« 角田山 秋の装い | トップページ | 命拾いat大源太山 »

2008年9月 8日 (月)

五頭山 五ノ峰 

お盆以降スッキリした天気が続かず、夏山の醍醐味味わず、
少々イライラ感が募ってきたのか?
岳友 赤鬼氏から「明日、何処でも良いからどこか行こうぜ」とmobilephone

ジィ~ジは、特に予定は無いものの、相方は夕方から用がある由。

「3時頃まで戻れるところならOK」と返答。

8月31日(日) 晴/曇

向かった先は、五頭山 五の峰

6時半頃 薄曇の朝、鬼さんが迎えに…

7時25分 出湯砂郷沢の林道駐車場。既に4台ほど先達車。

五頭山毎年何度も歩いているものの
近年、 五頭山=三ノ峰~一ノ峰 or 菱ヶ岳へ縦走

このコース 実に10~11年ぶり。

早速 支度整え林道を登山口に向かって歩き出します。 

 P1110883 P1110888
(写真 左) 林道ゲートと登山者名簿記帳小屋
(写真 右) 杉林の一合目

林道終点から約10分で一合目。

二合目、三合目とチョッピり急登

 P1110889 P1110891
(写真 左) 溝状の登山道
(写真 右) 四合目付近

四合目からは緩登に代ります。

駐車場から歩き始め、約40分 五合目 烏帽子岩

眼下には新潟市と蒲原平野が拡がります。

 P1110893 P1110895
(写真 左) 五合目 烏帽子岩
(写真 右) 七合目付近

途中 ブナの林が青々と…

*実は、合目標識 平成8年地元山岳会・監督官庁の了解の下
ジィ~ジと会友の仲間で取り付けたのです。
(距離ではなくアルバイト時間をベースにして)

9時10分 五ノ峰山頂到着  856m.

漸く 時折青空も顔を出してくれます。

隣の松平山は見えるものの飯豊遠望叶いません。

 P1110896 P1110897
(写真 左) 山頂の鐘
(写真 右) 山頂の石仏

岩ゴロゴロの山頂、尻当て敷いて暫し休憩。

一ノ峰から、そして出湯からと三々五々我ら同様ハイカーが…

お握り食べたり50分弱 ユックリ寛ぎUターン。

八合目まで急な狭い溝の登山道を辿ります。

 P1110903 P1110904
(写真 左) 八合目付近の溝状登山道
(写真 右) 五合目烏帽子岩で寛ぐ若いハイカー

端境期か?あまり花々は見られません。
ブナの林に癒されます。

さくさく下れば、登山口は近い。。。。

 P1110907 P1110909
(写真 左) 下山の様子 相方と赤鬼氏
(写真 右) 一合目は目前 杉林 赤鬼氏と相方

樹林帯 風も無く ムシムシと暑い、矢張り天気はイマイチ
汗でビッショリ 
登山口の沢でタオルを浸し、汗を拭えばやっとサッパリ。

11時15分 登山口

この日に見た花?で一番多かったのは 葛の花

      P1110887

      P1110899
          五ノ峰 山頂にて

      P1110910
           ツリフネソウ 砂郷沢

      P1110911
        ゲンノショウコ 砂郷沢林道

      P1110918
            キンミズヒキ

帰るには少し時間に余裕が有ります。
村杉温泉K豆腐店に立ち寄り、酒の肴に三角揚げを買い、序でに
オカラ (卯の花)を貰い受ける 何時ものパターン。

油揚げの次は、地元有機野菜の直売所に立ち寄り
(ここは安くて新鮮野菜が多い)

チョコット 山を歩き、酒の肴と野菜を買って少しだけFrustration
解消sign02

車窓から振返れば、五頭山山頂は既にガスがドップリと…

       お終い

|

« 角田山 秋の装い | トップページ | 命拾いat大源太山 »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

甘納豆さま
comment有難うございます。
ご心配をおかけし、申しわけ有りませんでした。
今回は仲間の皆さんのお陰でどうにか命拾い出来ました。
この年になって初めての入院生活を体験させられました。
矢張り、現在は蜂の活動期なので、かなりナーバスになってます。
怖いですよ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月11日 (木) 08:34

おはようございます。
しばらく新潟を離れておりコメント遅れました。
大変なことが起こったと赤鬼さんのコメントにありましたが、蜂だったのですね。
私も刺されたことはありますが、特に異常は無かったです。
しかし、以前はそうだったとありますので、今まで良いから大丈夫とはいかないのですね。気をつけなきゃ。
とは言ってもどうやって気をつけるのか?
とにかく身体の周りをぶんぶん飛ばれると嫌ですね。できるだけ無視するようにしていますが。
それにしても、大事にならずに良かったです。

投稿: 甘納豆 | 2008年9月11日 (木) 08:09

sanaeさま
いつもお世話様です。
>ちゃんと相方さんの事を考えていらっしゃる、いつもながらお優しいですね。
とんでもない ただただ怖いだけです。(笑
また 五頭山遊びに来てください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月11日 (木) 06:00

ちゃんと相方さんの事を考えていらっしゃる、いつもながらお優しいですね。
お山もさることながら、帰り道のお買い物もいいですね♪

投稿: sanae | 2008年9月10日 (水) 22:50

yikitubakiさま
今晩は
本当に久し振りの五ノ峰コースでした。
この日もかな~り暑かったですよ。
合目標識取り付けたときは若かったなぁ~と
しみじみ思いました。
五頭山トレーニング代わりにもなるし良い山です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月10日 (水) 20:56

先日、メッチャー暑ぢーィ時に登ったばっかりyo~~~。
ほぅー!
輝ちゃん絶好メンバーは、凄いですね。
制限時間内で山行するんだからぁ~sign04 そうよね、余裕の山行が基本でした。
近々、五頭山にまたアタックです。雨が降りませんように!!

