« 予定変更で飯縄山へ | トップページ | 新潟 彼方此方① »

2007年6月28日 (木)

梅雨時の平標山~仙ノ倉山

22名での飯縄山のお誘い山行を終えた翌日は、O夫妻と4人で平標山です。前夜の予報では何とかお天気もちそう???

 ■  平標山 (1984m.)
     仙ノ倉山 (2026m.)

 所在地  南魚沼郡湯沢町 群馬新治村
 山行日  6月24日(日)
 お天気  晴/曇/雨
 同行者  O夫妻 相方 計4名
 行  程  松手山登山口(7:57)~第一鉄塔(8:43‐8:50)
        ~松手山(9:18‐9:28)~平標山(10:28-10:32)
        ~鞍部木製テラス(10:40-10:55)~仙の倉山
       (11:20-12:08)~平標山乃家(13:00-13:15)
        ~旧 登山口(13:52)~元橋P(14:35)
       所要時間約6時間40分 実質歩行時間約5時間
 高低差  950m. 1000m.
 地  図  国土地理院1/25000地形図三国峠【北東】

【記事】     *写真はクリックで全て拡大

国道に隣接の広大な 元橋の駐車場、8時前でありながら、普通車100台以上、マイクロバスも数台で朝から大賑わい。中には湘南や福岡ナンバーまで…

まさに全国区 人気の山 なのです。

仕度を終えた人達が、登山口に向かっていきます。

ジィ~ジ昨年 6月25日以来です。記事は→コチラ

8時少し前、松手山登山口のジグザク階段登山道をスタート。

   P10500441
         松手山 登山口

ジグザグに高度を稼ぎますが、スタートから10数分勾配も少しきつくなり始める頃、前を行く20人超の団体グループに先を譲って貰います。

樹間に切られた登山道にはハイカーの切れ間有りません。

   P10500451
     鉄塔に向かってハイカー切れ間なし

振り返れば、苗場山も望めます。

この辺りから足元には、アカモノ 目を転ずれば ヤマツツジ 

   P10500471
             
ヤマツツジ

   P10500491
            オオカメノキ

松手山登山口から約45分で第一鉄塔 見晴らしの良い台地状の広場となっているので数十人の登山者が休憩、各々水分補給したり、行動食を摂ったり、或いは疲れてグッタリしたり…

   P10500501
     第一鉄塔 周辺の様子

鉄塔先のピークを指差し
「平標の山頂はあれですか?」 と聞いてくるご仁も… 
これには流石に(@_@)

