« そして輝ジィ〜ジはblogしたかも(BlogPet) | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »

2006年10月27日 (金)

馬坂林道、車で詰めて…

このところ暫く、好天続き、紅葉も今が盛り!!

2日前には、尾瀬笠ヶ岳への紅葉トレック。

折角のお天気です。今回も尾瀬の近郊です。

 ■ 帝釈山(2060m.) 田代山(1926m.)
 所在地   帝釈山 福島県舘岩村 檜枝岐村 栃木県栗山村
         田代山 福島県舘岩村 栃木県栗山村
 山行日 10月19日(木)
 お天気  晴
 同行者  赤鬼氏 N夫妻 相方 計5名
 行 程   馬坂峠(10:00)ー帝釈山(10:31-10:42)ー
        田代山(11:42‐12:30)ー避難小屋(12:38‐12:43)
               帝釈山(13:42‐13:47)ー馬坂峠(14:13)
         所要時間 4時間13分[休憩1時間15分含む]       
 高低差  帝釈山330m. 田代山200m. 
 地 図  国土地理院1/25000地形図 帝釈山[北東]

  【記事】
自宅を6時に出発、新潟西ICから磐越道会津に向かいます。

会津坂下までは、1時間足らず、ここから柳津、R252から只見町そして檜枝岐村へ向かいますが、これが結構遠いのです。
更に檜枝岐から馬坂峠へは、林道を約15km 時間にして40分程要します。
家を出て、それなりのスピードで?車を走らせましたが、それでも馬坂峠登山口まで、約4時間弱(≒250km)です。

既に、6,7台の車が…埼玉、茨城、栃木各県ナンバー

隣の車、土浦ナンバーです。
聞けば、矢張り4時間弱とか…

ジィ~ジ初めての山です。

馬坂峠から先は通行止めですが、20台位路肩駐車可能です。
脇には案内板が設置されてます。
早速、出発の準備です。

*写真は全てクリック拡大

   P1020361
          案内板

そして登山口 標識も…
反対側は台倉高山への登山口です。

10:00 馬坂峠登山口出発

尾瀬と同じく登山口には、入山者数をチェックするセンサーが設置されてます。

案内板には、0.9km 約1時間と記されてます。
オオシラビソの樹林帯の中に、シッカリと整備された登山道。所々には頑丈な木製の階段も架けられ歩き易い道です。

   P1020365
      階段設置の緩い登山道

緩い歩き易い登りですが、少しずつ勾配はきつくなります。

道の両脇は、オサバグサ の大群落です。

   P1020390
         オサバグサ
これだけ会えると、花の時期に来て見たくなります。

10:31 帝釈山 山頂到着

林道が拓かれたお陰で、歩き始めて僅か30分で過っての幻の山、2000メートル峰(帝釈山)到着です。

 P1020366 P1020367

 P1020368 P1020369

燧ケ岳や会津駒ケ岳、そして日光連山が…

慌てる必要も無いので、ユックリ休憩 四周を見渡し深呼吸。

山頂からの眺めは→コチラ

山頂から先は、ほんの少し岩場となってます。
岩場をクリアーすれば、山腹を暫く下ります。

 P1020371 P1020372

帝釈山山頂の岩場から、多少のアップダウンを繰り返し、高度を下げていくと、目的の 田代山 が現れ、更に進むと山頂避難小屋(弘法大師堂)も目に入ります。

 P1020386 P1020374

山頂避難小屋(弘法大師堂)の先は、1面の広大な草原です。
通行指示も書かれています。

 P1020376 P1020377

11:42 田代山山頂 到着

山頂は、木道の交差点になってます。
埼玉の10人くらいのグループが休んでいましたが、我々に場所を譲って席を立ちます。

   P1020379
         田代山山頂

丁度お昼時、持参の冷えたBEERでカンパイ。
小春日和の空の下、お昼が旨い!!

