« 酷暑 | トップページ | 南アルプス バテバテ記(千枚小屋) »

2007年8月18日 (土)

南アルプス バテバテ記(序)

ジィ~ジと相方、今年の夏はTARGETを南アルプスに設定。

12日午前3時出発とスケジュールを立て、前夜は何時もより少し早めに床に着きます。

2時過ぎにアラームの音で目覚め、念の為、天気予報をネット検索。

何と! 静岡、山梨の一部が前日17:00の予報で、降水確率40%となってます。

北の大地 北海道で毎日 お天気に悩まされてばかりいたので、一瞬にして出かける気が失せてしまったのです。

あっさり 「仕方が無いから、1日延期しよう。」と相方。。

また 床に着く2人です。

6時過ぎ起床。確認の意味でお天気を調べます。

あッ! 変っています。降水確率10%に…

「ヤッパリ行こうか!!」 と相方。

相方の言に何時も従うジィ~ジです。(情けない!)

朝食そこそこに出立です。

7時40分新潟西ICから北陸道、長野道、中央道と車を進めます。

旧盆に間に合わせる応急措置で、多少段差の残る柏崎周辺も交互通行など規制は解除されてます。

諏訪湖SAで一寸一服休憩します。

   P10509531
      諏訪湖 

山には雲が湧きイマイチスッキリしない空模様ですが、雨に遭うことはまず無いでしょう。

当初 計画では
初  日 早朝 新潟出発 当日最終バスで椹島泊
翌  日 椹島~荒川小屋 (泊)
翌々日  荒川小屋~椹島~畑薙ダム→新潟

宿泊場所変えれば、大幅な予定変更は不要です。

中央道双葉ICから中部縦断 増穂ICからR52 身延街道をまっしぐら車を進めます。

静岡県に入り、旧清水市興津から静清バイパスに入ります。

貧乏ジィ~ジナビゲーター役は、相方です。

途中から井川を目指し安倍川沿いを快調に走ります。

お盆とは言え、逆コースなので渋滞は有りません。

暫く車を進めれば今度は大井川そして山合風景に変わります。

涼を求めて、河原で水遊びする多数の家族連れやカップルで駐車場も超満員。新潟辺りではあまりお目にかかれない光景です。

やがて井川に向かってカーブの多い山道に…

トコロドコロアチコチに静岡ならではの風景も見られます。

   P1060224
     お茶畑の様子

あわよくば、ここまで順調に来たので当初予定通り3時半の最終バスに乗れるかも!

ところが井川までの道路のカーブと急勾配でおんぼろ車にスピード乗りません。

それでも何とか井川に到着です。ここから畑薙ダムまで山道をまだ20㌔ほど進まねばなりません。

長い 長い なが~い道のりでしたが夕方4時20分 畑薙の最終駐車場に無事到着です。狭い路肩にも縦列駐車で多数車が並んでいますが、夕方で下山してくる登山者も居るので大駐車場に車を置くことが出来たのです。

勿論 この日の最終バスには1時間違いで乗れません。

この日は、畑薙車中泊となるのです。

仮設の登山案内所でバス時刻の確認をします。

   P10509541 P1050955
大駐車場には全国から車が約200台強!?

流石に南アルプスの1大基地と吃驚するジィ~ジです。

車を即席ベッドにしていつでも寝れる状態にし、早めの簡単夕食とします。

虫避けスプレーは持参したものの、蚊取り線香を忘れ、窓の隙間から容赦無く進入してくる小さな蚊と大格闘するものの少々のALCOHOL臭が益々蚊軍団を引き寄せるのか?相方は殆ど被害が無いものの、哀れジィ~ジは10箇所以上も食われ、ボリボリと足をかきむしるのです。

宵闇迫り、天空には無数の星が瞬き始めます。

  痒い 痒い 痒い

      暫く 続きます。(序 お終い)

追)
政令指定都市静岡市 市中心部から車で約3時間近い畑薙や井川も静岡市、おまけに葵区 いやはや勉強不足とは言え、びっくり 吃驚!!!!!