水飲み、甘味摂り、汗を拭き前へ進みます。
周辺の花々 眺めながら…

   P10500531 P10500541
   P10500551 P10500571
     アカモノ ツマトリソウ サラサドウダン ウラジロヨウラク

眼前の小ピークを越えれば、ここは風の通り道。肌寒い風が相当強く吹きつけ、汗ばんだシャツがヒンヤリ肌にまとわりつきます。
鉄塔から30分ほどで松手山到着です。

   P10500581

ここでも たっぷり休憩 越後名物 笹団子 を口に…

この先はクマササたなびく 稜線漫歩 
ジィ~ジは、このたおやかな感じがたまらなく好きなのです。

   P10500591

   P10500611

大山祇神社を祀る石祠のガレ場を過ぎれば、平標山頂は間近になります。
登山道の左手に突然、ハクサンイチゲの群生が現れ、目を奪われます。

   P10500641
      ハクサンイチゲの群生

さらに 足元には
ヨツバシオガマ、ハクサンチドリ

   P10500601_2
      風になびくヨツバシオガマ
ハクサンチドリ 撮り忘れ

イワカガミやミツバオウレンなども…

   P10500651_1 P10500671_1

特にミツバオウレンがこの付近では多く見受けられます。

登山口から休憩入れて丁度二時間半

10時28分 平標山山頂到着

   P10500681_1
        山頂標識と三角点

強烈な湿り気を含んだ冷風が吹き付けているので登山者の皆さん風除け見つけ、シートを広げて休憩しています。

一寸 寒さ堪え、立ち休憩して周囲を見渡しますが、遠望はあまり利きません。

我がチーム 当然ながら仙ノ倉山目指し、木製階段下り、お花畑の コルへ…

   P10500691_1
     仙ノ倉山から谷川岳に繋がる登山道

鞍部のテラスでティータイムと洒落ます。
行き交う人達の殆どは雨具の上着着用し風対策していますが、お馬鹿なジィ~ジは、半そでアンダーシャツ1枚で痩せ我慢。

隣のグループはコンロで肉を焼いているのか 旨そうなニオイ。。

この木製階段の両サイドは植生保護の為にロープが張られて居ますが、多彩な色の花々の競演 オンパレードです。

濃いピンクの今年初めて見るハクサンコザクラが風に吹かれ懸命に耐えています。この花に会いたくて何度も足を運ぶのです。

   P10500711_1
      風にたなびくハクサンコザクラ

   P10500751_1 P10500781_1
      ミヤマキンバイ          ハクサンシャクナゲ

勿論 ハクサンイチゲ や チングルマも 群生してます。

仙ノ倉に向かって再び、歩き始めますが、振り返れば…

   P10500811

苗場山をバックに、平標山と往路の軌跡がハッキリと

行く手には谷川岳への山並が続きます。

   P10500821

真夏・真冬を除き、三国山から谷川岳への縦走を含め、残雪求め、花求め、紅葉求め、そして満足求めて もう20回近くは歩いた好きな山です。
(新潟からACCESSも便利と言う理由も有り)

11時20分 仙ノ倉山 山頂到着。

   P10500841
     谷川山塊最高峰 2026m.

谷川連峰の最高峰です。晴れれば富士山始め360度の眺望を独り占めできるところですが…今回は、残念ながら。。

この山頂も吹き曝し、数組のパーティは夫々風を避けて休んでいます。

早速我々もシートを広げ ランチタイムとします。

500㍉ 1缶のBEERで我慢のジィ~ジです。

この先に続く谷川岳へ再び歩いてみたいと思うものの、どんどん気弱になってきているのを自覚するジィ~ジです。

ランチタイムが終われば往路を戻ります。

再び イチゲやコザクラの花たちに癒されながら…

それでも平標山への階段登り返しは休んだ後なので結構くたびれるのです。

   P10500871
   P10500901

平標山の山頂から道を左に分け入ります。
目的は改築なった山の家を見る為なのです。

   P10500911

階段をトットコ トットコ下ります。
(ホンとは階段好きじゃないのですが…)

小屋の手前に近づくと
ワタスゲやイワイチョウも見られます。

   P10500921 P10500931

改築なった平標山乃家 に着くと同時にポツリ と雨が当りだします。

雨具を着たり、休んだり小屋の中は大賑わい。。

   P10500941
     改築なった  平標山乃家

 トイレやら以前と少し配置が変って…

出来立てのせいも在るけど見違えるように綺麗に…

結構 この日も泊り客ある様子です。

我がメンバー雨具の上着着用し下山準備しますが、おばかなジィ~ジは面倒なので〝まぁ少しくらい濡れても…〟

小屋を後に下山開始をします。暫くは急な登山道 前行くグループが道を譲ってくれます。雨は止まないものの樹木の梢に遮られ濡れるほどでは有りません。

ズンズン下り、やがてカラマツ林に変る頃、傾斜も緩やかになります。

   P10500971
     カラマツ林の緩い傾斜の登山道

ここから暫くで、昔の登山口につきます。

   P10500981

平元新道登山口です。

以前はゲートを通りここまで車が入れましたが別荘地が出来てから一般車は通行不可なのです。

ここから長い林道歩きのアルバイトが待っています。

雨は強さを増し、シャツも濡らしますが、お馬鹿ジィ~ジは 〝濡れた序で〟あまり気にしません。傘さしたり雨具を着ている皆さんから 奇異の目で見られる 阿呆 ジィ~ジ。。

雨に打たれ沢音聞きながら別荘地まで辿れば、広大な駐車場に戻ります。

   P10500991

雨は勢いを増してます。ジィ~ジはビショビショ。

早速 車に乗込み下着の着替えをするのです。

靴を履き替え 帰りは定番 宿場の湯 立ち寄り。。
温泉に浸り汗を流します。

雨は勢い増すばかり…
まぁ 良い時間に下山できて良かった!?

