« 超~久し振り尾瀬沼 | トップページ | 会山行 至仏山 »

2008年7月19日 (土)

会山行 浅草岳

ジィ~ジの所属する山の会では6月にたまたま浅草岳山行が2件
企画計画実施されたのです。

1つは 鬼が面山経由浅草岳 下りは只見沢口
1つは 只見沢口経由浅草岳 下りは桜ソネコース

ジィ~ジは、後者にエントリー

企画担当リーダーは、→コチラの方です。 

 【日  時】 平成20年6月22日(日)
 【天  候】 曇
 【参加者】 女性23名 男性12名 計35名
 【行  程】 只見沢口登山口8:55~大久保沢9:30~剣ヶ峰
         ~鬼ヶ面眺め10:55~熊合わせ11:10~ 浅草岳
        (12:35-13:15)~桜ソネ旧駐車場14:45~
        慰霊碑15:05~登山口大駐車場15:17
      *行動時間 6時間25分 休憩・昼食 70分含む

 * 写真はクリックで全て拡大します。

記事
参加者多くマイクロバス2台で分乗 6時10分予定通り新潟出発
関越道小出I/CからR252を六十里越トンネル通って田子倉湖に
向かいます。
8時40分JR只見線の駅舎脇の広い駐車場(登山口)到着。

銘々 身支度整え出発準備 リーダー挨拶と注意事項指示
降りはしないようだがスッキリしない空模様の中、緑したたる道を
歩き始めます

  P11007201 P11007211
(写真 左) 出発前リーダー指示を聞く参加者の皆さん
(写真 右) 歩き始める参加メンバー

赤鬼さんとジィ~ジはサブリーダーを仰せつかっているのです。

なだらかな道を20分進めば沢に出ます。
遅くまで残雪残る注意箇所ですが既に全く雪は無し。

周辺は大きなブナの樹林帯、グリーンのシャワーを全身に浴びて。

  P11007241 P11007251
(写真 左) 一人ずつ沢に架けられた橋渡るメンバー
(写真 右) 気持ち軽やかブナ林進む参加者

歩き始めて30分強 大きなブナが目印の台地 
最後の水場 大久保沢に到着 ゆっくり休憩 甘味を口に入れたり

此の先からは、山腹に切られた細い急登の登山道に変り、いよいよ
本格的な登山道に変わります。やがて剣ヶ峰鬼ヶ面眺め へと
ヤセ尾根のキツイ登りとなるのです。

  P11007321 P11007351
(写真 左) 眼下には田子倉ダムが…
(写真 右) 対峙する鬼ヶ面方面はガスが重くのしかかり残念

肝心の鬼ヶ面の雄姿を望むこと叶わず些か心残りではあるものの
足元や目の脇に咲く色鮮やかな花々が疲れを吹飛ばしてくれるます。

 P11007311 P1100740

威風堂々 威厳を放つブナの古木 熊合わせ

     P1100736_2
この辺り 昔はマタギのミーティングスポットです。

僅かだが姫様も見られるように…足元はマイズルソウの群落。

  P11007421 P11007441

  P11007451

     P11007471

気の抜けない結構急登の登山道、吹き出る汗を拭いながら
山頂まで100m.の標識を左に緩くカーブして進んで漸く山頂。

残念ながら一面のガスで遠望利かず、山頂下の休憩場所は
風が強く身体が冷えてお昼を取るには不適との情報をキャッチ、
山頂でカン~パイとなります。

     P1100751
     浅草岳1585m.一等三角点設置の山頂

何時もの通り、銘々持ち寄りの自慢の?手料理が次から次へと
回ってきます。それぞれがそれぞれの持ち味 (当たり前!)

目的達成 お腹も満たされ下山の準備 山頂で班別にリーダーを
囲んで記念の パチリ

下りは前山から桜ソネコースを辿ります。

山頂から前山までは木道が敷かれ、周りはワタスゲが風を受け。
雪解けガスか?益々深く立ち込めてきます。

  P1100753 P11007551

前山は遅くまで残雪残り春スキーで賑う場所。

  P11007591
     前山から下山中の我がメンバー

残雪時の悪天候時は要注意箇所です。方向見失う可能性大

前山から少し下れば、もう残雪も有りません。
オーレンやゴゼンタチバナの天下です。

  P1100761 P11007641

  P1100766 P11007671

嘉平与ボッジから樹林帯に深く抉られた登山道をズンズン下れば
浅草の鐘 そして旧桜ソネ登山口の駐車場。
最後の大休憩 ここからは林道を20分ほど下るだけ、危険箇所も
有りません。

  P11007681 P11007691

大白川を挟んで対峙する守門岳もガスで重たく覆われてその山容を
目にする事が出来ません。

此の先 各々自分のペースで勝手に歩いてよいとのリーダー指示

気の合う仲間同士が語り合いながら下ります。 

  P11007711 P11007741
雪崩救助遭難碑に両手を合せ頭をたれます。

ネズモチ平登山口を脇目に暫く下ると、やがて広大な駐車場。

広い駐車場には我々を待つマイクロバスが2台のみ。。。。

汗を拭いバスに乗り込み帰路につきます。
飲んべー高齢者団体 当然のように途中の酒屋で一時停車
一斉にバスから下りてアルコール調達。

思いがけず2台のマイクロバスが止まり、予定外売上に喜んだ
酒店の女将さん ニコニコ顔で両手を振ってお見送り・・

帰りのバスは大賑わいのまま この日の予定無事終了。

追)
ジィ~ジ コース代え、時期代え(降雪期除く)現在まで20回ほど
足を運んだことが有る好きな山の一座です。

|

« 超~久し振り尾瀬沼 | トップページ | 会山行 至仏山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

