« 北へ向かって(PROLOGUE) | トップページ | 北へ向かって 【斜里岳】編 »

2007年7月21日 (土)

北へ向かって 【羅臼岳】編

北海道の朝は早い。

4時少し前に起床、窓から外を見ます。

降ってはいないものの、ガスが立ち込めています。

シュラフを片付け、お湯沸し簡単な朝食を摂ります。

朝食を終え、身支度整え出発準備の最中、雨が降り出して…

最初から雨具着用の登山は、ジィ~ジの場合 滅多に有りません。

梅雨が無いと謂われる北海道を選んだのに… orz

(日頃の精進が悪いのでしょうか?)

外気温も10度を切っています。

この程度の雨では、取り止めるわけにも行きません。
(折角遠路遥々やって来たのです)

小屋の前に立てられた案内板をみて、概要確認します。

勿論 登山届けも投入。

   P10502371

愈々 今回の北海道シリーズ1座目の始まりです。

 ■ 羅臼岳 1660m. 日本100名山
所在地  目梨郡羅臼町 斜里町斜里
山行日   7 月10日(火)
お天気  雨/ガス
同行者  O氏 O夫人 相方 ジィ~ジ 計4名
行  程  岩尾別 温泉登山口(5:00)ー弥三吉水(6:25-6:33)
       ー極楽平(6:50)ー銀冷水(7:20)ー大沢入口(7:35)
       ー羅臼平(8:10‐8:20)ー羅臼岳山頂(9:05‐9:13)ー
       銀冷水(10:40‐10:50)ー岩尾別温泉登山口(12:25)

       所要時間 7時間25分 実質歩行時間 6時間45分
              登り 3時間45分 下り 3時間
高低差  約1300m.
地  図  国土地理院地形図1/25000羅臼[北西]     

【記事】

霧雨より少し強い雨の中、注連縄が張られ、神棚置かれた登山口をスタート。

ミズナラや トドマツ、広葉樹林混在の林の中にジグザグに切られた歩き易い登山道、視界は利かないものの、爽やかさを覚え気持ち良く高度が稼げます。暫く進むと、 《注意 ヒグマ多発区間》 の看板が下がっています。
(この先650m.岩峰までの区間は、登山道上にアリの巣が集中し、頻繁にクマが食べにきています。・・・・) と注意喚起内容が記入されています。

念のため、クマ避け鈴を出します。雨で登山道が濡れているせいか?蟻は見られません。

(昨夜の小屋の話では、クマさんによる人的被害はでた事が無いそうである。)

