« 会山行 至仏山 | トップページ | 北の大地20 (幌尻岳)編 »

2008年7月26日 (土)

北の大地20 樽前山・風不死岳

ここ3年 = 北海道 の感が定着しつつ有るジィ~ジです。

新潟から北海道は、フェリーのお陰で意外?と便利。
特に7月の中旬までは、各種の割引制度で船賃もリーズナブルsign02

別に宣伝頼まれた訳でもないが新日本海フェリーHP→ コチラ

一昨年は二度、北海道を楽しみ、そして…
昨年は、お天気がイマイチの中、羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳
歩いたのですが、もう一つ予定の幌尻岳 前日の外気温が日中、
17℃おまけに前日降雨のため、止む無く中止、今年はリベンジ
満を持しての計画・実施です。

  * 写真はクリックで全て拡大します。

記事
7月8日(火) 晴
テントにシュラフ、昼食、夕食、翌日の朝食、更に着替えなど
大量の荷を車に詰め込んで、今年も昨年同様 O夫妻と四人で
出かけます。

10時30分 新潟西港離岸
  P1100871 P1100872_2
(写真 左) 新潟西港 らいらっく号
(写真 右) 船内持込 夕食の一部

beerwine(焼酎)に新潟名産茶豆、烏賊と若芽の和え物、
~ん おはぎ まで。

O夫妻の飯豊採取のゼンマイ煮物 等々。。。。

飲んだり、食べたり、喋ったり、風呂へ入ったり、映画を見たり

2段ベッド 洗面台 TVつきの4人部屋
周りに気兼も不要で16時間の船旅も何時の間にか時は過ぎて…

7月9日(水) 晴
4時30分 小樽港入港

早朝  4時前から船内アナウンスで目覚め、予定通りに入港。
空模様少しスッキリしていません。
  P11008741 P11008751
(写真 左) 小樽港入港の様子
(写真 右) 輪厚SAの様子 警察車両

札樽道から道央道を千歳に向かって車を進めますが、朝早く
車は殆ど走っていません。
対向車線だけは異常な車がひっきりなし 後から後へ続きます。
全て道外ナンバーの警察関係車両、I/CやJ/Cには警察官。

洞爺湖SUMMIT最終日の警護です。

* 膨大な費用(税金)を投入し如何ほどの効果があったのか?
   国民一人一人が検証する必要がありそうです。

ETC割引摘要の為、輪厚SAで朝食とします。
一般車は我が車1台のみ、あとは警察車両だけ(どんな仕事?)

朝食終えて、千歳の市街から支笏湖へ向かいます。
交差点付近は警察官 警察官 警察官(車も人も少ないのに)

翌日の メイン 幌尻岳に備えてこの日は、簡単に?足慣らし
樽前山から風不死岳への縦走予定です。

R276から標識に従い緩いダートの道を樽前山七合目登山口に
車を向けます。

7時25分 樽前山七合目駐車場到着
五十台ほど駐車可能な登山口なれど埼玉ナンバーの車が1台
  P11008761 P11008771
(写真 左) 樽前山概要説明板
(写真 右) 駐車場と樽前山

樽前山(1041m)
.日本200名山 北海道100名山 花の100名山
溶岩円頂丘を持つ世界でも珍しい三重式活火山

風不死岳(1102m.)
北海道100名山
フヴ、ウシ(アイヌ語でトドマツが多いの意)

ジィ~ジ両座とも勿論 始めて山です。縦走でCTは5時間とか。

  P1100880 P11008811
(写真 左) 樽前山七合目&支笏湖カルデラ説明板
(写真 右) 七合目登山口記帳所

7時35分 七合目登山口スタート

丸太露出の広い階段状登山道です。両脇は踏み込まないように
柵とロープが張られています。

  P11008821 P11008831
(写真 左) 登山道と眺望楽しむ相方
(写真 右) 右 奥に風不死岳

登山道脇には、イワブクロやシラタマノキがあちこちにモリモリと

  P1100884 P1100888

30分弱で外輪山へ、西山とは逆に我らは東山に向かいます。
冷気を含んだガスが当たり一面覆い始め折角の景観が…

8時20分 東山(1022m.)到着

  P11008921 P11008911

  P11009011 P11009031
(写真 左) 倒れそうな大溶岩と風不死岳
(写真 右) 932m.峰と風不死岳

外輪山は溶岩のザレ場の登山道が続きます。

     P11009051
溶岩円頂丘(溶岩ドーム) スッキリ晴れた全貌見れず残念。

932m.峰と風不死岳分岐から少し下り風不死岳に向かいます。

     P1100909

眼下にガスで煙る支笏湖が望まれ何処までも樹海が広がります。

  P11009111 P11009141
(写真 左) 風不死岳お洒落な?標識
(写真 右) 途中の岩

一旦少し下り登り返しで本格的に風不死だけに取り付きます。
大きな岩が2,3箇所 岩を巻く急登の場所には鎖やロープ

小さなピークで人の声が聞こえます。地元のハイカー二人ずれ
標識ないもの「山頂ですか?」問えば「山頂はこの先1時間以上」
えっ と思うものの我らは先を目指します。深いササとダケカンバの
樹林帯に切られた登山道を進みます。
山頂騙しのピークを2箇所ほどクリアーして
10時25分 風不死岳山頂到着。

結果的には先刻のピークから30分ほどで着いたのです。   P11009181
   風不死岳岳山頂 雲海に浮かぶは恵庭岳

ガスが掛かり支笏湖の全貌俯瞰出来ず、残念至極。
コーヒー飲んでゆっくりと四周を眺めます。

肌に当たる風が心地良い!!

