« 九州の山 祖母山編 | トップページ | ケチケチ九州立ち寄り編(1) »

2008年6月24日 (火)

九州の山 九重山編

九州上陸のジィ~ジと相方 3番目の山は九重山 

前々日の記事阿蘇山編は→コチラ

前日の記事  祖母山編は→コチラ

九州最高峰の中岳(1791m)を始め、1700mを越える頂が10座を
数え九重共和国と呼ばれる九重山その主峰久住山を目指します。

 【日時】 平成20年6月1日(日)
 【天候】 晴
 【同行】 相方 計2名
 【行程】 牧の戸峠登山口7:06~沓掛山7:25~扇ヶ鼻分岐
       8:05~久住別れ8:50~久住山9:12~中岳10;20
       ~天狗ヶ城10:45~久住分かれ11:05~沓掛山
      12:21~牧の戸登山口12:45
      *行動時間 5時間40分 休憩約30分含む

九州上陸4日目にして漸く気持ちの良い晴日となった。
前日と同じ場所での車中泊、車中泊も三日目となります。

竹田市からR442を久住高原を牧ノ戸峠へ向かいます。

牧ノ戸峠(1330m)登山口には広い駐車場と土産物店などが…
時間が早い割りに駐車場はかなりの車で埋まり、誘導員の指示に
従い駐車です。

  P11003091 P11003101
(写真 左) 牧の戸峠1330m.標識
(写真 右) くじゅう連山概要案内板
* 久住・九重の論争の結果 現在は、くじゅうと標記されてる。

靴を履き替え、登山口から遊歩道を沓掛山へ向かって進みます。
  P11003111 P11003141
(写真 左) 牧ノ戸峠登山口
(写真 右) 沓掛山手前付近で寛ぐハイカー

新緑と咲き始めだしたミヤマキリシマそして快晴の青空
清々しく気分も爽快に成ります。

  P11003161 P1100320
(写真 左) 沓掛山付近 このあたり暫く岩場が続きます。
(写真 右) 沓掛山付近 ミヤマキリシマ咲く登山道

扇ヶ鼻分岐手前の広場では赤い法被をきた20人程の若者集団
  P11003211 P11003261
(写真 左) 幸せ祈願と描かれた赤い法被の若者集団
(写真 右) 扇ヶ鼻分岐

この辺りは緩やかな稜線漫歩が西千里ヶ浜へと続きます。

  P11003311 P11003321
(写真 左) 西千里ヶ浜付近 久住山が近づきます。
(写真 右) 星生山近くの岩場の登山道

西千里ヶ浜を越えると星生山(1762m)直下の岩場の登山道に…
やがて久住山避難小屋、久住分かれ、やがて岩ゴロゴロの
山頂への取り付きとなります。

  P11003341 P1100336
(写真 左) 久住避難小屋 周辺は広い台地
(写真 右) 三俣山(1745m)

黄色のペンキのマークが付けられたゴロゴロ岩を辿ると20分強で
久住山山頂(1787m)到着です。

  P11003391 P11003401
(写真 左) 久住山山頂 記念写真
(写真 右) 久住山山頂1等三角点

日曜日で天気は晴れ、そして100名山、多数の登山者で大賑わい。

  P11003431
ゆっくりと四周の眺めを味わいます。

山頂から稲星山を右手に見て中岳へ向かいます。
ミヤマキリシマの株と笹原の登山道を稲星山分岐まで一旦下り、
再び中岳の山頂を目指します。山頂へは少し急登が続きます。
  P11003451 P11003491
(写真 左) 山頂から一旦下り笹原を中岳に向かう相方
(写真 右) 中岳に取り付き ミヤマキリシマ点在

10時20分 九州最高峰 九重山 中岳(1791m)到着です。

          P11003602
            中岳山頂

眼下には、歌で名高い 坊がツル 

        P11003611_2

山頂で再び証拠写真を撮って隣の天狗ヶ城へ向かいます。 

  P11003621 P11003651
(写真 左) 天狗ヶ城(1780m)
(写真 右) 天狗ヶ城山頂にて

天狗ヶ城から 御池脇から久住分れと下ります。
  P11003701 P11003711
(写真 左) 御池
(写真 右) 久住分れに向かって

  P11003721 P11003731
(写真 左) 久住分れ
(写真 右) 法華印 坊がツル分岐

久住避難小屋からは、ミヤマキリシマの花々を愛でながらゆっくり
牧ノ戸峠へ向かいます。
  P11003811

  P11003911

  P1100388

足元には 
  P1100329 P11003761
目を転ずれば
  P1100393 P11003941

ユッタリ、マッタリと伸びやかな九重の山々にスッカリ魅せられ
大満足で登山口へ戻ります。

何時の日か?法華院温泉から坊がつるそして大船山(1786m)を
是非にも歩いてみたいとの思いで一杯になったジィ~ジです。

九重の山はコースもバラエティに富み、山が群がり地形が複雑で
1時間ごとに眺めも異なり極めて飽きさせない魅力たっぷり。

ミヤマキリシマとアセビのコントラスト 恰も庭園の中を歩くが如く
心地良さ、遠き九州まで来た甲斐が有ったというものです。

牧の戸峠のさしもの広い駐車場も隙間無しの満車状態、道路の
空き地スペースも車でびっしり埋め尽くされています。
人気の程が伺えます。

ジィ~ジと相方は長者ヶ原へ向かい、今夜の宿を探します。
九州4日目の夜は温泉民宿に泊まることになりました。

時間はまだたっぷり、近くの観光スポットへ向かいます。

  九重山編 一旦 おしまい。

立ち寄り観光スポット、温泉民宿は後日アップの予定。 

 

 


|

« 九州の山 祖母山編 | トップページ | ケチケチ九州立ち寄り編(1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさま
お天気予報見ながらTARGETを九重山に絞っていたのです。
ビンゴでした。何しろ片道1300キロですからねぇ~(笑)
この日は大船山の山開きだったようです。この山も全山ピンクに
染まるとのこと。法華印温泉で湯に浸り坊がつる讃歌を歌いながら
歩いてみたいですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 2日 (水) 12:35

祖母山のお天気は残念でしたけど、
久住山は良かったですね。
私達はどちらも良くなかったのです(涙)
大船山歩いてみたくなりますよね。
私もまたいつか今度はお天気のいい日に歩いてみたいです。

投稿: sanae | 2008年7月 2日 (水) 12:01

酔っ払い山いろいろさま
新婚旅行阿蘇へ行って 、隣の九重はパスだったようですな!
九重は地形が複雑なので目の前の景色が直ぐ変り、飽きが来ない
魅力有る山群です。法華院温泉に浸り旨い焼酎飲みながら
坊がつる讃歌など歌おうよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月26日 (木) 06:13

1700m以上が10座ある九重連山の久住山?、ややこしいですね。(笑い)
十重連山が正しいんではないの?と思ったが、九州の九だな?、きっと。
四面山なる坊がつる♪の様子がよくわかる写真ですね。ミヤマキリシマもきれいだ。
自分も行けたら行くけど、行けなかったら行きませんね。当り前か。

投稿: 山いろいろ | 2008年6月25日 (水) 22:08

山空花さま
commentありがとうございます。
九州この3座であれば接近しているのでACCESS的には
さほど問題ありません。梅雨との絡みも有りますが、
矢張りミヤマキリシマが咲いている時期が宜しいかと思います。
ジィ~ジと異なり貴女方はまだお若いのですからこれから何度でも
Chance有りますよ。温泉も、牛馬肉、焼酎楽しみ一杯です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月25日 (水) 17:01

九州遠征、お疲れ様でした。
どの山もいつか同じ時期に訪れてみたいと思いました~(*^_^*)
ミヤマキリシマは一度はナマで見てみたいです。

それにしても、輝ジィ~ジさん達はパワフルですね。
関西に行っただけでバテバテの私にはまだまだ修行が足りないと改めて思いました。

投稿: 山空花 | 2008年6月25日 (水) 12:59

サラダさま
commentありがとうございます。
今日はお休みでしょうか?
小生初めての九州でしたが、九重山は数多くのコースも有り、
変化に富んだ魅力たっぷりの山でした。近くに筋湯温泉とか
温泉も何箇所も有ります。山並ハイウェーもドライブに最適
私ももう一度行きたいと思ってます。
ここはお薦めですね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月25日 (水) 09:54

憧れのミヤマキリシマ 良いですね。私は何時行けるかな~! 九住山は絶対行って見たいところです。
温泉も良さそうですね。 行かれる時の参考にしたいので UP楽しみです。

投稿: サラダ | 2008年6月25日 (水) 09:09

noritanさま
おはよう!
今回の初めての九州は3座しか登らなかったけど
法華院温泉、坊がつるそしてミヤマキリシマ満開の大船山から
久住山を眺めてみたいねぇ~
焼酎も旨いし。
日本中彼方此方にいい山沢山有るけれどここは是非もう一度は
訪れたい山域となりました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月25日 (水) 07:52

「九住山」に行った時には同じことを思いました。
ミヤマキリシマには少し早い時期だったので、その満開の頃に法華院温泉泊まりで、ドップリと「くじゅう」に浸かりたいと思いました。
此処を尋ねて以来「坊がつる賛歌」が愛唱歌になりました。

投稿: noritan | 2008年6月25日 (水) 07:24

甘納豆さま
今晩は commentありがとうございます。
昨夜は2次会で飲み過ぎ今日は朝から頭もボーッとしています。
それでも九重は安らぎ得られる良い山だと今でも思ってます。
温泉も彼方此方、焼酎も旨いし、牛肉も…
山としてはハードでは有りませんが、何時の日か是非
歩かれる事をお薦めしたく思います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月24日 (火) 20:14

輝ジィ~ジ様 今晩は!
「ユッタリ、マッタリと伸びやかな九重の山々にスッカリ魅せられ大満足で登山口へ戻ります」
あ~ぁ、輝ジィ~ジの満足げな顔が浮かびます。
私は2度も欲張りません。一度で良いから行って見たい。

投稿: 甘納豆 | 2008年6月24日 (火) 19:53

赤鬼さま
この日はやっとお天気に恵まれ快適な山歩きが出来ました。
九重はもう一度歩いてみたいと思ってます。
記憶が甦らなければ,もう一度一緒に行って見ましょう(笑)
矢張り何処でも2度は行かねば…
こんな時間に帰れれば問題ないね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月24日 (火) 19:25

天気に恵まれ、ミヤマキリシマに恵まれ、グー。
おいらは今日何時もと違うシフトだったので今頃書き込んでるのよ。殆どおいらと同じコースを歩いていると思うんだけど、さっぱり記憶がよみがえらない。
もう一度行けと言うことか。

投稿: 赤鬼 | 2008年6月24日 (火) 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/41634855

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の山 九重山編:

« 九州の山 祖母山編 | トップページ | ケチケチ九州立ち寄り編(1) »