« ガスガス風吹大池 | トップページ | みちのくの紅葉求めて (2) »

2007年10月11日 (木)

みちのくの紅葉求めて (1)

何処も混むであろう3連休を避けて、ジィ~ジと相方
3日~6日(3泊4日厳密には4泊5日) 紅葉を求め
みちのく 東北の旅に出かけたのです。

同行は、O夫妻、M女史 計5名です。

10月2日 
新日本海フェリー あざれあ 23時30分 新潟港出航

10月3日(水)
予定通り5時50分 秋田港到着 

     P10609841
      あざれあ   (秋田港)         

早速 R7を一路北上。
途中 道の駅で簡単朝食、白神山地そして岩木山を遠望しながら
10時には酸ヶ湯温泉脇の大駐車場到着。
昨年に引き続きジィ~ジ2度目の八甲田山 記事は→コチラ

大型観光バスを含め、平日にも関わらず既に数十台の車・車。

今回は、飽くまで紅葉を求める山歩きです。記録時間 (省略)

今回のコースは
酸ヶ湯→仙人岱→八甲田大岳→上毛無岱→下毛無岱→酸ヶ湯

 P1060986 P10609851
(写真 左) 北八甲田山コース案内板
(写真 右) 目指す山 八甲田大岳

酸ヶ湯温泉付近のブナはまだ殆ど色が変わっていません。

登山口の鳥居を潜り、歩き始めて40分ほど 地獄湯の沢 の
硫黄臭が鼻に付きだす頃、
黄色く色付いたカエデが見られ始めます。

 P10609901 P10609931

 P10609951
   バックは南八甲田

沢沿いの道を渡り返し進めば、
道は平坦になり仙人岱湿原に変わります。

 P10609991 P10700071
仙人岱湿原の様子

湿原には八甲田清水が湧き出して居ます。
また小高いところに仙人岱避難小屋も有ります。

湿原の周りは、アオモリトドマツの樹木が取り囲んでいます。

小岳・高田大岳の分岐をそのまま北に大岳へ向かいます。

樹林帯から森林限界に代わると火山礫の少し急登に。

やがて噴火口の一つ 鏡沼に出ます。

 P10700141 P10700151
(写真 左) 鏡沼脇のナナカマド
(写真 右) 鏡沼を見下ろして

階段状の 火山礫の道を辿れば、八甲田大岳山頂 到着。

山頂到着少し前から、ガスが湧き出し、かなり肌寒く…

 P10700161 P10700171
山頂には このほか 一等三角点も在ります。

快晴であれば、太平洋・日本海同時に見えるらしい。。

ガスを運ぶ冷たい風で、山頂をそこそこに
簡単お昼は 少し下り大岳ヒュッテでとることにします。

避難小屋周辺は、ツアー客含め大賑わい。

寒さを覚えるほどなのでBEERも遠慮。
パンとインスタントコーヒーとツマミの簡単ランチ。。

ガスが晴れず、井戸岳・赤倉岳はパスし、毛無岱に向かう事に。

小屋前の休憩所から少し先には、木道が敷かれて居ます。

 P10700261
大岳避難小屋を後にする相方

黄色が多く見られます。

暫くすれば上毛無岱に出ます。

草紅葉今が盛りと思われます。まるでビロード。。

 P10700331
 上毛無岱

 P10700361 P10700461
(写真 左) 色づくナナカマド
(写真 右) 大きな池塘

 P10700441
  紅葉の上毛無岱

 P1070041

今が盛り・見頃の毛無岱

上毛無岱の木道をひたすら辿ればやがて急な階段。

眼下には、下毛無岱が一望の下に拡がります。

 P10700481
下毛無岱に向かう多くのハイカー 池塘点在の下毛無岱

下毛無岱の景観をたっぷり楽しみ紅葉黄葉の樹林帯を
進み、城ヶ倉分岐を横目にツアー客を追い越していけば
眼下に、酸ヶ湯温泉が飛び込んできます。

平日にもかかわらず、団体客も多数、さしものあの千人風呂も
多分混雑だろうと推察し、今回はパスします。

今夜の宿は、十和田湖温泉です。

途中
42年前の秋、友人4人で卒業記念旅行で歩いた奥入瀬
既に 殆ど記憶に無いものの少し歩いてみます。

ブナの樹木はまだ黄葉には間がありそうです。

 P10700581 P10700591

 P10700601

台湾からのツアー団体客?が多勢で吃驚です。
奥入瀬の紅葉本番は、10月下旬頃でしょうか?

