« 北へ向かって 【後方羊蹄山】編 | トップページ | コマクサ山行 (後編) »

2007年8月 7日 (火)

コマクサ山行 (前編)

今回は、所属する山の会の〝会山行〟参加です。

企画実行担当リーダーは、O氏 
参加者13名 1泊2日の山歩きです。

   P10507251

 ■ 船窪小屋 2450m.

所在地  長野県北安曇群小谷村千国乙クゴ池
山行日  7月27日(金)
お天気  7月27日 晴 
同行者  女性6名 男性7名 計13名
行  程  27日
      七倉岳登山口(10:10)~唐沢覗き(11:22)~
       岩屋(11:52)~1800m.付近、昼食(12:15-12:35)
       ~鼻突き八丁(13:00)~天狗の庭(14:00-14:10)
       ~船窪小屋(14:55)
              所要時間 4時間45分 実質歩行時間 4時間10分
高低差  1350m.
地  図  国土地理院地形図1/25000 黒部湖[南東]

* 写真は、クリックで全て拡大

【記事】

この日は、会の山行が数コース重なり実施された為か?
参加者が分散13名なのでバスは取り止め、3台の車で分乗し、
5時30分新潟西ICに集合。
朝の挨拶交わして直ぐに出発です。

北陸道は中越沖地震の被害で柏崎周辺は、片側対面通行。

路肩や中央分離帯でその爪あと生々しく見受けられます。

糸魚川~大町経由で扇沢 到着 凡そ9時30分。

ジャンボTaxi乗換えで七倉山荘へ向かいます。

早速リーダーから、注意事項や概要説明を受けます。

準備整いスタート。
この日の予定は 船窪小屋 泊まりです。

   P10505881 P10505891
(左)スタート前 MEETING
(右)スタート 登山届け提出

ジィ~ジは、ラストを受け持ち依頼されてます。

山ノ神トンネル手前を右折し、七倉沢沿いに進みます。

   P10505901 P10505941

(左)山ノ神トンネル手前 七倉岳登山口標識
(右)七倉岳・船窪小屋標識

本日のCT6時間と標記されています。
ブナの木洩れ日浴びながらユックリスタート。

蓮華岳 数年前、O夫妻と扇沢から日帰り経験有るのですが、ここからのコースは初めてなのです。

1,100m.からのスタートでジグザグで高度を稼ぎますが、このコース傾斜はキツクなる一方で、隣のぶな立てコースより難儀に感じます。

体が慣れるか、慣れないうちに額から大粒の汗  汗。。

ジグザグ 電光が殆ど直登に変わります。梯子も次から次と

   P10505951_2 P10505961_2      

(左) ぶな樹林帯をルンルンと… 始めだけ
(右) 30分も歩けば梯子の連続

   P10505971 P10505991

(左) 唐沢覗き、船窪小屋標識から1時間10分 (CT2時間)
(右) 唐沢覗きから約30分 岩小屋

1800m.のピークで昼食休憩を取ります。

再び、立ち塞がるような急登が眼前に…

この日最大の難所です。

   P10506011 P10506041

胸突き  鼻突き八丁 言いえて妙

暫く 鼻がぶつかるような(高い人なら)…ジィ~ジは低い!

   P10506051 

梯子が3段も取り付けられているので、何とか登れますが…

喘ぎ喘ぎ 鼻突き八丁 クリアーすれば、漸く台地状のピーク

         天狗の庭 2300m.

   P10506101

眼下にはロックフィル式ダム 高瀬ダム 
目を転ずれば 七倉ダム

ガスが山腹まで覆っています。

天狗の庭でユックリ休憩を取ります。

ここから先は、小屋まで幾らも有りません。

足元に咲く可憐な花々を眺めながらルンルンです。

   P10506181

登山道両脇に咲く花花

   P10506161 P10506171
   P10506211 P10506241

他に ゴゼンタチバナ ツマトリソウ 等

ガレ場には、目的の コマクサ も数株。

ガスも晴れてきたような感じです。一登りで眼前には・・・・

 P10506271

ドドド~ン と 針ノ木岳と最奥に剱岳そして立山が。。

   P10506291 P10506331

船窪小屋到着です。

CT6時間のところ、休憩含み5時間弱。快調ペースです。

参加者の足並み揃い ラストLの仕事も殆ど無し。

宿泊手続き終えて、
小屋外の丸太椅子で早速 かんぱ~い!

北アの山並眺め、至福の時を過ごします。

   P10506341 P10506501
(左)不動岳、右の肩には薬師岳
(右)槍ヶ岳

更に 翌日予定の蓮華岳

   P10506441

蓮華岳 稜線ルートも把握できます。

船窪小屋は、ランプと 料理好きの お母さんで有名。

   P10506511 P10506531
(左)小屋のお母さん
(右)夕食献立
 凍み大根の煮物 アザミ他天麩羅 春巻き デザート付き
 ご飯も 味噌汁も 当然ジィ~ジは お代わり!
 心こもった手料理の数々 美味です。
       

   P10506571

凡そ7時 五色ヶ原方面に夕陽が沈みます。

   P10506611

槍ヶ岳もシルエットに染まります。

7時すぎから、名物 ネパールのティータイム
甘くて、またハーブの香りも…

   P10506621_2

寝床は、ジィ~ジ何十年の経験の中でも1,2を争う清潔な軽いダウン?の掛け布団。

気持ち良く 充足感に満たされ眠りに着きます。

                 ・・・・・・続く  

|

« 北へ向かって 【後方羊蹄山】編 | トップページ | コマクサ山行 (後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

