« 老骨に鞭打って | トップページ | 九州の山 祖母山編 »

2008年6月15日 (日)

九州の山 阿蘇山編

初めての九州上陸のジィ~ジと相方 最初に目指すは阿蘇山

前日の記事は→コチラ

世界最大規模(東西18㌔南北25㌔)のカルデラと雄大な緑の
外輪山を有する阿蘇山を目指します。

 【日時】 平成20年5月30日(金)
 【天候】 曇|晴
 【同行】 相方 計2名
 【行程】 仙酔峡・花酔い橋7:10~高岳8:45~中岳9:06
       ~火口展望台9:40~仙酔峡P10:35
      *行動時間 3時間25分 休憩約10分含む

阿蘇の玄関口 道の駅 大津での車中泊 5時過ぎの目覚めです。
雨の心配は無さそうですが、目指す方向は山腹まで重い雲が…
シートをを起こし車内整理、そして簡単朝食

  P11001071_2 P11001081_2
(写真 左) 道の駅 大津
(写真 右) 仙酔峡駐車場

大津からR57を仙酔峡の広い駐車場までは1時間足らずです。
まだ7時前 おまけに平日 我家以外の車は2台&大型バイク1台

所々にはじめて見るミヤマキリシマ 盛りは過ぎたような…
ほんの一瞬 雲が切れたので絶景期待できるかな??

本日の登山者 我が老体チームが1番乗り 仙酔峡のスタートは
その名も 〝花酔い橋〟からなのです。

始めは遊歩道のような感じですが直ぐに砕石状のガレ登山道に…

  P11001121 P11001131
(写真 左) 仙酔峡 花酔い橋
(写真 右) 登山道脇のミヤマキリシマ

ミヤマキリシマの株がもこもこなので1週間も早ければきっと
それはそれは見事だった事でしょうと容易に想像出来ます。

30分強で中間点表示(これ嘘っぽい)その前にバイクの単独
登山者にあっさり追い越されます。

  P11001181 P11001191
(写真 左) 単独登山者にあっさり追い越され…
(写真 右) 中間点表示 距離?アルバイト時間?

相変わらずガスを伴った強い冷風が吹き付け、周囲はガスガス
急登の火山礫の登山道 所々にロープも張られ…

  P11001201 P11001221
(写真 左) 急登箇所にはロープも張られ
(写真 右) 火山岩の様子

それでも足元の岩場の隙間にマイズルソウやミヤマキリシマが…
  P1100123 P11001251
(写真 左) マイヅルソウ 結構彼方此方に見受けられます
(写真 右) ミヤマキリシマ

其の後 先ほど我らを追い越した若い登山者下山で擦れ違い。
聞けばあまりの強風とガスで山頂標識にタッチしただけとか…
(我々も同じ状況下に有ります。)

スタートから約1時間30分 阿蘇山最高峰  高岳(1592m)到着
相方とお互い証拠写真を撮るだけ ガスを伴った強風 視界無し

*阿蘇を冠する山は無く阿蘇五岳(高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳・根子岳)を言う。

それでも折角の機会です。足元見れば踏跡は何とか見られます。
我が老体チームは中岳を目指します。
       P11001281
           中岳目指す相方
肝心の火口も何も見えたものでは有りません。風が冷~たい
それでも登山道の脇の岩が火山だと思わせてくれます。
       P11001291
            火山礫層
中岳です。勿論誰も居ません 山頂標識の先は危険地帯
ここでも証拠写真を残します。
P1100132
  
  
中岳山頂にて ガスで髪の毛
濡れてます。

中岳から火口展望台へ向かい下山です。
  P11001331 P11001341
(写真 左) ガス切れず下山中の相方 火山層
(写真 右) 赤茶けた火山の登山道下る相方

展望台付近で人の話声が聞こえたような???
誰も居るわけありません。
  P11001351 P1100138
(写真 左) 火山展望台 晴れていればそれこそ!!!!
(写真 右) 火山シェルター

ここからはロープウェィ利用の観光客の為に舗装された遊歩道
所々に火山爆発の避難場所が設けられてます。
       P11001401
          観光客用遊歩道
脇を見れば往路の仙酔尾根(通称馬鹿尾根?)沢山の登山者が
登りはじめています。しかしガスは切れそうで切れません。
  P11001491
    仙酔尾根登る登山者が小さくみえます
ロープウェィに沿ったコンクリートの嫌な道をダラダラと下ります。
やがて 仙酔峡に到着です。
  P1100153
           仙酔峡概要看板

