« 酒・クルージング・すっぽん | トップページ | 大蔵山~菅名岳 »

2008年3月 3日 (月)

コース変えて 角田山

公式・非公式を含めて、角田山山頂に至るコースは10コース程。

この度は、久し振りに宮前コースをCHOICEです。

2月25日(月)薄曇り

自宅から車で30分ほど?この日もゆっくり家を出ます。

    * 写真は全てクリックで拡大

10時50分 登山口の駐車スペース到着 先達の車も3台ほど
たまたま1台は、知り合いの会友Sさん 丁度歩き始めです。
挨拶交わし、S氏一足先にスタートです。

    P10803741
              登山道標識

このコースは登山道から殆ど民有地。地主さんからの要望が
貼付されています。
(ストック禁止、スパイク禁止、登山道以外立ち入り禁止)

10時55分

ジィ~ジはストック小脇に抱え、スタート。

薄っすらと雪に覆われた緩い登りとなります。

倒木を利用して階段状に整備されている箇所も有ります。

    P1080375 P10803771
(写真 左) 雪で覆われた緩い登山道
(写真 右) 倒木利用した登山道整備

スタートから15分ほど、振り返れば、海の彼方にかすかに佐渡。
この地は、越前浜発祥の地でも有り、その由来が残っています。

    P10803791 P10803801
(写真 左) 海の彼方にボンヤリと佐渡を望みます。
(写真 右) 越前浜発祥由来案内板

登山道は少しずつ傾斜をまして…

11時32分 宮の平三角点

P10803811 4等三角点

ここで先に出発のS氏の追いつき、以後 同行です。

此の先から尾根沿いにそれなりの急登と変ります。
痩せ尾根となり、陽も当たらない為か?
凍結した登山道です。

    P10803821 P10803831
(写真 左) 凍結した登山道
(写真 右) 転ばないよう気をつけて

カチンカチン コチコチに黒光りして凍っています。
虎ロープも張られていますが、結構 注意が必要な場所です。

ロープや木々の枝、或いはストックを頼りにどうにかクリア

たかが角田されど角田 人生色々 角田のお山も色々です。

やがて湯の腰コースと合流、そのまま進めば山頂広場にでます。

12時04分 山頂

      P1080385
            観世音菩薩立像

しばし山頂小屋 〈健養亭〉で暖を採ろうかと扉を開ければ、
またまた 前回と同じく 会友のO夫妻 またS氏がお昼の最中。

自分をさて置いて、言うのも変ですが、
平日なのに 皆さん好きですねぇ~!

ストーブの火に温まりながら20分ほど雑談 楽しみます。

相変わらず間食とお湯だけのジィ~ジたち 些か空腹も覚え
会友の皆さんより一足先に下る事に…

同じところを下れば、一寸神経も遣わねばなりません。

下りは、桜尾根から此の入りコースを下ることに決めます。

小屋を出て、三望平に向かい、直ぐ右へルートを採ります。

    P1080387 P10803881
(写真 左) 桜尾根途中の石仏
(写真 右) 尾根下る相方

坐骨神経痛で腰から左足首まで痛いジィ~ジに構わず
振り向きもしないでサッサと下る非情な相方さんです。(涙)

桜尾根との分岐から一気に急とを下れば、直ぐに 此の入沢
      P10803891
             此の入り沢

此の先は、R402号に向かって林道歩きとなります。

国道に出る前に、車が多いので側道を歩く事に…
途中には、日蓮上人が佐渡へ流罪となったときに立ち寄った
岩屋も有ります。

        P10803911_2
          岩屋へ立ち寄る相方。  

    P1080392 P1080396
(写真 左) 大きな口を開けた岩屋
(写真 右) 夜ひとりでに積まれると言う賽の河原

この場所に住んでいた七面大蛇が日蓮上人により教化され
末法鎮守の請願をたて七面大明神として祭られています。

異様な、いかにも…雰囲気が有る場所なのです。

岩屋を後に,角田山 妙光寺の脇を沿いながら駐車場へ
戻ります。

お昼も過ぎて 益々空腹を覚え、途中のパン屋さんでパンを
買い、しばし小腹を満たし、家路につくジィ~ジです。

角田山 20-5 今回はコースを変えてみたジィ~ジです。

           お終い   

      

|

« 酒・クルージング・すっぽん | トップページ | 大蔵山~菅名岳 »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

三脚マンさま
高尾山のように、角田山は手頃な身近な山なのです。
これからは、雪割草やカタクリ見物に県外からも多数の
ハイカーを惹き付ける新潟の財産でも有ります。
車で30分強で登山口へ行ける。ありがたい事です。
東京からも日帰りできます。或いは残雪SETで
お出かけ下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年3月12日 (水) 06:27