 石ヶ戸付近少し散策して、宿へ向かいます。

この度は、快晴にはならなかったものの昨年とは
また趣の異なる八甲田の景色を堪能 良かった。

宿での 温泉とBEERで大満足 大満足。

                続く

|

« ガスガス風吹大池 | トップページ | みちのくの紅葉求めて (2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

甘納豆 さま
お早うございます。コメント有難うございます。
2度目の八甲田も山頂からの展望ガスで見ること叶わず、(泣)
写真貴重なアドバイス、なにせ全くいい加減なジィ~ジですから
少しは勉強したいと思いますが、SENSEも元々無いし!
山と温泉とBEERはそこそこ自信あります。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月12日 (金) 09:08

輝ジィ~ジ様おはようございます。
 みちのくの紅葉求めて・・・・題名が良いですね。
またまた連載が続きそうで楽しみです。
どれもこれもいい写真ですが、自分的には“紅葉の上毛無岱”が気に入りました。
少~し欲を言えば、山を右か左にちょっとずらすと草原の広がりがもっともっと感じられるかも知れません。
山と紅葉と温泉とBEERたまりませんね。
 

投稿: 甘納豆 | 2007年10月12日 (金) 08:58

mikkoさま
コメント有難うございます。
前回に引き続き今回も山頂はガスで展望得る事、叶わず残念。
それでも八甲田全体の紅葉と景色見れただけでも、
とても良かったと思っています。
貴女も是非再びお訪ね下さいネ!
東北の山魅力満載ですね。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月12日 (金) 06:40

こんにちはー!
八甲田の紅葉はやっぱり良いですね~
平日でも下毛無岱と上毛無岱を繋ぐ階段は
人で賑わっているのですね。
私が去年登った時はガスガスと強風で
大岳の山頂を踏んでいないため
リベンジ対象の山です。
でもリベンジじゃなくても何度でも登りたい山ですね。
レポの続きを楽しみにしています。(’-^*)/

投稿: mikko | 2007年10月11日 (木) 23:14

いめかさま
コメント有難うございます。
今回山頂からの展望が得られなかった事が残念でしたが
紅葉それなりに楽しめました。酸ヶ湯は混浴の是非は別にして
泉質もそして木造建築の浴室は、覗くだけでも価値あると
思います。一度はお出かけ下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:50

heppocoさま
コンバンワ 何時も有難うございます。
意外に、新潟は九州・関西は別にして山行くに確かに
便利かも知れません。
新潟もここ数日、急に気温が下がってきました。
遅れ気味の秋ですが、もう少しですね!
皆で、省エネ協力して本来の四季感じたいですね!
此の先怖ろしく思えます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:45

tomomiさま
秋の八甲田山もかなりいけてます。ぜひお試し下さい。
東北出身でないものの、東北の山は、何故かノスタルジーを
感じさせてくれます。
スキーもきっと気持ちが良いんでしょうね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:38

もうぞうさま
毎度お世話様です。
なかなか休みが取れないでしょうが、八甲田と岩木山
SETでも秋田フェリーを利用し、帰り車であれば1泊で
充分なのです。意外と近いのですyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:34

八甲田の草紅葉の方がきれいで良かったですね!
天は皆様を見放さなかったのでお天気良く楽しい
山行された様子がみえま~す。
酸ケ湯も有名ですがまだ覗いた事はありません。

投稿: いめか | 2007年10月11日 (木) 22:33

山空花さま
新潟から秋田フェリー深夜にでて朝着くので結構便利です。
今回は大岳山頂がガスで眺望が得られなかった事が残念でした。
東北は独特の雰囲気が有り、一度行くと病みつきになりますね!
貴女は海が見れて良かったですね。
レポ…ジィ~ジは暇人なのです。ただそれだけ。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:30

テントミータカさま
何時もお世話様です。
アレの具合如何ですか?どうぞお大事になさって下さい。
奥入瀬42年ぶりでした。記憶やはり忘却の彼方でした。
酸ヶ湯温泉奥に普通の男女別の風呂もあるし、混浴も
知らない男性だと気にならないのでは?
一度お試し下さい。(別にジィ~ジはエロ爺ではない積り)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:23

