« 新潟市最高峰 多宝山 | トップページ | 閑話休題 江戸滞在覚書 »

2008年2月18日 (月)

途中撤退 大蔵山

ガソリン高騰や一寸した用事、そして時期的に愚図ついた気象条件…
遠出する機会も少し遠のき、些かFrustrationも嵩じつつある昨今。

2月9日(土)
夕方6時迄は特に予定は無し。前夜予報の通りお天気も良さそう!
久し振りに大蔵山から菅名岳へ回ってみようかな…と

同行は相方のみ。簡単準備で7時半過ぎに自宅を出ます。

8時35分 登山口ゲート駐車場
まだ朝早い為か?或いは土曜日の為か?
想像していたより車は少なく広い駐車場に3,4台
早速、長靴に履き替えスタートです。

   P1080202 P10802031
(写真 左) ゲート駐車場 車は3,4台
(写真 右) 三五郎林道から登山口に向かって

8時40分 ゲート出発
前日の新雪が被った林道を登山口に向かって歩き始めます。

   P10802051 P10802061
(写真 左) 新江川登山口
(写真 右) 一合目標識

8時50分 新江川登山口
ゲートから10分弱で登山口
雪が積もった丸太橋を渡り、通称階段コースを目指します。
沢を渡れば直ぐジグザグに道は切られ高度を上げます。
一旦林道に出て階段コースに取り付きます。
ここから2合目手前くらいまでは杉の植林で毎度イマイチ興醒めを
覚えるジィ~ジです。
しかし杉林を抜ければ、途端に大蔵尾根は一面大小の数多くの
様々な形態を呈する見事なブナの林が広がります。

出発ゲートから約1時間 大きなブナが彼方此方に…
シッカリトレースも有るのでツボ足でなんら問題ありません。

   P10802081
           夫婦ブナ

9時50分 5合目通過
ヒンヤリした風が頬に当たります。
晴れてはいるものの、思ったより陽が射さない?

   P10802101
     ブナの林を進む相方。6合目付近

6合目過ぎた辺りから風が少しずつでてきたのか?
上部の枝はかなり波打って、雲の流れも速まってきています。

7合目に差し掛かる頃には、風は更に激しさ加わります。
(天気予報と少し違うじゃないか!!)
風は収まる気配まるで無し。逆に強くなるばかり…

折角ここまで来たし、頑張れば山頂までは距離的に幾らも無し…
先達2,3人のトレースも有るし、もう少し頑張ろう!
(途中 単独行の男性を追い越した。)

ワカンを履こうか! 
しかし 風は強くなるばかりで、装着するに適当な場所も有りません。
強風吹き荒れてはいるものの視界はハッキリとしています。

8合目のピークも何とかそして9合目のピークへ風に逆らい進みます。

   P10802111
        8合目ピーク付近 雪煙舞う

猛烈な風が雪を吹き飛ばし、先達のトレースも、アッというまに
消し去ります。

膝上から腿に纏わり付く雪と闘いながら前進ラッセル試みますが
先行き天気が良くなる様子も無い ツエルトは常備しているものの
山頂付近で休む場所も無し…

   P10802121
       地吹雪 9合目手前

此の先は、吹き荒れカメラも出せず、撮ることも叶いません。
(故に写真は有りません。)

10時40分 9合目
ゲートから凡そ約2時間 もう無理 無意味 撤退決めます。

山頂目前なのです。
完全装備でカンジキ履いて無理して突っ込めば多分山頂を
踏む事が出来たかもしれません。(負け惜しみです。)

山頂踏んでも1分とたっている事は出来ないでしょう。
白く輝く飯豊の峰々は見えるかもしれないが(此れも負け惜しみ。)

暑がり性分でカッパが大嫌い。
決して今の時期の山を甘く見ているわけではないものの流石に
強風は体温を確実に奪ってきています。(要 反省)

撤退 決めればガンガン下るだけです。

5合目付近は、木々の頭上が揺れている程度、山頂でお昼を
目指す予定か?ジィ~ジより軽装のグループも何組も…

「相当吹き荒れていますYo。」と声掛けるものの
「そうですか。。。」と言うだけ 

5合目過ぎれば、体感温度も全然異なります。
ゆっくり蒲原平野を眺めながら下ります。

   P10802131
      5合目過ぎて

12時05分 ゲート駐車場
3,4台しか止まっていなかった駐車場も20台近くになって、
林道の片側にも数台駐車。

車内で持参のインスタントコーヒーとパンで簡単お昼。

大蔵山から飯豊連峰望遠しながら菅名岳周遊コースは、結局
その半分も出来ず。

   まぁ 良いか! また来れば 時間はたっぷり有るし。。

予定より早く帰宅。直ぐに風呂を沸かし冷えた身体を温めます。

そして
夕方 6時からは町内の班(隣組14軒)の恒例新年会に出席です。
約30年継続している長寿行事なのです。

たまたま班の中で割烹・仕出屋経営も1軒有り、都合が頗る宜しい。

昔は子供たちも総出で大賑わいだったのですが、現在は40代から
80代までの所帯。

時の流れを痛切に覚えます。

それでも毎年 元気に家族ぐるみで出席し、たらふく食べて、
イッペコトしこたま飲んで、マジックが有ったり…
   P1080218 P1080219 P1080222
取り出したる新聞紙 二つが四つ 四つが八つと切り裂いて・・
切った筈の新聞紙が元のままに!

