« 命拾いat大源太山 | トップページ | 秋迎える唐松岳 »

2008年9月16日 (火)

命拾いat大源太山  partⅡ

この年になり、僅か3日間と言え、始めての入院生活と点滴。

仲間の皆のお陰でどうにか生きながらえることが出来たジィ~ジ。

   事の顛末記事→コチラ

アナフィラキシーショックは、ホンとに怖い。。

退院翌々日 近くの小針病院へ出向き、血液検査と善後策検討。
エピペン(エピネフリン注射)手配依頼。

12日(金) 朝 先生からエピペンが届いたとの連絡あり病院へ…

血液検査の結果については
動物(ペット) 室内塵 食物 イネ科花粉 雑草花粉 樹木花粉
真菌(カビ) その他  → 異常無し

昆虫 → 陽性 
      
ミツバチ 判定 0  アシナガバチ 判定 0
      スズメバチ 判定 スコア2

スズメバチの毒にだけアレルギー反応が現れたとの事です。
レベル的は比較的低いようですが…

次にエピペン使用についての注意事項説明。
脳出血等の副作用もあるので、簡単にはわたしてくれません。
使用方法のDVD渡され、家で見てくるように指示されます。
エピペンは製薬会社に登録された医師しか扱うことが出来ません。

9月13日(土)
渡されたDVDじっくり見て再度病院へ…
土曜日休診日ですが担当の先生出勤でジィ~ジ特別の計らいで
エピペンを受け取りに…
   P1110966

   P1110972

緊急対処の為、日頃訓練のため模擬注射器トレーナーも付いて

これからの山歩きに携行品が増えることになります。

このエピペン欧米では20年以上前から使用されていますが
ハチ毒によるアナフィラキシーショックを起こした患者に2003年
蕎麦や小麦粉など食物によるショック患者に2005年
其々承認されたようです。

エピペンは医師の処方が必要な処方せん医薬品ですが、
薬価収載対象外のため保健は適用されません。

製薬会社への登録の必要と期限一年で 要更新手続

費用は 1万5千円から2万円程度らしい。(ジィ~ジは15,750円)

それにしても ジィ~ジ医学的知識皆無 全くわかりませんが。。

数年前、 アレルギー反応を調べる為、血液検査をしたのです。
その時は全ての項目とも反応は出なかったのです。

*体調とか加齢に伴い体質も変る?
*1ヶ月 平標山で偵察スズメバチに頭をツンツンやられ
 その時に抗体がたまたま出来た?

*ジィ~ジと同時に刺されたO夫人 治療だけで済んだのですが
 もし 今度刺されたらジィ~ジ同様ショックが起きるか?
 起きないか?

医学的にもまだ完全に解明されていないようです。

一年に一回 定期的に血液検査をしておけば安心sign02

いずれにせよ9月末頃まで、ハチの活動期 刺されないよう
充分に注意しましょうsign03

|

« 命拾いat大源太山 | トップページ | 秋迎える唐松岳 »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

山空花 さま
お気遣い感謝申し上げます。
ジィ~ジもエキペンあまり使いたくありません。
(太もも外側からブスッ 痛そうじゃないですか)
蜂とか熊とか毒蛇には会いたくありません。
血液アレルギー検査しておいたほうが安心感有ります。
是非 受けて下さい。
蜜蜂の毒もショックとは別に性質が悪い毒だそうです。
何事も注意しながら。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月21日 (日) 10:18

本当に大変でしたね~。
私もあまり他人事ではないかもです。
過去に(多分)ミツバチを怒らせて襲われたことがあるので私も検査した方がいいのかな、と思いました。
エピペン、ちょっと危険と隣り合わせのような気がしますが命には代えられないですよね。使わずに済むといいですね。

アレルギーは一度出るようになるとほぼ一生ものですよね。
お互いに気をつけたいですね。
といっても、山を止めると言う選択肢は『無い!』ですが(笑

そうそう、テンプレートぶどうが美味しそうですね(^o^)/

投稿: 山空花 | 2008年9月21日 (日) 01:11

yukitubakiさま
今回はご心配をお掛けしました。
症状が治まり全く元通りですのでお気遣い無く!
只 今の時期蜂に刺されないように注意することと、たまに血液検査を
しておくと良いかもしれません。
多分 近々何処かの山でバッタリお会いするかもしれません。
18日午後3時頃、カルガモ見ましたが、親が見えませんでした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月20日 (土) 07:41

兎に角、ご無事でなによりでした。
で、アレルギー反応も蜂の種類にごとに検査できるンですねぇ!
エピペン。
ほう!初めて聞きました。
必携の荷物が一つ増えたようですが、安心剤を背負っての山歩き!! どこぞの山でお会い出来ることを、楽しみにしています(*゚ー゚*)@tuba.。.:**:.。..。.:**

投稿: yukitubaki | 2008年9月20日 (土) 07:02

テントミータカさま
comment並びにお気遣い感謝申し上げます。
まさか 自分にアレルギー反応が出るなんて想像もしていませんでした。
ご承知のように全くの偶然か?またはストックでたまたま巣の近くを刺激しなければ
殆ど被害は無いと思いますが、万が一刺された場合は10~15分で症状が出るようなので
症状が出ない場合は、鎮痛とか化膿薬治療で済むようです。
まぁ いずれにせよ気をつけるに越したこと有りません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月18日 (木) 15:10

