« 予定変更で 月山 | トップページ | キツネノカミソリ20IN角田山 »

2008年8月18日 (月)

平標山は二人だけ

仕事が忙しく、国内外を飛び回り休暇も取れない娘の旦那さんに
代わり、お盆を新潟で迎えるべく娘と二人の孫を迎えに東京へ
出かけるジィ~ジです。

どうせ東京へ行くなら序で途中何処かの山へ立ち寄ったほうが
経済的且つ効果的。

ETC通勤割引利用で都合が良いのは 平標山(1984m.)
今年はまだ1度も歩いていないし… 丁度良い!

平標山(1984m) 

日  時】 平成20年8月6日(水) 
 【天  候】 曇/薄曇/雨
 【同  行】 相方 計2名
 【行  程】 登山口7:22~鉄塔(8:18‐8:30)~8:58松手山
        9:07~一の肩9:50~平標山(10:08-10:35)
                 ~松手山(11:37-11:43)~鉄塔12:00~
        登山口12:42

        *行動時間 5時間20分 休憩・昼食 50分含む
         
 * 写真はクリックで全て拡大します。

記事)
湯沢I/C手前から雨 雨 rain rain

それでも何とか止みそうな塩梅 一応目的地目がけて…
祈りが通じたか?小止みになってくれます。

広大な駐車場に車は1台だけ
天気予報も芳しくなく、おまけに平日 静かなものです。。

雨も直ぐには降るまいと、靴履き替え直ぐに歩き出します。

 P1110620 P11106211
(写真 左) 松手山コース登山道
(写真 右) 広葉樹林のジグザグ階段登山道

途中の樹林帯の切れ間から
   P11106221
    苗場山です。

登山道の足元には、ホタルブクロやクガイソウ、等など
 P11106251 P11106271
(写真 左) フシクロセンノウ
(写真 右) クガイソウ

巨大鉄塔少し手前で問題発生!!

