« ケチケチ九州 番外?編 | トップページ | 有る日突然に »

2008年7月 3日 (木)

蒜場山は何時も難儀

初めての九州 数多くの自分なりの喜びを備忘録として残すに
かなり手間取り、漸くにしての 山 ネタに戻ります。

九州から戻って4日目
久し振りに越後の山を歩きます。
 蒜場山 1,363m  標高差 1,063m.

【日時】 平成20年6月8日(日)
 【天候】 晴/曇
 【同行】 O夫妻、T夫人、相方 計5名
 【行程】 加治川ダム登山口7:55~独標8:47~岩岳9:24
       ~烏帽子岩10:20~山伏峰11:16~蒜場山11:28
       ~烏帽子岩ブナ林12:45~加治川ダム登山口14:36

      *行動時間 6時間40分 休憩 約60分含む

      

*写真はクリックで全て拡大

久し振りに仲間のO夫妻とT夫人 5人での山歩き。
天気を司る神様 少し臍を曲げられたか?イマイチスッキリとしない
空模様。おまけに殆ど無風状態。

加治川ダム駐車場は既に満車状態。ダムサイト側になんとか駐車。
準備を終えてダム通路を登山口の対岸に向かいます。
   P1100478 P11004791

登山道は、登山口のっけから急登が続くのです。
残雪時期や紅葉時期今まで何回登ったやら…

殆ど無風 ムシムシ 汗が一度に噴出してきます。歩き始めて
凡そ1時間弱 独標(734m) ここらでチョイト腰下ろし休憩です。

   P11004811 P11004821
(写真 左) 登山道は結構急な道が延々と続きます。
(写真 右) 独標標識 734m

独標から約30分弱 急戸を登れば岩岳 ここも休憩場所。
岩岳から一旦下り、キツイ登り返しで前方には烏帽子岩が行く手を
阻むが如く立ち向かっています。

途中には幻想的な佇まいを見せる見事なブナの林が広がります。
   P11004881
      烏帽子岩 向かう蒜場山は先の先

   P1100489
途中の大好きなブナ林 残雪期には薄い緑の空気が漂うのです。

独標先からは、足元にイワカガミの群落が何箇所も点在。

烏帽子岩手前には今年初めての ヒメサユリちゃん。

   P1100483 P1100494

ここでトラブル?発生 我が相方さま、持病の腰痛 痛みが強く
なってきたので、大事をとってブナ林で待っているとのこと。

その言を聞き心優しいO夫人とT夫人も相方に付き合うとの言葉。

結局 3人はユッタリ マッタリの早めのロングランチタイムとします。

O氏は久し振りの山と言うことで、山頂を目指すことに…
ジィ~ジも暫く迷ったものの両夫人の後押しで山頂を目指す事に

   P1100499
烏帽子岳からひとまず先に向かうO氏

烏帽子岳から先にもピークは二つ三つ
途中には 鎖つきの岩場も有るのです。

        P11005001

この辺りからジィ~ジは、暑さと空腹感でヘロヘロ状態 全く持って
ピッチが上がりません。

暫くしてジィ~ジに手を振る女性が追いつきます。
会友の新発田のN夫人です。身のこなしが軽い彼女にくたびれ
ジィ~ジは先に行ってもらうよう促します。(情けなや!)

道の周りには、名残りのカタクリやイワウチワまで
(目当ての石楠花は既に終わっていたのです)
   
   P1100501 P1100503
   P1100504 P1100508
あまりの空腹感でお握り1個食べ、水を飲んで漸くフラフラ先へ…
やっとの想いで山伏の峰 ここまで来れば山頂まではあと僅か。

同行のO氏 山伏の峰のはるか手前でジィ~ジと擦れ違い。
途轍もなく早い とても太刀打ちできないジィ~ジです。

   P11005101
    山伏峰から蒜場山山頂を望む

登山道の脇には僅かに残雪見られます。

   
   P11005131
今年初めてその2のシラネアオイ、もう終わりかけのようです。

   P1100514 P1100512

11時28分 山頂到着
グッタリしながら漸く山頂到着 休憩 トラブル相談などロス時間
含めて3時間半を要したのです。

山頂には 10人ほどの年配グループがお昼の宴の真っ最中
真にもって賑やかな事です。
他には、二人連れのパーティと先着のN夫人。

指呼の間なる飯豊連峰も中腹まで厚い雲に覆われ景観味わえず。

   P1100519 P1100520
(写真 左) 山頂標識
(写真 右) 飯豊連峰大日岳方面

   P1100526 P1100527

未だ空腹感充足されず、N夫人と会話を交わしながら相方作成の
お握り 一気に2個平らげるジィ~ジです。
漸く 腹も満たされたようで力も戻ってきたような???

