsign02

|

« 火打山 紅葉嘆賞登山その2 | トップページ | 飯豊本山 紅葉嘆賞登山その4(前編) »

登山」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
注意散漫なジィ~ジでごめんなさい。
南峰の山頂標識の傍には山神の石柱くらいしか無いし、
南峰の石仏と小さな石祠、石の賽銭箱?その前にあった真っ赤に錆びた缶の事でしょうか?
もしそうだとしたら、その前に1グループ座っていて近づけなかったのです。
確か真っ赤赤に錆びた缶はありましたが(中身は見れませんでした。)
でもあの錆びた缶では、中のノートも汚れるだろうし??
春に再度調査します。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月17日 (金) 21:22

賽銭箱チャイマスよ〜
ノートが入ってる缶箱です。もうなくなってしまったのかなぁ。

投稿: まゆ太 | 2008年10月17日 (金) 18:08

まゆ太さま
comment多謝
この山 思いで深い山よく覚えています。ホントはジィ~ジも
駆けつけようと思っていたのですから…
美人秘書さんは、優しいですねぇ~
雨飾山とフトンビシの岩肌にカラフル紅葉が良くマッチしていました。
思い出の山 是非もう一度お越し下さい。
山頂の神社の奥宮の賽銭箱は別にして、昔 置かれた賽銭箱を
開けることは、まずないのでは?確かに???です。
各地の山の途中の石仏の足元にあるお賽銭いつも残ってますよね

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月17日 (金) 14:16

みいさま
今日は!comment有難うございます。
確かに 信州や越後はACCESS的便利だと思います。
2000m.以下の山は、今が紅葉の真っ盛り。。
漸くここへ来て好天続く新潟です。
何は無くても、時間だけは有りますから(残された時間は短いですが)
歩けるうち、出来る限り貪欲にchallengeしようかと。
若い皆さんには、まだまだチャンスが沢山有ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月17日 (金) 13:09

うわ~、紅葉きれいですねー。
ここは思い出深い山なので、よく覚えてます。
このくらい紅葉きれいなときに、また来てみたいなぁ。
ところで、山頂の缶箱の中身ってあけてみたりしてないでしょうか?

投稿: まゆ太 | 2008年10月17日 (金) 12:36

あ~~一気に紅葉三昧レポ拝見^^
うらやまし~~!!
それもこんなステキな山が
安・近・短山行!だなんて・・・@~@

雨飾山は、是非、もう一度行きたい山
です~♪
お花の時期に天狗原からの縦走も
いいし~^^
レポを拝見すると~紅葉の頃も、
とってもステキですね^^

あ~~山に行く時間がいっぱいほしいなっ 0^^0

投稿: みい | 2008年10月17日 (金) 12:11

甘納豆さま
安・ 近・ 短 燃料&ETCその場で支払いしないからいかにも
節約しているように見えるけど、後でそれなりにぎくっとしたりして…
でも 当然ながらETCも割引最大限に利用しますyo。
残雪期に雨飾荒菅沢を詰めるなんて貴殿向きかも知れません。
大昔 沢に生えているクレッソンを少し持ち帰ったことが有ります。
今も出ているのかなぁ?
笹平の登山道 鼻筋が通った美人ですyo。是非確認下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月17日 (金) 09:41

おはようございます。
安・近・短山行、どんどんアップされますね、結構なことです。
でも、自分の安・近・短は半径50Kmですけど、ジィ~ジのは半径が倍以上ですね。これって安・近・短と言うの?
“多彩に彩られた紅葉とフトンビシと荒菅沢の岩肌”良いですね。ここだけでも満足ですよね。
「笹平に切られた登山道、形良い鼻の美人の横顔」知りませんでした。また勉強になりました。次に行く時が楽しみです。

投稿: 甘納豆 | 2008年10月17日 (金) 09:13

赤鬼 さま
三段紅葉 北アとか行かないと、タイミング的には難しいだろうねぇ~
鬼さん残雪期に梶山新湯から登ったの?
小生 あそこから登らなくてもいいけど温泉には、浸ってみたい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月17日 (金) 07:55

紅葉、今盛りだね。三段染め見れるかなあ。山いろいろ
さん、梶山新湯からは残雪期が良いよ。但し道が通って
からだけどね。

投稿: 赤鬼 | 2008年10月17日 (金) 06:59

noritanさま
今週末位であれば、まだ紅葉あちこちで楽しめるでしょう。
人生色々悩み事抱えながら毎日を過ごしています。
逃げの方便かも知れませんが、だから山に登って気分を転換するのかも…
新潟から手近 是非出かけて見れば!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月17日 (金) 06:26

yukitubakiさま
新潟、長野の2000m.前後の山の紅葉は、矢張り10月に入って
本番を迎えるようです。
閑人ジィ~ジは、お陰さまでお天気の塩梅を見ながら出かけられます。
それでもこの日も生憎 北ア方面からガス湧き出し遠望は利きませんでした。
カラフルな紅葉は見事でしたyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月17日 (金) 06:20

山いろいろ さま
笹平の登山道 美人の横顔は以前来た時意識していなかったかも
何時だったか?山&渓谷かなんか雑誌に掲載されたのを相方が
覚えていたのです。今回 改めて確認してきました。
梶山新湯のコースは、車が新湯の近くまで入れるようになったので
大昔より一時間弱アルバイトが減りましたが、終始擂鉢のように抉られた道で
眺めも悪く、変化無く、あたしゃお薦めできません。
(温泉は別ですが)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月17日 (金) 06:06

「紅葉登山」を楽しみたいと思いつつ、紅葉の方が終わってしまいそうなnoritanです。
何処の山に行こうか?実はこの山も候補に入っていました。もう、ずっと以前にたった一回、残雪期にFリーダーの会山行に行ったきり。「金山」は3回も行っているというのに・・・
まだ、真っ赤な葉、残っているでしょうか?

投稿: noritan | 2008年10月17日 (金) 06:01

あっらぁ~~confident
たった今、雨飾山をUPしたばかりpencil

輝ちゃんご夫妻は、イイ天気で素晴らしいわぁ~。
山は、青空に映えるってことが・・・よーくわかりました。
10日間で随分紅葉が広がっていますねぇ。

あぁー、北ア見えなかったン?!
あたしも・・・・。残念!!

投稿: yukitubaki | 2008年10月16日 (木) 23:27

なるほど!見れば見るほど横顔美人が・・。以前から知っていたのでしょうか?それとも今回発見?
ところで、梶山新湯からの登山道はあまり良くないとか聞きますが、どんな按配なんでしょうかね。一度この方向から登りたいと思っているんですが。

投稿: 山いろいろ | 2008年10月16日 (木) 22:10

もうぞうさま
今になって何とか天気が安定して紅葉を楽しむことが出来ますネ!
歩けるうち、精一杯楽しみたいと願っています。
越後は紅葉を楽しむに良いところです。
雨飾山珍しくお天気に恵まれました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年10月16日 (木) 20:47

夏天気が安定しなかった分、今頃になって天気に恵まれますね。
去年の秋、雨飾山だもの、こんなもんさ(小雨)。と言ったのを思い出します。

投稿: もうぞう | 2008年10月16日 (木) 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/42807191

この記事へのトラックバック一覧です: 雨飾山 紅葉嘆賞登山その3:

« 火打山 紅葉嘆賞登山その2 | トップページ | 飯豊本山 紅葉嘆賞登山その4(前編) »