« 北へ向かって 【予定変更】編 | トップページ | コマクサ山行 (前編) »

2007年8月 4日 (土)

北へ向かって 【後方羊蹄山】編

当初予定では、精々最後の日はオロフレ峠かな?と想定していたのですが、幌尻岳登頂断念した為、時間的余裕が出来ました。

色々考え、結局昨年ガスの中、無理して登頂し、オマケに旧山頂(一等三角点設置場所)を山頂と思って引き返した羊蹄山(蝦夷富士)を再び目指す事に決定。

O夫妻も未登頂なので快く賛同してくれたのです。

それで 昨年無理に泊めて貰った倶知安の宿 牧歌 を予約したのです。

昨年の記事は→コチラ

■ 後方羊蹄山 1898m. 日本100名山

所在地  後志支庁 
      倶知安町・喜茂別町・京極町・ 真狩村・ニセコ町
山行日  7月14日(土)
お天気  曇/晴
同行者  O夫妻 相方 ジィ~ジ4名
行   程  半月湖野営場登山口(5:15)~三合目(6:15)~
       五合目(6:52)~七合目(7:35-7:45)~
       九合目(8:10)~山頂(9:10-9:45)~
       旧避難小屋(10:17)~七合目(11:08)~
       登山口(12:55)
       所要時間7時間40分 実質歩行時間6時間40分
高低差  1550m.
地   図  国土地理院地形図1/25000羊蹄山[北西] 

  * 写真はクリックで全て拡大します。

【記事】

山腹にガスは罹っているものの、昨年ほど今にも降りそう…と言う状態では有りません。

車も数台、テントも二張り、更に20数人のツアー登山者がWarmingUpの準備体操を終えスタートします。

登山口から暫く緩い道が続きますが、両脇は刈り払いされたばかりの様子です。

歩き始めて10分足らず、先行のツアーグループに道を譲ってもらいます。

   P10504641

      P10504661

途中には、オオウバユリが何株も見受けられます。

傾斜がキツクなり、風穴を越える頃から益々傾斜は厳しくなります。

   P10504691 P10504701

ジグザグに切られた急登を息切らし前進。
各ポイントには立派な合目標識がつけられています。

前夜宿泊の下山者から
「六合目から上は、ピーカンですよ!」と…

   P10504781

九合目ここは、山頂と避難小屋分岐点

   P10504941

見下ろせば、一面の雲海が拡がっています。

   P10504981
山頂付近は晴天に恵まれ

   P10505011

昨年見ること叶わなかったお鉢も…

京極コースを合わせ火口壁眺めながら、そのまま進めば、

   P10505021 P10505031

(左)昨年山頂と勘違いした一等三角点
(右)山頂は、少し先のピークです。

      P10505061

ジィ~ジ山頂にて、証拠写真です。

   P10505071

拡がる雲海

   P10505141 P10505151
(左)山頂から中央登山道を辿る事にします。
(右)稜線にはスタート時追い越したツアー登山者

   P10505221

登山道右手は、キバナシャクナゲの群生、今が花盛り

   P10505281

旧 避難小屋跡を行くO夫人と相方

   P10505321

九合目登山道から少し離れてエゾカンゾウの花畑

九合目からは、往路を戻ります。

下りは結構膝に負担が掛かる急勾配。

二合目下ではこんな出会いも…
   P10505391

登山口にはこんな概要標識が設置

   P10505431

前夜宿泊の ご飯宿 牧歌 へ立ち寄り下山報告
丁度 遅いお昼時、店にはお客が一杯です。

   P10505461
ガスが山頂向かって…
羊蹄山 その全容は今回も望めません

後方羊蹄山で、出会った花々
意外?と種類も多く、広範囲に

   P10504741 P10504811
   P10504821 P10504841
   P10504861 P10504871
   P10504881 P10504931
   P10504951 P10504971
   P10504991
   P10505041 P10505111
   P10505121 P10505231
   P10505291 P10505371

今回の、北海道の山歩きも、怪我も無くこれにて完了。

最後の最後にお天気に…(但し 山頂)

山から下り、共和町のワイス温泉で伸び伸び入浴。
(日帰り ¥400 安い 源泉かけ流し 湯量豊富)

小樽へ向かう途中で、今が旬のサクランボ買って、余市では当然のようにウイスキー試飲(但し ジィ~ジ運転当番にてお茶とジュースで我慢)。
楽しみは後に!  帰ってから飲んで楽しむ為、高級品のミニボトルをお土産に…

   P10505471 P10505481

観光バスも立ち寄りコースで大賑わいのニッカ余市

小樽の ビジネスホテルにチェックイン 夜は生BEERと寿司で乾杯打上げ小樽の夜を楽しみます。

想定外のお天気状況で予定変更されたり、眺望叶わず心残りの山もあったものの、それはそれ 全て良き思い出となるでしょう。

話の尽きないまま小樽の夜は更け行きます。

付)
7月15日 小樽から新潟向けて出航の日

朝の様子です。

   P10505521
朝の小樽運河 静けさ漂います

   P10505531 P10505541
ホッケの開き一匹丸ごと 烏賊1杯丸ごと
他にサービスの自家製ツミレ揚げ 腹は朝から満腹です。

これから帰路は20時間近い船旅です。

   P10505571

小樽港から新潟港目指して出航です。

出航するや否や、船室では缶ビールの缶が次々とカラになり積み重ねられ…

    この項 お終い。。。

   

   

   

   

   