まゆ太さま
comment有難うございます。忙しいのに(笑
PC不調でお気の毒です。またワッショイ音頭が炸裂sign02
今回は、良い?経験させられました。お陰さまで今は元通りに回復いたしております。
スズメバチまだ活動期でしょうが、それ程 刺される可能性は高くないので
特別気にしなくて良いと思います。香水は蜜と間違えてやばいかもしれませんが…
飯豊 予定あり?多分飯豊界隈各登山口以外は、気にしなくて良いと思いますyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月18日 (木) 15:01

 おひさしぶりです。ととと!・・・大変なめに会われたのですね~。今は落ち着かれたご様子で、一安心いたしました。お大事になさって下さい。ハチも怖いものですね。
 私も山麓歩きが増えましたので、とても、勉強になる記事です。気をつけます。

投稿: テントミータカ | 2008年9月18日 (木) 13:03

ジィ~ジさん、びっくりしました。大変なことになっていらっしゃったのですね(涙)
ここのところ、自宅のPCが不調だったものですから・・・(って、今はどこからコメントしてるのやらですが・・・汗。まっ、ジィ~ジさんには身元がわれているので、いいですね(^^;)
ご無事でほんとよかったです。スズメバチ、恐ろしいですね。飯豊付近にも多いとの噂。どう対処したらよいのだろう・・。ゆっくり静養してくださいね。

投稿: まゆ太 | 2008年9月18日 (木) 12:10

noritanさま
comment有難う
今回のようなことは、時期的にも短いし、さほど神経質になる必要無いと
思います。宝くじより確率高いかもしれないけど…
蜂は寧ろ公園とか古い大きな農家とか町に近いほうが多いようです。
保険は通常入院治療4日以上で無いと摘要されないかも…(調査中)
山での香水は避けたほうが良い。蜜と間違って襲う可能性大です。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月18日 (木) 06:09

輝様の体験のお陰で色々と知識を得ることができました。
私だったら、もうあの世へ旅立っていたかな?
本当に「蜂」は出会う可能性が高いので怖いです。
登山道の脇をストックで突かないように・・・
貴重な体験、出費も大変!
こういう時って個人的に入っている「山の保険」は適用にならないのでしょうか?

投稿: noritan | 2008年9月18日 (木) 03:39

穂高&Kさま
ご心配をお掛けし申しわけ有りません。
お陰さまで今回、無事生還しました。
高血圧・心臓病にはエキペン脳出血などの副作用あるようですが
多分コレを持ち歩けば大丈夫でしょう。
ハチ刺され、宝くじより確率低いと思います。
(注意は必要でしょうが…)
紅葉の越後の山、是非どこかご一緒させてください。
そうそう カナダ遠征だったとか 羨ましい。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月16日 (火) 16:27

ご無沙汰してます。
大変な目にあいましたね。
O夫妻から伺い、心配しておりました。
穂高も家の庭で足長蜂に刺され、昔から何回か刺されたことがあるから大丈夫と、ほって置いたら猛烈に腫れてきて、医者に行った事があります。その時、この次さされた時はすぐに来てくださいと言われました。ノデ、いつも恐々と山に登っていました。今回じぃ~じ様のアクシデントは改めて自分たちの教訓となりました。
今年の天候はいまひとつパッとせず、夏の最大の楽しみ、アルプス縦走は思うように行っておりません。これからは新潟の山のシーズンですね。われらもご一緒したいのですが、
足並みがそろいません。何せ、地図時間の
1.5倍の時間を要して歩くものですから・・
ジィとバァのやっとこ二人組みでゆっくりゆっくりと登っております。
もう少し早く歩けたら、お誘い御願いするのですが・・・残念です。

投稿: 穂高 | 2008年9月16日 (火) 16:00

O夫婦さま
comment並びにお立ち寄り有難うございます。
今回は、日頃籤運に恵まれないのに運良く?
当ったみたいなものです。
こんなことはまず普通無いでしょうから…
多分大丈夫と思いますが、血液検査しておけば
安心感が随分違うと思いますので、是非お薦めです。
小針病院エキペン3番目で、ハチは初めてだそうです。
町の中でさされれば、何処かの病院で処置できるので
山以外は殆ど大丈夫のようですyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月16日 (火) 14:04

この所新潟は毎日晴天が続いていますが、「蜂事件?」以来山が怖くて足が向きません。今回のようにメンバーに恵まれていたからこそ、大事に至らなかったものの、二人で行って蜂に遭ったら… 考えても「ゾッ」とします。

 それに、ジィ~ジの「人体実験」の結果を出すのに、まだ勇気がありません。

投稿: O夫婦 | 2008年9月16日 (火) 13:33

みいさま
comment有難うございます。
お陰さまで現在は元通りで以前となんら変りません。
ハチの活動期は10月くらいまでらしいですが、
たまたまジィ~ジが当っただけ、まず大方の方は大丈夫かと
思います。
新潟の山でも、今まで見たことが殆ど有りませんでしたから…
只、黒っぽい服装と香水は避けたほうが良いようです。
もし ハチを見つけたら、騒がないで暫く様子を見て
少し離れるべきなんでしょうね
新潟の沢 ドチラでしょう?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年9月16日 (火) 12:57

ホント、怖いですね~0--0
山に頻繁に入る限り、人事ではありません!

スズメ蜂が現れた時、ぶっちぎって(?)
進まれたとか~?
ホントはどうすれば良いのでしょうね~?
逃げても追いかけて来る??
逃げれないですよね~m--m

10月に越後の沢デビューがあるので
とっても心配です><
秋に多いそうなので。。。

でも、ホント、お元気になられて
良かったです^^v

投稿: みい | 2008年9月16日 (火) 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/42493205

この記事へのトラックバック一覧です: 命拾いat大源太山  partⅡ:

« 命拾いat大源太山 | トップページ | 秋迎える唐松岳 »