« みちのくの紅葉求めて (3) | トップページ | 錦織なす白馬大池界隈 »

2007年10月18日 (木)

みちのくの紅葉求めて (4)

今シリーズ 岩手で4日目の朝を迎えます。

10月6日(土) 晴れ

この日から世間では3連休の始まりです。

予定では、蔵王の紅葉見物 です。

今回の山歩きはスケジュール的に見ても、
全て登山とは言えない位の山歩きです。

この日は折角の奥州藤原3代(4代)栄華の地に滞在中。
弁慶最後の地 衣川なのです。

まずは、どうしても行かねばならない 中尊寺

(卒業記念旅行以来42年振りの平泉 
ジィ~ジの強い申し入れです。
当時 金色堂が覆いの工事最中か何かで、
見ることが出来無かったからなのです。)

 P10702081 P1070210
 P1070211 P1070212
(写真 上段左) 金色堂拝観入口
(写真 上段右) 芭蕉翁 句碑
(写真 下段左) 経藏
(写真 下段右) 旧覆堂

始めて目にした金色堂に言葉出ません。
〝五月雨の降り残してや光堂〟奥の細道 芭蕉翁の
心境や如何に?と思われます。
鎌倉幕府によって建立された覆堂 時の政権も、その価値と
重要性の認識があったのでしょうか。

藤原3代(4代)の栄華を誇る宝物殿 讃衡藏
当時の彫刻、金工技術、その素晴しさに 絶句!

あまりにも強烈な文化財の数々を見て 
何故か山へ行く気が 少々失せて来るジィ~ジです。

3連休の始まり、きっと蔵王は紅葉を求めて大混雑するだろう。
何回か?蔵王は歩いているし、…
暇人グループは他人様の邪魔しないほうが宜しい。

いい加減な我がグループ 即座に方向変更。

今回 蔵王は遠慮しよう。
3連休楽しみの人達に紅葉を満喫して貰おう。。

山行かないのなら海が有るさ!!

東北道古川ICでR108へ乗換え、石巻市から牡鹿半島を
目指します。
我等5人全員初めての地なのです。
(42年前宮古周辺の陸中海岸は少し歩いたのですが…)

半島と言っても然程の距離は無いだろう!!と
牡鹿コバルトラインを走ります。

知らない事は、怖ろしいことです。高を食っていた所為か?
その長いこと 長いこと。半島は道が入り組む為、
結構時間が掛かります。しかしその分見返りとして
風光明媚なこと請負です。

 P1070215 P1070216
(写真 左) 入り組む半島 遥か金華山
(写真 右) 女川港先には原発も
 P10702201
指呼 金華山 御番所公園展望台より

金華山 勿論行った事有りませんが、
こんな人の記事も有ります。こんな人→コチラ
 P1070222
晴れていれば、沖合いに蔵王連山も 牡鹿町より

石巻は漁港で栄える町です。
遅いお昼を しみん市場 食堂いさばや で取ります。
ジィ~ジは、海鮮丼(酢飯=生チラシ)
相方は、アナゴ天丼

ボリューム満点、活きも良い。おまけに胴殻汁の旨い事
お代わりまでしてしまいます。(お代わり無料。)

あまりに旨く、更に安いので帰ってからの食材にと、
併設の市場でお買い物です。

 P1070228 P1070227
(写真 左) 酢飯海鮮丼 新鮮具沢山
(写真 右) アナゴ天丼 ボリューム有り。

帰りは、三陸道から仙台へ、更に山形道を利用し、帰新です。

この日結局 山歩きは取り止めです。
帰りの車窓から夕日で染まる蔵王連峰が見えました。
それでも 満足一杯の3泊4日東北の旅となりました。

健康管理をして来年もまた東北の山歩きを楽しみたいものです。

山歩きに関する記事ではなく、申しわけ有りません。<(_ _)>

     みちのくの紅葉求めて ( 完 )

|

« みちのくの紅葉求めて (3) | トップページ | 錦織なす白馬大池界隈 »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

赤鬼さま
これからお出かけなのにわざわざ済みません。
>そうか、おいらも友達と思ってくれているんだ。
何を仰る鬼さん 大事な大事な友達じゃないですか!!
連休の山は現役世代に譲り邪魔しません。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月19日 (金) 07:27

なんじゃ、山行かなかったの。好きなこと言える仲間
と一緒で楽しかったでしょう。いつも好きなこと言ってるくせに。そうか、おいらも友達と思ってくれて
いるんだ。

投稿: 赤鬼 | 2007年10月19日 (金) 06:56

noritanさま
何時もcomment有難うございます。
貧乏ケチケチ旅行ですが、健康で気軽に好きな事がいえる仲間と
出かけられる幸せを感じます。これからも少しでも長く、
まだ見ぬところを含め、山を主体に歩けるようにと願って
居ます。貴女もあと暫く頑張れば、同じ立場になります。
小生も悠々多趣味としたいものです。(笑)
何やっても中途半端だけど…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月19日 (金) 05:50

みちのく山旅、愉しく、又羨ましく拝見させて頂きました。
自分が行ったコース、山、まだ行っていない処と・・・
それぞれ思い出しながら。
丁度、最近、NHK教育TV「趣味悠々」の水曜日番組で「おくのほそ道を歩こう」をやっていて毎週とはいきませんが見ています。
http://www.nhk.or.jp/syumiyuuyuu/hosomichi.html
黛まどかさんが俳句を作り、榎木孝明さんがスケッチをしています。
私はそのどちらも出来ませんが・・・

投稿: noritan | 2007年10月19日 (金) 02:51

もうぞうさま
何時もお世話様です。
山も良いですが、気の合う仲間と一緒に出かけると
予定変更もざらなんですyo。
昔と違い移動距離に要する時間が随分身近になりましたねぇ~
今回も全く適当ーな旅となりました。(笑)
初めて行くところは、夫々発見が有り楽しみです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月18日 (木) 20:13

いや~なかなか豪華絢爛?またバラエティに富んだ、旅でしたね~
素晴らしいコースではと、感心いたします。
片道フェリー利用とは言え、かなりの走行距離だったことでしょう。

投稿: もうぞう | 2007年10月18日 (木) 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/16794284

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの紅葉求めて (4):

« みちのくの紅葉求めて (3) | トップページ | 錦織なす白馬大池界隈 »