角田山のコースが10も?
楽しめますね。

前もコメントしたかもしれませんが、ひとつの山で、いろいろなコースを歩くのは楽しいですね。
また、好きな山は何度登っても、いいモンですね。

投稿: 三脚マン | 2008年3月11日 (火) 23:53

まゆ太さま
comment有難うございます。
日本海側の冬季のお天気も、たまには関東と少し違った
爽やかな晴天が見られるのですが、今年はサッパリ…
先週末も予想より悪くガッカリでした。
>そちらに出向くかもしれません。
決定されましたら、メールにてお知らせ下さい。
お手伝いできる事が有れば、幸いです。
サイテイのメンバーの皆様やお友達の皆様方とと
角田の雪割草と残雪の二王子辺りは如何!?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年3月 4日 (火) 21:49

里山がこんなにいろいろ楽しめるお山でいいですね(^^)
4月になれば、この辺りにもかわいい花が?
ご縁があって、そちらに出向くかもしれません。
今年の新潟はすっきりしないお天気が続いていたようですが(って、1月2月はいつも?)、そろそろ高気圧がやってきそうですね。先週末はお天気回復したのでは?

投稿: まゆ太 | 2008年3月 4日 (火) 21:24

甘納豆さま
今日は  今日はお休みですか?
小生近頃角田ばかりで記事アップ大変です。(笑い)
それにしても登り1時間下り30分とは!いやはや
凄いスピードでとても敵いません。
きっと日頃のトレーニングの成果なのでしょうネ!
三山縦走のときはゆっくり歩いてくださいyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年3月 4日 (火) 12:39

こんにちは!
相変わらず頑張っておられますね。
「たかが角田されど角田 人生色々 角田のお山も色々です。」
宮前コースは新潟から海岸寄りの道を行くと一番近いので、私もふらりと出かける時はこのコースを登ります。
家から宮前口往復1時間、登り1時間、頂上・観音堂休憩30分、下り30分で調度3時間くらいです。
3時間で行ってこれる山、良いですね。

投稿: 甘納豆 | 2008年3月 4日 (火) 12:32

赤鬼さま
お早うございます。
この日は、途中でトレースが消えてましたyo。
今年に入って角田ばかりです。
まだ雪割草には少し早いみたいですね!
禁断症状治さねば…早く

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年3月 4日 (火) 06:56

相変わらず、せっせと登ってるねえ。羨ましい。
トレースあるの? 早くユキワリソウ咲かないかなあ。山の禁断症状が出てきた赤鬼でした。

投稿: 赤鬼 | 2008年3月 4日 (火) 06:49

ぼんいぢさま
comment有難うございます。
角田山はもう直ぐ雪割草(オオミスミソウ)や
カタクリやキクザキイチゲが咲き、全国から沢山の
ハイカーが訪れる事でしょう。低山なので関東からも
日帰り圏内なのですが、其方からでは少し遠いですが
越後遠征も良いかも知れませんyo。是非お二人で

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年3月 4日 (火) 06:04

こんばんはー。
10以上コースがあるなんて、本当にみんなに愛されている山なんですね。
輝ジィ~ジさんのブログのおかで、いろんなコースをボクも楽しめてありがたいです。

投稿: ぼんいぢ | 2008年3月 4日 (火) 00:15

@ほろ酔いtubaさま
ほろ酔いにもならないほどのチョッピリ晩酌(涙)
山ノ神から福井まで歩いたの!?可哀想に。
ジィ~ジ昨日は大蔵から菅名岳縦走でしたyo。
角田山今月多分最低3回は行くかもね。
もう直ぐ雪割草 春の妖精が迎えてくれるネ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年3月 3日 (月) 21:47

ガンガン、newコースをUPしてくださってぇ~sign02
輝ちゃん山行ブログを参考に^m^うふふっ☆彡
角田山が山程楽しンでますyo。
最近、車道もガンガン歩いてますyo~coldsweats01アンヨ・イテテテェsweat02

投稿: @ほろ酔いtuba | 2008年3月 3日 (月) 21:33

このコース一番新潟に近いコースR402沿いに有ります。
地元の野菜とかプレハブの売店の隣です。
登山道は一本道なので間違えません。
ストックはゴムでカバーしてあれば、それ程問題ないでしょう。
自然保護は大事ですが、寧ろ日常生活での温暖化対策とか
エコに心がけたほうが良いのではないでしょうか!
一度歩いてみてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年3月 3日 (月) 12:10

知らないコースです。
私はストックの愛用者ですが、問題があることは認識しています。
でも手放せないですね。

投稿: もうぞう | 2008年3月 3日 (月) 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/40352113

この記事へのトラックバック一覧です: コース変えて 角田山:

« 酒・クルージング・すっぽん | トップページ | 大蔵山~菅名岳 »