平日でも何組かのパーティが、猿倉登山口から登ってきます。

気持ちの空気を一杯吸って、腹も満たせば下山です。

 P1020375 P1020382
弘法大師堂 中には弘法大師が、祀られます。
ユックリとシラビソ樹林帯を戻ります。

13:42 帝釈山山頂

 P1020387 P1020389

再び帝釈山の山頂です。我々だけです。
トットコトットコ下れば、直ぐに登山口に着きます。

14:13 馬坂登山口 

台倉高山に登っている登山者か?車がまだ数台。
爽やかな秋の風が心地良いのです。

感想
時間も短く、所謂登山の範疇に入らないかも知れませんが、充分に爽快な秋の日を楽しむ事が出来ました。オサバグサの開花時期や、田代湿原の花の時期に、改めて来て見たい感を持ちました。ただ自然保護の観点から異議あるかもしれませんが、田代湿原木道の1角にハイカーの為の休憩用のデッキーが1~2箇所あっても好いのかな~
次回来る時には、併せて反対側の台倉高山も登らねば…

檜枝岐折角来たので、日帰り温泉 燧の湯 に立ち寄り。
ユッタリと手足を伸ばし、お湯に浸ります。
建物も浴槽も全て、木造で造られ、露天風呂も伊南川に面し、マッタリとした気分にさせられます。

 P1020391 P1020392

温泉で汗を流せば、旨い物です。

名物 裁ち蕎麦 と ハットウ をオーダー。

檜枝岐村の10割蕎麦は美味です。

帰りは、柳津温泉の粟饅頭、家に戻ってからのお茶受け用です。

もう周りは、すっかり夕闇に覆われてます。

達成感は、イマイチですが、心身ともに秋の1日フルに楽しむ事が出来たのです。

           終わり。。

   

 

   

  

      
 

|

« そして輝ジィ〜ジはblogしたかも(BlogPet) | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »

登山」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
goodevening!!相変わらず元気で結構です。
毎週毎週凄いエネルギーで感心してます。
帝釈山簡単な割りに眺望もグ~。。でした。
田代山広大な湿原で吃驚○饅頭。
新蕎麦も旨かったですよ。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月30日 (月) 21:19

こんばんわ!
十割そば、おいしいですよね~。じゅるるるる・・・
はっとうも懐かしいです。
この辺り、まだこのときは雪降ってないのですね。
帝釈山・田代山、ワタスゲの山かな~と思っていたのですが、草紅葉もかなりよいですね!

投稿: まゆ太 | 2006年10月30日 (月) 21:00

kurimammyさま
其方からも檜枝岐意外に遠いですよね!
でも、民宿も結構安くて、料理も良いし、温泉有るし、良いかも
この山、帝釈山は、片道1時間も歩きません。何方でも簡単に
登れます。(但し好天の日に限りますが…) お試しを!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月30日 (月) 17:33

桧枝岐村方面遠いですね
私も「行きたい」と思うのですが 主人に「遠い」と却下されています(笑)

2日前に尾瀬方面に そしてまた・・すごいですねぇ
でも気候の良い時 出かけたくなりますよね。
ここにくると ついつい自分の力量を忘れて、私も行ってみた〜いと思ってしまいます。(^-^;
 

投稿: kurimammy | 2006年10月30日 (月) 15:44

mikkoさま
お早うございます。
田代山山頂は、湿原の中央部木道の交差するところに標識
有りました。キットmikkoさんも通過されたことと思いますヨ!
確かにあそこはマッタリできる場所ですね。ただ休む広場が
無いのが問題?
8月には、まだ花も残っていた事でしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月30日 (月) 07:57

えいじさま
comment有難うございます。
馬坂林道は、6月中旬まで積雪で通れない事有り。
要 事前チェックです。
燧の湯、今年は2回目でした。木造建築の建物には、
安らぎがあるので好きなんです。
無論帰りの 裁ち蕎麦も ネ!
えいじさんにとって、しげだんさんとの記念の温泉でしたね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月30日 (月) 07:47

なつかしく拝見しました。
15年の8月最終週に猿倉~田代湿原だけの往復をしました。
湿原の開放的な感じは忘れられないですね。
始めから先の田代山・帝釈山には行かないつもりでしたので、かなりまったり過ごしました。
そういう山行もいいものです。