せめてこのあたりだけでもゆっくりと…
  
 
  P11001551
       
      P11001571
            仙酔峡 
このあたり10時30分も過ぎたので、土産物店や売店も開き
観光客もそれなりに増えました。

折角なのでインフォメーションセンターに立ち寄ってみます。
係りの中年女性からミヤマキリシマ山上駅方面がまだ盛りと
パノラマラインへの近道と情報を教えてくれます。

一応 阿蘇山最高峰 高岳 そして中岳は踏みました。
特別の予定制約ありません。
教えられた方向へ車を進めることに…
  P11001641
お陰で漸く想像していた阿蘇山風景が見られるように…
  P11001691 P11001701
(写真 左) 小さな噴火口が可愛い米塚 奥に外輪山
(写真 右) 阿蘇五岳の一つ 杵島岳

そして草千里ヶ原の絶景です。バックは烏帽子岳
  P11001711

ここではのどかに馬にも乗れます。
雄大な眺めを見ながら山上駅へ車を進めます。
教えられたとおり、ミヤマキリシマ彼方此方で見られます。
  P1100173
    ミヤマキリシマ彼方此方に

料金払って山上駅から火口西まで車を進めます。
ロープウェィ火口西駅併設の広い駐車場に車を停めて火口見物

途端に喧騒の状況下に置かれます。
アナウンスは韓国語 観光客の団体は殆ど韓国人の人が圧倒的
(考えてみれば韓国は直ぐ隣、新潟からよりも近いのだ)

  P1100175 P11001791
(写真 左) 中岳噴火口
(写真 右) 記念撮影?火口展望
  P11001801


登山中 中岳で人の話し声が聞こえた気がしたのは、幻聴でなく
観光客のざわめきだったのです。
ガスと噴煙で視界が無かったものの登山の時と丁度真向かいに
立っていたのです。

車で少し下り 砂千里ヶ浜 を少し散策してみます。
正に言い得て妙 広い広い 何処まで続く?
  P11001811 P11001821
            砂千里説明板と木道
今度来る機会有れば、コチラから登ってみたいものです。

そしてミヤマキリシマの花と阿蘇の山々
 P1100187

 P1100189

山頂からの雄大な阿蘇全景を見ること叶わなかったものの
初めての阿蘇 その雰囲気の一部は味わえました。

身体の管理をシッカリと再度 阿蘇を楽しもうと強く思う
ジィ~ジです。

    この項 一旦 お終い。。

*立ち寄り湯 食事 立ち寄りスポットは別途アップ予定。

|

« 老骨に鞭打って | トップページ | 九州の山 祖母山編 »

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさま
お二人もガスとガスでしたか!!
我らそれでも時間的余裕が有り、山上駅から火口西まで行き
火口とミヤマキリシマも見ることが出来て良かったです。
阿蘇は世界一のカルデラ流石に雄大な感じを受けます。
馬刺しと焼酎と温泉SETで出来ればもう一度行きたい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年7月 2日 (水) 12:23

ミヤマキリシマまだまだきれいでよかったですね。
私も阿蘇山はガスで、その上本物のガス発生で、危うく下山もままならないかと思いました(笑)
麓の風景が平和に感じられますよね。

投稿: sanae | 2008年7月 2日 (水) 11:53

yikitubaki さま
今晩はfullmoon
マ、マッサカ~ 
キャンピングカーなんかそんな余裕有るわけ無いでしょ
車は最初の写真のポンコツ、15万オーバー(遊びばかりで)
もう買い替え時期過ぎてるくらいなのyo。
フロントシート後へ倒せば、それで丁度ベッド代わりになるのです。
阿蘇は登山口まで車でいけるので一番ハードなコースでも
この位で登れるのです。阿蘇は雄大で気持ちの良い所だったyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月17日 (火) 22:26

ぇぇ~えッ!
輝ちゃん凄いパワーですね。
相方さんも、メッチャー凄いエネルギーの持ち主様!
道中、車中泊。それに登山。
1時間半で最高峰に到達出来るものなんでしょうか?
阿蘇山は。
そうだ、車も遠距離対応車、でないとNG!って事ですかぁ~?
もしかして、キャンピングカーでお出掛け?

