« ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ③ | トップページ | 言わなきゃ良い(BlogPet) »

2006年12月12日 (火)

ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ④

ネグラを求めて、ジィ~ジと相方は、松山自動車道ひた走り、伊予小松ICから一般道へ入ります。

石鎚SA隣接の日帰り温泉施設〝椿温泉こまつ〟で汗を流します。

入浴を終え、

ジィ~ジ
「どこか車で泊まれる場所ご存知有りませんか?」

係りの人
「山へ登る人は、加茂川の河川敷公園を良く利用しているようですよ。」

礼を述べ、早速 加茂川に向かいます。

途中 RESTAURANTで夕食を取ります。久し振りの食事らしい食事です。

腹も満たされ、加茂川へ… 既に辺りは真っ暗です。

それらしき施設が見当たりません。見落としたのかも…

〝先へ行けば何か有るだろう〟そのまま前進します。

ドンドン道も傾斜が急に、そして狭くなります。

結局 何と!!
着いた所が,石鎚山温泉京屋旅館の駐車場です。

満天の星を眺めながらの車中泊です。

 11月17日(金) 晴/曇り

  P1020788_1 P1020789
   役の行者像             滝場

朝 京屋旅館の女将さん?に駐車場料金 500円支払。

ロープウェィ運行時間を聞きます。

始発は、9時とか でもその前に乗せてもらえるかもしれない との事。

何れにせよ 時間はたっぷり お湯沸かし コーヒー飲んだり朝食タイムとします。

早めにロープウェィ駅に向かいます。

  P1020791 P1020792
   役の行者像と石鎚の神々    テスト運転のロープウェィ

 8時40分 石鎚山ロープウェイ駅 発

テスト運転が終わり、予定より早く運転開始。

乗客は、ジィ~ジと相方、そして埼玉からの女性1名。

この女性、只者では有りません。歩き始めたらアッと言う間に見えなくなりました。
とにかく 競歩のような速さ です。

 9時10分 石鎚神社中宮 成就社

山頂成就駅から20分弱の綏登で 成就社です。

    (成せば成る 成就の真髄ここに有り)

お賽銭入れ、当然ながら念入りに参拝です。

    P1020793
         中宮 成就社

登山道は、ここから始まります。
緩やかな坂が続きます。
そして一旦 下りです。

やがて八丁坂

  P1020795 P1020796
    八丁坂 ①              八丁坂  ②

所々に、木組の階段も設置されてます。

傾斜は、段々きつくなり、原生林の林の中をジグザクに登ります。

 ここで 試しの鎖(74m.)が現れます。
    (左に巻道有り)

  P1020798 P1020799

  P1020803 P1020804

試しが 何で!74m.だ。。
下りが切れ落ちているので、下りのほうが嫌です。(写真右)
折角なので,ピークで10分程展望タイム。

<試しの鎖> から暫くで、<前社ヶ森小屋>です。
                  (山頂までの中間点)です。

目的地もズンズン近づいてきます。

    P1020805

更に進んで、<夜明かし峠>です。

  P1020806 P1020807

VIEWPOINTです。四国の山並が秀麗に望めます。

<夜明かし峠>から約15分で 一の鎖(33m.)

    P1020808
     相方を見下ろして…

一の鎖を過ぎて暫くして<二の鎖>小屋が見え、
手前左は、土小屋ルートの分岐となってます。

二の鎖 65m.

  P1020810 P1020811
   二の鎖 ①             二の鎖 ②

二の鎖,フリースの手袋を通して冷たさが伝わってきます。

二の鎖をクリアーして最後の三の鎖に向かいます。

前日、剣山で出会った人の話に依れば、16日は鎖と天狗岳は、凍結の為、禁止だったとか…

周りには名残の雪や、ツララ 凍結箇所が見られる様になってきました。

<三の鎖> の足場周辺所々凍結が見られます。

万が一を考え、パスして、脇の階段巻き道から山頂を目指すことにします。

  P1020812 P1020813
   山頂直下の雪       巻き道階段とツララ

 12時15分‐50分 弥山山頂

階段の踊り場は、まだ少し凍っています。

階段回り込めば、石鎚山弥山山頂(1974m.)

山頂には、石鎚神社頂上社や天狗岳(1982m.)

  P1020820 P1020819
四国の山並が遥か見渡せ、素晴しい眺めです。

天狗岳へは、10分少々と思われますが、日陰の場所が一部凍結。

敢えて無理をしないことにします。

山頂脇の 三の鎖場では、ヘルメットにアイゼン着装の地元?の登山者がザイルワークの練習?をしています。

  P1020818 P1020817

冷たい風が、吹き付けますが、丁度昼時、風を避けてお昼とします。

パラパラと登山者も少しずつ増えてきます。

  P1020823 P1020824

天狗岳は、パスして心残りは有りますが、充分に、
日本百名山、日本七霊山、西日本最高峰の 
霊峰 石鎚山 たっぷり堪能。

愈々 下山です。

下りは、巻き道 階段利用で一気に下ります。
(お上ぼりさん用、お下りさん用分離)

二の鎖、一の鎖も巻き道利用です。

山頂から小1時間で、八丁。

14時15分 中宮 成就社

参詣者がチラホラ有りますが、周りの旅館・売店開いているところは一軒も有りません。

土、日を除いて今の時期人では少ないようです。

  P1020829 P1020830

瓶ヶ森 行きたい。。

再び、ロープウェイ乗車、紅葉に彩られた木々を眺めながら、高度差1300m.下ります。

四国の山も、石鎚山で予定終了です。

 * 山部赤人にも詠われ、空海も修行したと記された霊山 石鎚、そしてBlogを通してお世話になっているsanaeさんチームのトシちゃんが、100名山完登を目指して、怒涛のラストスパートの発端の、石鎚山。今回は慎重を期して、天狗岳と三の鎖をパスした事が悔やまれますが、瓶ヶ森を含めて、花も見たいし、時期を変え再度 歩いて見たい との思いが強く湧き上がってきます。

  sanaeさんの記事は→ コチラ と コチラ

  ・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・

ジィ~ジ初めての四国、この後は、折角の機会なので観光地めぐりとします。

渓谷沿いの紅葉を愛でながら、西条市に向かいます。

    P1020833

車内から今夜の宿探し、たまたま国民休暇村 瀬戸内東予を予約。

  P1020838 P1020840

ジィ~ジ瀬戸内眺めたのは、半世紀近く前、広島から少し見ただけなので、見るもの全て新鮮、何かその風景に感動すら覚えます。飽かず眺めるジィ~ジです。

温泉浴槽から、石鎚山塊を眺め、気持ちよく汗を流し、夕食は一応の無事目的達成を感謝して、カンパイ。

地元食材のバイキングを手当たり次第お腹に納め、しばし至福の感に浸ります。

翌日は、道後温泉へ向かいます。

   この項  お終い。。

|

« ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ③ | トップページ | 言わなきゃ良い(BlogPet) »

登山」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
多忙なのにcomment有難う。
初めての四国満喫できましたが、あれから早既に1ヶ月以上
経ちました。時の流れに驚かされます。
それにしても貴女達のACTIVEな行動力には、かないません。
寄る年の所為でしょうか?羨ましく思いますヨ!!
年末 風邪等ひかぬように!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月27日 (水) 07:02

コメント遅くなりました!
鎖冷たそうですね~。そうなんですよね、試し鎖が一番、なんか高度感がありますよね。
しかし、ジィ~ジさん夫妻はALL鎖突破ですか~。お若いですね(^^)
わたしたちが登ったときもお天気よかったのですけど、ジィ~ジさんが登られた日の方がもっともっと晴天ですね!やっぱり、この時期がもやってなくっていい眺め!
四国遠征、おつかれさまでした!