N夫人に別れを告げて一路往路を下ります。

下って登り返し、その連続 先は相当長いのです。
烏帽子岳を何とかクリアーして下ったところの淡い緑のブナ林
心癒される場所で我が仲間談笑しながらジィ~ジを待ってます。

   P11005281

ジィ~ジのために温かなコーヒーが振舞われます。
穏やかなひと時が流れます。
一日中 こんな場所で昼寝をしてみたい。

とは言うものの何時までも長居は出来ません。ジィ~ジの休憩が
終わったところで皆で下山です。

急登の痩せ尾根下ります。
結構急登だった事が実感されます。

残念ながら最後まで飯豊の山々はその顔を出してはくれません。

きっと 何時の日か? また 来いよ!と言うことでしょう。

平成9年 地元の下越山岳会の皆さんの努力で登山道が開かれ
誰でも登れるようになったのです。ありがたいことです。

でも 何度登っても 難儀ものは難儀です。
   P1100531_2 P11005321_2

そうは言いながらも また登りくるだろうなぁ~!。。

|

« ケチケチ九州 番外?編 | トップページ | 有る日突然に »

」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

yikitubaki さま
comment有難うございます。
今朝(16日)北の大地から戻ってきました。
蒜場山残雪期を含め10回位は登ってますが何時もアヘアへ状態。
二日酔い状態ではとても登れません。(笑)
難儀 難儀と口説きながら何でまた登るんだろう?(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月16日 (水) 08:44

こんにちは!
あぁ~、お疲れ様でした。
そう云えば、あたしも二日酔いで登って、相棒に大変迷惑たんでしたsweat02(二日酔いは、内緒で!)
ガスっていて…ホンの一瞬、西大日岳が見れたンでしたcatface
また、登ってみたいなぁ~。二日酔いはNGで!!

投稿: yikitubaki | 2008年7月11日 (金) 12:42

sanaeさま
蒜場山は何時も難儀と思うのにどうして行くのでしょうね?(笑)
これからは暑くなるのでもっときつく感ずることでしょう。
週末 粟のヒメサユリは遅いかも知れません。
6月20日頃が最盛期だったかもsれません。
浅草岳は丁度頃でしょうかね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 4日 (金) 16:47

難儀な山でした(^^ゞ
でもやっぱりまた行っちゃうんですよね。
何故なんでしょうね?(笑)
週末はヒメサユリに会いに行きたかったのですが・・・

投稿: sanae | 2008年7月 4日 (金) 16:19

赤鬼 さま
鬼さん あの時は雨男だったからねぇ!
ツエルトかぶってお昼を取ったことはまず無いから何時までも
記憶に残りますね。紅葉の蒜場も綺麗だ!是非 参加してください。
明日 晴男の力貸してくれ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 4日 (金) 07:07

この山は、おいらの好きな山の一つだ。でも何時行っても難儀だよね。あのブナ林で雨に会い、ツエルトを
張って、お昼を食べたの思い出すね。Oさんの秋の
山行行くぜ。

投稿: 赤鬼 | 2008年7月 4日 (金) 06:48

noritanさま
今年の秋にOリーダーで会山行が計画されています。
是非参加してみてください。晴れれば飯豊の景観楽しめるし
また訓練には最適な山だと思います。蒜場山が登れれば
大概の山は大丈夫だと思います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 4日 (金) 05:50

甘納豆さま
何時も有難うございます。
近頃体力的にも日帰りでは蒜場山が限度かもしれません。
貴殿と違いなまくらジィ~ジは体力落ちる一方です。(涙)
年に逆らいたいと思うものの、段々慣らされて…
相方の腰 漸く近頃回復してきたようです。お気遣い
有難うございます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 4日 (金) 05:44

もうぞうさま
蒜場山、俎倉山、焼峰 未踏でしたか!
焼峰もダムサイトから登ると結構大変ですが面白いですよ。
蒜場山、お天気が良ければ飯豊が間近に見える絶好の
VIEWPOINTです。
これから暑くなりますので紅葉時に是非お出かけ下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 4日 (金) 05:38

山いろいろ さま
昔は、俎倉山の遮断機から残雪の上をダムまで歩いて山頂を
目指した元気も有りましたが、近頃は軟弱になりました。
この山は変化も有り、花もそれなりで魅力有る山と思うけど
何しろ何時もきつく感じます。
お誘いすればよかったですね。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 4日 (金) 05:33

6月8日?
赤鬼隊で「安達太良山」に行っている日でした~~~
蒜場はたった一回、赤鬼様リーダーで行きましたね。
輝様&相方様に、脚が攣りお世話になった山でした。
此処もヒメサユリやシラネアオイが咲くのですね。
又、行きたいです。

投稿: noritan | 2008年7月 4日 (金) 05:07

こんばんは!
暑い中お疲れ様でした。
ヘロヘロ状態とは言いながらも、頂上制覇、大したものです。
ジィ~ジの“大変”は話半分で聞かなきゃなりませんね。(笑)
相方さんの腰痛、おさまりましたか?多少、疲れが溜まっていたのかもしれませんね。お大事に。
蒜場山のブナ林も休むには絶好の場所ですね。

投稿: 甘納豆 | 2008年7月 3日 (木) 20:59

まだ未踏です。
大変参考になりました。ありがとう存じます。
その前に俎倉山かな?
焼峰もまだだしな~

投稿: もうぞう | 2008年7月 3日 (木) 20:29

わっ!蒜場に登りたいなぁ、と思っていたところでした。
この山も好きな山だなぁ。もうダムサイトまで行けるのね。近々出かけようかな?

投稿: 山いろいろ | 2008年7月 3日 (木) 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/41723251

この記事へのトラックバック一覧です: 蒜場山は何時も難儀:

« ケチケチ九州 番外?編 | トップページ | 有る日突然に »