« 赤牛岳へ向かって (前編) | トップページ | 赤牛岳へ向かって (後編) »

2007年10月 2日 (火)

赤牛岳へ向かって (本編)

2日目の記録です。

■ 赤牛岳(2864m.) 200名山

所在地  富山県富山市
山行日  9月21(金)~23日(日)
同行者  相方 計 2名

      22日 晴 /ガス
行  程  野口五郎小屋(5:45)~野口五郎岳(5:55‐6:05)
      ~東沢乗越(7:30)~水晶小屋(8:10‐8:25)~
      水晶岳(8:55‐9:00)~温泉沢の頭(9:50‐9:55)
      ~赤牛岳(11:40-12:10)~温泉沢の頭(13:55)
      ~水晶岳(14:40-14:50)~水晶小屋(15:15)
       行動時間 約9時間30分 実質歩行時間8時間 
高低差     

   *写真は、クリックで全て拡大

【記事】

この日の予定は、赤牛岳登頂です。

赤牛岳から先はどうするか?

読売新道へ下るのが一般的。

読売新道 勿論歩いた事が有りません。

只、ネット検索してみると最後がダラダラと長いとか…
更に、車の回収に小1万円かかるし…

あーだ! こーだ! と話し合いの結果、
今回は読売新道パスで戻る事に、決めたのです。

ガイドブックCTは9時間50分

5時前朝食採らず赤牛岳めがけ、早立ちするパーティが殆ど。

朝食採るは、我等の他、烏帽子へ下る、三俣へ向かう…連中。

P10607971 P10608001
(写真 左) ハート型の目玉焼き卵 クロマメノキのジェル
(写真 右) 5時37分 燕岳方向より日の出

食事を終えて小屋を後にします。
P10608031
目的の赤牛岳が朝日を浴びて名の如くユッタリと…
モルゲンロートの素晴しさ (後方は薬師岳)

まずは、ゴロゴロ岩の野口五郎岳山頂へ向かいます。

P10608041 P10608051
(写真 左) 雲海に聳える立山雄山
(写真 右) 槍・穂高バックの真砂岳に向かう相方

P10608111 P10608121
(写真 左) 変形ティカータスポーズのジィ~ジ 年考えろ!!
(写真 右) 鷲羽岳と奥に笠ヶ岳

ノンビリ山頂で四周を眺め、写真を撮ったり…

山頂から少しダラダラと下り、真砂岳へ向かいます。

ここでTaxi同乗そして同宿の単独行氏と挨拶交わし分かれます。

更に少し下った岩稜帯に差し掛かる頃、
急に谷からガスが湧き出して…
でもお天等様も照り…

P10608231 P10608251
(写真 左) 一瞬にしてガスが谷を覆う
(写真 右) 上空にはお日さまがキラキラと

こんな状況になれば→ブロッケン現象期待 大。。

ヤッパリ出てくれます。昔の人はここに仏様を見たようです。

P10608261 P10608301
(写真 左) ブロッケン発生。
(写真 右) 靄ってる槍ヶ岳。

東沢乗越(2,734m.)辺りに着く頃には、ガスも霧散霧消

行く手には大きく羽広げる鷲羽岳が立ちはだかります。

ここから左が切れ落ちた岩場の登りが少し続きます。

躓かぬよう気を引き締めて進みます。

P10608321
堂々聳える鷲羽山

P10608351 P10608361
(写真 左) 左のピークに小さく小屋。右に水晶岳
        左側かなり切れ落ちてます。
(写真 右) 水晶小屋では、屋根で布団干し。

ここからは、目的の赤牛岳に向かうだけ…

突然 相方が「読売新道にしようか!」

ジィ~ジは、一旦決めた事をあまり覆して欲しく有りません。

小屋目のベンチで、あ~だの!こ~だの!

