« 赤牛岳へ向かって (後編) | トップページ | みちのくの紅葉求めて (1) »

2007年10月 9日 (火)

ガスガス風吹大池

予報では晴れの確率高いのに…

■ 風吹大池  1780m.

所在地  長野県北安曇郡小谷村
山行日  9月29日(土)
参加者  女性16名 男性7名 計 23名      
行  程   風吹大池登山口バス停(9:25)~笹目尾根(10:20)
       ~白馬大池分岐(11:35 )~風吹山荘(11:55‐12:40)
      ~風吹大池1周~風吹天狗原(13:50)
      ~風吹大池登山口バス停(15:35)
       行動時間 約6時間10分 実質歩行時間5時間20分 
地 図  国土地理院地形図1/25000 白馬岳【北東】
高低差  約400 m.  

   *写真は、クリックで全て拡大

【記事】

北ア最大の面積を誇る山上湖を求めて

この度は、ジィ~ジ所属の山の会の会山行

企画・担当はジィ~ジです。

男性7名 女性16名 計23名の老老(失礼)男女の参加者。

中越沖地震の道路復旧工事の規制の影響も有り、
おまけに蓮華温泉への蓮華温泉線は、バスにはキツイ急勾配
ジィ~ジの立てた計画より約20分ほど予定遅れ。

3班に別れ、夫々ウオーミングアップ

先頭ペースメーカーは相方、ラストリーダーは赤鬼氏。

登山口バス停から直ぐに急登の登山道に取り付きます。

大きなクロベや樹林帯に切られた急登の道が約1時間。

 P1060932 P10609331
(写真 左) 根が露出した大きなクロベ
(写真 右) 相方先頭にしてスタート

足元には、何種かの茸や、シラタマノキ、ゴゼンタチバナノミ等

 P10609391 P10609401

 P10609411 P10609421

息切らしながら1時間程頑張れば、笹目尾根に取り付きます。

ここまで来れば、殆ど登りは終わり、小さなアップダウンが
二つほど…

フスブリ山(1944.3m.)の脇まで進めば、
木道が敷かれた草原に変わります。

湿地帯で所々泥濘の道も有るものの、気持ちの良い景色です。

草紅葉も始まっています。

お天気が良ければ、北アの山も幾つか見えるのですが…

ガスで目隠しされてます。

 P10609471
 Lリーダーは赤鬼氏 (身の丈五尺九寸 体重二十貫五百)

風吹天狗原に出れば、山荘まで直ぐです。
肝心の 北ア最大の山上湖は靄って見えません。(泣)

ほぼ予定時間通り、山荘に到着。
小屋前の板敷き場所で、お昼とします。

一向にガスが晴れる気配が有りません。寧ろ濃くなる様子。
半袖 ジィ~ジの腕に鳥肌立ち始めます。
あまりの寒さに1枚羽織ります。

 P10609501 P10609511
(写真 左) 小屋前に設置された概念表示板
(写真 右) ソーラー備えた山荘

折角の BEERも夏とは感じが異なります。
それでもユックリ40分ほどお昼の時間を楽しみます。

お昼を終えると、目的の 風吹大池嘆賞時間としますが
ガス ガス 池にはガスが充満 全くその大きさ把握できません。

今にも、池から大蛇が空に向かって舞い昇ってきそうな…

ジィ~ジ4回目ですが、こんな様子は初体験。

参加者の皆さんに悪いような…

それでも雰囲気味わうべく大池1周始めます。

 P10609571 P10609611
(写真 左) 大池脇周遊道 ガスで広さわかりません
(写真 右) 大池の近くの〝神の田圃〟

 P10609641 P10609651
(写真 左) ハナホウキタケの1種?
(写真 右) 大池周遊路

風吹大池の周辺には衛星のように幾つかの小さな池が点在。

大池一周し、風吹天狗原から往路を戻ります。

 P10609691
往路を戻る参加者の皆さん。

 P1060976 P10609781
(写真 左) ツバメオモトの実
(写真 右) ノリウツギ?
草原台地から笹目尾根 急登を下れば風吹大池バス停。

迎えのバスに乗り、向かうは蓮華温泉ロッジ

 P10609801 P1060982
(写真 左) 蓮華温泉総湯〈内湯〉 男性
(写真 右) 蓮華温泉外観

温泉で冷えた身体を温め、サッパリして外へ出てみると…

雲の切れ間から 長栂山?薄っすらと

 P10609811 P10609831
(写真 左) ロッジ前から朝日岳方面
(写真 右) 駐車場設置の標識板

謙信公の時代に発見された蓮華温泉。
明治27年(1894) ウェストンはここから白馬岳へ

参加者の皆さんに 風吹大池の広さは解って貰えず
お気の毒でしたが、神秘性を秘めた雰囲気でそれなりに
楽しんでいただけたかな~
リーダーとして、雨具着る必要が無かった事が何よりです。

