« 今年のお花見は… | トップページ | GW前半 IN TATEYAMA その2 »

2007年5月 6日 (日)

GW前半 IN TATEYAMA

GW前半は…

昨年は、29日、30日でしたが、今年は天気具合予測して2日早く、27日、28日で、行き先は、昨年同様ジィ~ジがこの世に生を受け、高校卒業まで朝な夕なに仰いできた立山です。

昨年の記事は、→ コ チ ラ

4月27(金) 晴

今回もO夫妻と4人のメンバーです。

昨年と同じく3時半頃 新潟西ICスタート。

立山IC手前、有磯海SA で休憩ユックリと朝食を摂り、再び出発、立山駅到着は6時40分過ぎです。

平日の為? 昨年と大違いで周辺は閑散そのもの。
ケーブル駅前の駐車場に楽々駐車出来ます。   

Tateyamaeki_1

始発ケーブルは7時 ところが美女平からのバスが7時40分との事。短い時間のケーブル乗車、上で待機していても仕方ないので敢えて2便の7時20分と決めます。

29日からのGWは、ケーブル始発も早くなり、室堂行き直通バスも運行され人員輸送の対応がされます。

この度の立山 HAPPENINGが…それなりに

HAPPENING その1

予定通り、美女平7時40分バス発車。途中車窓からの北アの女王〝薬師岳〟も相変わらず美しい。(ガラス越しの為、写真なし。) 

ところが!!!

室堂直行の筈ですが レレレッレ

弥陀ヶ原でバスは停車… …何で???

理由)

前日雪が降り、雪壁を塞いでしまい目下除雪中との連絡です。ロータリー除雪車が唸りを上げ雪を吐き出し健闘しています。ここで約30分弱待機です。バスから降りて状況確認です。

   Jyosetu_taiki
  バスから降りて、一寸一服一休み。。

9時少し前に漸く、室堂ターミナル到着です。

除雪の為 時間を費やすなんて 想定外!!

 小さな一寸したハプニングでした

でもこの度は、何処を登るか特に決めては居ません。

昨年は、雄山登頂 (O夫妻は別山乗越まで縦走) 
サテ これからどうしよう。。。

先ずは一ノ越に向かって見ることに…

ここ2,3日新雪積り、純白でバフ バフ バフ バフ ♪♪

   Oyamamukatte
    
一ノ越山荘、雄山に向かって (クリック拡大)

前泊のスキーヤー ボーダーの先導が2,3組だけ、山へ向かうパーティは、我がロートルチームのみです。

新雪が降ったので10センチほど潜りますが、ツボ足で歩く事が出来ます。
クラストの入った部分に陽の光がキラキラと眩く光っています。

   P10403681
   雄山に陽が当たり光り輝いて…(クリック拡大)

一の越山荘は、従業員の若者が総出で雪掘り真っ最中。

流石に風も肌を刺しマイナス12,3度冷たい。
雨具をWINDBREAKERとして着用し、更にアイゼンを装着します。

眼前の針ノ木岳更に笠ヶ岳から槍ヶ岳そして穂高…何時もながら良き眺めです。只し、残念ですが富士山は今回見えません。

   Harinoki
    針ノ木岳方面(クリック拡大)

東一の越方面に下るスキーヤーが2,3人、雄山へ向かう登山者は1名です。さて我々はどこへ向かうか決めねばなりません。

雄山は昨年も登ったし、イッソこの時期この近くで登った事の無いところへ行こう!!

この近くのピークは龍王岳(2872m.) 勿論 薬師への縦走の折とか二度程、登頂の経験有りますが、残雪のこの時期は未経験です。

衆議一決 一ノ越山荘の脇から龍王を目指します。

   Touketu
    露出の岩は、シッカリ凍結(クリック拡大)

 P10403781 P10403791
 龍王岳を目指します。(クリック拡大)

心地良くサクサクとアイゼンが利きます。
誰も居ないところを好きに歩けると結構贅沢な気持ちになれます。

   Hakusann
   富山大学立山研究所から白山遠望(クリック拡大)

平野隔てて遥か彼方には、加賀の国 白山がその姿を…

ザックをデポし、ピッケル片手に愈々龍王目指し…

   P10403911
   五色ヶ原 上段は雲の平、北アの山並(クリック拡大)