   P1080223 P1080224
バラバラの輪っかがみっつ チチン ぷいぷい
一つに繋がりました。   ご喝采。。

   P1080225
白子たっぷりの鍋料理 そして大きな船盛、その他諸々

14軒のうち、ここ数年で2軒入れ替わりが有ったものの
新しい方たちも、挙って参加されます。

べろべろ なる前に一応中締めだけはきっちりと…
新しい班長(組長)さんとは3月交代。
Kさん1年間ご苦労様 Tさん1年よろしくお願いします。

また どっかり座り飲みなおし…
酔っ払っても 這ってでも我家へ辿り着ける有難さ…

シッカリ食べて飲んで 楽しい1日の終わりです。

|

« 新潟市最高峰 多宝山 | トップページ | 閑話休題 江戸滞在覚書 »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

ヒデさま
拙 駄ブログにご訪問 comment頂戴し有難うございます。
あの日は、想定外の強風でしたね。小生七合目辺りまで
アンダーシャツ1枚だったので身体も冷えてきて、
カンジキ着けるのもTIMINGが悪く撤退しましたが
風が有っただけに貴方のHPの写真には素晴しいSHOTが沢山あり
今更ながら登った気にさせたれました。
小生と異なり、素晴しいtechniqueと才能をお持ち合わせで
羨ましき限りです。これからもよろしくお願い致します。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月24日 (日) 06:53

はじめまして
ヒデと申します。いつも楽しくブログを拝見しております。大蔵山の7合目で追い越された単独者は私ではないでしょうか。まさかあのような強風が吹き荒れるとは正に想定外でしたね。もうぞう様が頑張って登られている画像をTOP画像に使わせてもらいました。山行の中ににもありますのでもし良かったらコピ-してお使いください。

投稿: ヒデ | 2008年2月24日 (日) 05:54

yukitubakiさま
今晩は!
体力・気力・技術欠如で山頂到達できず。
でも無理はしたくないのyo。まだ少し山を楽しみたいからネ!
町内会のマジシャン写真は出さなかったのだけど
白紙が1,000円に変る道具は持ってきていました。
tuba姉さんも諭吉さん好きですか(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月21日 (木) 22:50

あぁ~、もうチョットだったのに大蔵山!
青空も見えるいい天気そうなのに(´`人)ぅ~ん!残念でしたねぇ~。
隣組さんとの新年会は、あったか~春陽気!!
マジシャンがおいでの町内会、イイナァー。
¥1,000が¥10,000になるマジックがメッチャー大好きyo。


投稿: yukitubaki | 2008年2月21日 (木) 22:22

三脚マンさま
comment有難うございます。
>でも、近いことですし、またの機会にです。
そうです。有難い事に1時間以内で登山口へいけますからネ!
次回は、きっと飯豊の写真を載せて見ましょう。
町内会楽しいですyo。マンションは、一般に所帯数も多いし、
なかなか難しい問題も有りますね。それでもいざと言うときに
助け合える仲間つくりは必要かもしれません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月21日 (木) 06:59

山頂は残念でしたね。
でも、近いことですし、またの機会にです。
きっと次回は、きれいな飯豊が見れることでしょう。

新年会、楽しそうです。
実家では町内の集まりに父親がよく行ってました。
近所の仲間、大切ですね。
いざという時など、助け合いができますものね。

現状、我がマンションでは、階下の人の顔すら忘れてます。
怖いことだと思います。

投稿: 三脚マン | 2008年2月20日 (水) 23:05

サラダさま
今晩は!comment有難うございます。
この日は、サラダさんは会山行参加でしたね。
青空見えた割には強風の悪条件で残念でした。
恒例の新年会が予定されていた為、我家は参加出来ませんでした。
其方でも昔から新年会されているのですか?
この世の中でこれも大事な事だと思っています。
>(年は変わった!)
ご尤も 我等も同じです。(入れ替わりはあったけど)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月20日 (水) 20:14

輝ジィージさんも この日は大蔵山でしたか。
風が強かったですよね。 大蔵から菅名へ行く稜線からは 良い景色が見られますよね。
穏やかな 天気の良い日に歩きたいものですよね。 まだまだ雪山 機会はありますね。 近くはいつでも行けるのが 良いですね。
ジィージさんの 所も新年会わきあいあいですね。私の所も 昔っから新年会続いています。
この前までは 各家でやっていたのですが 最近は近所のレストランで するようになりました。
古くからの家ばかりですので メンバーは全然替わっていないです。(年は変わった!)


