« 遠かった伯耆大山 | トップページ | 越前大野 荒島岳 »

2007年10月28日 (日)

中国地方最高峰大山(10月)

南光河原駐車場で目覚めると、何時の間にか?
少し離れて車が2,3台

早速、シュラフをたたみ、即席ベッドの車内を原型復旧。

コンビニおにぎりの簡単朝食。 
そして夏山登山道の駐車場に移動し、出発準備。

■ 大山 1729m.

所在地  鳥取県大山町、伯耆町、江府町、琴浦町
       倉吉市,岡山県真庭市
山行日  10月16(火) 晴
同行者  相方 計 2名
行  程  夏山登山道登山口(7:35)~六合目(8:42‐8:48)~
       八合目(9:15)~弥山山頂(9:32‐10:05)~
       石室(10:18)~阿弥陀堂(11:28)~登山口(11:35)
        行動時間 約4時間00分 実質歩行時間3時間15分 
地 図  国土地理院地形図1/25000 伯耆大山[南西]
高低差  約 950m.   

   *写真は、クリックで全て拡大

【記事】

中国地方の最高峰 大山を目指します。

*大山と言う山名は無く、三鈷峰から剣ヶ峰、弥山等の主峰と
烏ヶ山、矢筈ヶ山等の外輪山を含め、その総称であり、
大山・隠岐国立公園に属している。

快晴では無いもののお天気はマズマズ。。
P10703441 P10703461
(写真 左) 夏山登山口駐車場 綺麗なトイレも有ります。
(写真 右) 登山口から暫くは、石段が続きます。
P10703471_2 P10703481      
(写真 左) 古の参道が現在は登山道に利用
(写真 右) 一合目から各合目毎に表示有り。

二合目から五合目まで登山道の脇は、ブナの原生林が続きます。

階段状の広い登山道が続きます。

六合目から展望が開けます。
ここは行者コースとの分岐点でも有ります。

日本海霞んで見えるものの隠岐は見えません。
P10703571 P10703581
(写真 左) 隠岐は、残念ながら見えません。
(写真 右) 展望案内説明板

P10703591 P10703601
P1070362 P10703631
(写真 上段左) 植生説明板 六合目からはブナが潅木に…
(写真 上段右) 避難小屋 遭難救助用のボート装備
(写真 下段左) 山頂方向 三鈷峰から剣ヶ峰方向
(写真 下段右) 崩壊砂防堰堤

六合目で歩き始めて1時間強、一寸一服休憩タイム。

八合目からは、一面ダイセンキャラボクで覆われています。
ダイセンキャラボク純林 国指定特別天然記念物
P10703701 P10703801

山頂ももう直ぐです。
崩落の激しさが痛々しく感じます。     P10703731
P10703741 P1070378
(写真 左) ダイセンキャラボクの間の登山道行く相方
(写真 右) 山頂へ続く木道

山頂(弥山) 到着。 此の先 剣ヶ峰方面立ち入り禁止
(無視して 縦走する登山者かなり居るようです。彼方此方危険箇所有ります)     P10703861  P10703901

P10703831 P10703911
上記写真は、何れも山頂の様子。

* 昭和50年代 山頂付近は、荒れ放題で裸地状態であったが
一木一石運動で、現在の状態になったとか…
(地元の女性登山者から説明を受けました。)

コーヒー口にしながら、しばし展望楽しみます。

下りは、石室の方へルートを迂回する事に…

P1070393_2
ダイセンキャラボクのなかに取り付けられた往路の木道が見えます。
ボツボツと間を置きながらも登山者跡を絶ちません。
P10703951 P1070396
(写真 左) 石室説明標識板
(写真 右) 石室 

石室の前には、小さな池 梵字ヶ池が有ります。
P10703971 P1070398
(写真 左) 崩壊激しい山肌
(写真 右) 名残惜しく山頂方面振り返り

五合目付近からは、ブナの林の中を下ります。

大山は、大神岳とも呼ばれ、山岳信仰 山岳修験場の山として
中心に奈良時代(養老年間)に創建、其の後
平安時代には天台宗に統合され、大山寺は一大メッカとして
隆盛を誇った由。

後醍醐天皇も隠岐から逃れ、大山にて鎌倉幕府の打倒を祈願。

その面影そこかしこに散見され、往時が偲ばれます。
P10703991 P1070401
P10704031 P10704051
阿弥陀堂や多数の石仏 
*阿弥陀堂・御本尊は国重要文化財指定 室町時代の建築

多くの僧兵を擁し武力・権力の一大勢力となり、時代を経て
江戸時代には3000石の寺領を授けられ、寺内に四十二坊
有ったという。
その崩れた石垣や苔むす石畳を見るにつけ感慨深きもの有り。

石段下れば、直ぐに夏山登山道駐車場へ戻ります。    P1070406

大山寺の大駐車場から大山の全貌眺め、目に焼き付けます。

大山寺の山門更に大神山神社へも少し足を伸ばします。

P10704101 P10704121
(写真 左) 大山寺山門
(写真 右) 大神山神社鳥居

周辺散策して大山を後にします。

   **********  私見  **********

古来 〝馬には乗ってみよ、人には添うてみよ〟と言う諺の
通り、やはり一度訪れて見れば、新発見・認識新たなるものあり。

大山のイメージは出雲富士と言われるような秀麗な姿と
ダイセンキャラボクそして志賀直哉著[暗夜行路]での大山

その程度だったのですが、今回自分の目で見て、その山容は
東西に長く伸び、見る角度の違いで 出雲富士と全く様相が
異なること。
それもその稜線は見事なまでに南北面が切れ崩れていること。

また大山寺は天台密教の重要ポジションを占めていたことetc

この度の大山登山で、また 知ったかぶり 増えたのです。

=====     ======   ======

序でに)
越後新潟から片道約1000キロの旅です。
折角なので二人とも見たことが無い 鳥取砂丘 へ車を
走らせます。途中 因幡の白兎の白兎海岸もあったようです。   P10704131 P1070414   P10704201

鳥取砂丘の様子です。
平日の午後ですが、多数の観光客が見物に…
でも 会話は殆ど中国語 一寸違和感感じます。
馬車やラクダも仕事をしています。
あまり見ることの出来ない風景 ここもきてよかった!
と思うジィ~ジです。

蛇足)

暇人ジィ~ジと相方R9から暫くR178で海岸線を辿ります。  P10704231
   山陰海岸の一部 3時30分頃
山が海岸に迫った細い道を、豊岡市に向かいます。
豊岡市から山陰本線に沿って養父へ、養父からは
北近畿豊岡自動車道(試験運転中→無料)を利用
(夕食は道の駅、但馬まほろば 但馬牛のステーキ丼)
丹波から舞鶴へそして小浜、若狭と若狭湾沿岸の一般国道
ひた走り、若狭の立ち寄り温泉で入浴 みかた温泉きらら
身体の汚れを落とし、サッパリと温まり、真っ暗な三方五湖
脇目に、美浜町 マリンパークへ進みます。
この夜も例により、車中泊。
(当初 予定は若狭町縄文マリンパーク ゲート施錠され×
ケチケチ旅行の二人です。この日も一般道長い道のりと
なったのです。(ナビ搭載されてません)

  翌日に 続きます。。。。

|

« 遠かった伯耆大山 | トップページ | 越前大野 荒島岳 »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

山空花さま
commentありがとうございます。
今日は山お休みだったのですか!?
大山登山は、[暗夜行路]の時代と異なり、現在の登山口は、
かなり上に有りますから、大体の登山者は、夏山登山道を
利用しているようです。崩壊部分を通しての縦走は禁止です。
栄華を誇った大山寺 往時を偲ぶ遺跡彼方此方に見受けられ
山とは別の楽しみを受けることができました。
阿弥陀堂、内部の御本尊様ともに重要文化財に指定されています。
鳥取砂丘は、車で焼く2時間弱、せっかくなら立ち寄ったほうが
宜しいかと思いますyo 。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年11月 4日 (日) 17:13

大山は歩行時間の割りになかなかの山容のようですね~。崩壊は痛々しいですが、それがまた険しさを演出するというか…。
阿弥陀堂の苔むした雰囲気も私好みです。
私もいつか行く時は、阿弥陀堂に寄りつつ大山に登ってみたいと思いマス☆彡。

それと、鳥取砂丘も行ったことがないので、是非合わせて行ってみたいです。
でも、合わせていくような場所じゃないのかな…?

投稿: 山空花 | 2007年11月 4日 (日) 14:43

いめか さま
comment有難うございます。
喧嘩さえしなければ、1000キロそれほどでも有りません。(笑)
でも確かに遠い~爆)観光を兼ねていいケチケチ旅行でした。
問題の答です。スカイはスカイ(皇海山)そして
リスケはリスケジュール(予定変更)ですよん!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月31日 (水) 06:34

noritanさま
大山確かに遠かったですが、まず縁が無かったであろう
出雲大社や松江市、そして鳥取砂丘等併せて見ることが出来たのでそれはそれで収穫大でした。
山も登山としては少し物足りないかも知れませんが、眺望も良く
魅力的な山と思いました。
大山寺あれほど隆盛を誇っていたとは想像していませんでした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月31日 (水) 06:30

遠~く♪ 遠~く♪ ほんとに遠くへ行かれたのですね。 1000kですか~
大山は2Hで登れるところですか?

ところでスカイ&リスケは何の合図ですか(笑い)

投稿: いめか | 2007年10月30日 (火) 21:49

2度行きましたが近ければ又行きたいですが・・・
なんせ遠い!!!
麓の大山寺は志賀直哉「暗夜行路」の舞台となったところです。

投稿: noritan | 2007年10月30日 (火) 15:56

山いろいろ さま
だんだん年と共に体力減退しているので、先を急いでいるのかも
大山、現在は一木一石運動はやっていないようです。
東西に伸びる山稜の南北両面の崩壊は、手を施す事無理でしょう。
スカイ行きたいのですが、2日から5日間ほど、娘から
孫の世話頼まれ、上京予定。11日は例の日だし…
其の後、お天気であれば何時でもいいのですが
雪が降れば駄目だし 貴殿は小生と違い仕事が有るし…
何か 方法ないかなァ~?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月29日 (月) 21:47

気が触れたように登り続けていますが、大丈夫ですか?(笑い)
豊岡から鳥取砂丘へ、広島から出雲市へと何度か出張していますが、残念ながら大山はカスっていません。
風化岩で崩れ続けていると聞いていますが、もう石は運ばなくて良いんでしょうか?
ところでスカイは何時にしますか?もう今年は予定が一杯でしょうか?リスケは無理かな?

投稿: 山いろいろ | 2007年10月29日 (月) 20:49

sanaeさま
金峰山お疲れさまでした。
良い景色が見れたようで!!
二つの顔を持つ大山そして歴史と共に歩んだ大山
行って見て始めて解る事の何と多いこと!!
神話の国 出雲も含め出来ればブラリとしたノンビリ旅行も
してみたくなりました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月29日 (月) 11:23

大山懐かしい♪
輝ジィ~ジさんのじっくり楽しまれている様子が伝わってきますよ~。
百聞は一見にしかず、行ってみて新発見、分かることってありますよね。
歴史も地理も学んだことのなんと浅かったことかと気付かされます(勉強してなかった? ^_^;)
百完登を目指して急ぎ旅の大山周辺でしたが
またいずれゆっくり出かけてみたいと思う地域です。

投稿: sanae | 2007年10月29日 (月) 11:13

赤鬼 さま
八ヶ岳お疲れ!でもご褒美で良い景色が見れて良かった。。
宿での出来事 また費用が掛かるね!大変だ!!
このところ忘れ物続き、よう確認ですな!
確かに中国地方遠かったけど、現役時代と比べ、暇がたっぷり
その分だけは気が長くなったようだ。
今回は観光旅行みたいなもの。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月29日 (月) 08:20

何度も言うが遠いのう。あっちこっちのんびり(でも無いか)歩いている様子、結構ですなあ。
メールで書かなかったが、宿で部分入れ歯無くして
しまった。アイゼン忘れる奴、入れ歯無くす奴、ドジ
ばっかり。

投稿: 赤鬼 | 2007年10月29日 (月) 07:59

もうぞうさま
お早うございます。
大山夏山登山道全く危険な箇所も無く、2時間程度で
誰でも登れます。
今回隠岐が霞んで見れず残念でした。
東西に伸びる山稜の南北面の崩落の激しさは、
半端では有りませんでした。
基本的には危険につき縦走禁止になってます。
禁を犯す、登山者もそれなりに…
しばしば行ける所では有りません。距離的に。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年10月29日 (月) 06:42

大山というと秀峰ですが、危険箇所の多い山、という印象ですが。
このコースなら大丈夫のようですね。
でも予定はまったくありません。

投稿: もうぞう | 2007年10月29日 (月) 06:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/16882035

この記事へのトラックバック一覧です: 中国地方最高峰大山(10月):

» 全都道府県訪問#44 鳥取県(&島根県)#6~大山寺・大神山神社 [Kirkの独白]
 第3日目の昼前に松江を後にして伯耆大山(ほうきだいせん)(鳥取県大山町)に向かいました。やっと今回の全都道府県訪問の目的地であった鳥取県に戻って参りました。まだ一部開通しかしていない山陰自動車道を少し走りました。その後大山に向かうなだらか... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 11:12

« 遠かった伯耆大山 | トップページ | 越前大野 荒島岳 »