  P1100917 P1100921

     P11009221
     途中の登山道ササとダケカンバの林

  P11009061 P11009241

下りはもと来た道を分岐まで忠実に辿ります。

  P11009251 P11009261
(写真 左) 樽前山のなだらかな稜線
(写真 右) 樽前山山麓登山道から風不死岳方面

この樽前山界隈 とにかくイワブクロが矢鱈目鱈多いのです。

そのせいか??ワブクロ別名 タルマイソウ sign02 

      P11009231

12時20分
樽前ヒュッテへ下り、直ぐその先の七合目登山口に到着。
休憩しながら4時間半ほど要した事になります。

(風不死岳から樽前山周辺は北海道でも有数の熊出没地帯)

汗を流すべく、国民休暇村 支笏湖を目指します。
ところが SUMMIT開催中で温泉利用が出来ません。down
おかしいなぁ?SUMMITは洞爺湖の筈だけど…

実は、休暇村はジュニアSUMMITの会場だったのです。
(大人の世界より効果大かもしれません)

仕方が無いので苫小牧に向かいます。
苫小牧の日帰り入浴施設で汗を流し、夕食と翌日の朝食の
買出しを大型SUPERで、序でに遅めのランチも。。

全ての準備を終えて、日高自動車道から平取町の振内へ向けて
車を飛ばします。
途中 広々とした日高の馬牧場が何軒も見られます。

今夜のネグラの予定はニセウ・エコランドの予定ですが、
翌日のタクシーの予定を再確認したところ、振内で泊まっても
どうせタクシー料金は同料金。
キャンプ場までの車の往復の時間と費用が勿体無い。
テントでの雨の心配も必要有りません。

タクシー屋さんに勧められた振内の施設で泊まる事に決定。
早速 たった1件のコンビニへ立ち寄りビールの買い付けです。

貸切施設でビールで乾杯 豪華?なディナーの開始です。

この施設 水洗トイレ、洗面台 電気つき、 一晩 金 600円也

古ぼけた 旧国鉄の車両利用のライダー向け宿泊施設です。

      P11009281
         ここで泊まったのです。

後は 翌日のお天気を願うだけです。

           この項 お終い。。。。。

|

« 会山行 至仏山 | トップページ | 北の大地20 (幌尻岳)編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさま
暑中お見舞い申し上げます。
年を重ねるとより暑さが堪える様になりました。
樽前山は登山としては少々物足りないと思いますが、
晴れれば世界でも数少ない三重式活火山で珍しい
写真が撮れると思います。(晴れて欲しかった!)
風不死は(フップシ岳)と呼ぶようです。(アイヌ語を当て字にした)
北海道 我ら暇人の特権かも知れませんね。
北海道は新潟からお出かけ下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年8月 4日 (月) 14:57

こんにちは。
毎日暑いですね。
遅ればせながら
暑中お見舞い申し上げます。

樽前岳は立派な登山口があったのでよく覚えています。まだ登った事はありませんが、どんな感じなのかな~と思っていました(^^ゞ
拝見させていただきありがとうございます。

風不死岳はどう読むのですか?
北海道、夏には行きたくなりますが
ここしばらくご無沙汰でして、羨ましく拝見しました(^^ゞ

投稿: sanae | 2008年8月 4日 (月) 12:37

甘納豆さま
何時も有難うございます。
ジュニアSUMMITはSUMMIT参加国の子供たちが集まり、
10日間に渡り環境汚染、アフリカの貧困問題など討議し、
SUMMIT参加国の首脳夫人たちと面談し、討議内容の説明や
提言を行っているようです。
北海道昨年も荘でしたが、7月の上旬って意外に
お天気がスッキリしません。梅雨無い筈ですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月28日 (月) 09:13

おはようございます。
またまた北海道!羨ましき限りです。
ジュニアSUMMIT?知りませんでした。
どんなことを話し合っているのでしょう?
勿論、難しい話など必要ないと思いますが、言語や肌の色の違う若者(子供たち?)が交流を深めて平和な世界を築いて欲しいものです。
幌尻岳のレポ楽しみです。

