« 天狗原山~金山 | トップページ | 平標山は二人だけ »

2008年8月15日 (金)

予定変更で 月山

現在に至るまで、鳥海山登頂は僅か1度のジィ~ジです。

その時は公園道路湯の台、滝の小屋線を利用して滝の小屋(泊)

それも15年以上昔の話、何時か秋田県側から登ってみたい
象潟から鉾立のコースを歩いてみたいと思っていたのです。

7月末頃が花も多いだろうし…と漠然と頭に浮かべていたものの
このところ些か天候が安定しない日が続いています。

どうせ 相方と二人だけ 

特に格段の用事も無いし 〝行くだけは行こうか!〟

7月31日(木) 晴/曇

R7号村上から鶴岡、酒田を目指し車を進めます。
山形県に入り、海側を見ればどんよりと重そうな雲が一面に…
鳥海山は海岸に近く、天候の変化が激しい。

こりゃ お天気は好転しないな!!
条件の良い鳥海山を味わいたい → この天気ではガスだけ?
でも 3時間近く車を走らせたのでこのまま帰るには勿体無い。

予定変更 この近くで短絡的にたまに浮かぶは まず【月山】

鶴岡市街を右折して【羽黒山】に向かいます。

月山高原ラインを終点の八合目 弥陀ヶ原へ…
広い駐車場には観光バスや乗用車が一杯 
既に多くのハイカーや月山詣での講中の方々の声で賑やか。

9時40分 八合目弥陀ヶ原

 P11103651 P11103671
(写真 左) 八合目弥陀ヶ原駐車場トレスとハウス 
(写真 右) 弥陀ヶ原入口に立てられた月山案内板

月山は4度目、このコースは10数年ぶりに3度目です。

弥陀ヶ原の名の通り、一面の平らな高層湿原で暫くは木道の
遊歩道を花を愛でながら進みます。

   P11103721
   P11103731
     一面にキンコウカが真っ盛り

 モクモク湧く夏の雲の合い間から時折覗く青い空

やがて草原に咲く花も終わりかけを迎えるキスゲに変わります。

   P1110379

   P11103811

やがて登山道は丸い石のゴロゴロ道に変り、勾配も少しだけ…
そして左側には雪渓も現れます。

   P11103901

石ゴロゴロの登山道は意外と歩き辛い

周囲の花はキスゲからハクサンイチゲに変っています。
 P11104021 P11104011
(写真 左) 草原のハクサンイチゲ
(写真 右) 登山道の石 たたみ石と名付けられている。

11時 九合目仏生池
小学生の娘と3人で始めて月山へ来た時に泊まったのも既に
20年を少し過ぎ、 今は昔の物語
(新潟の海岸沖合いに沈む夕陽を眺める事が出来ました)

 P11104111 P11104121
    仏生池の廻りもフウロや花々でいっぱ~い

仏生池小屋から先の岩場で一寸休憩とします。

 P1110417 P1110416
仏生池を見ながら定番グレープフルーツでビタミン補給

休憩終わって山頂へ向かいます。

 P11104231 P11104301 
(写真 左) コース最大の急登? 行者返し
(写真 右) 山頂手前のゴーロ登山道 雪渓の方が歩き易い

12時5分山頂 
写真撮りながらゆっくりと漸く山頂
平日とは言うものの数多くのハイカーと信仰深い講中の方々が
丁度 お昼で銘々グループごと敷物しいて楽しそうに寛いでいます。

我等も岩の上にシートを広げゆっくりとお昼の時間とします。

石垣に囲まれた山頂社殿へ参拝する人が絶えません。
(ジィ~ジ今回は参拝パスです。)

     P11104501
           月山神社社殿

小一時間の大休憩の後、山頂小屋の先、神仙池のほうへ足を
延ばしてみますが、廻りにガスが充満し始め、視界は不良。

勿論 鳥海山や飛島、粟島…等見える事、叶いません。

おまけにコンデジのシャッター切れません。
電池切れのようです。

仕方が無いので、往路を戻ることにします。

ガスは益々深くなり雨具を着けるまででは無いものの時折
ポツリと肌に感じます。

それでも本格的な雨にはならず、弥陀ヶ原に着く頃には少し
ガスも薄くなって周囲を眺められるように…
帰路は、遊歩道から弥陀ヶ原小屋経由で駐車場へ戻ります。

弥陀ヶ原周辺逍遙の観光客も跡が絶えません。

流石 信仰の山 そして100名山 花と雪渓の山 人気の程が
伺えます。

鳥海山は結局 ガスに包まれたままです。
また条件の良い時に挑戦することと致します。

帰路は 羽黒山街道の ゆぽか でサッパリと汗を流します。
立派な施設でお湯も豊富 おまけに銭湯並みの入浴料。380円
これ お薦め

月山花の山 今回見た花々の一部です。
 P11103761 P11103831

 P1110384 P1110387

 P11103921 P11103941

 P1110396 P1110397

 P11104001 P1110403

 P1110405 P11104061

 P1110419 P1110424

 P11104251 P11104261

 P1110427 P1110429

 P1110438 P1110440

        P1110442

 P1110444 P1110378_2

そして
   P11104371

正に高山植物の宝庫の山と改めて思い知らされるジィ~ジです。

只、石ゴロゴロ登山道は岩場より歩き辛く、短い距離なので
始めから少々高を括っていた為か意外と膝にも負担が掛かり
疲労を覚えるジィ~ジです。(山を侮ってはいけません 反省)