甘納豆さま
何時も有難うございます。
確かにこの時季は各リーダーの思惑有るので調整は難しいです。
このコース小生初めてでしたが、変化に富んだ面白いコースで
小屋も以前NHKで取り上げられた事もありましたが、
また行きたくなるような雰囲気の小屋でした。
是非 歩いてみてください。お薦めします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月10日 (金) 11:00

 本当に、この日は会の山行が幾つも重なり、選ぶのに散々迷いました。
この蓮華、針ノ木も行きたい山でしたが、今回は断念、次の機会を待ちます。
「船窪小屋は、ランプと 料理好きの お母さんで有名」とか「清潔な軽いダウン?の掛け布団」とかますます行きたくなりました。
山も見えてきたようで、翌日のレポも楽しみです。

投稿: 甘納豆 | 2007年8月10日 (金) 08:55

サラダさま
今晩は コメント有難うございます。
以前船窪小屋はNHKでも放映された事も有ったかと…
このコースはコマクサ始め花もそれなり、景観素晴しく
もう一度行ってみたく思いました。
不動から烏帽子へ行くのも良いかも…
ふかふかの清潔な寝具と、美味い料理 この小屋は
もてなし上手です。多分リピーター多いことでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 9日 (木) 22:47

船窪~蓮華良いコースですね。
私も行ってみたいコースになりました。いつかきっと
行って見ますね。小屋が素敵そうなのも 魅力ですね。
私の職場は希望の休みは 2回しか入れられずに
約束の山行などで 休みを入れると なかなか後は
連休がなくなります。
夏は 計画を立てるのが大変です。 
いつか ご一緒の時はよろしくお願いします。


ランプの宿 聞いただけで ウワ~いいな~!!

投稿: サラダ | 2007年8月 9日 (木) 22:37

山空花様
コメント有難うございます。
ジィ~ジと違いなかなか休みが取れないと思いますが、
出来れば是非北海道目指してください。魅力的なところ無尽蔵!
この夏本番の山決まりましたか?良い思い出が一杯できます様に
このコース変化に富んだいいコースなのですyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 9日 (木) 13:15

ずらずら~っと、北海道のレポから順に読ませていただきましたが、さすが輝じぃ~じさん健脚ですね。
北海道では、お天気がいいと雄大な景色がババンと現れるのがいいですね。

それと、会の山行も渋くていい山をチョイスされていますね。お天気も良くてナツヤマ全開ですね!
でも、地図で見たら私にはまだまだハードル高そうな感じでした…orz

投稿: 山空花 | 2007年8月 9日 (木) 12:56

じゅんこさま
今晩は!
ジィ~ジ蓮華岳は扇沢からの日帰りで数年前行った事が有りますが、このコース今回始めてでした。
とても良いお薦めコースだと思いました。1度は行く価値有りです。
今年のmainはどちらに決まりました?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 8日 (水) 22:24

このコース以前テレビ放映を見て良いなぁ~と思ってました!レポも地図と画像を見ながら拝見してます。後編楽しみです(^^)

投稿: じゅんこ | 2007年8月 8日 (水) 22:17

赤鬼さま
蓮華岳は以前O夫妻と扇沢からら日帰りした事有るけど、
今回コースは始めてでした。変化に富んだコースで小屋も料理も
旨く、清潔な布団といい事ずくめ、
来年 天気の様子を見てもう一回行ってもいいyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 8日 (水) 21:39

行きたかったなあ。写真見てると辛くなるぜ。
梯子とか岩場好きなのに。くそー。来年は有給休暇が
あるでよ。

投稿: 赤鬼 | 2007年8月 8日 (水) 06:26

noritanさま
現在の針ノ木小屋と大佛次郎氏が宿泊した当時の小屋とは
天と地の開きが有るだろうネ!大佛氏が今の小屋見たら…(笑)
船窪小屋はもてなし上手なので、また後立山の眺望が良いので
小屋までならきついけど行けるでしょう。
天気が良ければそれだけでも価値有るかもしれません。
(時間的にも)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 8日 (水) 05:50

山に憧れる一因にそれが舞台になった小説があります。
「針の木岳」は大佛次郎「旅路」の小説で有名(?)で是非とも「針の木小屋」に泊まってみたかったのです。
そして「船窪小屋」もそのおもてなしで有名で、「山小屋フェチ」(?)のnoritanとしては是非小屋までで良いからいつか行ってみたいと思っているのですが、キツそうですね!
私が「針の木岳」行った時は雪渓が殆どなく夏道歩きでした。

投稿: noritan | 2007年8月 8日 (水) 00:20

テントミータカさま
何時も有難うございます。
小生 初めてのコースでしたが、流石にミーさん知らない山は
まず有りませんねぇ~ 
船窪小屋はもてなし上手な気持ちの良い小屋でした。
眺めも良かったです。
このコース面白いですね!何時かまた歩いてみたくなりました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 7日 (火) 20:12

 船窪~蓮華でしたか。天狗の庭でダムを俯瞰できたとは、天気・展望は上々ですね。
 夏、天気が悪くても、このコースと船窪テント場、歩きやすくて居心地が良く、私も好きな山です。続きが楽しみです。

投稿: テントミータカ | 2007年8月 7日 (火) 19:35

このところ急に暑くなりましたね!
もうぞうさんは現役だから、休みが限定され大変ですね!
でも時間やり繰りして是非 高い山で涼しさ味わってください。
今回は久々にハードな山歩きでした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 7日 (火) 18:53

良い天気で、明日も期待できますね。
あ~山に行きたいな~
暑いから高いところにね。

投稿: もうぞう | 2007年8月 7日 (火) 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/16022812

この記事へのトラックバック一覧です: コマクサ山行 (前編):

« 北へ向かって 【後方羊蹄山】編 | トップページ | コマクサ山行 (後編) »