投稿: 甘納豆 | 2008年7月28日 (月) 08:50

noritanさま
我々時間は兎も角、○は有りません。どうやって安くあげるか
何時もない智慧を絞っているのです。お陰で?
富良野のAコープなんか何処に何を売っているかさえ
解るようになったり、あこ其処に安く泊まれる施設が有ったなど、
情報収集したりしているんです。
行ける間は、出来る限り貪欲に行ってみたいと思っています。
そのうちに貴女も行けるようになりますyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月28日 (月) 06:03

風不死岳??って読めなかったくらいで~~す。
山も花もトホホなくらい知らずです。
外国も北海道も九州も「○」と「時間」とがなくてサッパリ縁がありません。地元の山をウロウロ俳諧しています。
読ませて頂いて、空想を楽しんでおります。

投稿: noritan | 2008年7月28日 (月) 01:04

サラダさま
comment有難うございます。
樽前たま・風不死岳そして支笏湖これは絵葉書でも
SETになっています。(笑)
幌尻岳どんな出来になるか解りませんが、明日辺りから
頑張って見る積りです。
お立ち寄り有難うございました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月27日 (日) 22:09

mikkoさま
comment有難うございます。
ご賢察の通り北海度楽しんできました。行けば行ったで
又行きたい山が増えてきます。来年もいけたらいいなぁ~
SUMMIT殆どの方が、終わってみれば何を話し合い、
何が決まったのか覚えていないでしょうね。
車両利用のライダーハウスは安いけど、マットとシュラフガ必要。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月27日 (日) 22:01

赤鬼さま
なにせ年季の入ったべテラン二人の作品ばかりですから
若い時はフェリー時間かかってイライラしたけど
今になればフェリーは楽ですねね~
幌は明日の朝から段取りしまっせ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月27日 (日) 21:52

今度は北海道ですか!
凄いですね。 去年北海道に行くに当り ライダーの人からお勧めの山 樽前山は名前だけは知っていたものの どんな所かな~と興味はありました。
幌尻岳の UPが楽しみです。
 

投稿: サラダ | 2008年7月27日 (日) 16:17

しばらくジィ~ジさんのブログに動きがないので
もしや、またまた北海道?と思っていましたら
やっぱり北海道だったのですね~
フェリーの中でも超ご馳走!
私はやっぱりおはぎが気になります。
ジィ~ジさんのおっしゃるとおり、ジュニアサミットの方が期待が持てそうですね。
旧国鉄車両利用の宿泊施設、私も泊まってみたいな~

投稿: mikko | 2008年7月27日 (日) 15:14

若布とイカの和え物旨そう。粟でご馳走になったけど。おはぎまでとは、いやはや。
樽前山、付近をうろちょろしたことあるけど
登ってない。早く幌アップしてよ。

投稿: 赤鬼 | 2008年7月27日 (日) 06:42

山いろいろ 様
今晩は 
SUMMITは不毛の論議ばかりで疲労感が残っただけ(笑)
まさか今年九州と北海道両方行くとは思いもしませんでした。
この車両の脇にはボロボロのD51が野ざらしで哀れを誘って
置かれています。この日は我ら四人で貸切でした。
寝て起きてみても動いていなかった。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月26日 (土) 21:15

サミット出席お疲れ様でした。
北進南下大忙しの夏ですね。
この汽車ホテル、泊まってみたい!
ミステリィー列車で目が覚めたら、新潟駅・・・だと、つまらんか。(-_-;)

投稿: 山いろいろ | 2008年7月26日 (土) 21:02

もうぞうさま
北海道も数多くの名山があります。
只 ヒグマの心配もせねばならぬところが有りますし…
行きたいところ尽きません(笑)
SUMMITは拡大傾向とともに逆に表面的な奇麗事で片付ける
傾向が強くなってきたようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月26日 (土) 20:19

北海道も私の知らない山が、出てきましたね。
やはり奥が深いですね~
って当たり前ですが・・・

サミットはそろそろ限界がみえてきたように思いますね。

投稿: もうぞう | 2008年7月26日 (土) 19:40

yikitubakiさま
comment感謝。今日は山お休み?お天気がねぇ~
アイヌの言葉も知っていて益々吃驚です。博覧強記ですね!!
北海道 山は兎も角、道路はかなり詳しくなりましたyo。
擬似登山も意味有るので北海道の地図お買いなさい。(笑)
北海道も九州も良い所がてんこ盛りですね。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月26日 (土) 11:54

イランカラプテ・北海道!!
てか、またまたまた・北海道?!ですねconfident
いつもは、地図片手に輝ちゃんの画面とニラメッコが、最近のPC前のスタイル。
北海道の地図を、購入しンと…ですわぁーship
北海道の山。擬似山行にtubaも♪ら・びゅ~ん☆彡


投稿: yikitubaki | 2008年7月26日 (土) 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/41972438

この記事へのトラックバック一覧です: 北の大地20 樽前山・風不死岳:

« 会山行 至仏山 | トップページ | 北の大地20 (幌尻岳)編 »