« 南八ヶ岳 (赤岳) | トップページ | 予定では… »

2007年1月22日 (月)

飯豊連峰遠望

1月20日は大寒でした。

どうしたんでしょう??? 今年の新潟

   雪が降りません!! 

って言うか 20日21日と晴れ

あたかも春の様相なのですヨ。

それでもって近くの山の様子は?チョコッと偵察に行ってきました。

 日 時  1月21日(日) 晴れ
 同行者  O夫妻 T夫妻 我家 
 計6名
 行 先  大蔵山(864m.)菅名岳(909m.)
      *標高差 約800m.

メンバーは電話1本で集まれるお手軽仲間です。

我家の車で6時30分出発 T家へ立ち寄り、いずみの里先の登山口駐車場に、7時30分過ぎ到着です。早速 長靴履き替え出発準備・・・

7時45分
植栽された杉木立の林道を新江川沿いに約10分程進めば旧登山口です。
ここから尾根に取り付き、山の神に手を合わせ更に少し進めば、再び林道が現れ、横断すれば階段コース取っ付きとなりますが、我々は林道を詰め1番長い急坂コースをchoiceします。

8時12分‐8時17分 急坂コース・沢コース登山口
身体も少々暖まってきたので、お色直しをして愈々登り始めます。
のっけから尾根の急登が続くのですが、殆ど積雪有りません。
(過去20年程この時期に無雪状態経験有りません)
P1030499_6 

8時33分 2合目
殆ど登山道には積雪有りません。
杉の落ち葉ばかり堆積しています。

8時40分 3合目
漸く10数センチでしょうか?藪が一杯出ています。

9時8分 6合目
4合目
階段コース合流し、ブナの林立する尾根の登山道を辿ります。
この辺りでも数十センチしか有りません。
P1030503

9時25分 8合目
お天気が良く、ひんやりしますが気持ちが良く、空気が澄んでいます。
小さなピークをクリアーすれば

9時42分‐9時57分 大蔵山山頂
粟ヶ岳から川内山塊、会越の山並、越後平野を眺めながら、大休憩です。我々の後3人ほど到着です。

P1030508
正面最奥には粟ヶ岳
そして眼下には、越後新潟蒲原平野が
P1030511

我チームは先へ進む事にします。
やがて遠くに飯豊連峰の山々が…

P1030517

P1030519

大蔵山から約1時間の尾根線漫歩で次の目的地

11時00分‐11時35分 菅名岳山頂
風を避けて、腰を下ろします。
飯豊連峰眺めながら持参の軽食で、軽~いお昼です。
コーヒーやココアで喉潤します。
菅名岳直登の登山者もボツボツとお昼目がけて登ってきます。

P1030522

山頂でも精々1m.程度でしょうか?

たっぷりと飯豊の眺めを堪能したので、下山する事にします。
下りは、菅名岳の丸山尾根を下ります。
7合目近くまでは、結構急勾配なのです。
積雪は、地形的要因なのか?隣の大蔵の稜線よりもかなり深いです。

P1030523

途中 登ってくる登山者と10名近く擦れ違い、道を譲ったり、譲られたり…

12時01分 椿平
急登を下り終えれば、雪椿の群落の有る椿平です。
ここで丸山尾根と別れ、我チームはへ急降下します。

P1030524
ブナの幹にコアラが…(似ているんです)

P1030526
沢へ下れば、殆ど雪は有りません。

12時25分 どっぱら清水
沢を20分ほど下ると、寒九の水汲み で名高い〝どっぱら清水〟が左手に現れ、5分ほど登り返します。ぶなの原生林の地中深く溜まった清水が突然山腹から湧き出しています。

P1030529
写真ハッキリしませんが、沢では有りません。

折角なので持参の水と入れ替えします。
一口くちにいれ再び沢沿いに下山です。

30分ほどのアルバイトで、三五郎林道終点に出ます。沢は支流を集め新江川となります。

P1030531
旧登山口設置の概念図。
今回は一応一番ロングコースを選びました。

ここからは、三五郎林道をダラダラと下り30分弱で駐車場到着です。

13時30分 駐車場到着。

山頂では、軽めの昼食だったので、近くのお蕎麦やさんで、皆で10割蕎麦をオーダーし、腹を満たします。(少し 価格の割にはボリュームが少なかったような…)

