« 蒜場山は何時も難儀 | トップページ | 粟ヶ岳はヒメサユリ »

2008年7月 6日 (日)

有る日突然に

ヒラタケやナラタケなど喜んで有り難く頂く我家ではあるものの
山へ入ればツキヨダケくらいしか解りません。

全く 茸 は門外漢。

2日程 家を留守にして今朝 何気なしに日頃手入もしない狭い
庭に出てみると 3箇所ほど 茸が発生。

諸物価高騰の折なれば食用になるならそれこそ大歓迎するものの
スギヒラタケも今は食べれない。
この茸 果たして ????
なにやら 見た目にはシメジの種類に見えるのですが??

かさの直径は約5センチ弱

写真だけでは解らないかも知れませんが…

 

P1100864

 

P1100867

丸い白い粒は固形肥料です。

 

P1100869

今のところ 試食してみる 度胸は皆目有りません。down

|

« 蒜場山は何時も難儀 | トップページ | 粟ヶ岳はヒメサユリ »

」カテゴリの記事

コメント

yikitubakiさま
茸 食べるのは大好きなんだけどねぇ~
毒の有無が即座に判断できるようになれば、山へ入る楽しみも
また増えるのだろけど…(どうやって皆さん勉強するんだろう?)
出るのも突然なら跡形も無く消え去るのも不思議 不思議。
世の中解らないことだらけ!!


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月16日 (水) 08:52

テントミータカさま
重ねて有難うございます。
確かに傘の中央部は茶色っぽく、端の方は薄いグレーです。
昔の人達はどうやって同定したのでしょう。
気が小さい小生には無理 無理!!
でも きっと本当は旨かったのだろうと思うのですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月16日 (水) 07:41

テントミータカさま
comment有難うございます。お返事遅くなり恐縮です。
ただ今長期遠征から戻ったばかりです。
写真でなく貴女がご覧になれば多分一発でお分かりだったろうと
思います。残念ながら写真では難しいですね!
試食する度胸も無く今確認したら跡形も無く綺麗に消えていました。
何故かチョッピリ残念。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月16日 (水) 07:34

ふむふむ!
旨そうで、そうでもなさそうな??
き・の・こ !!
バカわらい又は、プンプン怒らない!って解っていたら、食べて…みたいかも?!ですが…。
今のあたしで十分壊れていそう?
で、で…。
輝様。キノコ博士にバージョンUPして
キノコ・ブログ!!UPなんてのは、如何かしらん?
キノコ大好き、天女(?)あはははぁ~
happy01

投稿: yikitubaki | 2008年7月12日 (土) 19:46

再コメントです。
 サケツバタケは傘が茶色っぽいんですよね、写真のは白っぽいので、サケツバタケとは違うのかもしれません。あやふやなキノコ同定コメント、失礼しました。

投稿: テントミータカ | 2008年7月 9日 (水) 08:09

 こんにちは、キノコは枯れてしまったことでしょうか・・・。
 サケツバタケに似てますね、梅雨時の肥料に生えたということでしたら。かなり美味しいらしいです。

 ※代表的な毒キノコにはあてはまりませんから、私なら試食します・・・・長生きできないな~(笑)。

投稿: テントミータカ | 2008年7月 8日 (火) 20:40

noritanさま
ジィ~ジも茸 全く解りませ~ん。
食べるのは好きですが!!
温暖化、環境汚染の影響かもネ!
食べれるものなら歓迎するんだけど…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 7日 (月) 07:13

昔、松之山温泉近くで「きのこ」刈り祭りに参加しました。採ってきたきのこは殆どが食べられても美味しくない、食べられないでした(ーー;)
この温泉の板長さんは別名「きのこ博士」とか・・・
其処で食べたきのこ料理は美味しかった!!
山菜もきのこも私は丸で、丸で分かりません。

投稿: noritan | 2008年7月 7日 (月) 07:08

赤鬼さま
茸は特に似た様なものが多く全くサッパリ解りません。
長期遠征を前に中毒起こすわけにも行かないし(笑)
優しい鬼さんの労わりのcommentに感謝です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 7日 (月) 06:45

キノコは難しい。分からんものは食べない方が良い。
明日から、長期遠征ですね。良い旅を祈ってます。

投稿: 赤鬼 | 2008年7月 7日 (月) 06:30

もうぞうさま
comment有難うございます。
全く 同感です。
私ももう暫く犠牲者にはなりたくないんですよ。(笑)
これも異常気象の影響でしょうかね?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 6日 (日) 20:47

なんと立派なキノコ。
昔の人はどうやって学習したのでしょうね?やっぱそれなりに犠牲者?(中毒者)が出たのでしょうね~

投稿: もうぞう | 2008年7月 6日 (日) 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/41748980

この記事へのトラックバック一覧です: 有る日突然に:

« 蒜場山は何時も難儀 | トップページ | 粟ヶ岳はヒメサユリ »