« 相川音頭観賞 | トップページ | 新潟 西海岸散策 »

2008年6月 7日 (土)

晴れ間見つけて倉手山

近所に住いする岳友の赤鬼氏からお誘いのメールが入った。
飯豊連峰の展望台 倉手山 山行である。

我が相方は、生憎その予定日には友人との会合、午後からは
小学校へのボランティア活動の予定が入っており参加できない。

予定日の数日前から天気予報はあまり芳しくなく、赤鬼氏は
迷ったようだが、予定日前日の昼過ぎに決行する旨 メールを
くれた。

5月26日(月) 曇
同行=赤鬼氏 髭のK氏 青さん(女性) 中さん(女性) 計5名

目的地に向かい新発田市に入る頃には雨滴がフロントガラスに
当り始め、些か嫌な気分が高まってきます。
  (もし 雨が降り続くなら予定変更で温泉でも良いか!)
県境を越え小国町に入っても止む様子が無い。rain
それでも鬼さんは目的の登山口に向かい車を進めます。
その願いと執念が通じたのか?やがて雨は小降りに…
登山口到着時には何とsign03 時おり雲の切れ間からちょこっsun

今回の予定は、飯豊山荘手前の支尾根から梅花皮荘側の通常
登山口へ下る予定とか…

(いい加減、無責任ジィ~ジは全て貴方任せ)  要 反省down

9時25分
道路わきのスペースを見つけ駐車 早速スタート。
           P1100025
上の沢の雪解け水が滔々と玉川に向かって流れています。
*ジィ~ジは倉手山10年近く前まで過去3度ほど経験有るものの
何れも泡の湯温泉先の内川からヒトハネ峰、を越え梅花皮ヒュッテ
経由してのロングコースしか知りません。

今回の登山口は、倉手山ブナしずくの直ぐ脇からですが、通常
コースではないらしく、踏み跡は探さないと解らないほどです。

飯豊は何れの山も高度が無くても急登ばかり、このコースも
例外では有りません。
     P11000281 P11000311
(写真 左) 倉手山 ぶなしみず
(写真 右) ジィ~ジはラスト

ミツバツツジやシャクナゲや勿論 新緑のブナを愛でながら
急登を喘ぎながら進みます。
梅花皮ヒュッテへの分岐に漸く到着するものの、その方向は
今では殆ど藪に変りトレースなど見つかりません。
鍋倉山やヒトハネ峰のピークだけは見えますが…
一寸 一息入れて山頂目指すものの山頂手前から完全な藪で
前進を阻まれ掻き分け掻き分け難儀しながら山頂へ向かいます。
漸く再び尾根道が現れ、山頂(952m)到着。 11時20分。

1時間50分強のアルバイトで目的地に着いたのです。
幸い雨は上がったものの、上空は重く厚い雲に覆われています。
肝心の飯豊展望も中腹までしか見られません。
     P11000391_2 P11000411_2
(写真 左) 山頂 モデルはK氏
(写真 右) 山頂三等三角点
     P1100040

丸森尾根、梶川尾根も途中まで、石転沢やクサイグラ、ダイグラ
方面も霞んでいます。(雨止んだだけでも儲けもの)
沢筋は無論 飯豊はまだまだ残雪が一杯~

ゆっくり ユッタリ マッタ~リ と早めのランチの開始です。
運転しないジィ~ジも一杯だけご相伴。。。
     P11000451
熱々豚トロ 焼きソバ 手作り料理 次から次と出てきます。

食べて飲んで喋って 1時間あっと言う間に過ぎ去ります。
下りは、現在利用されている通常コースです。

山頂から一歩下ればいまだ雪田が残っています。
     P11000471
             雪田とマンサク
急登の登山道ガンガンと下ります。
ブナの新緑と残りのタムシバの白 気持ちを爽やかにしてくれます。
     P11000511 P1100054

途中のピークからは、杁差岳が間近に迫ります。
     P1100058
            正面に杁差岳

仲間の皆さんジィ~ジを置いてサッササッサと下り、1時間で
登山口へ下りてしまいました。
この付近にはタニウツギが仰山咲いてます。
       P11000701
            通常登山口(ジィ~ジは始めて)

鬼さんとAさんは登り始めに駐車したもう1台の車を回収に…

帰りは勿論一風呂浴びます。
大体何時も 梅花皮荘を利用させてもらいます。
       P1100073
           泉質宜しい温泉です。
身も心も癒され、一路新潟に向かいます。

夕方4時半頃には自宅へ到着です。(お疲れさまでした。)

追)
  この日に見た花々の一部です。
     P1100036 P1100032_2
     P11000301_3 P11000641_2
     P11000531 P1100056
     P1100060 P1100033_2
     P11000651 P1100071

雨を免れた 倉手山でした。 おしまい。。。。。 

|

« 相川音頭観賞 | トップページ | 新潟 西海岸散策 »

登山」カテゴリの記事

コメント

noritanさま
豚トロ≠鍋 ジュウジュウの焼肉 旨いyo。
平日は貸切状態なのでゆっくり出来てありがたいです。
もう暫く仲間入りは無理なようですね。
その分まだ若いって証しだよ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月10日 (火) 16:31