夕食は村上のRestaurant 9時半頃 自宅に到着。

|

« 天狗原山~金山 | トップページ | 平標山は二人だけ »

登山」カテゴリの記事

コメント

noritanさま
長旅 お疲れさまでした。ヒョットして栂海新道?
私はお盆は家で沈殿 夏山は味わっていません。
週末は自分の会山行が有るし、山はこれからです。
来年の鳥海も楽しみです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月18日 (月) 07:11

私も輝様と同じく、鳥海山は一度しか登っていませんが「月山」は4度登りました。
昨年(10月7日)も秋に一人で。最近は姥沢からのコースばかりです。月山は夏、秋と季節を変えて、好きです。手ごろですしね。
赤鬼様の会山行「鳥海山」来年、私も行けるかな?楽しみです。
14~17日の永旅(?)帰ってきました。疲れました~~~

投稿: noritan | 2008年8月18日 (月) 01:40

mikkoさま
comment有難うございます。
軟弱我がチーム簡単に変更するのです。(笑
月山は魅力有る山ですが、あの丸い石が膝によろしく有りません。
只 花の種類が多く目の保養になりますね!
2度目の鳥海は来年の楽しみと致しましょう。happy01


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月17日 (日) 18:01

さすがに花の百名山“月山”ですね~
こんなにたくさんのお花に出会えて
鳥海などの眺望は残念ながら得られなかったにしても
まずまずのお天気ですし、
思い切っての予定変更が吉と出たみたいですね。(^_-)☆ 
確かに石ゴロの登山道は歩きづらいですよね。
膝に弱みを抱えている私も苦手な登山道です。

投稿: mikko | 2008年8月17日 (日) 15:49

甘納豆さま
毎度comment有難う存じます。
来年 鳥海山赤鬼さんが計画するとか言ってた話
スッカリ失念していました。これも認知症の症状でしょうか?
月山は花も多く高山の雰囲気も有りますが
ハイカーと月山講の方が多くいつも沢山の人です。
真っ青な夏空と白い雲の鳥海歩いてみた~い。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月16日 (土) 20:14

こんばんは!
一面にキンコウカが真っ盛り
良い写真です。
鳥海山パスしても、月山でこれだけ楽しめれば文句なしですよ。
おっ! 赤鬼さん来年鳥海山やるのですか?
楽しみですね。
晴れ男が企画すれば好天間違いなし。
今から応募しとこうかな。
あれ?誰へのコメントでしたっけ。

投稿: 甘納豆 | 2008年8月16日 (土) 17:32

yikitubakiさま
月山八合目からのコースは極めて楽な割りに花も多く
遅くまで雪渓が残る良いところなんですが、
丸い石の登山道は意外と膝に負担が掛かります。
これからの季節は急に寒くなる事もあるでしょう。
防寒対策怠り無く!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月16日 (土) 15:05

さすが、花の山・月山。お見事!!
花の図鑑のようですねぇ~。
月山には、これからトライを考えています。
メッチャ参考になりました。
これからだと、お花ちゃん達に遭えるかな?
取り合えず、コースの確認山行に出かけてみますが…。
山行意欲を刺激されちゃったぁ~shine

投稿: yikitubaki | 2008年8月16日 (土) 11:51

赤鬼さま
来年の会山行で鳥海山やるって言っていたっけ?
あそこは海から近いのでピーカンに恵まれる事は少ないけど
晴れれば格別の魅力有る山となるよね!
コバイケイソウ今年は裏年のようだね。
角田 弥彦のコシノコバイモもイモだと思っている人が多いからね
これもバイモ。カタカナ標記は意味まで説明できない欠点が有り。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月16日 (土) 07:20

駄目だよ、鳥海山に行ったら。おいらが来年
会山行やるって言ったじゃない。
今年はコバイケイソウあんまり咲いてないけど、良かったね。それにしても皆なんでコバイケソウって言うのかな。細かいことに拘る
ケチな赤鬼でした。

投稿: 赤鬼 | 2008年8月16日 (土) 06:56

山いろいろ さま
このコース距離も短く楽な割りにあの丸い石が曲者
膝に負担が結構掛かります。
鳥海山は天気が変わりやすいのでChanceが意外と難しい。
確かに雨に遭わなかったのが儲けかも…。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月16日 (土) 00:02

あの八合目からの登りは、丸い踏み石が足に優しくないのよね。何年か前に登った時に懲りましたよ。
鳥海は残念だったけど、花もたくさん有ったし雨にも遭わなくて良かったじゃないですか。

投稿: 山いろいろ | 2008年8月15日 (金) 22:02

もうぞうさま
ムシムシと暑いですねぇ~
こんな時は涼しい山に限るのでしょうが(笑
このコースは10数年振り3度目でした。
相変わらず沢山の花たちの競演が見事でした。
講の方も多く、賑っていました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月15日 (金) 14:45

久しぶりに私も登ったことがある山が登場しましたね~(笑)
もっとも私が登ったのは、秋でしたけどね。
鳥海山も長いこと行っていないので、もう1度登りたい山です。

投稿: もうぞう | 2008年8月15日 (金) 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/42172566

この記事へのトラックバック一覧です: 予定変更で 月山:

« 天狗原山~金山 | トップページ | 平標山は二人だけ »