投稿: yikitubaki | 2008年9月10日 (水) 20:29

アルヒデさま
お見舞有難うございます。
この年になって初めての入院生活を経験させてもらいました。
過去に何回か蜂に刺された事が有りましたが、特に痛いだけで
異常は無かったのですが、今回は血圧が異常に低下し、
呼吸が苦しく同行の皆さんのお陰で助かったようなものです。
丁度1ヶ月前、平標山でスズメバチに頭をツンツンされましたが、
今回、そのときの抗体が反応したのかもしれません。
症状は兎も角、原因とか特定物質に反応するので
医学的にも解明されていないようです。
命拾いした感じです。ここ暫く蜂の活動期 
注意せねばなりません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月 9日 (火) 14:22

大源太山では大変な災難だったようですね。
三日間も入院なさったとは驚きました。  私も子供の頃に数回ハチに刺されたことがありますが、痛かっただけで特に異常はなかった記憶があります。
やはり体質なのでしょうか?
でも無事に退院なされたとのこと、良かったですね。

投稿: アルヒデ | 2008年9月 9日 (火) 13:56

赤鬼さま
お早うございます。
皆さん鬼さんの身体を心配してよく観察しているんですねぇ~
実際には絶好調のようですが…
その節は何かとお世話様でした。
昨日は小針病院で改めて検査をしてきました。
ある意味、今後の対策も取れるので良い経験となったかも…
いずれにせよ命拾いしました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月 9日 (火) 06:55

皆に痩せた、痩せた、と言われるけど、(誰だ!がんだと言うのは)確かに目方減ったけど、もう止まったぜ。大源太では大変な経験をしたね。治ってよかった。

投稿: 赤鬼 | 2008年9月 9日 (火) 06:45

noritanさま
何故か?近頃三ノ峰コース選択する人が多いですね!
このコースも烏帽子岩からの眺めなど結構良いと思うけど…
K豆腐も今年の3月から全ての製品値上げ
オカラだけはイッパイ詰めて帰ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月 9日 (火) 06:34

ずっと前はこのコースばかりでしたが、道が抉れてきていますね~~
で、やはり最近は3合目へのコースが多いです。
私も五頭山の帰りには豆腐&おからを買って帰ります。
おから料理は安くて、カロリー控えめ、大好きです。

投稿: noritan | 2008年9月 9日 (火) 00:10

mikkoさま
今晩は comment感謝。
このコース アルミ板の標識板をつけたのはもう10年以上前に
なりました。他に二王子岳もつけたのでした。
確かに当時を思い出し懐かしく若き日を思い出します。
家から車で1時間足らずで登山口につき、帰りは
買い物も出来る、新潟結構良いところなのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月 8日 (月) 21:59

いめかさま
今晩は comment有難うございます。
このコース10年ぶり位です、昔はいつもこのコースでしたが
ここ数年 三ノ峰に代ってしまいました。
結構急登も有るし、歩き甲斐が有り、良いコースですが…
赤鬼さん確かにスリムになってPOWERも全開。
付いていくのが精一杯なのです。(笑

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月 8日 (月) 21:54

こんにちは!
ご自分達で取り付けた合目標識がある山があるとは
なんとも裏やましい・・・
愛着を感じますね。(^_-)☆ 
帰りには新鮮なお野菜と酒のつまみもGETできる山行は
まさに理想的!

投稿: mikko | 2008年9月 8日 (月) 21:40

このコースは懐かしいですね。
前は三ノ峰コースばかりでした。
結構、お花がありましたねぇ。

それにしても、赤鬼様はすっかり
スリムになられたのではありませんか。

投稿: いめか | 2008年9月 8日 (月) 21:28

もうぞうさま
今晩は いつもどうも
このコース10年振り位で暫くご無沙汰でした。
ここの登山道 溝状の度合が進んでいますね!
只、 角田と異なり粘土質で無いところだけは靴が汚れず
助かりますね。飯豊の展望利かず少し残念でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月 8日 (月) 21:04

ここは登山道の溝状が進んでいますよね~
どうなるのだろうと心配です。
さて山でも葛が繁茂しているんですね。知りませんでした。

投稿: もうぞう | 2008年9月 8日 (月) 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/42417784

この記事へのトラックバック一覧です: 五頭山 五ノ峰 :

» 信州に移住した人生 [http://naganoken.blog86.fc2.com/]
雲が谷からおしよせてくるのがよくわかります [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 08:34

« 角田山 秋の装い | トップページ | 命拾いat大源太山 »