3センチ程の偵察スズメバチ?が羽音を立てて周回
10年ほど前、相方が射され何とか外科医で針を抜いて貰った
嫌な経験有り。

二人でなるべく動かないようにしていたものの全く離れません。

挙句の果てに、ジィ~ジの後頭 かぶっていた帽子の境目辺りに
止まり チクリ チクリと突っつくでは有りませんか!!
大事な?頭 イテ イテ 痛い

相方に依れば血が出ているとの事。

相方は持っていたハッカをジィ~ジの頭から少し離れた場所で
ジィ~ジの指示でシュッと噴霧します。

それが効を奏したのか? 蜂は音を立てて飛び去ります。

蜂の一突きはしばしば耳にしますが突っつくって(@_@;)
こんなことが有るのだろうかsign02

3,4分間なるべく刺激をしないように動かなかったものの相当
頭は混乱していたジィ~ジです。

それでも下山しようと言う相方を説き伏せ前進です。

やがて120m.の巨大鉄塔 落ち着く為のコーヒーブレーク

   P11106291

 P1110631 P11106331

少し急な道を辿れば 松手山 到着です。
樹林帯もここまで 森林限界となり此の先は一面のチシマササ

ジィ~ジの好きな眺めです。

このたおやかさなんとも言えません。

何十回見ても新たな感動を覚えます。

 P11106351 P11106381
(写真 左) 松手山山頂
(写真 右) 松手山から先の稜線

登山道の脇には様々な花が咲き乱れ色鮮やかに自己主張

 P11106361 P11106401

 P11106431 P11106441

 P11106461 P11106451

 P11106491 P11106501

 一の肩の手前辺りは一面シモツケソウで濃いピンク
     P11106531

花々に見とれながら、心を奪われながら進めば山頂到着。

 P1110655 P1110659

     P11106601
山頂では一瞬 晴れ間さえ!!sun

勿論 誰一人居ません。 完全に二人で占拠

簡単な早目のランチ?(コンビニ お握り&パン&コーヒー)
暫くするとガスが周りを覆ってきます。

仙ノ倉方面結局見ること叶わず despair

早々に下山する事にするジィ~ジです。

〝誰か登ってくるか賭けようか〟なんて話ながら下山です。

平標山の家から平元新道はその先の岩魚沢林道が長いので
結局はピストンです。

 P11106651 P1110682

 P11106721 P11106741

     P11106771

     P11106841

   P11106881

      P11106901

ガスが段々深くなり
   P11106911

 P1110693 P11106941

 P11106961 P11107011

 P11107021 P11107061_2

いや~とにかく 花 花 花 さすが 花の100名山です。

色とりどりの花に気をとられ、やがて松手 です。
雨は落ちてこないので我家定番 冷えたグレープフルーツと
水分補給で休憩です。

      P1110704

一休みして再び往路を戻ります。

苗場スキー場の方は怪しげな天気模様
急いで下る事にするジィ~ジです。

 P1110705 P11107081

何とか雨に当たらず無事 下山

       P11107121

靴を脱ぎ 車に乗り込むや否や急に大粒の雨 雨 雨
激しい雨 危機一髪セーフです。

   結局 終始 誰にも遭わず二人だけの 平標山

土砂降りの中の三國峠越え!!
それでもやがて少しずつ小止みになってくれます。

雨もあがり汗を流すに立ち寄るは 猿ケ京温泉 まんてん星の湯

 P1110714 P1110718

赤谷湖見下ろしながらの露天風呂 &男性浴室
(日除けのスゲ笠も用意されてます。) 

身体も気分もサッパリとしたところで、沼田I/Cから東京向かう
我らです。

途中たちより 平標山でした。 (完)

|

« 予定変更で 月山 | トップページ | キツネノカミソリ20IN角田山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

yikitubaki さま
comment有難うございます。
お天気がねぇ~
降らなければ昼から角田でも…と思っていますが、果たして?
平標山はジィ~ジの好きな山の一つです。花々もさることながら
風になびくチシマササのたおやかさが大好きなのですyo。
蜂刺したのではなく、かじったのかなぁ~?
漸くその痕も消えたようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月30日 (土) 09:06

あと2日で8月もおわりですねぇ。
メッチャ遅いコメントで(@_@;)sweat02
ちょっとお立ち寄りが、平標山なんて・・・、
輝ちゃんと相方さんジャないとできませんyo。のんびり”露天風呂”で汗を流して、運転続行!!
蜂に刺された後遺症はなかったのかな?
お花は、すごいですねぇ~。
行きたくなっちゃったclover

投稿: yikitubaki | 2008年8月30日 (土) 08:47

山空花 さま
comment有難うございます。
貴女の後を追って(笑 平標山へ出かけて見ました。
シモツケソウやキオンが沢山咲いていました。
この日は予報も悪く、誰も居ないのが普通?(笑
何処の山も今頃から蜂が騒ぎ出します。
ご承知でしょうが、山へ入る時は香水は使わないように
ハッカは蜂と言うより、ブヨなど虫一般対策です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月25日 (月) 15:17

かなーり出遅れてしまいましたが、二人っきりの山頂なんて滅多にないですよね。
良かったですね~(*^_^*)

でも、松手山のルートにスズメバチいるんですね。昔、蜂(スズメバチでない)に体中刺されたことがあるのでビクビクです。
それにハッカが効果あるなんて初耳でした。
早速、蜂対策に買ってみようかな。

さすがに花の山は時期が変わってもお花が沢山ですね。
もうしばらくすると、今度は紅葉にも良さそうですね。

投稿: 山空花 | 2008年8月25日 (月) 13:10

heppocoさま
平標山は花の100名山、時期ごとに数々の花々に巡り合えます。
来年はサイテイの皆様お揃いでお出かけになりませんかsign02
是非 ご一緒致したいと思います。

この日天気予報悪く、ワザワザ出かける人は居なかったのです。

ハッカ我家もその辺の薬局で売っている詰め替え用です。
(効果は同じ?)
sanaeチームはリッチ

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月23日 (土) 08:13

平標山、もうずーっと行きたいのに、なかなか機会が巡ってこない山のひとつです(沢山あります(笑))
人気の山(それも花の時期!)に二人っきりなんて、ステキ♪

ハッカ効くようですね。日高のが高級らしいです。
うちのはそのへんの薬局のものですが、sanaeさんが使っていらっしゃいました(*^。^*)
ちょっと香りが違うような・・・?