長い話し合いの結果、ここから赤牛岳予定通りピストンと決まります。

ジィ~ジと相方3度目の黒岳(水晶岳)へ向かいます。

小屋から少し進めば、鷲羽岳、雲の平へのルートがハッキリと。

P10608381
鷲羽岳へのルート 奥に笠ヶ岳

小屋から約30分で3度目の水晶岳登頂。
山頂独占 誰も居ません。

P10608401 P10608421
(写真 左) 水晶岳山頂標識
(写真 右) 眼下に雲の平、真ん中奥に笠ヶ岳

水晶岳山頂岩場を少し下れば、
直ぐになだらかな赤牛岳へ続く稜線。

途中には二重山稜有り。ガス発生の場合は要注意。

P10608451

下りながら、小さなピークを二つ三つCTは3時間です。

P1060846 P10608471
(写真 左) 温泉沢の頭 高天原へのルート 
        現在はかなり荒れている様です。
(写真 右) 北ア女王薬師岳は、〝竿さしゃ届く

温泉の頭から小さなピークを3箇所ほどクリアーすれば…

やがて 目的 赤牛岳山頂 2864.2m. 到着。

なだらかな 広い山頂です。

P10608491 P10608501
山頂標識

第一の目的達成。
360度四周は山 山 山。。。

早めのランチををユックリと採る事にします。

P10608551 P10608561
(写真 左) ここから読売震度へ急降下
(写真 右) 黒部湖

ランチを採りながら来た方向を眺めます。黒岳は遥か彼方。
(あそこまで戻らねばなりません)

P10608541
真ん中 ピーク黒岳(水晶岳)山頂

ランチが終わり、今夜のネグラへ向かって戻ります。

P10608581 P10608591
少しずつ、赤牛岳が遠くなり…

黒岳が近づく頃にガスが湧き出し ガスに包まれます。

P10608661 P10608691
(写真 左) 水晶岳手前の岩場
(写真 右) 水晶岳ルート標識。

小屋に近づく頃には、またガスが晴れだして…

先ほど登り返した黒岳がどっしりと屹立してます。

P1060873
どっしり貫禄充分 水晶岳(黒岳)

受付で正式に宿泊手続きをとることにします。

三俣小屋から湯俣から…他からの登山者 約20名強。

布団1枚1名楽々スペースです。

プレカットされた木軸の今年新築の真新しい小屋です。
(以前とは隔世の感アリ)

布団もふかふか 気持が良い。

夕食は、定番 少し辛目のカレーです。
ジィ~ジは、山盛り軽く2杯平らげます。

P10608741 P1060877
(写真 左) 上棟
(写真 右) 夕食カレー

夕食終えて外に出てみると、少しガスがかかり、
三羽の雷鳥が忙しそうに餌を啄んで。。。

オコジョも1匹素早く動き回って…(写真撮れず)

身体も少し冷えてきたので、寝場所に戻り布団を掛けます。

念願の 赤牛岳眺めるだけでなく、その頂を踏めて
大満足の1日となったのです。

追)
秋の草花
P10608211 P10608391
P10608621 P10608481

     この項  お終い 

|

« 赤牛岳へ向かって (前編) | トップページ | 赤牛岳へ向かって (後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
お早うございます。
何時もながら朝も早く、ホンとに感心してます。
これから仕事に出かけるのに、ご苦労様です。
100名山終わったら竹村新道から読売新道行ってみて頂戴。
当たり前だけど、逆立ちしたって若さは戻らな~い(泣)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 9日 (火) 06:24

ジィ~ジさん、わかーい(^^)

投稿: まゆ太 | 2007年10月 9日 (火) 06:12

TiCAさま
COMMENT有難うございます。
>ジィ~ジさんご夫妻は本当に健脚なんですね!!
そんなことは有りません。精々人並みですよ!!
到底若い貴女方には敵いません。
赤牛岳は北アの臍的位置に座しているので眺望も良いし、
読売新道を是非歩いてみてください。
ポージングは体が硬く言うこと訊いて呉れません。
歳は取りたくありませんね~ 貴女方が羨ましい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 7日 (日) 06:31

noritanさま
>早い!!です。
そんなこと有りません。CT程度ですyo。
毎年毎年加齢による体力減退必至(哀)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 7日 (日) 06:22

