« バテバテジィーは(BlogPet) | トップページ | ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ② »

2006年11月30日 (木)

ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ①

1週間東京で思う存分孫達相手に遊んだジィ~ジと相方。

自宅に戻り4日、またまた お出かけ準備です。

行き先は、ブロガーの皆さんの情報をベースにします。

今回は、 
昨年9月のTiCAさん と 今年5月のまゆ太さん の記事を勝手に参考とします。

二人だけの山旅 大した準備も要りません。

  * 写真は、全てクリックで拡大

 11月14日(火) 晴

先は長いし、費用の節約も考え、早朝3時半過ぎ自宅出発。

ETC深夜割引制度を利用します。

運転交代の為、相方さんには隣でユックリ休んで貰い、ひたすら北陸道を辿ります。
(2、3時間で都度交代運転)

残念ながら、途中、立山・剱岳は雲の中で、顔出してくれません。

それでも福井・滋賀県境近くからは、伊吹山が迎えてくれます。

     P1020669
       北陸道 車窓からの伊吹山

米原からは、名神高速道に変わります。

多賀SAの情報センターのお姉さんに行き先アドバイスを受けます。
貧乏ジィ~ジ 車にカーナビなんてついている訳、有りませ~ん。

関西弁で、優しく教えてくれます。(柔らかい関西弁好きです。)

教えられたとおり、吹田JCTから近畿自動車道へ、更に南阪奈道路へ出てます。橿原市からR169沿いに進みます。大淀町でお昼少し前、腹こしらえに うどん屋さん立ちより、天ザルうどんをオーダー(結構美味ナリ)序でに、夕食用に 柿の葉寿司を購入。

吉野川沿いのR169は紅葉 真っ盛り。些か運転疲れでたださえ鈍い勘も落ちてきてますが、自然の成せる業が気力を奮い立たせてくれます。

R169途中 トンネル手前から、大台ケ原公園線(ドライブウェイ)を道なりに、ドンドン高度を上げ約15,6キロ やがて広大な駐車場と売店やトイレ、宿泊所、そしてビジターセンターが現れます。 

     P1020670
      大台ケ原ビジターセンター

13時45分

新潟の自宅を出て、途中休憩入れて約10時間 奈良 大台ケ原 へ到着です。
相方と交代運転といっても、高齢者の二人よくも頑張ったものです。

何は、ともあれ当初考えていた時間より2時間弱の早めの到着。幸い雨も降っていません。当然 登られねばなりません。早速靴履き替え準備をします。

14時05分 ビジターセンター脇 出発。

良く整備された、なだらかな遊歩道をユックリ歩きます。途中、階段状のところも有ります。暫くして地元の方でしょうか?単独行のハイカーを追い越します。

   P1020671 P1020672

山頂手前からは、植生保護の為、シッカリした木製階段が取り付けられてます。

 14時35分‐14時45分 日出ヶ岳山頂到着。

歩き始めて30分程で 日出ヶ岳(1,695m.)山頂到着です。

年間5000ミリもの雨が降る地へ始めて来て、雨にも当たらずラッキーこの上なしデス。

山頂には、立派なウッドデッキ風の展望台も有ります。
(写真 撮り忘れ?)

また 山頂標識と三角点も…(ちょい 寂しい標識!)

残念ながら富士山までは、見えませんが800年を遡る源平の時代を思い起こしてくれる熊野灘、小島点在の尾鷲湾 ジィ~ジにとっては、興味津々の眺めです。

   P1020678 P1020677_1
       くたびれジィ~ジ        大峰奥駆道

   P1020679 P1020680
     こんな案内も        正木嶺方面

雲はどっぷり掛かっていますが、雨は降らないようです。

歩き始めて30分、まだ暗くはなりません。
往路を少し戻り、分岐から正木嶺方面を目指します。
空の一部も雲が切れ、時折 陽も射してくれます。

植生保護の為、お金を掛けた木製のシッカリした階段が続きます。

   P1020681 P1020685
    この前方に尾鷲湾が…   立ち枯れトウヒと木製階段

トウヒは、伊勢湾台風で被害を受け、また鹿にその樹皮を剥がされ、生育出来なくなったようですが、異様な雰囲気です。

 15時10分 正木ヶ原

   P1020686 P1020688

正木ヶ原はトウヒの南限との事です。

トウヒと、鹿に食され背が低くなったイトザサ(都笹)が一面に広がってます。

 15時28分 牛石ヶ原

イトザサの平原に魔物を封じ込んだとか伝説有る牛石が、そして あたかもそれを守るかのように立っている八咫烏に導かれ東征の神武天皇の像も有ります。

以前 イトササは、牛石が隠れる位の背丈だったようです。

   P1020690 P1020689
      伝説の牛石         神武天皇像

やがて 笹原の中に 問題の ニホンシカ  が6,7頭。

我々を見ても、泰然として逃げるところの話で有りません。

      P1020692
         我々を見ている鹿   

 15時40分―45分 大蛇嵓

牛石と御手洗池まで石畳の道を進み、最後の岩場を越せば大蛇嵓。
大蛇の先端周辺は、落下防止の鎖が張られています。

大台ケ原最大の見せ場?この先は、1000m.ほどの大絶壁。
スッパリと切れ落ちています。
谷を隔てて対峙する大峰山塊、そして対尾根の中の滝は薄っすらですが…

   P1020693 P1020695  .

大台ケ原は、日本では珍しい 隆起準平原 山頂一帯と端部では全く様相が異なります。
端部は深く深くどこまでも切れ落ちてます。

       P1020696
             隣の断崖 千石嵓

充分、景観を堪能し、戻る事に、分岐案内からシオカラ谷へ下る事にします。

 15時52分 分岐

少し足場の悪い、急勾配の登山道、トットコトットコ下る事、約20分。
この辺り 石楠花坂 花の時期には綺麗な事でしょう。

 16時10分 シオカラ谷

(去る10月23日ツキノワグマ目撃された由)

   P1020698 P1020699
       シオカラ谷           吊橋

シオカラ谷からまた少し登り返し、笹原に切られた登山道を進めば、大台山の家が現れ、更に数分でビジターセンター到着です。

   P1020702 P1020703

 16時40分 大台ヶ原ビジターセンター 着。

ラッキーな事に、当初想定の予定より、早く到着する事が出来、更に雨にも遭わず、3時間弱の 大台ケ原 東大台コース を堪能することが出来ました。

自然保護、鹿始め動物との共生など様々な難しい問題が有りますが、これ以上の破壊進行だけは、留めてほしいものです。
近年 ドライブウェィの整備で年間30万人近くの人達が、訪ねてくるようですが、この山深い、その昔の大台ケ原は、いかばかりの様子だったのでしょうか?
隣の大峰山塊は1300年の歴史を有し、この地 大台ケ原には魔物が住むと謳われ、その歴史も僅か100年ほど。あまりの奥深さに驚かされます。

ビジターセンター閉館時間夕方5時。折角なので閉館間際まで見学。

広大な駐車場も数台の車だけ。
やがて夕闇が濃くなり、地元関係者?の軽トラ車が一台のみに…

ジィ~ジと相方 今夜はここで車中泊。
持参のBEERと 柿の葉寿司 簡単な夕食です。

冷え切った空には、星が光を放ってます。

物音一つしない静寂な夜。
長距離運転の疲労も有ったのか?車でも意外に早く眠りにつけたようです。

    ①の項 お終い。   

   

   

|

« バテバテジィーは(BlogPet) | トップページ | ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ② »

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさま
何時も有難うございます。
相方は高速道の運転が結構好きなようですし、金沢過ぎてからは、意外と近く感じましたよ。
>やっぱり輝ジィ~ジさんご夫妻は只者ではありません。
とんでもないです。加齢により日毎脚力が目に見えて落ちてきてます。気持ちとはドンドンかけ離れて行きます。
我家 2人住い天気を見て簡単に出かけられ事は、ありがたく思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 7日 (木) 17:14

いつもタフでいらっしゃいますね~(@.@;
東京からお宅に戻られて4日でご出陣、あざやかでございます(^-^)v
早朝から交代で長時間の運転、さぞやお疲れだったことでしょうに、そのまま歩かれて、すごいです。
ゆっくり歩かれて地元の?単独者を追い抜かれるなんて、やっぱり輝ジィ~ジさんご夫妻は只者ではありません。
もし、遭遇したらあっという間に彼方に歩かれていってしまいそう^_^;
気楽に車で出かけられるのっていいですよね(^_-)-☆

投稿: sanae | 2006年12月 7日 (木) 15:33

輝さん、師匠のHPご覧下さりありがとうございます。

投稿: 熊大好き | 2006年12月 3日 (日) 20:13

熊大好きさま
拙駄Blogにお立ち寄り有難うございます。
熊さんとバッタリヤッパリ怖いです。
小生の知人 出会って重症を負いました。(1ヶ月以上の入院)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 3日 (日) 10:17

こんにちは。小生の師匠は熊観察を18年間続けています。
http://www.yokotaworld.com/

投稿: 熊大好き | 2006年12月 3日 (日) 02:55

tomomiさま
今晩は、comment有難うございます。
ジィ~ジ住む新潟からも西日本はヤッパリ遠いですね~
でも ジィ~ジは時間たっぷりですから…
知らない地には、東西を問わず学ぶ事多いですね!
勉強になります。何時か時間余裕が出たら是非…
>それにしてもジィ~ジさん、ちっともくたびれてませんから!
お世辞にも有難う。精一杯無理しているだけです。(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 2日 (土) 21:01

大遠征ですね~ 
我が家は東北にはどんどん行かれるのですが、西にはとんとご縁がありません(^-^;
大台ケ原も実は最近知ったばかりだったので、またしても勉強させてもらいました!
それにしてもジィ~ジさん、ちっともくたびれてませんから!

投稿: tomomi | 2006年12月 2日 (土) 18:22

まろんさま
何時もこんな駄記事にお付合い頂き、有難うございます。
今回は、確かに長距離でしたが、何とかまだ暫くはOKかな?
と思いました。歩けるうちが、出かけれるうちが〝華〟と…
大台ケ原 隆起準平原 地形的にも一見の価値は有ると思います。時間がなかなか取れないと思いますが、是非!!
それにしても、貴女ほどの文才有る方こそBlogやるべきと思いますが… お仕事忙しすぎかな?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 2日 (土) 08:56

大台ヶ原とは長距離遠征でしたねー。輝ジィ~ジさんの元気を少しだけでも分けて頂ければ…。
未踏なので興味深く拝見いたしました。以前から行ってみたい山のひとつです。

投稿: まろん | 2006年12月 2日 (土) 00:23

noritanさま
少しでも思い出してもらえ、光栄です。
相方 自分の思い通りになる頼もしい1人身近にいるのでは…
大山まで1人で運転したり、大したもんだ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 1日 (金) 22:59

懐かしい写真に自分が行った日の事を思い出していました。3年前の5月の連休で、「大峰山」と行ってきました。
でも、一度くらいでは忘れているので、又行きたいです。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~noritan/yama2003-6.htm#omine
運転代わって下さる「相方」が、私も欲しい~~(*^_^*)

投稿: noritan | 2006年12月 1日 (金) 22:54

もうぞうさま
今晩は、何時も有難うございます。
小生 ご存知の通り、ALLDAY→日曜
時間がたっぷり、出かけれる内が華 今だけです。。
身体が続く限りは…がんばる積り。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 1日 (金) 21:07

いやはやすごい遠征ですね。
若い、元気・・・感心します。
私も少しは見習わなくては・・・

投稿: もうぞう | 2006年12月 1日 (金) 20:46

テントミータカさま
comment有難うございます。
隆起準平原なんとなく感じつかめました。
大峰山のオオヤマレンゲもの凄い鹿害を主とした金網での対策
吃驚しました。相方も是非花が見たいと申しておりました。
交代運転であれば、意外と関西も手近?また何時か再訪。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 1日 (金) 14:17

大台ケ原ってこうなっているんですね~。
オオヤマレンゲの大峰山とセットで行ってみたくなりました。いつの事になるやら???(ここまで遠征すると観光地めぐりも楽しそうですね)。

投稿: テントミータカ | 2006年12月 1日 (金) 14:07

山いろいろ さま
昨日は、お疲れさまでした。お陰さまで楽しかったです。
大台ケ原あまりにも便利になりすぎ、諸問題山積のようですが、何はともあれヤッパリ一度出かけ、自分の目で見ると
考えさせられる事、多いですね~
行動範囲西のほうへ広げてみるのも、勉強家で好奇心・
探究心旺盛な貴殿にとって色んな発見有るかもね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 1日 (金) 12:13

昨日はどうもでした。
ふ~ん、大台ケ原ってこうなっているんですね。
自分の行動範囲では、とても見られない風景にビックリです。
もう少し行動範囲を西のほうへも広げて、見聞を広めんといかんなぁ。
鹿の害も、西日本では深刻なんですよね。

投稿: 山いろいろ | 2006年12月 1日 (金) 11:33

昨日はお疲れさまでした。遅くまで付き合って貰って…
自然保護色んな考え方が有り、結構難しいようですね!!
動物保護、自然保護、環境問題夫々主張が有るようで…
石楠花 立派な大きな木が沢山有り花の時期は見事だろう
と思いましたよ。
大蛇嵓ホンと蛇の頭みたいな岩で、新潟では見られない
景色でした。思い出してもらえ、良かった。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年12月 1日 (金) 07:03

昨日はどうもでした。大台ケ原は木に金網が巻かれて
いたけど、(鹿対策)写真では無いようですね。
なにか良い方法が見つかったのかな? ここのシャクナゲの木の大きいのにびっくりしたけど、いかがでした。
大蛇グラ、懐かしいなあ。

投稿: 赤鬼 | 2006年12月 1日 (金) 06:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/12818534

この記事へのトラックバック一覧です: ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ①:

« バテバテジィーは(BlogPet) | トップページ | ジィ~ジとバァ~バの遠征登山 ② »