山いろいろ さま
来年は、東北通の山さまに是非案内して貰う予定です。
今から予定しておいて頂戴。。東北の山とホンとの秘湯巡りが
いいなぁ~ たのんますyo。
越後のマッター日曜日に実施実行する予定。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:16

赤鬼さま
奥入瀬42年ぶりでした。紅葉には全然早かった。
川沿いは殆どブナ林だから紅葉すると綺麗なところもあるよ!
新緑の八甲田山、残雪残っていればそれなりにいいと思うよ!
酸ヶ湯温泉泊まりでいこうか!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:10

noritanさま
昨年の八甲田山は酸ヶ湯温泉で泊まりましたが、今回は
十和田湖温泉泊。おまけに平日ですが丁度団体ツアー客が多数
混雑するようなのでパスしたのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月11日 (木) 22:06

もうすっかり秋の色ですね~東北は。
こちら東京は、やっと涼しくなってきたばかりで・・・
山に行かないと、ちっとも季節が感じられません。
余計なお世話かもしれないけど、「都会の皆さん、もっと自然を感じましょ~よ~」と(仕事の昼休みに)よく思います。
新潟というところは、アルプスにも近く、東北にも近く、いいとこなんだ~と改めて思いました(*^。^*)
いいなぁ~

投稿: heppoco | 2007年10月11日 (木) 21:40

八甲田、どうしても冬の雪のイメージが強すぎて・・・
秋もこんなにキレイなんですね~
ステキな景色に感動です!
ほぁ~っとしますね(^^)

投稿: tomomi | 2007年10月11日 (木) 19:48

いやはやすごい行動力!いつもながら感心します。
八甲田山は、もう紅葉の盛りと言った感じですね。
行ってみたいものです。

投稿: もうぞう | 2007年10月11日 (木) 19:36

さすが輝ジィ~ジさん。レポアップ早いですね。
3日くらい違うだけで、随分と違うんですね~。
でも、毛無岱の木道付近の色づきがやっぱり綺麗な気がします。

お天気が良いと太平洋と日本海がいっぺんに見えるんですね。
私の時は少しだけ北側の海が見えただけでした。

やはり、新潟からだとフェリーが使えるのがいいですね。埼玉だとフェリーに乗るまでに時間がかかってしまうのでなかなか難しいです。

投稿: 山空花 | 2007年10月11日 (木) 12:46

八甲田でしたか!フェリーを使うのですね、これなら体に優しく入山できますね。

初秋の八甲田(北と南)を一度きりですが歩いた事がありますが、もう、相当昔なので、また、この記事を拝見したりすると、行ってみたくなりますね。今年も岩手で引っかかって、青森へは行けません、残念。

酸ヶ湯温泉の入浴時間の間が悪く、千人混浴風呂しか開いていなくて、相方が出てくるまで、悲しく外で待っていました、お風呂も入りたいし~(笑)。

5月中旬・10月下旬の奥入瀬、これも良かったイメージが残っています。

投稿: テントミータカ | 2007年10月11日 (木) 08:36

天気も良かったようでなにより。紅葉もピークだったようで、これ又なによりでした。
noritanの混浴写真でもあるかと、怖いもの見たさで↓一応チェックしてみたけど肩透かしでした。(^^ゞ

投稿: 山いろいろ | 2007年10月11日 (木) 06:58

奥入瀬にはがっかりしたなあ。只の道路沿いの川にすぎない。特別美しいとも思わなかった。写真に騙された。新緑の八甲田はどんなかなあ。地塘や湿原を持つ
山は良いよね。

投稿: 赤鬼 | 2007年10月11日 (木) 06:53

そうですか!
八甲田へ行かれたのですか!!
良いなぁ~~
私は2002年の10月11日からの3連休を利用して行きました。
思い出しています。
草紅葉は見事でした。
酸ヶ湯の混浴風呂には入りましたか?
私は、一人の気楽さで、入りました。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~noritan/yama22.htm#hakkouda

投稿: noritan | 2007年10月11日 (木) 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/16720871

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの紅葉求めて (1):

« ガスガス風吹大池 | トップページ | みちのくの紅葉求めて (2) »