何年か前に雪の頃、忘年登山と称して来ました時には雪で途中までしか車が入らずに歩いて行き、頂上までラッセルできずに途中でテント張ってきました。
いつもの通常登山口しか知りませんが何年に一回は登りたい山ですね。
豚トロ鍋って??美味しそう!!
平日晴天組には仲間に入れてもらえません(ーー;)

投稿: noritan | 2008年6月10日 (火) 12:37

早起きまゆ太さま
commentありがとう 忙しいのに(ぺこり)
この倉手山は飯豊北股岳への登山口 石転び沢とか丸森尾根、
梶川尾根とかの基地温身平の手前に有るのです。
新潟側の胎内と反対の山形側とでも言いましょうか…
杁差や隣の大石山のイチゲは丁度今ごろが貴女です。
来週になると我が相方に変りそう そんな様子です。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月 9日 (月) 06:55

飯豊はまだ雪たっぷりですね。
倉手山、知りませんでした。
春のお花がいっぱいですね~♪
エブリサシのハクサンイチゲはいつ頃が見頃なのでしょう?

投稿: まゆ太 | 2008年6月 9日 (月) 06:45

サラダさま
commentありがとうございます。お疲れさまです。
蝶ヶ岳ですか~何年もご無沙汰しています。
倉手山手頃で良い山ですよね!尤もこのコースは初めてでしたが
皆さんは我々より1週間ほどあとだったようですね!
山もさることながらお昼が目的で行くケースも多いかも(笑)
秋にはご一緒しましょうかネ!
国民宿舎梅花皮荘の温泉良いですyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月 8日 (日) 19:54

輝ジィージさん こんばんは

倉手山での ランチ豪華ですね。 おいしそう!!
倉手山 私も飯豊山が 見れる山ですのでお気に入りです。秋になったらまた 行こうかな・・・

私は 今長野から帰ってきました。(蝶ヶ岳)
下道ノコノコと走るのも 疲れました。

梅花皮荘入ったことないので 今度入って見ようかな・・

投稿: サラダ | 2008年6月 8日 (日) 18:49

赤鬼さま
コチラこそお世話様でした。
今日も何とか晴そうでPOWER全開 何か善行をしたのかな?
今日は、会山行ご苦労様です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月 8日 (日) 06:01

お世話になりました。この山もおいらのお気に入りの
山なのよ。薮には参ったなあ。今日はこれからおいらの会山行、安達太良山です。朝飯食って出かけます。
また、晴れるようー。

投稿: 赤鬼 | 2008年6月 8日 (日) 05:28

もうぞうさま
倉手山通常コースは急登ですが短いので飯豊展望にお薦めです。
貴殿が入浴されたのは多分飯豊山荘だろうかと思います。
お昼の前に、朝もぎの元祖越後姫(開発農家産)も有ったのです。
山へ行く別の楽しみですネ!
梅花皮荘のお湯これもお薦めです。お試し下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月 7日 (土) 20:31

倉手山、知りませんでした。地図で確認しましたが・・・
豪勢なお昼ですね~それにお日様まで味方したようですね。

私が入った温泉は、温身の湯だったかな~

投稿: もうぞう | 2008年6月 7日 (土) 20:11

mikkoさま
今日は  commentありがとうございます。
赤鬼POWER?でお陰さまで雨には遭いませんでした。
更なるPOWERUPを期待したいものです。(笑)
豚トロとビール結構合いますyo。
飯豊連峰展望の山、幾つも有ります是非お二人でおいで下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月 7日 (土) 17:54

rainに打たれなくてなによりでした。(^_-)☆ 
晴れ男パワーの赤鬼さんのお陰でしょうか?
山頂から間近に見える飯豊連峰の眺望は素晴らしいですね。
そのうえ、ジュウジュウの豚pigトロ付き・・・
もう完全にノックアウトです~

投稿: mikko | 2008年6月 7日 (土) 16:41

yikitubakiさま
内川からのコースは倉手も鍋割も近頃は藪が相当きつくなってます。
勿論 残雪期ですが…5月20日過ぎ頃?
ヒトハネ峰(境峰)は残雪期にはザイルが必要になるかも!
ここ2,3年殆ど登山者歩いていないようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月 7日 (土) 15:12

あぁ~、いいなぁ~。
**風呂のチラミ…。
おっとぉ~、違いました。
飯豊連峰のパノラマcamera
輝ちゃん、お勧めのコースも歩いてみたいなぁ~。
昨年、シッカとチエック済sign02
尻に…、アンヨに火がつきましたyo。
で、残雪期がイイのでしょうか?
ロングコースは?
イイ時季を、教えて下さいsnail

投稿: yikitubaki | 2008年6月 7日 (土) 14:53

山いろいろ さま
いや~ ご期待に添えなくて申しわけないですねぇhappy02
まだ お縄になりたくないからねsign01
たまにジュウジュウの豚トロも良いもんだ。
鬼さん日ごろの精進が良いのだろう キット。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月 7日 (土) 11:24

チェッ! 男風呂なんて見たくもねぇ!(-_-;)
どうせなら女風呂を撮ってきてよ。
Aさんの鍋、旨いんですよねぇ。(羨!)行きたかったなぁ。
なんだか、鬼さん最近は晴ればっかりだなぁ。どうしたんだろう?何かいいことしたのかなぁ。

投稿: 山いろいろ | 2008年6月 7日 (土) 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/41450143

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れ間見つけて倉手山:

« 相川音頭観賞 | トップページ | 新潟 西海岸散策 »