ATTACK ATTACK ATTACK  
   Atakku
   P10403951
   Ryuuou

ジィ~ジと相方も同行です。
数センチの新雪が被っていますが、岩肌の上はピッケルもアイゼンの爪も立たない凍結状態。氷をカットしながら一歩一歩登りますが、 なにせ技術力が無く、且つBALANCE感覚の無いジィ~ジは、山頂より高度差約30m.の地点で、ハイタイ~!! 
流石に凍結状態から判断して相方も同調です。
結局 O夫妻2人で登頂して貰う事に… 
慎重に足場を築きながら一歩一歩 …登頂です。
おめでとう。。ヤッパリ技術が違います。

下りは、登りよりも遥かかに危険状況増します。
O夫人  下りてから 「凄くコワカッタ~ 」 との言。

龍王岳をあとにして4人は浄土山(2831m.)に向かいます。

マッタリと広い山頂。我々4人の世界です。贅沢を絵に描いたようです。

   Jyoudo
   劔岳も頭だし (クリック拡大)

浄土山  占拠ダ!! 誰も居ませ~ん。

   P10404241
 
  飽かず劔岳眺めるO夫人と相方(クリック拡大)

雄山から別山の稜線、そして劔岳も堂々とその姿を…

Turugi2_1劔岳遠望  (浄土山より)

HAPPENING その2

絶景を充分満喫した我々、ルンルン(古い!?)気分。
室堂平への下山を夏道方向へとっても面白く無い。
「直接往路へ取り付こう」 と 30度近い勾配をトラバース気味に下降開始です。所々クラスとも入っており、慎重に進みます。遥か眼下に一の越に向かうスキーヤーも米粒状態で散見されます。

高度差100メートル強程、下ったでしょうか?急に勾配はきつさを増します。どの方向を見ても楽な傾斜は有りません。所々突起した岩もあります。ジィ~ジの技量では、無理しても時間と危険が伴うだけです。未だ暫く山を楽しみたい!!結局登り返す事に決定です。30分以上費やして漸く浄土山の一角へたどり着きます。

アイゼン ピッケル歩行訓練になってしまいました。

 これまた 思わぬHAPPENINGです。

再び龍王岳方向に進路を取ります。
足元には 餌が乏しく更に寒さで凍死?したのか イワヒバリの屍骸が何羽も見受けられます。

   Iwahibari
    凍死したイワヒバリ (クリック拡大)

龍王岳へのルート近くに着きます。ここからは一ノ越山荘へわざわざ寄らなくても急傾斜でも下れそうです。

一ノ越山荘付近に向かうボーダー、スキーヤーもまだ何組か見受けられます。我がロートルチームひたすら下ります。

   P10404331
  一ノ越への往路は近い モデルO氏 (クリック拡大)

ミクリが池もまだ雪で埋まってその姿は望めません。

ジィ~ジの好きな奥大日岳も目も前に迫ってきます。   Okudainiti 地獄谷と奥大日岳(左肩大日岳)

雷鳥沢の幕営地にはカラフルなテントが10張り程度です。翌日は大混雑する事でしょう。

今夜の、我がチームの宿は、昨年同様 雷鳥荘 です。

この宿の 温泉展望風呂がお気に入りなのです。

温泉入浴の後の夕食時間までは、何時も通り持ち寄りのALCOHOLやツマミでユックリと寛ぎます。

   Yuusyoku
    夕食MENU (クリック拡大)

夕食時には改めて 乾杯~。。

富山湾の 蛍烏賊やカジキマグロの昆布〆の刺身、蒲鉾入りの鍋、等が用意されてます。

チョコット飲んで、腹いっぱい食べて、よく喋って部屋に戻れば、後は 気持ち良く寝るだけです。

翌日の予定は別山乗越まで登り、劔岳の雄姿をカメラに収めようか…

お天気予報は、一寸急に変わったようです…

HAPPENINGは翌日に続きます。

        To be continued   

   

|

« 今年のお花見は… | トップページ | GW前半 IN TATEYAMA その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

heppoco さま
comment有難うございます。
お褒めに預かりお恥ずかしい限りです。この時期お天気に
恵まれれば、貴女であれば、きっともっと素晴しい画像を
撮る事が出来ますyo。来年はsanae隊と一緒に是非新雪を
楽しみたいものです。是非是非!!
イワヒバリ10羽近く見ましたよ。少し硬かったかな?
自然の摂理の一環でしょうが矢張り可哀想ですね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 9日 (水) 20:37

もう!ポスター?カレンダー?にしたいくらいの雪景色!
最高ですね~☆彡

凍死したイワヒバリ・・・カチカチなんでしょうか?
間違ってこんなところに来ちゃったんでしょうか?
鳥が凍死するなんて、初めて見ました。

投稿: heppoco | 2007年5月 9日 (水) 20:04

山空花さま
comment有難うございます。熱烈歓迎です。
この時期の立山はお天気さえ良ければ、極めてpopularな山域かと思われます。ピッケルとアイゼン携帯すれば、よほど特別なところへ行かない限り、先ず問題ないものと思われます。我が生まれ故郷の山でも有りますが、是非来年挑戦されますようお薦めいたします。
お天気に恵まれれば、きっと満足される事請け負います。
面白いハプニングで有ればいいのですが…?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 8日 (火) 15:10

はじめまして。
先日は拙ブログに遊びにお越しいただきありがとうございました。あつかましくも、遊びに参りました。
今後ともよろしくお願いいたします。

GWはさすがに輝ジィ~ジさんですね~。
新雪が心地良さそうで、とても羨ましいです。
やっぱり雪山はレベルが高そうで、私にはなかなか挑戦できません。
でも、この雪のおかげで夏には可憐な花が咲くのでしょうね。
このあとの後半のハプニングが気になります…。

投稿: 山空花 | 2007年5月 8日 (火) 12:27

あきさま
comment有難うございます。
昨年は残念でしたね。来年是非再挑戦されますよう
御地からであれば雄山、或いは別山乗越程度は日帰り圏内です。
奥大日の姿、小生毎年見ても飽きないのですよ。
食べ物美味いし、富山へどうぞ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 8日 (火) 07:03

奥大日岳の景色が素晴らしいですね 昨年春のアルペンルート開通と同時に無謀にも立山へ向かい、強風のため見事に敗退してきました それ以来いまだリベンジできずにいますが、室堂に向かって戻るときにとても存在感があって目を奪われた記憶があります クリームのような景色‥また行きたいと思いました 

投稿: あき | 2007年5月 8日 (火) 01:39

sanaeさま
先日は、どうにか再びお会いでき嬉しかったです。
>私たちには到底力及ばずの世界です。
何を仰いますか!!
残雪の立山 sanae隊であれば、no problem ♪
来年は是非小屋でもテント持参でもお試し有れ。お天気良ければ
病み付きになるかも…帰りは、お決まりのきときと寿司でネ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 7日 (月) 22:23

こんばんは。
新潟では思わぬ再会、嬉しかったです。
どうもありがとうございました。

立山でのハプニングは大変でしたね。
でもこの雪の立山に行けること自体、
すごいことですね~
私たちには到底力及ばずの世界です。
輝ジィ~ジさんの記録で楽しませていただきま~す(^_-)-☆

投稿: sanae | 2007年5月 7日 (月) 22:08

赤鬼さま
悪かった!!ご免 
何しろ混雑は嫌い お天気が条件の贅沢我儘チーム。
それでもよければ勿論 一緒に行きましょ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 7日 (月) 07:18

来年はおいらも連れて行ってくれ。27,28はバイトだったけど、来年は休んででも行くぜ。大日、剣、
うーん、こんちきしょう!