行政サービスが旨くいくのだろうか???

|

« 酷暑 | トップページ | 南アルプス バテバテ記(千枚小屋) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

甘納豆さま
所詮 男はオンナに勝てっこ有りません。
言いなりになると、「貴方には自分の考えとか希望が無いのか?」
いい年になっても扱い方?解りません。難しい永遠の問題です。
別の立場なれど 同情相憐れむ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月21日 (火) 10:37

輝ジィ~ジ様
 またまた長~い山物語の始まりですね。
プロローグは、長~い道中のお話、今回は何幕になりますやら。しばらくは南の話で楽しめそうです。
「相方の言に何時も従うジィ~ジです」これが夫婦円満の秘訣ですか。それにしても同じご趣味で、一緒に行動されるところがうらやましい。
うちなどはばらばら、自分が山に行く為にご機嫌を損なわないよういつも言うとおりにしております。

投稿: 甘納豆 | 2007年8月21日 (火) 10:28

山いろいろ さま
今晩は!
東海フォレストの親会社 東海パルプの創始者は、
新発田出身大倉喜八郎氏。 かって200人の社員の輿に乗り、
赤石岳山頂で得意満面の写真が長野大町の山岳博物館に
飾られているのを見たこと有ります。
富山市が3000m.GET 薬師かな!五郎は引っかかっている?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月20日 (月) 22:44

この辺りはかすかに山名を聞いたことがあるぐらいで、なんにも知識がありません。そろそろこの辺りにも目を向けなけりゃいけませんね。
静岡市葵区も広そうですね。仙台市青葉区もかなり広くて1000m超の山形県境まであります。
金沢市には白山もありますしね。そういえば、富山市は3000m級もゲットしたみたいですね。

投稿: 山いろいろ | 2007年8月20日 (月) 22:23

もうぞうさま
毎度有難う存じます。
確かに越後から南アルプス、特に今回はかなり遠かったですが、
相方が高速道路運転好きなので2人で行けばそれほどでも…
それより日帰り平ヶ岳の貴殿のほうがpowerfulですyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月20日 (月) 18:59

いやはやすごいな~
私はまだ南に入ったことがありません。
山もすごいですが、静岡まで運転すること自体がすごいですよね~

投稿: もうぞう | 2007年8月20日 (月) 18:52

yukitubakiさま
昨年に引き続き、今年も南アルプスを目指しました。
とにかく越後新潟からは目茶遠~い!
特に清水港から先が長いこと 長いこと!
手製の登山証明書発行 知らなかったわ。(∴GETならず)
記事アップこれから頑張ります。
北海道と異なりお天気には恵まれましたyo。ヽ(^。^)ノ

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月19日 (日) 15:28

赤鬼さま
いやはや かみさんが半分ほど運転してくれたけど何とまァ~
遠い事、遠い事。おまけにあの山奥が静岡市葵区!
吃驚吃驚しました。
さて翌日は、何処から登ったのでしょう。?(笑)
蚊に食われて痒くて痒くて 
蚊取り線香さえ有れば、問題無かったのですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月19日 (日) 15:18

南アルプス?!
いいなぁー☆ 赤石岳の小屋番さんが、一日で登ってきた人には、お手製の登山証明書を発行してくれるンだってね( ^^) _ロ~~☆ もしかしてぇ、GET!!してきたのかなぁ?! 
あぁ~ぁ、続きを早くぅ~UP…(゜-゜)キボウ☆彡

投稿: yukitubaki | 2007年8月19日 (日) 08:50

やっと荒川三山に行ったか。千枚からか、赤石からか
興味津々。おいらは赤石からだった。下山翌日、足を
痛めた連れを救援に千枚から悪沢の先まで行ったけど、千枚からの方が楽なような気がした。

投稿: 赤鬼 | 2007年8月19日 (日) 07:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/16145203

この記事へのトラックバック一覧です: 南アルプス バテバテ記(序):

« 酷暑 | トップページ | 南アルプス バテバテ記(千枚小屋) »