天気予報 悪化予想がかなり早まったようです。

温泉出れば、R17を大和PAまで後はETC通勤割引最大限利用して新潟へ戻ります。

珍しく新潟に向かうにつれ雨は小降りに、家に着く頃にはスッカリ晴れてくれたのです。

ハードな山では有りませんが、何とか連荘山歩きをすることが出来てなんとなく夏本番に向けて少しだけ自信を深めるジィ~ジです。

      この項 お終い

付) 
前日 飯縄山から帰り、花の平標山は如何?かと思い、sanaeさんチームに連絡入れたところ、粟ヶ岳から既に庚申山の登山口近くについているとの事 残念~ 又の機会と致しましょう。

人気の山ブロガーまゆ太さんのレポ(23日平標~仙ノ倉)に依れば、前日はお天気が尻上がりに良くなり、富士山もハッキリ、ハクサンコザクラも写真バッチリ これまた残念~   

   

|

« 予定変更で飯縄山へ | トップページ | 新潟 彼方此方① »

登山」カテゴリの記事

コメント

yukitubakiさま
コンバンワ
小屋改築ユンボはヘリで運んだんだろね!(当たり前!?)
昔 昼過ぎに三国峠から三国小屋そして平標山乃家で1泊。
翌日お昼には谷川肩の小屋でしたyo。
以前は、登山口まで車も入ったけど今は林道歩き…かなり嫌
>秘密の花園??? アリーノでした。エヘッ!
何処よ!それ!おせえて お願い。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年9月11日 (火) 22:11

輝ちゃん!!
UPした時にメンメを皿にして読みましたyo。
平標山乃家をユンボで解体しているときに行ったんですyo。改装の小屋にお泊り山行したいなぁ~、って思いながらね(^^ゞオトマリ~!
木道も、林道もヘロヘロで行ってきましたyo。
秘密の花園??? アリーノでした。エヘッ!
谷川岳まで縦走してみたいものですねぇ?!
遅いリアクションで(=_=)ゴメンです。。。

投稿: yukitubaki | 2007年9月11日 (火) 20:59

山いろいろ さま
日頃行いが宜しくないと雨にも遭うのです。前日は参加者の
精進のお陰でぽっかり晴れたのですが(飯縄山行時)
この日は風が強く、花の写真もサッパリで…
でも 特に目的の無い時にはツイツイ平標山へ足が向きます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月 5日 (木) 17:41

丁度1週間前に登っていたのね。
雨に会わない分だけ、自分達のほうが得した気分です。

投稿: 山いろいろ | 2007年7月 5日 (木) 15:39

あきさま
毎度お世話様です。
平標山の花を見るには、例年6月の最終週の平日の晴れ間が
最高かな?と思います。これからはニッコウキスゲがが
山肌を黄色く染める事でしょう。
梅雨明け、夏本番は、どちら狙い???楽しみですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月 3日 (火) 07:24

Mrs.Kさま
comment有難うございます。
谷川縦走幾つもコース有りますが、お昼頃三国峠から三国山へ
そして平標山の家で宿泊し、朝5時頃谷川岳へ向かって出発
お昼頃には谷川岳山頂に着けると思います。
我がチームそんなに早くありませんyo。なにせ年ですから…
馬蹄形縦走より樂かも知れません。
後は、ACCESS時間プラスしてください。
基礎訓練が出来ているあなた方 全く問題ないと思います。
今からであれば 初秋でもいいかも  是非

