« 北の大地20 (芦別岳)編 | トップページ | 天狗原山~金山 »

2008年8月 8日 (金)

新潟 彼方此方 ③

既に旧聞に属しますが、所属するNPO法人の企画事業に参加。

[新潟港調査船による港周辺見学]と言うTITLEです。

7月17日(木) 晴れ

行き先は↓

  国交省北陸地方整備局、新潟港湾・空港整備事務所

まずは、事務所の事業概要説明を受け参加者が二手に分かれ
〝あさひ〟〝ちとせ〟2隻の監督測量船に乗り込み見学開始

万代橋までが新潟西港領域なので信濃川をまず遡上します。

  P1110233 P11102351
(写真 左) 事務所内の〈白山〉レプリカ
(写真 右) 監督測量船 ちとせ *定員20名

     P1110236
新潟造船 (旧 新潟鐵工) ドッグ
 * シンガポール発注の新造船受注などで好調の様子

  P1110237
新潟歴史博物館 みなとぴあ & 旧 第四銀行住吉町支店
 * 旧 第四銀行住吉町支店は
Restaurant  ぼると カーブ ドッジ
  

  見学終了後は理事長を囲んでランチと洒落た。

  P1110242 万代橋でUターン

柳都大橋潜って信濃川河口へP1110245

    P11102481
 新潟唯一の国際コンベンションホール 朱鷺メッセ
  *SUMMIT 労相会議が開催された。

    P1110253
佐渡汽船乗り場と2隻のジェットフォイル

     P1110254
以前 これにも乗船した事有ります。 国の安全頼みます。

西港から沿岸の様子を見学まず新潟西海岸へ向かいます。

   P11102571

       P1110258
潮の流れか?水の色が変わります。

     P1110260
      西海岸の養浜事業と突堤

       P1110263
     入港する佐渡汽船 ジェットフォイル

西海岸から反対に新潟空港近くまで…ここも管轄地域です。
       P11102651
       海難事故の通報は 118

空港沖から事務所まで戻ります。
もう一つの目的 大型浚渫油回収船 白山見学
 4184㌧ 13.1ノット
浚渫能力 3300㎥/h×2台 泥倉容量1380㎥

   P1110266

    P1110267

         P11102701

    P11102711

内部は5階建て急な階段となってます。
大型油回収船は
全国で他には北九州配置の海翔丸と名古屋に青龍丸だけ
それだけに
北海道から東北まで守備範囲が広く多忙との事。

自分の経験したことの無い業務を学ぶ事は、何か新鮮な感じを
受け、少しは認知症の進行を食い止める事が出来るかなsign02

自分なりに有意義な半日と思われたのです。

折から佐渡汽船カーフェリーが入港です。

    P1110273
           白山 操舵室から

以上 新潟西港周辺の様子でした。

 追)
当事務所管轄は、西港、東港そして空港 更に直江津港。

|

« 北の大地20 (芦別岳)編 | トップページ | 天狗原山~金山 »

新潟」カテゴリの記事

コメント

yikitubakiさま
ここも第一港湾の時代から見れば随分と人が減りました。
白山も休む暇が無いような忙しさとか…
近日中にtuba姐さんに遭遇できるかもsign02
ガッカリしないよう今から心の準備をしてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月11日 (月) 22:36

今日も『白山』事務所前に停泊していました。
じ・じ・実は、週3日こちらの職場に仕事で訪問しています。見学の方々に遭遇することもしばしばですが…。
あぁ~・あぁ~!またしても、nearミスてか、残念ng
山以外でも、お会いできるかもですねconfident
冬は、飯豊連峰がよ~く見える。
tuba姐お気に入りの職場なんですyo。
新日本海フェリーで、夢の膨らむイイ処flair

投稿: yikitubaki | 2008年8月11日 (月) 22:27

甘納豆さま
お早うございます。
新潟造船も現在はシンガポールからの大型船2隻も受注して
それなりに忙しいようですyo。元々技術力はあるのだから
若者の地元定着の為にも頑張って欲しいものだと思ってます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月11日 (月) 09:05

おはようございます。
[新潟港調査船による港周辺見学]、私もこういう見学は大好きなのですが、今のところ我慢しています。
普段見慣れている風景ですが、こうしてブログで紹介して戴くと新鮮さを感じます。
新潟造船ドッグ、結構立派に見えますね。昔、建造中の船の中を何回か見学したことがありますが、鉄骨、板金、大工、機械と出来上がった船からは想像も付かないくらいの光景でした。

投稿: 甘納豆 | 2008年8月11日 (月) 08:40

山いろいろ さま
全体設計は日本でも大手の松○平○設計でした。
都会的志向が先行したのでしょうかねsign02
旧市庁舎をモチーフにしてくれとの要望は出したようですが…
お説の通り新潟全く緑が欠乏していると思います。
堀のミニチュア配したからそれでOKと思ったのかも…


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月 9日 (土) 08:27

新潟歴史資料館を先日初めて見学しました。内部はともかく、中庭がコンクリートと石だけで造られているのにはガックリ!。
維持費をケチったのか?なにか理由があるのかしらんが、なんでこんなに潤いのない庭にしてしまったのか?
たださえ緑の少ない新潟、何とかなりませんかね。

投稿: 山いろいろ | 2008年8月 9日 (土) 08:11

赤鬼さま
遮るものが無いところを走るので扇風機の風を受けている様な感じ
いつもと違う反対から眺めるのも頭の刺激になるかもネ!
明け方は涼しいけど夜は暑いねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月 9日 (土) 06:44

水上からの眺めは格別と言うけど、おいらは釣り船に乗ったくらいで、あんまり経験無いな。釣りに行く時は魚のことしか頭にないのでね。涼しいだろうな。

投稿: 赤鬼 | 2008年8月 9日 (土) 06:27

もうぞうさま
今晩は
お役所も業務内容をPRしないと大変あ時代になりましたから
勿論 無償で船から自分たちの住む新潟を見る
気分いいものです。
信濃川ウォーターシャトル、来月は両陛下がお乗りになるご予定
です。
もうぞうさんも是非乗って見てください。
貸切できますyo。30人ほど集めればオリジナルで…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月 8日 (金) 20:06

これはまた気分良さそうな写真ばかりですね~
せめて信濃川ウォーターシャトルくらいは、乗りたいと思っているもうぞうです。

投稿: もうぞう | 2008年8月 8日 (金) 19:50

新潟は山も有り、信濃、阿賀の両大河更に日本海に佐渡と
いいところ沢山有ります。でも何かが足りない!!
情報発信 PRが特に下手で問題外です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月 8日 (金) 13:05

船の内部見学って、私も好きです!
かつて、帆船が寄港した時に見学に行ったことがあります。
反対側からみなとぴあを眺めたことって無いなぁ~、いえ有るかもしれませんが眺めることが目的ではないから記憶にないのかも。
海と川の周辺の景色って好きでねぇ~~
山もいいけど、川、海も良いですね!

投稿: noritan | 2008年8月 8日 (金) 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/42103647

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟 彼方此方 ③:

« 北の大地20 (芦別岳)編 | トップページ | 天狗原山~金山 »