もうぞうさま
>私の行けそうもないところです。
とんでもないですyo。時間さえあれば貴殿にとっては楽勝です。
時期的に端境期だったので静かな北アを楽しむ事は出来ました。
北アももう直ぐ冠雪する事でしょう。
来年、北ア歩いてみてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 7日 (日) 06:18

sanaeさま
何時も有難うございます。
>どういうコースをとられるのかと思ったらなんと、同ルートを戻られるのですか!(@.@;
普通有り得ませんよね!(笑)答→費用が掛かるから!
>それにしてもお二方のペースの早さも並ではありませんよ。到底無理です我らには!(@.@;
そんな事はありませんyo。精々CT程度ですから、おまけに荷が軽い
>ジィ~ジさんのティカータスポーズ決まってます(^_-)-☆オモワズウフフ・・・(^^ゞ
とんでもない。トシちゃんには到底敵いませんって!(爆)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 7日 (日) 06:13

たんべぇさま
COMMENT有難うございます。
馬鹿なジィ~ジとお笑い下さい。恥ずかしげも無く。
今回 お天気に恵まれ北アの景観たっぷりと楽しめました。
常識的に赤牛岳ピストンはまず殆ど居ないと思います。
折角なら読売新道へ下る事をお薦めします。
但し費用的には、少し掛かるでしょうが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 7日 (日) 06:06

山空花さま
COMMENT有難うございます。
お返事が遅くなり失礼いたしました。
確かに今回は、予期せぬブロッケンも現れたり、変化に富んだ
山歩きが出来ました。
でもポージング老骨には相当過酷なものでした。(笑)
赤牛岳から普通の人は、読売新道下ります。ジィ~ジは
少し異常かも、、、お天気良ければ問題ありません。
来年にでも是非お試しあれ。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 6日 (土) 22:12

noritanさま
幾つになっても、夢は持ち続けにゃ!!
来年の第一目標に今から設定すれば良いですyo。
赤牛岳は、名の如く、どっしり重厚味溢れるお山です。
水晶小屋のカレー噂では知っていましたが、初めて食べました。
天水しかないのに、大変でしょうね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 6日 (土) 21:54

甘納豆さま
お返事遅くなりました。
貴殿であれば、本当に素晴らしい写真がきっと数多く
撮れたことと思います。やはりLocationとお天気ですね!
是非、お出かけ下さい。確かに何処でもそうですが、
特にこの辺り、残雪期のガスでのWHITEOUTなんかにあうと
かなり危険でしょうね。目印になるもの少ないですから…
暇人ジィ~ジ極力お天気狙って出かけます。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 6日 (土) 21:48

いめか さま
年甲斐も無い、お馬鹿なジィ~ジです。
赤牛岳着いたら疲れていたのかもね(笑)
相方に 何やってんの!と叱られました。
赤牛岳は、ヤッパリ奥でした。遠いですね~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 6日 (土) 21:30

相変わらず、ものすっごい精力的な山歩き!ジィ~ジさんご夫妻は本当に健脚なんですね!!
赤牛岳はあたしもいつか行きたいと思っていますが・・ジィ~ジさんのようにサクサクとはいかなさそう。
ハートの目玉焼きがかわいいですね♪

で、山頂でティカータスポーズありがとうございます!!ジィ~ジさんまでやってくださるとは・・TiCA感激☆☆
しかもばっちりきまってますよ!!完璧です~。

投稿: TiCA | 2007年10月 4日 (木) 20:33

再び登場です。
水晶小屋の新築なった様子はすみません、記事に書かれてありました!
それにしても、一日で野口五郎小屋から水晶~赤牛往復して水晶小屋まで行くとは!!
早い!!です。

