« 下田山塊は(BlogPet) | トップページ | ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ④ »

2006年12月 8日 (金)

ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ③

こんな駄Blogですが、言いたくないけど(言わなきゃ良い!)

ココログさん50数時間のメンテで結局以前と何も変わらず…

考えられな~い!! 有りえねぇ~!!

確か前にもレスポンスの問題か?何かでも同じような事が…

正直 別のどこかに乗り換えたい心境です。

もともとセンスもあまり良くないし…

愚痴はこの辺りで お終いにして

ジィ~ジと相方の遠征登山の続きです。

  ********    **********   **************

南海フェリーで四国上陸のジィ~ジと相方。

徳島市のGS で給油しながらサービスマンに泊まれるような公園や施設を聞くも要領得ません。

既に夕食も済ませ、後は寝るだけです。慌てる事は有りません。そのまま車を吉野川沿いに進めます。

着いた所が 〝道の駅 貞光
国道と反対側の広い駐車場の片隅に車を止め、今夜のネグラとします。

 11月16日(木) 晴/曇り

車内で簡単な朝食、即席寝台を元の戻し、出発します。

R438 剣山ドライブウェィで 登山口の 見ノ越 へ

剣山神社と数件の売店・民宿そして剣山リフト,その傍らには
登山自然情報センターが有ります。

平日の為か?駐車場には2,3台だけです。

     P1020751_1

そうです。今回の目的の山は、 第2の高峰
   そして平家伝説の山

    剣山 (1955m.) 

靴を履き替え、出発準備です。リフトは稼動してますが、勿論乗りません。

 10時5分 見ノ越 Pスタート

剣山神社の階段登り、歩き始めます。
神社で幾許かのお賽銭を上げ、お参りします。

その先すぐ 剣山まで4000m. の小さな標識が有ります。

リフトの下の蒲鉾トンネルをくぐり、緩やかな登山道を暫く周囲の山並を眺めながら進みます。

 10時50分 西島駅

リフト西島駅手前には、
     P1020754
ここからは、山頂の様子が窺えます。
西島駅は、1710m. ここからは山頂に向かって何本かの道が伸びてます。

ジィ~ジは、大剣コースを選択します。

 11時10分 大剣神社

  P1020756 P1020757

鳥居を潜り、暫くすると 大剣神社

神社の注連縄の両脇の柱には、

 ● 天地一切の悪縁を絶ち
   現世最高の良縁を結ぶ  
       ↓

    信じましょう!!

そして 御塔石(おとういし)と呼ばれる巨石が有り、そこには名水100選の一つ[御神水]が湧いてます。

神社から少し急坂登れば<尾根コース>に合流。

鳥居を潜り、石段登れば山頂の一角です。

涼風受け木道進めば1等三角点有する山頂です。

 11時35分 剣山山頂

リフトで登ってきたハイカーも数が増え、山頂は賑わいを見せ始めてます。

木道の周りは、ミヤマクマザサの緩やかな高原状となり、四周が見渡せる素晴しい展望台となってます。

  P1020761 P1020760
   
山頂三角点          三嶺山から石鎚山方向

  P1020763 P1020765
  
 一の森方向          安徳天皇伝説の宝蔵石

微かな石鎚山も眺めたり、 ユックリ堪能して下山開始です。

 12時00分 下山開始

山頂から少し下れば、 刀掛けの松 

  P1020766 P1020767
   
大剣神社への狛犬さま     刀掛けの松
    

軽めのお昼を取って、時間もまだ早いので 一ノ森方向へ少し戻り、行場 散策。

山頂で出合った地元Volunteerの言に拠れば、
行場は、その関係者以外殆ど行かないとの事。

足場も少々悪く、鎖有り、岩場有り …納得。。

  P1020769 P1020768_1

約1時間の 行場  ルートを楽しみ再び下山します。

 13時50分 見ノ越駐車場

気持ちの良いクマザサの中に点けられた登山道をトットコ下れば、やがて駐車場です。

  P1020773_1 P1020774
     緩い登山道         宮尾登美子女史 碑

安徳幼帝伝説の剣を納めたといわれる剣山 快晴とはならなかったものの四国の奥深い山並を眺め回す事が出来て満足、満足です。

再び訪れる来る機会は少ないと思われますが、(年齢的にも、ACCESS的にも)出来る事なら キレンゲショウマ の花も見たいものです。

         剣山の項 お終い。

ジィ~ジと相方 次の目的地へ向かわねばなりません。

ジィ~ジと相方がBODYCAREで日頃世話になっている、近所の若き鍼灸整骨師夫婦の事前推奨の奥祖谷二重かずら橋に向かいます。祖谷川に沿った狭いR439を…

  P1020776 P1020777_1

  P1020778 P1020779

過っての生活道路としていた面影感じます。
渡し籠 野猿 も隣接。

7~800年前の生活は、如何だったのでしょうか?

祖谷渓谷 日本三大秘境 確かに渓谷美は素晴しいですが、秘境中の秘境。

屋島・壇ノ浦で戦破れた平家の落武者・公達が隠遁。
当時は如何な暮らしだったのでしょうか?

現在でも山腹に建てられた家屋が彼方此方に点在。

町に住むジィ~ジには、到底理解できない日常生活です。

  P1020781 P1020782
三大秘境 祖谷点在の住宅。

更に祖谷川を下れば、西祖谷 かずら橋です。

ここには もの凄く大きな駐車場が有ります。
きっと休日には凄い人出が有るんでしょう。

     P1020783
          かずら橋と駐車場

ジィ~ジ初めての四国行脚です。折角なので貪欲に見れるものなら 何でも見たい

次に立ち寄ったところは、名勝 大歩危 です。

  P1020787 P1020786
      大歩危 1         大歩危  2

駐車場から大歩危見物し終えれば、車をUターンです。

道中の、そこかしこに 平家屋敷 とか源平時代を髣髴させる看板が見受けられますが、残念ながら時間が足りません。

車は、高知自動車道 大豊ICそして松山自動車道伊予小松ICへ向かいます。

今夜の ネグラを求めて…

    この項 お終い。

           

     

   

  

 

 

 

     

 

|

« 下田山塊は(BlogPet) | トップページ | ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ④ »

登山」カテゴリの記事

コメント

しげぞうさま
師走の多忙時にcomment有難う。涙がでそう。。
小生PC全く我流で、基礎学習も有りません。
ですが記事でも愚図りましたが、そのジィ~ジさえココログは
センスも無いし、いい加減嫌になりました。
しげちゃん&ビスこちゃんの大峰コース 行って見た~い。。
又一言、寒さきつくなります。お2人共 風邪など召さない様に

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月10日 (日) 18:39

ジィ~ジさん、こんにちは!やっとコメントできますーーー(涙)。このシリーズ、2度ほどコメントチャレンジしたんですがメンテナンス中ではじき返されてしまいました。。。
で、四国遠征まで、お疲れ様でした。さっすがジィ~ジさん!関西だけで終わらせないところがサスガです。
奥祖谷かずら橋、いいですよね!!!私のブログでもひっそりオススメ!していたんですよ。ちゃっかり野猿にも乗りましたし♪
本当に四国って秘境だと思います。こんなところでも暮らしがあるんだなあって感動しますよね。

投稿: しげぞう | 2006年12月10日 (日) 17:44

まゆ太さま
アレッ 今日は山お休みかな?
comment有難う。。
かずら橋もいいけど、うどん屋も惹かれますね~
でも まゆ太さんたちには、Chanceは一杯有ります。
やりたい事、課題は沢山有ったほうが張り合い出ますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月10日 (日) 11:19

あ~懐かしい景色♪
お天気に恵まれてよかったですね~
かずら橋、行きたかったなぁ。
ダンナがうどん屋がしまるからって、寄ってくれなかったのですよ。。。

投稿: まゆ太 | 2006年12月10日 (日) 10:40

赤鬼さま
まだ今日は寝ないの?晩酌中かな?
登山道一般的だよ!!わざわざ遠回りして一ノ森経由かな?
山頂は、草原台地で印象に残っていると思うけど、登山道は
あまり変化の無い単調な登山道だからでしょう。
かずら橋 小生も同じ 安全策なんだろうね。キット
出来るなら見えないように…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 8日 (金) 18:41

剣山の登山道思い出せねえ。違う道行ったのかな・
ただ、山小屋で作家の宮尾登美子が来て行ったとゆうのだけ覚えている。祖谷渓谷のかづら橋だけど、ワイヤーが見え隠れしてたなあ。安全のためだからしょうがねえか。
全体に開けた眺望の山だよねえ。

投稿: 赤鬼 | 2006年12月 8日 (金) 18:27

山いろいろ さま
改装始まりました?
剣山マッタリしたいい山ですから是非登ってみてください。
四国は全体道が狭いですね~土木工事結構してましたヨ。
現役の頃 出張要件は、仕事で何か仕掛けようとしていたのかな?あの山間の道路維持の為。。
 そうそう紅葉は、全体的に赤が多く綺麗でしたよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 8日 (金) 18:11

名前だけしか知らない剣山の様子がよく分かりましたので、もう登らなくてもいいかな?(笑い)
数年前に出張で行って、大歩危小歩危もカヅラ橋も見てきました。四国は全体に道が狭いですよね。

投稿: 山いろいろ | 2006年12月 8日 (金) 18:00

sanaeさま
何時も大変有難うございます。
四国は一部を除き、山々でそれも奥深く吃驚しました。
それゆえ、渓谷美は素晴しいですね!
大歩危 小歩危他、彼方此方見れて良かったです。
でも 新潟からは遠~い 遠~い
なかなか行けません。キレンゲショウマ見たいのですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 8日 (金) 14:53

お天気恵まれたようでよかったですね。
大歩危、小歩危、かずら橋・・・やっぱり行かれますよね(^_-)-☆
渡し籠に乗っていないのがちょっと心残りです。
私もキレンゲショウマ、見に行きたいです。
でも遠いですね~(笑)

投稿: sanae | 2006年12月 8日 (金) 14:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/12971358

この記事へのトラックバック一覧です: ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ③:

« 下田山塊は(BlogPet) | トップページ | ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ④ »