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月 3日 (火) 07:16

お花いっぱい咲いてますね~ 私も次はこのくらいの時期に登ってみようかと考えています 今年は梅雨の晴れ間と休日がなかなか合わないので苦戦してます 梅雨明けが待ち遠しいですね

投稿: あき | 2007年7月 3日 (火) 00:27

あ~やっぱり平標から谷川への縦走したいです。
地形図、登山地図を見ながら記録読みました。
歩きたいです。それと皆さん健脚ですね~。

投稿: Mrs.K | 2007年7月 2日 (月) 23:42

tomomiさま
今晩は comment有難うございます。
この山は、新潟から何気に近いこと。更に谷川岳への縦走路とか、
勿論 景観、花など…好きな山なので回数は多くなりました。
でも残雪期は兎も角、貴女方のように新雪スキーなどは
夢のまた夢なのです。スキー出来る人、尊敬しちゃいます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月 2日 (月) 21:18

輝ジィ~ジさん、こんにちは。
1週間違うだけでも、お花の数が増えていてビックリ!
ハクサンチドリや、ヨツバシオガマはまだ咲いていませんでしたよ。
こちらで楽しませてもらいました。
それにしても、20回も訪れているなんてすごいですね~
いつの季節でも楽しめる山で、私も好きです。
次は秋かな、雪山かな~?

投稿: tomomi | 2007年7月 2日 (月) 20:00

風花爺さんさま
お立ち寄り有難うございます。
大姑娘山ブルーポピーが見たいなぁとは思っているのですが…
大雪山・黒岳中腹ではもうエゾコザクラ咲いていましたか!
平標山の家 改築の様子は新潟の地元新聞にも結構大きく
報道されました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年7月 1日 (日) 17:58

ハクサンコザクラ、いいですね。
私も大好きです。
03年、中国の「大姑娘山・タークーニャンシャン」に登ったとき、この花の群落の中でキャンプしました。
また先日「大雪山・黒岳」の中腹で「エゾコザクラ」を見ることができました。
両者の違いはわかりませんが・・・。
「平標山の家」はすっかりキレイになったようですね。

投稿: 風花爺さん | 2007年7月 1日 (日) 13:31

山空花さま
今日は comment有難うございます。
苗場 ニアミスですね!残念残念。
苗場も花と池塘で良い所ですが、ハクサンイチゲの群生は平標山?
ハクサンコザクラの群生で好きな山は火打山の高谷池から天狗の庭
山と花、そして青い澄んだ空 良いですね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年6月30日 (土) 13:25

平標山、さすがに人気ですね~。
この日は我々はお向かいの苗場山に行っておりました。実は毎年行っている平標山とどちらに行くか悩みましたが、今年は違う山へということで苗場山にしてしまいました。
う~ん、残念!!行っていればもしかしたら輝ジィ~ジさんにお会いできたかもしれないのに!!

ハクサンイチゲとハクサンコザクラの群生はやっぱり見事だったんでしょうね~。苗場山も良かったですが、レポ読んでかなり後悔しております・・・orz

投稿: 山空花 | 2007年6月30日 (土) 11:53

まゆ太さま
お忙しいのにcomment有難うございます。
この日、雨にさえ当らなければ言う事無しだったんですが…
あそこは何時も風の通り道ですからね。
お祖母様85歳誕生会 おめでとうございます。
幸い我が相方の母も85歳で健在です。ありがたいことです。
明日 どこか行きたいのですが、候補がなかなかきまりません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年6月30日 (土) 09:19