投稿: heppoco | 2008年8月21日 (木) 21:35

赤鬼さま。
バーチカ。成る程また知ったかぶりできるよ。有難う
平標はいつも花が多いわ!!
危機一髪で雨に遭わず助かった。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月20日 (水) 07:53

鉄塔に関する薀蓄をご披露。機械ですーと登るのは、バーチカ(垂直の意味のバーチカルだと思う)と言って、比較的新しい鉄塔に設置されているが、古いのはやはり手と足で4点確保で登るのよ。蜂の話は散々したから
止める。まだまだ花はいっぺことあるのね。

投稿: 赤鬼 | 2008年8月20日 (水) 07:03

甘納豆さま
お早うございます。
毎度 お世話様です。
このところ天候不順続きですが、劔岳は晴れを期待しましょう。
今回立ち寄り平標山は平日かつ天気予報も悪く、
誰にも遭わないのが普通(笑  閑人の成せる技?(笑
それでも花はさすがに色とりどりで見事なものでした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月19日 (火) 08:40

おはようございます。
“終始 誰にも遭わず二人だけの 平標山”
すごくロマンチックな描写です。
ご馳走様でした。
今回のお花は飛びぬけていますね。そこに蝉や蛙、蜂までもちりばめてなかなか豪華なレポでした。
いよいよ剱岳が近づいてきました。晴れると良いですね。

投稿: 甘納豆 | 2008年8月19日 (火) 08:20

noritan さま
アブには数回齧られた事が有るけど、矢張り嫌なのは蜂。
今回は、突っつかれた程度?だったので事なきを得たのです。
平標山は結構好きな山で以前矢張り登っている最中に
ジャズフェスティバルの楽器の音が聞こえ、
鉄塔付近からその様子が見えたことあるyo。
今回も花が目茶目茶多かった。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月19日 (火) 06:58

山で何が嫌って「虫」ですよね。
アブ⇒今回刺された人が多くいました。私も!蜂も、怖いですね。まだ、蜂には刺された経験はないのですが・・・
でも刺されても登り続けるってさすが!!
かつて、お盆少し前(同じ頃)にやはり一人で平標山に行ったことがありました。
下山後に湯沢の温泉に浸かっていたらいやに混んでいるので?と思ったら、その頃、苗場で、屋外ジャズフェスティバルをやっていたのでした。

投稿: noritan | 2008年8月19日 (火) 03:28

みいさま
お疲れのところcomment有難うございます。
多分 大きさからスズメ蜂と思います。
何とか大事に至らず助かりました。
今の時期 蜂は兎も角 トンボも出始め越後の山も
虫があまり居ません。大丈夫です。
山は病院から離れているので救急医療品が必要なようですね!
北海道でもハッカ効果有った様で…
今後の参考にさせてもらいます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月18日 (月) 21:45

もうぞうさま
あの鉄塔120m.有りますからそんな便利な?物も
有るのでしょうかね!小生は未だ見たことが有りません。
平標山は20回ほど歩いていますが好きな山です。
蜂 お陰さまで 無事なようです。
途中で針がおれたのか?そんなこと有るのかなぁ?
触れば今でも痕が解ります。
痒くもならず、不思議です。でも大事にならず良かったです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月18日 (月) 21:40

sanaeさま
蜂、我が頭蓋骨硬くて途中で諦めたのでしょうかね?(笑
今でも毛髪の中、手で触るとポツンと痕が残ってます。
頭だったからよかったのかなぁ?毒は感じませんが。
月山 鳥海は新潟から比較的近い割りに何気にご無沙汰ばかり
来年は東北方面に目を向けたく思います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月18日 (月) 20:47

スズメ蜂ですか~@@
こわ~~!!

越後の山は、お花は綺麗ですが、
虫がすいごく多いですね><

その後、大丈夫だったんでしょうか~?

ハッカスプレーって虫に効きますよね^^
北海道でも活躍しました^^v

投稿: みい | 2008年8月18日 (月) 19:16

この鉄塔、ちょうど行ったときに作業員が数人いたんです。
カメラを出すのが面倒だったので、撮影しなかったんですが、惜しまれます。
はしごなんか登らないんですよね。
エレベーターのようなもので、するする~と登っていきました。

ハチの被害は大丈夫だったのでしょうね。お互い気をつけましょう。とは言ってみてもどうにもならないときもありますからね~

投稿: もうぞう | 2008年8月18日 (月) 18:30

えぇ~~~?蜂に刺されたって、大丈夫ですか?
そういえば平標山で蜂がいたこと思い出しました。私たちもそ~っとその場を通過したのですが、小さいながら蜂は怖いですよね。

鳥海山も月山もまだ一度しか行っていませんが、どちらもお花のきれいな素敵な山ですよね。雪の時期は無理ですけどいつかまたお花のきれいな時期に・・・っていつもコレばっか!(笑)

投稿: sanae | 2008年8月18日 (月) 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/42203172

この記事へのトラックバック一覧です: 平標山は二人だけ:

« 予定変更で 月山 | トップページ | キツネノカミソリ20IN角田山 »