投稿: 赤鬼 | 2007年5月 7日 (月) 07:01

もうぞうさま
お早うございます。何時もどうも!
我がチームお天気の様子を見て出かけることが出来るのは、
有る意味に於いて贅沢 恵まれているかもしれません。
残雪の立山アイゼンとピッケルを持参すれば大概の人は
いけます。(剣岳は別にして)一度お試しあれ

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 7日 (月) 06:48

新雪快晴ですね。
30分も待たされた甲斐があった?
それにしてもATTACKという感じが、ピッタリ!!
私なんぞの行けない世界を見せて頂き、ありがとうございました。

投稿: もうぞう | 2007年5月 7日 (月) 04:53

春蘭さま
GWの立山 お天気が良くて雪が豊富であれば最高です。
(観光客の皆さんに悪いけど)人が少なければ尚更の事。
新雪・残雪の唐松岳も手頃で丁度いいですよね!
劔岳2年前の記事宜しければ見てください。
http://terujiji.tea-nifty.com/yamayama/2005/07/post_7ffd.html

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 6日 (日) 22:40

ほぅ!雪の立山は魅力的だぁー。剱岳も。
新田次郎の「剱岳」とオーバーラップできる。立山から見る剱岳はそうゆう風に見えるんだ。ふぅ~ん、そうかぁ!実はね、輝ジィ~ジさん昨年雪のないときに唐松岳に連れて行って戴いたんです。目前に、ドバーン!て剱岳を見たときに、行きたいなぁーって思ったんです。で、UPを心待ちにしていました。剱の映像がチョッコ大きくUPされていたのに、感謝です!ありがとうヽ(^o^)丿。続きが早くみたいなぁー。
一緒に山行できる仲間がいるって素敵なことですよね。

投稿: 春蘭 | 2007年5月 6日 (日) 22:23

えいじさま
comment有難うございます。
白山は、まゆ太チームとご一緒でしたか?
何時も精力的な山歩きで圧倒されています。
立山は我が故郷の山でも有りますが、来年のGWには是非とも
計画なさってください。自信もってお薦めです。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 6日 (日) 18:42

立山はまだ冬と言う感じですね。やっぱり凍結して急勾配の山は怖いですね。でも最高の眺めですね。この時期何時かは行ってみたいと思っています。
私は白山に行って来ました。

投稿: えいじ | 2007年5月 6日 (日) 18:22

テントミータカさま
何時もお世話様です。
正直 あまり人が多いと興醒めですが、お天気の良い日の大日三山是非ご覧頂きたいと思いますyo。
今年の雪の大谷、昨年より5m.少ないですが、丁度出かける2,3日前
新雪が降ってくれたお陰で良き眺めでした。
たまにこんな山域も如何ですか、是非!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 6日 (日) 17:15

ああっ、寒そう!。立山は真冬ですね!。
う~ん、今の季節、アイゼンもワカンも重荷になって、こうしてジィ~ジさん宅で拝見させてもらえるだけで幸せ。
大日三山の写真、特に心惹かれます。この眺めを主目的に行ってみたくなりました。

投稿: テントミータカ | 2007年5月 6日 (日) 17:00

三脚マンさま
comment有難うございます。
早速貴殿の記事を見させていただきアレッと思いました。
実は一寸様子が違うので(小生の出かけた日に別山乗越方面には誰も見えませんでした。)
早速 訂正しましたが小生の記事の日にちが大間違い。
小生は27日28日だったんですよ。(汗)
お陰さまで誤りに気付かせてもらいました。感謝です。
コチラこそ今後とも宜しくです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 6日 (日) 15:15

こんにちは、初コメントします。
たまに覗かせていただいておりました。
同じ日に室堂辺りを、うろうろしておりました。

1月にも赤岳で、1日重なってました。
これからも参考にさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。


投稿: 三脚マン | 2007年5月 6日 (日) 13:58

まゆ太さま
帰宅早々のcomment 超多忙なのに感謝大です。
除雪で足止めも予期せぬハプニングでしたが、実は翌日がホンとのハプニングだったんです。(後日アップ)
奥大日ジィ~ジの大好きな山なのです。
テントでの山荘でも来年は是非!!ジィ~ジ多分来年も…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 6日 (日) 13:48

輝ジィ~ジさん、こんにちはー
ひゃ~今年も素晴らしい景色ですねー。
TiCAさんやびすこさんのブログを読んで、よだれがでたのを思い出します(笑
一番心に響いたのは、奥大日岳の展望でしょうか。
見事ですね。
ところで、ハプニングとは?!

投稿: まゆ太 | 2007年5月 6日 (日) 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/14937655

この記事へのトラックバック一覧です: GW前半 IN TATEYAMA:

« 今年のお花見は… | トップページ | GW前半 IN TATEYAMA その2 »