1日違い、本当に残念でしたねー
曇り空ですけど、高雲で展望がきいていてよかったですね。この時期はそのくらいの天気の方が、お花もイキイキ、あと歩くもしんどくなくて、快適かなーと思います。晴天は熱中症になりかねません(^^;←よみがえるいやな記憶・・・
風はわたしが行ったときも強くて、花の写真、何枚も取り直してます。とくにハクサンコザクラちゃんはむずかしかった・・・。モブログ写真をとるのに15分くらいかかりましたから。 そこまでしなくても・・・って話もありますが(汗
今週末もどこかお山へ?わたしは今日は85歳になる祖母の誕生会です。そろそろ準備しなくちゃー。ではでは。

投稿: まゆ太 | 2007年6月30日 (土) 08:22

もうぞうさま
お早うございます。何時も有難うございます。
この鉄塔確かに大きいですネ!
いろんな意味で格差是正の仕組みが必要なんでしょうが、実情は…
小生もダラダラずるずる暮らしている典型的定年人生生活者です。
只 歩けるうち、遊べるうち、学べるうち が 花と
思ってはいますが…
段々Negative思考になりつつあります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年6月30日 (土) 08:05

ここの送電線鉄塔は、真下から見ることが出来、その大きさにビックリです。
新潟からの電気を東京に送っているのだと思うと複雑な思いです。

それにしてもジィ~ジ殿のバイタリティーには、恐れ入ります。
よく定年になってヒマになったら、あれもやろうこれもやろうと思っていたが、いつでも出来ると思うと・・・何とか理屈を付けて、1日延ばし。
結局、何もしないでずるずると暮らしてしまう。
なんて人が多いと聞きます。

投稿: もうぞう | 2007年6月30日 (土) 06:24

穂高&K さま
今晩は!!実はお待ちしていたんですよ。山頂で…(笑)
何と無く癒されます。この山は。。
もう暫くでキスゲが咲きそうです。何時も花が沢山。
何時かご一緒致しましょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年6月29日 (金) 21:29

私たちも好きです。この山並み、雪の多い新潟の山の独特の感じ、笹とお花の戯れるこの眺め、アルプスには無い新潟東北の独特の雰囲気、ゆったりしますね。暫らく離れていましたが、又味わいたいと思います。

投稿: 穂高&K | 2007年6月29日 (金) 21:21

赤鬼さま
生活サイクル以前と随分変わったねぇ~
バイト始まったの?
明後日は晴れそうだね!
一杯楽しんできてください。
富士山見えるといいね。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年6月29日 (金) 21:06

明後日が楽しみ。天気いいもんねえ。奥方達元気そう
ですなあ。ハクサンコザクラが待ってるだろう。
今はバイトの仕事を覚えるのに四苦八苦。
早く明後日にならないかなあ。なんだか文章が支離滅裂になってきたので、この辺で終わりとします。

投稿: 赤鬼 | 2007年6月29日 (金) 21:02

to トシちゃん
我がチームも年々体力落ちてますから、そんなに早く
且つ永い時間歩けませ~ん。
是非 三国山からの谷川縦走挑戦してみてください。
初夏が日も永くお薦めです。
汗っかきジィ~ジは、雨具で蒸れるのが不快なのと、
跡始末をなるべく省きたい無精者なのです。
今後なるべくご指示に従います。
新潟の週末はお天気予報があんまり…
もう候補きまりました?
でもトシちゃんホンと優しい! 夫の鏡です。
ジィ~ジも何時も無駄な抵抗で撃沈。。(泣)


投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年6月29日 (金) 18:15

ご連絡いただいたのにご一緒できなくて残念でした、
でも亀足の私では到底付いて行けません。

自分達もいつか残雪の頃「谷川~平標山」縦走を
したいな~ぁ と話しているんですが・・。

ジィ~ジさん 「水も滴る・・」は分かりますが
雨具持参ならお早めに対処された方がよろしいかと
思います、お互い若くないのですから・・(笑)

さて また週末ですね
わたし 万年疲労です(泣)

投稿: トシちゃん | 2007年6月29日 (金) 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/15582840

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨時の平標山~仙ノ倉山:

« 予定変更で飯縄山へ | トップページ | 新潟 彼方此方① »