« 12月のおさらい。その1 | トップページ | 角田山 今年の締めくくり »

2006年12月29日 (金)

12月のおさらい その2

前の記事と前後しますが、

12月7日(木) ジィ~ジ所属するNPO法人では、

〝新潟島周遊ウオーキングpart2〟を行いました。

 *新潟島?  what?

新潟市には、日本一の長河 信濃川が満々と水を蓄え、
日本海に注がれています。

新潟駅から新潟市の中心街に向かって真直ぐ進めば、
新潟ブルース(古い!!)に唄われた 万代橋 が架けられてます。

信濃川の水量調整の為、その万代橋の上流4キロの関屋地区から直接日本海に注ぐ分水路が設けられています。

結果、
新潟市の中心街は、信濃川と関屋分水そして日本海とに囲まれた人口島の形態となっています。 (1周約16キロ

市庁舎や官庁、繁華街が集中し、約10万人の市民の居住地域となっています。

 今回は、part2 

信濃川を少し遡り、関屋分水から日本海沿いに辿り、
護国神社までの半周コースです。 (9キロ弱)

約20名の参加者が白山神社に集合
予定通り9時30分 白山公園からスタートです。

りゅーとぴあ から信濃川の遊歩道(やすらぎ堤)へ出ます。

  P1030028 P1030030
   りゅーとぴあに向かって  JR越後線の鉄道橋

堤は、国土交通省が整備し、
<やすらぎ堤>と名づけられた遊歩道で市民の憩いの場
そしてサイクリング道でも有ります。

また遮るものも無いところから、マンションの林立する場所です。

    P1030031_1
     やすらぎ堤の風景 (左奥に県庁)

4キロ弱で、本川大橋です。
ここで水量調整です。ゲートと分水が有ります。

  P1030032 P1030033
  本川大橋 ①       本川大橋 ②

ここからは、関屋分水路を日本海に向かい、下ります。

  P1030035 P1030036

左へは、信濃川本流、右へは 関屋分水路となります。

関屋分水路は1965年に工事着工7年の歳月をかけ
1972年(昭和47年)に完成。掘削残土は、
新・新バイパス建設の盛土として有効利用されました。

関屋分水には、関屋大橋、有明橋、越後線鉄道橋
更に、掘割橋、浜浦橋、が架けられ、新潟大堰で海に
流れ出ます。

    P1030038
       関屋分水サイクルロード

分水地点から約2キロ弱で日本海です。

  P1030039 P1030040
  新潟大堰           日本海

ここからは、海岸線に並行して歩きます。
小雨ながら冷たい雨が当たり始めました。

  P1030041 P1030042

展望台や、遊具や、そして木道散策路などが続きます。
地元VOLUNTEERが海浜植物の保護に努めています。
35種の海浜植物が見られるようです。

    P1030043

そして防砂林の中に敷かれた散策路を護国神社に
向かいます。

    P1030044
     傘さして目的地に向かいます。

2時間強の新潟再発見の旅でした。

新潟海岸はここ100年の間海岸線が50~350m.後退
液体ガスの汲み上げによる、地盤沈下や、大河津分水や
関屋分水による水流変化とか、様々な原因が有るようです。
現在は、近代工法で養浜工事が鋭意施工中です。


丁度お昼時、海岸近くのRESTAURANTで銘々
ランチのオーダーです。

改めて 久し振りに歩いてみると結構な新・発見も
出来るようですね。

part1は、7月6日に行いました。(記事は、後日)

 この項 お終い。

蛇足ですが…
リンククリックで貴方も新潟通になれます。。

  

     

    

   

|

« 12月のおさらい。その1 | トップページ | 角田山 今年の締めくくり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鬼さん
ニイガタ検定は県の観光戦略の一環で、その新潟市版。
政令都市指定に合わせ、新潟市の観光・歴史・文化について
どれ程 知っているか検定試験が3月25日商工会議所で
開催されるんです。新潟のフアン作りの為です。
公式HP有りますよ。検索してみて頂戴。
新潟島 遠回りしたりするので16キロ超になるけど、これが
山と違い意外と長く感じ疲れるんですよ。だから半分づつ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月30日 (土) 08:06

新潟検定てなんだ。(興味深々)新潟島一周16Kなんだ。
4時間弱で歩けるんだねえ。

投稿: 赤鬼 | 2006年12月30日 (土) 06:45

comment有難うございます。
3月25日は日曜日なので、目下思案中です。
因みに冷やかしに模擬テスト1問間違えてました。
勉強足りませんね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月29日 (金) 20:15

こんばんは。
新潟検定、どうされますか?
輝ジィ~ジさまなら簡単すぎて、受ける張り合いもないかな?

投稿: もうぞう | 2006年12月29日 (金) 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/13239976

この記事へのトラックバック一覧です: 12月のおさらい その2:

« 12月のおさらい。その1 | トップページ | 角田山 今年の締めくくり »