何時もの通り、新潟までの3時間弱のバス車内は
アルコールもはいり大賑わい。

  全員無事で終着です。

     この項 終わり。。

|

« 赤牛岳へ向かって (後編) | トップページ | みちのくの紅葉求めて (1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

サラダ さま
comment 有難うございます。
もし時間が有り、特に行き先決まっていない時など、
是非一度は、お出かけ下さい。静かな山歩きできること
100%保証できます。
周辺の衛星湖や風吹岳も散策すれば楽しめると思います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月18日 (木) 06:41

この風吹大池 前から気になっているところです。
雪倉 朝日岳に登る前の日に泊まった宿で 風吹大池に 行かれた方と 一緒になりました。 静かで良かったと言っていました。 機会がありましたら 行って見たいです。

投稿: サラダ | 2007年10月15日 (月) 22:44

甘納豆さま
お早うございます。
C山行では、女性参加者が多くなりますね!
以前はB山行の方が女性多く参加したのですが…
女性陣少しこのところ元気の良い会員少ない?
大池の大きさ広さ解ってもらえなかった事が心残りですが
神秘的な雰囲気で別の意味満足して貰えたかも…
赤牛岳は竹村新道から読売新道是非通してお出かけ下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月10日 (水) 08:51

 大所帯率いての山行お疲れ様でした。
それにしてもジィ~ジもてますね。ご自分除けば約3倍で圧倒的に女性が多い。羨ましい。
それと、赤牛岳無事完結、見応えがありました。槍・穂のシルエットきれいです。締めくくりも見事。
風吹大池は生憎の天気で大変だったと思いますが、白馬山麓の雰囲気は皆さん楽しまれたのでは無いでしょうか、池の大きさが分からないということはむしろ神秘的、往路霧の中に行く隊列もなかなか味があります。

投稿: 甘納豆 | 2007年10月10日 (水) 08:39

赤鬼さま
その節は、お陰さまで助かりました。
明後日はまた蓮華温泉から…果たして天気は???
風吹大池優しいところですから、鬼さんフアンの奥様方
是非案内してやって下さい。
急に寒くなってきたので座布団必要ですね~。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 9日 (火) 20:57

お世話様でした。ガスで展望なかったけど、良かったでガス。(座布団いりません)今度は時期を変えて
行ってみたい。

投稿: 赤鬼 | 2007年10月 9日 (火) 20:40

もうぞうさま
>雨飾山の後遺症でも無いのでしょうが、体調不良です。
大変ですね!どうぞお大事になさって下さい。
風吹大池の登山口から蓮華温泉ロッジまで歩けば約30分程です。
天気が良ければ、朝日岳や雪倉岳が見えます。静かな山歩きが
出来ます。何時かお試し下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 9日 (火) 19:39

ここもまだ行ったことがありません。
草モミジが綺麗になってきたようで・・・
いよいよ本格的な紅葉が始まりますね。
雨飾山の後遺症でも無いのでしょうが、体調不良です。

投稿: もうぞう | 2007年10月 9日 (火) 19:30

じゅんこさま
コメント有難うございます。
残念ながら天気もそうでしたが、紅葉には少し早すぎた?
4回目の風吹大池でしたが、何時も静かな山歩きを楽しむ事が
出来ますね。確かに静けさに掛けては穴場ですね!
残雪期スキーヤーに結構人気が有るようですが。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 9日 (火) 15:01

何時も山レポを楽しませてもらってます!
風吹大池は静かで穴場ですよね。
紅葉が素晴らしいと聞いてますが
梅雨明けの頃に一度登りました。
草紅葉見頃のようですね。

投稿: じゅんこ | 2007年10月 9日 (火) 14:26

noritan さま
ジィ~ジのミスで日にち変更して悪かったね!
だからガス出たのかな?
風吹大池危ないところも無いので、何時か行ってみてくださいな!
静かな山歩き楽しめますyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月 9日 (火) 13:26

予定変更になり、9月29日は仕事日で月末の為、休みづらく参加出来ませんでした・・・(残念)
今度いつか一人か、仲間と行ってみたいで~~す。

投稿: noritan | 2007年10月 9日 (火) 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/16696645

この記事へのトラックバック一覧です: ガスガス風吹大池:

« 赤牛岳へ向かって (後編) | トップページ | みちのくの紅葉求めて (1) »