投稿: サラダ | 2008年2月20日 (水) 18:33

いめかさま
大蔵から菅名縦走はお天気を見てそのうち是非行きましょう。
貴女の町内は餅つきですか!
ジィ~ジ餅ダイスキ人間。それも良いですねぇ~
我が班の新年会、例年会費4,500円の飲み放題です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月19日 (火) 23:00

大蔵山は暫くご無沙汰しております。
今度、連れて行って貰いましょう。

町内の新年会ですが、和やかで楽しそうですね。
ご馳走もいっぱいあり、羨ましいです。
こちらは、餅つき大会と一緒なので
簡単なおつまみだけで~す。

投稿: いめか | 2008年2月19日 (火) 22:44

sanaeさま
山頂は通過点で菅名岳までの縦走路から飯豊連峰を
遠望するのが目的だったので、完全に無理と判断しました。
なにせ暇人ジィ~ジですからお天気みてまたの機会を…
風呂から上がり家で新年会までTVを見ていただけなので
湯ざめもせず、酒と鍋でまた身体はほかほかにhappy01

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月19日 (火) 16:28

山頂に行けなくても充実した一日でしたね。
湯冷めは大丈夫でしたか?(^^ゞ

投稿: sanae | 2008年2月19日 (火) 15:43

noritanさま
お早う!
>風ある雪山は苦手で~~す。
風が無くても雪山避けてるじゃない。
たまに雪山歩かないと、足が萎えるyo。頑張ろう。
町内の新年会は例の店でやるのですが、皆さん協力的で
毎年楽しみにしているようです。30年近く継続凄いでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月19日 (火) 07:02

甘納豆さま
comment有難うございます。
松平も大蔵も尾根筋歩くので、吹き曝しになりキツイですね!
折角珍しく時折青空も出たのに…お互い残念でした。
でもそれも良い勉強になりました。舐めたらアカン。
我家の隣組の新年会毎年平均年齢が上がっていきますが、
結構賑やかで楽しいですyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月19日 (火) 06:55

風ある雪山は苦手で~~す。
ご町内の寄り合いの方が楽しそう!!
我が町内はこうした催しはないですね。
余り、仲良くない?のかな・・・

投稿: noritan | 2008年2月19日 (火) 02:47

mikkoさま
新潟にはいつでも気軽に行ける手頃な山が幾つか在ります。
だから無理する必要も有りません。
しかし今回はこの時季の恐ろしさも味わう事もできて、
ある意味で勉強にもなりました。
町内の新年会 都会では見られない別の良さが残っており
楽しいですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月18日 (月) 23:40

 こんばんは!
この日の風、強かったですね。
会山行で松平山を目指しましたが、時間切れ、力切れで同じく撤退しました。
青空が見えるのに、地吹雪で背をかがめ、顔をそむけながらの山歩きでした。
自然には逆らえません。
毎年のご町内の和気藹々とした飲み会、良いですね。

投稿: 甘納豆 | 2008年2月18日 (月) 22:32

この週末は関東も強風でした。
青空だけに残念に思われますが
無理は禁物!ですね。。。
ピークハントに拘らない私は
「また登りにくればいいや!」って気持ちを切り替えてしまいますyo。
いつも思いますが、宴会楽しそうですね~
這ってでも帰れるってところが一番かな。。。
安心して飲めますものね (^_-)☆ 

投稿: mikko | 2008年2月18日 (月) 21:48

もうぞうさま
今晩は!
この日は、所謂言い訳からすれば〝想定外〟の日でした。
ホンとは飯豊を眺めながらグルリと考えていたのですが…
矢張り まだ冬でした。
sad

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月18日 (月) 21:11

鈴木日記3620さま
拙 駄ブログにcomment頂戴し、恐縮です。
早速 貴ブログ拝見させて頂きます。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2008年2月18日 (月) 21:06

天気が良かっただけに残念でしたね。
もうすぐ春の花のシーズンが始まります。1年は早いですが楽しみです。

投稿: もうぞう | 2008年2月18日 (月) 20:50

始めまして鈴木日記です、只今 じぃ〜じの風の吹くままさんの記事を拝見致しました、有難う御座いました。
今後も、全て頑張って下さい。

投稿: 鈴木日記3620 | 2008年2月18日 (月) 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/40169610

この記事へのトラックバック一覧です: 途中撤退 大蔵山:

« 新潟市最高峰 多宝山 | トップページ | 閑話休題 江戸滞在覚書 »