赤鬼 さま
昨日はお疲れさまでした。暑くて大変だった事でしょう。
小生は三日間何処も行かず家で沈殿していました。
磐越道の事故大きかった。(気の毒に)
蒲生岳の熱中症3人大丈夫?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月22日 (火) 07:06

鬼が面見れなくて残念。昨日はあっちぇかった。蒲生岳で3人脱落した。熱中症だ。おまけに帰り磐越道で
事故の為通行止め。まだ喉が渇いている。

投稿: 赤鬼 | 2008年7月22日 (火) 06:38

tuba姐さん
アッチエ~
浅草岳は福島県が宣伝上手で向うから登るハイカー多数います。
河合継之助を偲び、六十里越えから鬼が面経由も歩き甲斐が有り
お薦めです。姫様は粟のほうが多いと思うけど、花の種類は
浅草のほうが圧倒的に軍配上がると思います。
ジィ~ジは紅葉の浅草岳も好きなのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月21日 (月) 21:39

へぇ~!
雪が解けると、浅草岳はお色直し…。
たった一度しか、それも今年の雪の時季に登っただけでしてぇ。
山頂に姫様が、たぁ~くさん咲くヨ!って、案内人さんが云ってたのを思いだしました。
姫様にお目に掛からないまま、季節を逃してしまったみたいsweat02
あぁ~ぁdash
それにしても、人気の山なんですねぇ、浅草岳!!

投稿: yikitubaki | 2008年7月21日 (月) 21:20

山いろいろ さま
今更の感深きもの無きにしも非ず。
小生の場合は備忘録みたいなものだから…
その節はご苦労様でした。この山塊結構足を運んでいるけど
只見沢は全て下り利用でした。でもここは登ったほうが楽だし
眺めも良いですな!紅葉シーズン声を掛けて頂戴。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月20日 (日) 17:34

あん時はお世話になりました。もう去年の出来事かと勘違いする頃のアップでビックリです。
自分も4~5回ほど登っていると思うけど、この只見からのコースが変化があって一番面白いかも。今度は絶対秋に登ろうと思います。

投稿: 山いろいろ | 2008年7月20日 (日) 16:43

もうぞうさま
何時も有難うございます。
浅草岳はVARIATIONROUTEが多いこと、残雪時も紅葉時も魅力的
小生好きな山の一つなのです。
我が会の良い所でも有り、悪い所でも有りますが、結構手料理
参加者の皆さんが持ってくるのです。
(本来は少しでも荷を軽くする事が原則)
それぞれの持ち味でこれが意外に楽しみだったりして。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月20日 (日) 06:05

noritanさま
アン時はお疲れさまでした。鬼ヶ面がもう少し見えればねぇ~
ところで何時寝ているんだ?3時だぜ!!
寝不足は山でばてるし、車の運転も危ないよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月20日 (日) 05:57

20回もですか、凄いですね~
お昼には自慢の料理も出てきてとは、うらやましい。
当方いつもコンビニで調達したもので済ませます。

投稿: もうぞう | 2008年7月20日 (日) 05:00

いやぁ~~本当にお世話になりました。
私も新潟県側からは、片手+もう片手2本くらいは行っていますが・・・
福島県側からは初めてでした。
帰りに温泉入らなかったのも初めてでした。
こんだけ大所帯では仕方ないですね。
さて、梅雨開けの3連休=輝様はオール連休ですね!
これからどっか某山行きま~~す。

投稿: noritan | 2008年7月20日 (日) 03:34

甘納豆さま
何処からもお誘いの声も掛からず朝から今頃になって
1ヶ月前のレポ作成で時間潰しのジィ~ジです。
この日は鬼ヶ面の雄姿が見ること叶わず心残りでした。
実は、もう一つのコースに参加申込したのですが申込遅くて
断わられた経緯も有るのです。(笑)
残雪時更に初夏の鬼ヶ面経由浅草岳5回ほど歩いているのです。
紅葉時の浅草岳界隈も捨てがたく時折歩きます。
拙い写真お褒めに預かり恐縮です。
福島県はシッカリと宣伝しています。
他県の人はきっと福島県の山だと思っているでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月19日 (土) 18:54

こんばんは!
初コメでしょうか?
おそるおそる書いています。
12番目と17番目の写真、良いですねェ~。
食い入るように見ておりました。
浅草岳、20回ですか。恐れ入ると同時にうなずけます。
私は2回、そんなことはどうでもいいですけど、でも20回行っている気持は良く分かります。良い山です。
これからもどんどん登ってください。

投稿: 甘納豆 | 2008年7月19日 (土) 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/41901425

この記事へのトラックバック一覧です: 会山行 浅草岳:

« 超~久し振り尾瀬沼 | トップページ | 会山行 至仏山 »