投稿: まゆ太 | 2006年12月26日 (火) 23:23

穂高&Kさま
今晩は、コメントありがとうございます。
お元気そうで何よりです。
剣山で出会った方からも、そのコース勧められましたよ。
どの山もそうですが、出来れば時季変え、コース変え、2度は、出かけてみたいものです。夢は広がりますが、なかなか思うように行きませんね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月15日 (金) 19:51

懐かしく拝見しました。
そうなんです、瓶ケ森へ行きたくなりますよね。
石鎚山へ登ったときに、あの笹の中を歩いてみたいと
思いました。
笹ヶ峰から、寒風山、伊予富士、自念子、瓶ケ森を通り、
よさこい峠、土小屋までのコースをお勧めします。
すぐ足元を車が行きかっていますが、それを横目に見ながら稜線を歩く、四国の山の良さがわかりました。

投稿: 穂高&K | 2006年12月15日 (金) 16:17

山いろいろ さま
ココログ最低 個々路具最高。
石鎚は、かなり心残りでしたが、遊びに行く分には、四国は
いいですね~山、温泉、それに城巡り…見所いっぱいですね!
早く一緒にお遍路しましょうよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月15日 (金) 15:13

ココログに不満はあるようですが、”個々路具”は快調ですね。(^。^)
四国制覇おめでとうございました。
終われば道後の湯巡りが待ってるし、四国は最高!。
まぁ、お遍路はまだ10年以上先でも大丈夫でしょう。

投稿: 山いろいろ | 2006年12月15日 (金) 13:23

まろんさま
コメント有難うございます。
ジィ~ジ初めての四国、やっぱり行ってみるもんですねぇ~
魅力一杯でした。試しの鎖、下りが少し嫌でした。
あなたも是非 遠征なさいませ。でもジィ~ジと違い、
仕事をお持ちだから時間がねぇ~
でも お若いので機会は無尽蔵ですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月14日 (木) 12:50

四国遠征、お疲れさまでした。
試しの鎖・74mってのがスゴイですね。その後の鎖も長いし。
最近クサリにハマっている自分としては強く反応!(笑)
石鎚山は遠いなぁ。いつか行けると良いですが。。。

投稿: まろん | 2006年12月14日 (木) 11:31

sanaeさま
四国だと思っていたので、想定外の装備(手袋など)。
かなり心残り有ります。次に行く時は、土小屋からとします。
部分的にお遍路さんもして、少し四国をユックリと
味わいたいものです。行きたいところ見たいもの沢山増えて
きりが有りません。(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月13日 (水) 12:36

さすがこの時期は鎖の冷たさ、凍るのが心配ですよね。
心残りのお気持ち分かります。
私も一回目の時は天狗にいけなくて残念に思いましたから。土小屋からいいですよ~今度是非(^^♪
私もお遍路さん、してみたいです。
いつかしたいねとトシちゃんと話しているんですよ~
道後温泉も行ってないのです。行きたいところがまだまだいっぱいです(笑)
そうそう、瓶ヶ森も!(^o^)
リンクありがとうございます。

投稿: sanae | 2006年12月13日 (水) 11:45

赤鬼さま
剣山で出合った人が土小屋からを勧めてくれましたが、
ACCESS的に難しいかなと判断しました。
今は、土小屋がmainらしいですね!
天狗と三の鎖心残り、それと瓶ヶ森…もう一度は行ってみたい。お天気は今回の山旅で最高になってくれました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月13日 (水) 09:35

おいらは土小屋から登った。天狗まで行ったよ。ここまで
行くと、瓶が森行きたくなるよね。鎖場は霜がついて大変
だったよ。中には諦めて途中で下りたやつもいた。
途中で下りるほうが危ねえのに。でも天気すごく良かったじゃない。

投稿: 赤鬼 | 2006年12月13日 (水) 07:05

えいじさま
何時もお立ち寄り有難う存じます。
土地そこに住まわれている人達には、夫々様々な問題が
有ることでしょうが、四国は見所、魅力一杯の地と思いました。
全部出来なくても、何時の日か?お遍路めぐりも幾つかして見たい。!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月12日 (火) 22:44

四国遠征ご苦労様でした。私は15年ぐらい前に行きましたが、猿板部隊もおられるので今度はゆっくりと行って見たい者です。四国はなんか良さそうですね。

投稿: えいじ | 2006年12月12日 (火) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/12992585

この記事へのトラックバック一覧です: ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ④:

« ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ③ | トップページ | 言わなきゃ良い(BlogPet) »