(感想)
お天気が良く、飯豊の眺めを満喫できたものの、今の時期 過去に経験ないほどの少雪状態で藪だらけ…勿論 被害を及ぼすような昨年の様な大雪は始末に終えませんが、各地、各国での異常気候 自分達にとっても子供達或いは孫たち、そして未来社会の為にも何かこの先、自然環境がどのような変遷を辿っていくのか?空恐ろしさを覚えました。個人として何が出来て、そして何をなすべきなのか 世界規模で考えなければならない時が来ているような…

                    おしまい

|

« 南八ヶ岳 (赤岳) | トップページ | 予定では… »

登山」カテゴリの記事

コメント

kurimammyさま
comment有難うございます。
幸い親戚付き合い出来る様な仲間が何人か居るので有りがたく思っています。
昨年は地域に依っては異常豪雪、そして今年は異常小雪。
ヤッパリどこかおかしくなっているのではないでしょうか?
いろんな悪影響が懸念されます。
今年の寒九の水汲みこれも有難さ、旨みに変わり有るかもしれませんね!!
スタッドレスタイヤ新品なのに減りが早そうです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年1月23日 (火) 12:13

「行こうか」「行こう!」と気軽に声をかけて出かけられる仲間がいて羨ましい。
それにしても各地雪が少ないんですね
山に雪が少ないと 今年の夏は、渇水の心配は大丈夫でしょうかね。

お天気がよくて 飯豊連峰がとてもきれいですね
 ブナのラッコ  思わず「ほんとだ!」 なかなかいいです(笑)

今年の寒九の水汲みは 雪が少ない分歩きやすいでしょうか。

投稿: kurimammy | 2007年1月23日 (火) 10:36

赤鬼さま
お早うございます。
子供達や孫たちの時代には、季語なんて言葉もなくなるかも
異常が異常でなく当たり前に成る…怖ろしい!!
でも何にも出来ないねぇ~
お茶の稽古は夜ではないの?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年1月23日 (火) 08:05

nobuさま
comment有難うございます。
>こうして自然にふれる時があって
考える機会に恵まれていることに感謝です。
小生も同感です。あまりにも極端な現象が周囲で見られると
怖ろしくなってきます。人間社会は全て利害が絡みますので
難しい問題が山積してますね。我々が出来る事は小さなことだけですが…何か考え、実践したいものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年1月23日 (火) 08:00

この日はお茶の稽古日だった。残念! それにしても
雪無いねえ。今月15日にふきのとうを採ってふき味噌
にした。おいらの散歩のときは、まだ真っ暗だけど 毎年
でるところを見てみたら出てたので採ってきた。これも
異状だよね。

投稿: 赤鬼 | 2007年1月23日 (火) 06:51

最近は変な気候ですね。
冬は暖かく、夏は涼しく !?
地球規模で考えなければいけないのかもしれませんね。
こうして自然にふれる時があって
考える機会に恵まれていることに感謝です。

投稿: nobu | 2007年1月23日 (火) 06:02

まゆ太さま
貴女方や孫達の世代になったらどのような地球環境になるんでしょう?素晴しい自然がドンドン破壊されていけば、人間の心もすさみ荒れ果てていく事でしょう。とは言うもの、難しい問題です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年1月22日 (月) 22:01

素晴らしい景色ですね!
でも・・・ジィ~ジさんの心は複雑なようですね。
昨年の大雪も異常気象といえば、異常気象ですし、2月にドカ雪もあるかも?!
今生きているわたしたちは、これ以上、地球がおかしくならないように、小さなことでも気をつけていかなくちゃいけませんね。

投稿: まゆ太 | 2007年1月22日 (月) 21:50

sanaeさま
今晩は 
何時も有難うございます。
今年はあまりにも降らなくて少々気になります。
お天気が良く、出かけるには良いのですがヤッパリ
季節感が感じられなくなると、自分の頭も変になりそうで…
気心知れた仲間はありがたいです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年1月22日 (月) 20:05

いつもきれいな景色をありがとうございます。
素晴らしい展望台の山ですね。
お仲間もいらして楽しそう♪
いいですね(^_-)-☆

投稿: sanae | 2007年1月22日 (月) 19:48

もうぞうさま
何時もどうも!!
ご謙遜を!!当然行けますよ。只 このまま温度が上がれば
抜かって歩きにくくなるでしょうね。
ホドホドに冬は冬らしくあって欲しく思いますが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年1月22日 (月) 16:28

昨日はいい天気で良かったですね~
それにしても雪が少ない事。これなら天気さえ良ければ、我々級でも大丈夫ですね。

投稿: もうぞう | 2007年1月22日 (月) 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/13607664

この記事へのトラックバック一覧です: 飯豊連峰遠望:

« 南八ヶ岳 (赤岳) | トップページ | 予定では… »