投稿: noritan | 2007年10月 4日 (木) 05:56

私の行けそうもないところです。
行った気分にさせてもらいました。
天気も良いし・・・
黒部湖をこんな方角から見たのは、初めてのような気がします。

投稿: もうぞう | 2007年10月 3日 (水) 20:15

どういうコースをとられるのかと思ったらなんと、同ルートを戻られるのですか!(@.@;
これは大変なコースですね~。我が家では考えられません(笑)
それにしてもお二方のペースの早さも並ではありませんよ。到底無理です我らには!(@.@;
展望が良くてよかったですね。少しくらいのガスや雲もまたいいもんですし♪
ジィ~ジさんのティカータスポーズ決まってます(^_-)-☆オモワズウフフ・・・(^^ゞ

投稿: sanae | 2007年10月 3日 (水) 11:04

ティカータスポーズ、ばっちり決まってますね(笑
赤牛岳に登られたのですね、天気も味方につけて羨ましいです!!
昨年、烏帽子から笠が岳まで縦走したときに見た赤牛岳のどっしりした山容が印象に残っています。
赤牛=読売新道とい思っていましたが、じぃ~じさんのプランもいいですね。

投稿: たんべぇ | 2007年10月 3日 (水) 10:03

快晴にブロッケンにティカータスポーズにと、盛りだくさんの山行ですね~。ティカータスポーズ、カッコイイですよ!むむ、負けていられませんね(笑

赤牛岳からの稜線がステキですね。とはいえさすがに赤牛岳へは道のりが長いですね。
私にはとても辿り着けそうにありません…(^_^;)

投稿: 山空花 | 2007年10月 3日 (水) 01:31

水晶小屋のカレー、私は2回食べました。
3度目食べに来年行きたい~~
自分の干支の山には登らにゃ!!

水晶小屋は台風か何かで小屋の一部が壊れたとかって言っていたような記憶があるのですが・・・
綺麗に修復されていましたか?
野口五郎の小屋は昼に立ち寄り、ビールを飲んだだけです。
此処も来年泊まりたい!!
叶うか?叶わぬか?
夢は来年へ~~~

投稿: noritan | 2007年10月 3日 (水) 00:19

輝ジィ~ジ様
 なんとなんと、南から北へと縦横無人なご活躍、感服の極みです。
「目的の赤牛岳が朝日を浴びて名の如くユッタリと…
モルゲンロートの素晴しさ」素晴らしい!!!
この写真1枚でも記事が1つ出来上がります。
なのに、次々に現れる写真と山の名前、もう羨ましくて卒倒しそうです。
でも、読んでいるうちにここで天候が悪化したらどうなるのだろうと心配にもなりました。
四周が山と言うことは、それを越えねば帰られぬと言うこっちゃ。天気が良くてよかった良かった。

投稿: 甘納豆 | 2007年10月 2日 (火) 22:53

やっぱり山容が素晴らしいです!
野口五郎岳山頂のポーズは超カッコいいです!
赤牛岳山頂は緊張ですか?足をもう少しあげたら
良かったのに~!  (ごめんなさい!)

投稿: いめか | 2007年10月 2日 (火) 22:52

年甲斐無いジィ~ジです。
この日も天気良かったんだよね~へへッへ(笑)
精進がいいんですyo。
目下晩酌中??

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 2日 (火) 21:11

なんだかミータカさんと同じようなポーズをとってるね。それにしても天気の良かったこと。精進が良い
とは思えねえけどな。

投稿: 赤鬼 | 2007年10月 2日 (火) 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/16636206

この記事へのトラックバック一覧です: 赤牛岳へ向かって (本編):

« 赤牛岳へ向かって (前編) | トップページ | 赤牛岳へ向かって (後編) »