    

|

« 北へ向かって 【予定変更】編 | トップページ | コマクサ山行 (前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

yukitubakiさま
最後まで付き合ってくれ有難うございました。
来年は、貴女も是非 北の大地へお出かけ下さい。
きっと笑顔で迎えてくれることでしょう。
新潟からは、時間さえあれば比較的樂に行けます。
食べ物旨いし、景色は良いし、山も etc
来年北海道に決まりだね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月16日 (木) 08:00

heppocoさま
コメント有難うございます。
確かにヒグマは大きくて、それだけで恐怖心を感じます。
小屋の主の話では、知床では人的被害殆ど無い、との事でした。
そうは言っても知らないところはヤッパリ怖いです。。
それでも毎年行きたくなります。魅力てんこ盛り
寝具持込素泊まり、寝具付き選択システムもいいかも…


投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月16日 (木) 07:05

オチカレェー!輝ちゃん。ヤッタネ☆彡
北海道~山行~山行~山行~☆~山行~新潟
後方羊蹄山のピーカン。!(^^)!オテンキバンザーイ。
山登りだけじゃない、観光もアリーノは、参考になりました。
ヨゥーシ・来年は北海道だぁ!! 
+.(*'v`*)゜+

投稿: yukitubaki | 2007年8月15日 (水) 08:47

北海道の旅、読ませて頂きました~。
最後に晴れてホントによかったです。
うちの隊長は北海道で育ったもので、「熊が怖いから北海道の山は登らん!」と言い切っており・・・
ガスガスでも羨ましかったです(コレが正直な気持ちです)
シュラフ持ち込みで2000円。面白い山小屋があるんですね。
建物もきれいだし☆

投稿: heppoco | 2007年8月14日 (火) 20:21

moeさま
コメント有難うございます。
大丈夫ですよ、きっと!晴れますって…
昨年に引き続き今年もまた北海道、着々と目標達成に向かって
前進中ですね。沢山の良い思いでが出来る事でしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 8日 (水) 21:45

輝ジィ~ジさん、こんにちは(´▽`*)
北へ向かってシリーズ(?)楽しく拝見させて頂きました!!
私達は明後日の夜から北海道へ向かって出発する予定なのですが、これから登ろうと思っていた山ばかりで、とても参考になりました。
ありがとうございます!
ただ週間天気予報を見ていると、北海道はあまり天気が良くなさそうなので、計画を変更するか考え中です(涙)
輝ジィ~ジさんも今回は天気にご苦労されていたようですが、最後の後方羊蹄山で素晴らしい晴天に恵まれ、本当に良かったです♪
私も輝ジィ~ジさんのように、たくさんの花を見てきたいと思います。

投稿: moe | 2007年8月 8日 (水) 16:20

sanaeさま
お陰さまで羊蹄山は一応のリベンジ、ポリシーを達成致しました。
今回は、お天気仕方がないものの、短絡思考(梅雨無し)は
問題あり。と学習しました。(笑)
また出来れば来年挑戦したく思っています。
お気遣い有難うございました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 7日 (火) 12:21

最後に素晴らしいご褒美でしたね♪
お花も展望もステキデス。
ホントに良かったです。
私も気持ちが晴れやかになりました。
皆さんのお気持ちさぞやと思います\(^o^)/

投稿: sanae | 2007年8月 7日 (火) 10:47

甘納豆さま
何時も有難うございます。
小樽の町は客寄せ上手ですよね。Locationいいから…
羊蹄山のリス縞がないから多分エゾリスかと思います。
羊蹄のリベンジ一応叶いました。
来年再び他の山のリベンジ兼ねて出かけたく思っています。
船旅は飲んで風呂入っての繰り返しなので省略。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 7日 (火) 09:47

輝ジィ~ジ様
 「朝の小樽運河 静けさ漂います」どころでは無いですよ。時間が氷漬けになってしまったような絵です。何か、北の大地を去り難いような雰囲気です。
エゾリス(ですか?)可愛いですね。
とにかく、最後に晴天の頂上に登れて何よりでした。
で、この次は20時間の船旅三昧のアップですか。

投稿: 甘納豆 | 2007年8月 7日 (火) 09:20

山いろいろ さま
お心遣い感謝いたします。(笑)
次回の 北の大地 晴男の貴殿に是非ご同行お願いいたしたく
今のうちから、予定を立てましょう。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 5日 (日) 19:01

終わり良ければ全て良し!。
とうとう最後まで晴れなかったら、なんとお慰めしようかと思って読み進んだら、天は見放しませんでしたね。(^。^)
ともかく湿気たっぷりの、デッカイドウの山を堪能された事でしょう。そして、次回はきっと好天に恵まれることでしょう。

投稿: 山いろいろ | 2007年8月 5日 (日) 17:11

赤鬼さま
今日は晴れてよかったね!
2度目の羊蹄山やっと父釜も見たyo。
来年はきっと一緒にまた北海道へ行こう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 5日 (日) 07:01

最後にやっと晴れたか。良かったねえ。お鉢が見えないと、この山の様子が分からないよね。下から見ると
全く小型富士山。来年はおいらも北海道行けるかなあ。

投稿: 赤鬼 | 2007年8月 5日 (日) 05:10

もうぞうさま
皮肉なものですネェ~
帰り際になり漸くお天気回復基調となりました。
また行く機会増えたと思うことにします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月 4日 (土) 21:00

長旅お疲れ様でした。
それにしても凄いバイタリティですね~

投稿: もうぞう | 2007年8月 4日 (土) 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/15980503

この記事へのトラックバック一覧です: 北へ向かって 【後方羊蹄山】編:

« 北へ向かって 【予定変更】編 | トップページ | コマクサ山行 (前編) »