そのまま進むと、直ぐにオホーツク展望台にでます。

ガスで残念ながら、展望全く有りません。 晴れていれば…

この前方には、特徴有る溶岩円頂丘山頂も見える筈なのですが…
涙 涙・・・

歩き始めて約1時間強、尾根に取り付きます。650m.岩峰です。

   P10502401
    650m.岩峰 ココにもクマ注意の看板設置

霧雨煙る道端には、ゴゼンタチバナの花達も見られます。

やがて 弥三吉水 の標識にでます。

   P10502421
全行程7.2キロ 山頂まで残りは、4.3キロだそうです。

標識の少し下がったところからは、パイプを通して清水が勢い良く流れています。先行の3人組のパーティが、先へ進む準備をしています。

スタートして1時間30分弱、我等も休憩タイムを取り、甘味を口にします。

弥三吉水 をホンの少し進むと周りは、ダケカンバナナカマドに変わり、平坦な道が暫く続きます。小雨ながら雨は、依然止む気配全く有りません。

途中、 極楽平 と書かれた標柱が立てられてます。

ここで先行の3人組さんを追い越します。

風も冷たく、身体も冷えて寒さを覚えます。ジィ~ジは指先露出の手袋なので写真撮るのも難儀です。

極楽平を過ぎると、急に急登に変わり、途中の小沢にはブロック状の残雪が表れます。踏み抜かないように気を付け、通過します。

お天気になれば2,3日で消えることでしょう。

この急登の坂は、仙人坂と呼ばれています。

更に2人ずれのパーティに道を譲ってもらいます。

再び緩い道になりそのまま進むと、銀冷水 標識にでます。一寸立ち休憩とします。

休憩終わり前進すれば、ガスで煙る雪渓が現れます。

傍らに大沢入口の標識が…

   P10502451 P10502461

山頂まで2キロと表示されています。

昨夕、下山の若い登山者から「滑落者が出たが、軽微な怪我で自力で下りたようだ。」と監視員の竹田さんに報告が有った事を思い出します。

気をつけて登る事にしましょう。

雪渓は、高度差200m.強、距離 7~800m.位?

途中からかなり急登となります。

もう少し冷え込むと凍結する事が充分考えられます。状況に依ればアイゼンが必要となることもあるでしょう。

 *昨夕の情報に依れば、今年は例年より融雪遅れ雪の量が多いそうです。

喘ぎ喘ぎ雪渓をクリアすれば、また傾斜は少し緩くなり硫黄岳分岐にでます。

我々は、そのまま真直ぐ山頂方向へ進みます。

指がかじかんで、写真も旨く撮れませんが、傍らには様々な花が見られます。

   P10502471 P10502521
   P10502531 P10502551

メアカンフスマ、メアカンキンバイ、キバナシャクナゲ、イソツツジ
…etc etc 指の感覚なくなりそう・・・

この辺りから羅臼平です。
名の通り台地状で広場となっており、木下弥三吉氏のレリーフも納められています。

身体が冷えているので、温かいコーヒーで暖を摂ることにします。
指だけは相変わらず冷たく、仕方が無いので、自分の首筋に当てたり、胸に当てたり、そして両手を擦り合わせ温めます。

ハイマツ帯を容赦無く、冷たい強い風が吹き荒びます。

道の脇にはクマさん対策のフードストッカーも設置。

再び、山頂に向かって背の低いハイマツの中の道を進みます。傾斜は無いものの意外に疲れを覚えます。

寒さと風でスピードが乗りません。

それでもどうにか、漸く岩清水 清冽な冷たい水が滴り落ちています。

折角きたので、少し口に含みます。

   P10502561

岩肌には、白くイワヒゲがびっしりと…またイワウメも…
山頂まで600m.と表記されてます。

   P1050258 P10502591

雨に濡れる、エゾツガザクラ、ミネズオウ 健気に咲いています。

この先は、安山岩の巨岩で覆われています。

岩稜帯を注意しながら岩伝い10分程で、羅臼岳山頂到着 です。

岩場の為、極めて狭い山頂です。早速 証拠写真を撮影します。

       P1050265_1   
         ジィ~ジ&相方

   P10502631  
       O夫妻 

2人ほど、後続者が登ってきます。

風が強く、また山頂も狭い為、長居をすこと適いません。

晴れていれば、根室海峡を隔て北方領土国後島もきっと見えたに違い有りません。

10数年前の残雪期、アイゼン・ピッケル装備でガスの中、何とか登頂だけは果たしたと言う経験を持つO夫人またしても、羅臼からの眺望は得ることが出来ません。

夕べの小屋の話では、2,3日前も強風で岩を四つん這いで登り、山頂では柱にしがみ付き、吹き飛ばされそうだったとの話も聞きましたが、成る程 頷けます。

勿論我慢していても天候回復の兆しは100%有りません。

下山開始と致します。往路を忠実に下ります。

若いカップルが登ってきます。

岩清水から少し下った処で20人位のツアー登山者も山頂目指して…

更に羅臼平付近でまた10数人のツアー 更に個人登山者も何組か。

狭い山頂 きっと大変でしょう。
平日といえ流石人気の山 その程度が窺えます。

   P10502671 P10502701

再び、大沢の雪渓を下ります。

   P10502731

上部は、相当傾斜がきつく、つまらぬ怪我などせぬように慎重に下ります。

昨日滑落事故もこの辺りでしょう。

雪渓を下り終えて、銀冷水で一休み。高度が下がってきたのと、風向き変ったのか?風の運ぶ冷気がいく分和らいだような気がします。

前夜、小屋へやってきた地元の山の会の会長さん、オーストラリアの中年のご夫婦を案内して登ってこられましたが、夫人がお疲れのようで羅臼平で、登頂断念された由、我々の後を慎重にステップ切りながら、下山してきます。