投稿: mikko | 2006年10月29日 (日) 23:40

帝釈山、田代山、今年行きたかったのですが無理でした。
会津駒ケ岳と一緒に登ろうかと考えていたのですが残念です。燧の湯は9月に行きましたよ。しげ○うさんのだんなと一緒にお風呂に入った記念すべき温泉です。
いい温泉ですよね

投稿: えいじ | 2006年10月29日 (日) 23:02

赤鬼さま
お早うございます。
今日は、いいお天気ですね~
我家も今日は野暮用が有って、山はいけません。
確かに同じ山域角度を変えて眺めると、新発見有りますよね。
田代湿原、解放的で気持ち良かったですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月28日 (土) 07:15

足と気持ちが揃うと、山行は楽しいものになるよね。まして
天気が良ければ、おいらに金棒だ。二日前に見た山を
角度を変えて見るのも興味深かった。人によって色々
感じが違うもんだねえ。あの道がねくらか。あんな所、大抵の山道に少しはあるもんだよ。それだけに田代湿原に出たときの開放感はたまらねえ。

投稿: 赤鬼 | 2006年10月28日 (土) 06:50

もうぞうさま
山もそうですが、小生檜枝岐好きな場所なんです。
歌舞伎も1度は見たいと思ってます。温泉 蕎麦 山菜
み~んな好きなんですよ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月27日 (金) 20:01

山いろいろ さま
ジィ~ジとしては、オサバグサ咲いている状態見て無いので
一度は、見てみたいなぁ~と思いました。
登山としては、楽?過ぎるかもしれませんが、帝釈山~田代山
そんなにネクラとは感じなかったけど…
ジィ~ジ大概なところ出来れば時期や天候で2回は行きたいと
何時も思ってます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月27日 (金) 19:58

ちょっと遠いけど、良さそうな(楽そう)コースですね。
参考になりました。
ありがとうございます。

投稿: もうぞう | 2006年10月27日 (金) 19:48

田代山~帝釈山はネクラな樹林帯と、退屈なオサバグサでまた行きたいとは思いませんね。
猿倉から田代湿原~田代山はいい感じだから、また登ってもいいかな?

投稿: 山いろいろ | 2006年10月27日 (金) 18:26

noritanさま
前の記事覚えてるもんネ!!
次回は、花の時期台倉高山とセットでやる積り。
今回は、赤鬼氏の提案でした。
小生、柳津の粟饅頭結構好きなんですよ。
それにしても、新潟から意外と遠い。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月27日 (金) 16:53

sanaeさま
お二人さまは、行っておられない山探すのが大変な位、
どこもここも良くご存知で、感服いたしております。
小生次回は序でに台倉高山も登りたいと思っています。
檜枝岐今年は2回でしたが、ここの民宿安く料理もいけます。
1年い1度は行っても良い位、色んな宿体験も良いかも…
相方お陰さまで大分回復したようですが、岩場をクリアーの際
まだ腰に力が入らないとか言ってます。ご心配感謝です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月27日 (金) 16:48

noritanは此処は「オサバグサ」満開の時に来ましたもんネ\(~o~)/
そうなのです!!馬坂峠まではながくて、ゴミっぽい&狭いダートな道を延々と走りますネ。
馬坂峠を基点にして、台倉高山&帝釈山と登りました。
今度は田代山方面に行ってみたいです。
その日泊まって翌日に「会津朝日」に登りました。
懐かしいです。
http://noripi-49.at.webry.info/200606/article_26.html

投稿: noritan | 2006年10月27日 (金) 16:35

ひゃ~
パワフルですね(驚)とてもかないません!
ここはオサバグサ多いですよね。
お蕎麦、はっとう、私もいただきましたよ~
美味しいですね♪
いいですね~いいな~行きたいな~
平日に楽しめていいですね~うらやまし・・・(^o^)
奥様はもうすっかり大丈夫ですか?
よかったですね。

投稿: sanae | 2006年10月27日 (金) 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/12433257

この記事へのトラックバック一覧です: 馬坂林道、車で詰めて…:

« そして輝ジィ〜ジはblogしたかも(BlogPet) | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »