« 南アルプス バテバテ記(下山編) | トップページ | 南アの帰り道 徒然記録 »

2007年8月29日 (水)

今頃ですが…キツネノカミソリ

蜂発生騒ぎ等で昨年は見送り、2年ぶりのキツネノカミソリ観賞。

8月21日(火)

今年10度目の角田山です。

今回も近いのでお昼を食べて水だけ持参し自宅を出ます。

コースは【浦浜コース】 
キツネノカミソリ観賞は必然的にコースになります。

歩き始めて直ぐ急登 アッと言う間に汗が吹き出ます。

   P1060243
    前行く 相方 

歩き始めて10分も経たないうちに、脇にはオレンジの株が散見されます。例年旧盆の頃に咲くので、少し遅いかな?と思っていたのですが、それでのそこそこ見られます。

   P10602441

   P10602451

   P10602481

山頂に近づくにつれ少しずつ見られなくなってきます。

お昼を山頂で採ったハイカーの皆さんと何組も擦れ違い。

五箇峠と合流、更に灯台コース合流 この辺りではもう見られません。 

   P10602541 P10602561

1時間丁度で山頂到着、汗を拭い持参の冷水をごくごくと飲み干します。

木陰のベンチで20分ほど休憩 風も少し有り心地よい。

山頂付近では、こんな花も見られます。

   P1060260 P10602511
       キンミズヒキ       ツリガネニンジン

下りは、小浜コースから脇道それて浦浜集落目指し、急な尾根筋一気に下ります。

このコースは公認通常コースでは無いので約10年振り位?

この辺り殆どキツネノカミソリ終わり際ですが、多数見られ、ヤブランも彼方此方に群生。

   P1060261

   P10602621
    浦浜集落

山頂から約1時間 登山口の駐車場に戻ります。

ジィ~ジ生来せっかちな性格で加えてSENSEが無いので何時も写真見てガッカリします。

会友の甘納豆氏の記事を見てまた落ち込みました。
 甘納豆氏の記録は →コチラ

また同じく会員のサラダさんの記事にも落ち込みました。
 サラダさんの記事は→コチラ

 キツネノカミソリ
  
Lycoris sanguinea
ヒガンバナ科ヒガンバナ属 早春から水仙に似た鋭い葉を多数つけるが夏になると一旦葉が枯れ落ち、其の後に花茎が形成され、お盆頃に花が咲く。

雪割草(オオミスミソウ)などと同じく、スプリング・エフェメラルの一種。

|

« 南アルプス バテバテ記(下山編) | トップページ | 南アの帰り道 徒然記録 »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさま
春にでる水仙のような鋭利な葉がキツネノ剃刀の由来かと…
そういえば、ご承知のように佐渡ではカンゾウが一面咲きますが、
角田はカンゾウは咲かないようです。土質ですかね?
花の時季は旧盆過ぎの10日位です。
来年 見に来てください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年9月 3日 (月) 17:02

キツネノカミソリ、名前はよく聞くのですが、先日高尾山の野草園で見たきりです。
どこに咲いているのだろうと思っていましたが、角田山にも咲いているのですね。
カンゾウに似ていますね。
ユキワリソウを見に行ったとき、角田山はカンゾウが咲くのだと思ってました。

投稿: sanae | 2007年9月 3日 (月) 16:24

mikkoさま
キツネノカミソリ名前は、多分春先に出る鋭い水仙のような
葉を剃刀の刃に見立てたのだと思います。花の時季前には
その葉が全てなくなるのですyo。
群生している場所は一面ピンクになります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年9月 2日 (日) 14:40

こんにちはー!
キツネノカミソリとはまた物騒な名前と
思いながらレポを読み進めましたら
なんとも可憐なお花なんですね。(^-^)
ご自宅の近くで四季折々に色々な花が楽しめる
角田山という素敵な山があるなんてとても羨ましいです。

投稿: mikko | 2007年9月 2日 (日) 14:28

サラダさま
蜂はその種類により、また射される人の体質により、
症状はそれなりのようですが、決して馬鹿に出来ません。
角田山は海抜0m.から登れる稀有な山、四季夫々花の咲く
政令指定都市新潟の宝であると思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月31日 (金) 06:49

私も 角田に登っている時に 蜂騒動の話を聞きました。 怖いですね。
前に 二王子にこれから登ると言う時に 私はあごの辺りを刺されて 痛いやら 心臓がドカドカするわで
どうしようかと 思いましたが 登って来ました。
あの 痛みはわすれられません。
今年は キツネのカミソリ心置きなく 鑑賞できて
良い年でした。 角田は良い山ですね。

投稿: サラダ | 2007年8月30日 (木) 23:31

甘納豆さま
>熱物に懲りてナマスを吹くでしょうか。
相方以前稲島椿谷手前で刺され、背負って下り、日曜日でしたが、
外科医で緊急手当して貰った事があります。爾来蜂には恐怖心を
持ってます。そのくせ今回 吸引器も持参して行きませんでしたが、
山の場合は、念には念を入れた方が、正解かもしれません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月30日 (木) 20:54

輝ジィ~ジ様
 スズメバチ騒動は確か一昨年でしたね。小生この時、朝早く登りましたので蜂はいませんでした。下山時に人だかりがしているので何かと聞くと、スズメバチがいるとのこと、皆、躊躇していましたが、ノー天気な自分はゆっくり降りていきました。顔の周りをブンブン飛んでいましたが静に歩いたので何ともありませんでした。下でも大勢の人が心配そうに覗いて躊躇していました。ところが、私が降りてきたのを見て誰かが登り始めましたが、すぐさま襲われて逃げ帰って来ました。その人を助けようとして私も1箇所刺されてしまいました。ほとんどの人はこの日は取りやめたようでした。後で聞きましたが、誰かが病院に担ぎ込まれたようでしたね。
翌年(昨年)、またまた恐いもの知らずで出かけました。でもやっぱりアナフラキーショックが恐いので白装束に身を固め、ゆっくりゆっくり歩きましたが、蜂は全然いませんでした。地元の人が駆除してくれたのかもしれません。そういう訳で今年は何の心配もせずに行ってきました。それでも何となく恐かったので、白いYシャツを着て、吸引器も持って行きました。熱物に懲りてナマスを吹くでしょうか。結構大変ですね。

投稿: 甘納豆 | 2007年8月30日 (木) 20:00

いめか さま
今晩は お忙しいのですねぇ~(ジィ~ジと違って)
残りの花幾つか探し出せるかもしれませんが、多分
今年は終わった事かと思われます。
花の時季は短いですからねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月29日 (水) 22:07

今年こそはキツネのカミソリを見に行こうと
思ってましたが、お盆休みが取れずに今日に
至っております。土、日にお墓参りに行き、
あっという間におわりました。
赤鬼さんのお勧めコースに行きたいのですが、
今度の土曜はもう終わりでしょうか。

投稿: いめか | 2007年8月29日 (水) 21:59

赤鬼さま
今晩は 晩酌終わった?
ヨーロッパ松 貴殿のメールで10年振り位かな?
沢山有ったけど、でも既に終わり気味でした。
家帰って直ぐシャワー浴びました。アッチェかった~!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月29日 (水) 20:50

おいらが蜂に7箇所刺された話はご存知と思うけど、
あれから浦浜は敬遠していた。もう二年前のことですな。でも小浜から逸れて入るコース? の群落は凄い
ねえ。

投稿: 赤鬼 | 2007年8月29日 (水) 20:43

もうぞうさま
今晩は 何時も有難うございます。
キツネノカミソリ今年は、もう終わった事でしょう。
角田は、新潟市の宝の山だと思っています。
家から近くにこんないい山が有る。幸せな事です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月29日 (水) 20:25

去年行ったんですが、暑くて暑くて・・・
私もなぜかお昼過ぎでしたからね~
今度は朝早く行くことにしましょう。
といってもいつになるのか?

投稿: もうぞう | 2007年8月29日 (水) 20:11

noritan さま
以前相方スズメバチに靴下の上から刺され、大変でした。
昨年蜂騒ぎが有ったので、ショックを受けないように
見に行きませんでした。今年赤鬼氏のメールで見に行こうかと…
我家のトレーニング代わりが角田です。なにせ近い!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月29日 (水) 15:08

私は今年はもう見損なってしまいました。
浦浜コースはキツネのカミソリの時期でなくても時々は行きます。
が、昨年でしたか?鉢騒ぎがありましたね!
角田に、今年で10回目とは凄い!!
もう輝様ご夫婦の庭&散歩コースですね!

投稿: noritan | 2007年8月29日 (水) 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/16273786

この記事へのトラックバック一覧です: 今頃ですが…キツネノカミソリ:

« 南アルプス バテバテ記(下山編) | トップページ | 南アの帰り道 徒然記録 »