銀冷水で我ら一服です。
直ぐに一行も到着、話に依れば通訳が同行パスしたので、話が通ぜず困ったとの事。それでもお湯沸し、コーヒーを勧めています。婦人はお疲れのご様子です。

    P10502752

会長情報に依れば、この標識 クマさんが両側削り取ってしまったとの事です。

ユックリ休んで、再び辿ります。

暫くしたら若いカップルに追い越されます。ヤッパリ若さには勝てません。

登山口近くには、ギンリョウソウが彼方此方に見受けられます。

   P10502831

登山口に置かれた神様です。

   P10502841

木下小屋のお2人に無事下山の挨拶、御礼申し上げ車に乗込み、地の涯ホテルの前の駐車場へ移動。
入浴したい旨頼むものの、団体さんが下りてくるので宿泊以外の方は、お断りとの答え。(団体の皆さん下山には、少なくともあと1時間半から2時間は掛かるだろうに…) 汗を流し、着替えるだけなのに…正直 あんまり良い感じは受けません。
お天気悪く無料露天風呂も寒そうだったのでスルー…仕方なくウトロの町へ向かいます。

ウトロで入浴施設彼方此方探しますが、時間が早く何処も営業していません。少し時間を潰して、2時から営業の町営日帰り温泉施設で漸く気持ち良く汗を流します。

風呂から上がってサッパリすれば、今度は空腹感が襲ってきます。

港へでて、港の婦人部で営業している食堂へ直行します。

ホッケの焼き魚定食とバフンウニを単品でオーダーします。

ヤッパリ地産地消 旨い事 旨い事!!!

   P10502871
    婦人部食堂前、ウトロ港の様子

腹も満たされ、我らは再び車中の人となり、次の目的地 斜里から清里へ向かいます。

途中コンビニで夕食そして翌日の食料調達、勿論 宿でのALCOHOLも…

今夜のネグラ 先年新装成った清岳荘です。

   P10502881
     ガスでかすむ清岳荘   

シュラフ持参なので、一人2,000円 調理場も使えます。
(昨年までは1500円?)

ここもツアー客居ないので、ユッタリと出来ます。

早速 一杯飲みながら 羅臼岳の印象など話題に事欠きません。

〝晴れたら国後もきっと…〟〝雨風吹いていなければ花たちも…〟

〝何時の日にか来ることできればせめてサシルイ岳(1564)からその先の硫黄山まで足を伸ばしたいネェ~〟

お天気に苛まれ、この日は残念ながら
    ↓    ↓
  …たら   …れば   話になってしまいました。

O夫人も三度目の正直に期待。 何時の日か 羅臼岳 ユックリと楽しむ事に致しましょう。

今度来るときは、羅臼岳フルに満喫したいと願います。
(皆さんの写真を見るとどうしても再度登らねば…)

隣の部屋で前日 羅臼岳に登り、今日お天気悪いので1日清岳荘で沈殿していたとの余裕の富山からの6人パーティとしばし情報交換。

相変わらず外は霧雨降り止まず。

さて 明日のお天気 期待できそうでしょうか?!如何。

           羅臼岳編 お終い  

|

« 北へ向かって(PROLOGUE) | トップページ | 北へ向かって 【斜里岳】編 »

登山」カテゴリの記事

コメント

kuwataさま
拙 駄ブログにお立ち寄り有難うございます。
下山の折、小屋へ報告されたお若い方かと存じます。
小生も雪国なのである程度雪慣れしていますが、お説の通り
装備もきちんとするべきでしょうね。
おまけに折角持参するなら尚更の事ですよね!
羅臼岳知床また歩かせていただきます。
コメント有難うございました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年8月16日 (木) 08:13