投稿: yikitubaki | 2008年6月17日 (火) 22:04

mikko さま
お天気が良ければ阿蘇は開放的な気分が満喫できると思います。
見所、旨い物、温泉、焼酎etc…ジィ~ジはもう一度
ゆっくりと訪れたく思っているのです。
九州いいところ沢山有ります是非計画なさってください。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月17日 (火) 07:08

私も九州には足を踏み入れた事がないんです。
ここ数年、阿蘇山と久住山が気になってしょうがなかったんですよ~
レポじっくり読ませていただいて、
いつか訪れる時の参考にさせて頂きまーす。(^_-)☆ 

投稿: mikko | 2008年6月16日 (月) 23:57

サラダさま
八ヶ岳のツクモちゃん丁度盛りのようですね!
私も行きたいのですが野暮用も有ったりしてなかなか…
八ヶ岳からの下道は意外と時間かかると思いますが
タフですねぇ~
九州初めてでしたが、世界一のカルデラはさすがでしたし
温泉や食べ物も旨そうなのが一杯で魅力的でした。
狭いといっても知らないところばかり、新しい発見もあり
勉強にもなります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月16日 (月) 18:36

輝ジィージさんは 九州へでしたか。
私は 島根あたりから(主人が島根産) 先はまだ未知の世界です。そのず~と先の沖縄は 観光に行きましたが・・・
UP楽しみですね。 最初は阿蘇からでしたか。
私もミヤマキリシマ 来年は見に行く予定で居ます。

次の山のUPは? 楽しみです。
 
今日の昼に 八ヶ岳から帰ってきたばかりです。
横岳のツクモグサを見てきました。 桜平から入り
硫黄岳ー横岳ーツクモグサの群生地?(下ると地蔵尾根になるらしい?)下道の運転疲れたけど 癖になります。

投稿: サラダ | 2008年6月16日 (月) 17:36

noritanさま
完全に間違っているよ!〝企画・立案・実行〟は全て
奥方なのです。
あたしゃそれに乗るだけの無責任いい加減男なのさsad
でも矢張り行った甲斐は充分あったと思うyo。happy01

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月16日 (月) 15:55

九州は2回で「百」が終わったのですが、なんせ「貴方任せ」の山行でサッパリ記憶にない~~~
やはり、自分で「企画・立案・実行」しないとダメですね~~その点、輝様は御自分で「企画・立案・実行」ですから立派です。
阿蘇は私も天候良くなかったでした。「あっソウ」とはオヤジギャクコースでした。

投稿: noritan | 2008年6月16日 (月) 15:46

山いろいろ さま
九州新婚旅行なんてリッチでしたねぇ~
オイラなんか3日程しか休めずお足も無かったので
白樺湖・霧が峰でっせ。。(笑)
きっと奥方可愛くて仕方なかったんでしょうね。(その頃は?)
その内 皆で温泉と馬刺しsetで行って見ませんかhappy01
山頂からカルデラ全体見てみたかったなぁ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月16日 (月) 13:58

自分の新婚旅行の地は南九州。阿蘇は快晴だったですよ~。
草千里では初々しい新妻を馬に乗せて写真を撮りました。しばらくは飾っていたんだけど・・・探せばどこかにあるはず。もう捨てたかな?(^^ゞ

投稿: 山いろいろ | 2008年6月16日 (月) 13:41

甘納豆さま
commentありがとうございます。
初めての阿蘇 贅沢言えば矢張り山頂から全体を俯瞰したかった。
家族連れや仲間で温泉に入り一杯やりながら観光に行くと
いいところですねぇ~
草千里が浜本州では見られない景色ですね!
阿蘇は魅力溢れてますね。又行きたい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月16日 (月) 12:57

輝ジィ~ジ様
阿蘇の雄大な風景とミヤマキリシマ、良いですね。
朝のうちは大変だったようですが、これだけ写真撮って来れれば文句なしですよ。
最後の2枚の写真素晴らしいですが、草千里ヶ原の絶景も良いですね。

投稿: 甘納豆 | 2008年6月16日 (月) 12:33

赤鬼さま
何時の日か、温泉 馬刺し付でゆっくりと阿蘇を
一緒に楽しんでみたいネ(笑)
もう一度行ってみたいところの一つになりましたyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月16日 (月) 07:17

おいらが行った時も悪天候だった。何にも見えなかった。ただ山頂に立っただけ。下りはロープウエイ。
心残りの山の一つですわ。

投稿: 赤鬼 | 2008年6月16日 (月) 06:59

流石ですね!!
お天気任せのいい加減SCHEDULEなのです。
今回は 登山と言うより観光が主体だったかもsign02

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年6月15日 (日) 19:09

阿蘇は観光で行ったことがあります。
この次は久住山方面でしょうか?
それとも祖母・傾山方面かな?

投稿: もうぞう | 2008年6月15日 (日) 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/41538322

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の山 阿蘇山編:

« 老骨に鞭打って | トップページ | 九州の山 祖母山編 »