じぃ〜じさんの前日に登った者です。
 事故があったのは大沢の雪渓ではなく、山頂から羅臼平へ下る途中の雪渓でした。
 雪の多い年は大沢だけではなくその先にも雪渓があるので、軽アイゼンを使用される方は羅臼平にデポせずに持参された方がいいみたいです。
 ご参考まで。

投稿: kuwata | 2007年8月15日 (水) 23:31

まゆ太 姐さん
まゆ太チームはお天気に恵まれ、年寄りチームは雨に祟られ
皮肉なものです。老骨に鞭打ってまた挑戦するぞ!
アッ バフンウニとホッケ定食写真撮り忘れたぁ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月30日 (月) 22:04

おー、北海道シリーズがぞくぞくとUPしてますね!
うーん、あいにくのお天気でしたが、お花たちが景色を彩ってくれましたね!この時期ならではですねー
バフンウニの映像はないのですか?うーたべたいー(笑)

投稿: まゆ太 | 2007年7月30日 (月) 21:37

甘納豆さま
ココログ何をしようとしたのか長時間メンテナンスで失礼。
日頃の行い悪いのか?今回はお天気に恵まれず、些か残念な山歩きが続きました。でも元気であればまた行く事も出来るでしょう。
捕獲された熊さんには耳にタグをつけて有るそうです。
殆ど人は襲わないのだとか…でも半端で無く大きい。
今度北海道一緒に行きますか!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月25日 (水) 15:06

楽しみにしていた【羅臼岳】編、たられば道中になってしまいましたね。
東の端ですので、朝の早いのは納得、日本で一番早い日の出を是非見てきて欲しかった。
ヒグマの看板が多い割には「クマさんによる人的被害はでた事が無い?」、クマさんも遠来のお客には気を使っているのですね。感心な熊さん達です。
さてその次は・・・・・

投稿: 甘納豆 | 2007年7月24日 (火) 20:59

sanaeさま
今日は、
いつもどうも有難うございます。
sanaeチームもお天気が良くなかったのですか?
確か二つ池にテン泊された筈。つまりカムイワッカまで
行ったという事ですね。羨ましい。
今度リベンジご一緒しましょうか(笑)
木下小屋はいいですyo。お薦めです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月24日 (火) 11:56

私たちも同じようなお天気だったのでお気持ちよく分かります。
いつかお天気のときにまた登りたいものですね~
今度は木下小屋に・・・(笑)

投稿: sanae | 2007年7月24日 (火) 11:41

山空花さま
お早うございます。COMMENT有難うございます。
今年は、融雪がおくれ例年よりかなり残雪が残ったようです、
ホンとはその全容と、山頂からの国後島を見たかったのですが…
又行くつもりです。
何時の日にか、貴女も是非お出かけになってください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月23日 (月) 07:08

羅臼岳、雪渓もあるんですね。
っていうか、日帰りできるものなんですね。
北海道は未踏の地で全然予備知識がないんです(汗
いつかは!と思っているのですが。
その前に、輝ジィ~ジさんのレポで予習させていただきます。
このあとのレポも楽しみです。

投稿: 山空花 | 2007年7月23日 (月) 00:06

mikkoさま
COMMENT熱烈歓迎 ジィ~ジ夕方5時から現在10時30分まで飲みっぱなしだったんです。
たら れば どんな山でも二度歩けば、必ず見せたい顔出してくれます。お天気時季見ながら再度挑戦。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月22日 (日) 22:33

こんにちは!
お天気本当に残念でしたね・・・
GOLFでよく聞く“たら・れば”って登山でも
ありえる事に気がつきました。
きっと輝ジィ~ジさんにまた来てもらいたくて
おてんとう様が意地悪したのでしょう。
山頂でのお二人のお写真“いい感じ”ですね。

投稿: mikko | 2007年7月22日 (日) 16:21

えいじさま
ご無沙汰失礼致しております。
この度の北海道たまたま我々が行っている間だけ不順だったのです。
きっと日頃の行状ヨロシクないのでしょうね。(」反省)
晴れた山頂から、根室海峡隔てた国後島眺めたかったです。
また下から羅臼岳の全貌もね!残念

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月21日 (土) 22:03

山いろいろ さま
>梅雨の無い所に梅雨を案内するとは・・・なんともはや。
ほんとにどうなっているんでしょう?
何か自分の人生と似ているような… 逆へ逆へと
思惑からはドンドン離れていくような…
でも身体が続けばリベンジするもんね!
その時は付き合って頂戴。お ね が い。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月21日 (土) 21:59

ご無沙汰しております。北海道に遠征でしたか。憧れの羅臼岳まだまだ寒そうですね。今年こそはと思っていましたが難しそうですので、来年こそトライしたいと思っております。

投稿: えいじ | 2007年7月21日 (土) 21:47

いやいやお疲れさんでした。
でもまぁ、ものは考えよう。登れただけでも良しとしましょう。
しかし、梅雨の無い所に梅雨を案内するとは・・・なんともはや。

投稿: 山いろいろ | 2007年7月21日 (土) 21:43

赤鬼さま
全くCOMMENT通り
来年一緒に行こう、付き合って頂戴。
返せ 国後島と叫ぼう。
大沢例年より融雪遅れているそうです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月21日 (土) 20:55

おうおう寒そう。大沢いっぺこと雪あるねえ。雪が無いと、花がふっとつ咲いているんだけどなあ。
ほっけ旨かったろう。北方領土見れなくて残念。

投稿: 赤鬼 | 2007年7月21日 (土) 20:38

いめかさまさま
>果てしない大空と~♪ 広い大地のその中で♪
その地元も行きましたyo。(足寄)
今回の北海道の山旅、~ん 何と言っていいのやら…
でも 北海道はいい所、旨い物選り取り見取り…
貴女もこれから幾らでも行くチャンスありますyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月21日 (土) 20:13

もうぞうさま
因りによって悪天候のど真ん中に当りました。
北海道はやはり広いところです。ほんの2日も前後すれば
何も問題なかったのですが…リベンジの機会が要りそうです。
北海道は何度行っても魅力溢れています。
大沢雪渓、雪国新潟育ちの人は大丈夫(但し凍結していなければ)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月21日 (土) 20:07

果てしない大空と~♪ 広い大地のその中で♪

あっというまに、もう第二偏ですネ…
観光には行った事はありますが山にはご縁が
ありません。
一番の問題は日にちでしょうか…
ブログの写真を見てると、行きた~~い!!
いつかいける時を夢みてます。


投稿: いめか | 2007年7月21日 (土) 19:58

天候不良で残念でしたね~

それにしても、なかなかな雪渓のようですね。
私だったらアイゼンが要りそうだ。

投稿: もうぞう | 2007年7月21日 (土) 19:31

yukitubakiさま
COMMENT有難うございます。羅臼岳登頂は果たしたものの
その姿も、オホーツクの海も、北方領土国後島も…
正直悔いが残らないと言えば嘘になります。
だって90%以上其の魅力を堪能できなかったんだもの!
身体が持つなら来年でも又挑戦 リベンジするぞ。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月21日 (土) 19:15

輝ちゃん!!
うぅ~ン、羅臼岳登頂。バンザーイ!!
熊に遭わずに、よかったねぇ!
国後島が見えれば良かったねぇ。なんだか、私も残念だぁー(-_-;)。
標高が高いわけでもないのに、山頂までのアプローチが長そうね??
輝ちゃんブログを読んだら…あぁー、行ってみたいよぅー!
続きのUP。メッチャ楽しみだぁー。ら・びゅ~ん!

投稿: yukitubaki | 2007年7月21日 (土) 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/15824037

この記事へのトラックバック一覧です: 北へ向かって 【羅臼岳】編:

« 北へ向かって(PROLOGUE) | トップページ | 北へ向かって 【斜里岳】編 »