« 陽光求め、(安達太良編) | トップページ | きのうバテバテジィーが(BlogPet) »

2006年10月16日 (月)

みちのくの秋 その1

台風以上の低気圧の影響で、2度も予定変更。

今回は、3度目の正直。

お陰?で、同行予定の心優しい赤鬼氏は、都合つかず、結局ギックリ腰の相方と、所属する会のNご夫妻の4名です。

*写真はクリックで全て拡大です。

10月10日(火)

今年4度めの新日本海フェリー。
午後11時30分予定通り、新潟港出航です。
団体客は別室。
10数人の定員の船室には我等4人のみ。
他の船室も数人ずつ、比較的空いてます。
早速BEERやチューハイで乾杯。

10月11日(水) 晴

あまり寝れないまま、4時半過ぎから船は入港準備の金属音が聞こえ、暫くして船室にも明かり点き、下船準備案内放送も。。

洗顔して、出発準備を済ませ、車に乗込みます。
5時40分定刻通り秋田港到着。
空はスッキリしませんが、雨の心配は無さそうです。
一路R7を北に向かいます。

八郎潟の干拓に思いを馳せ、能代から大館そして碇ヶ関から大鰐を経て、アップルラインを辿ります。

真っ赤に、たわわに実ったりんご畑が広がり、目指す山も見えてきましたが、靄がかかりスッキリ望めず、少々残念です。

   P1020160
       靄及びピンボケ ハッキリせず。

  ■岩木山 1625m.
  青森県弘前市、西津軽郡鯵ヶ沢町
  地図  1/25000 国土地理院地形図 岩木山北西

今回は、簡単に岩木山スカイラインコースを選択。
料金所のおばさん
「今日は風も強くリフト止まってます。」
始めから乗る積り有りませんから…

往復1,780円支払(少し高い?)ジグザクに高度を稼ぎ、8合目リフト乗り場まで。
広大な駐車場は、大型観光バスが一台後は数台の乗用車だけで、強風と平日の為か?比較的閑散としてます。

日本百名山 岩木山 1625m.
津軽岩木山スカイライン

      と、
大書されたレストハウスと併設のトイレ。
あまりの便利の良さが反って客を呼ばないのか?失礼ながら流行っていない様子で、外壁のモルタルも剥落少し哀れな感じです。営業しているのかな?

 P1020164 P1020165

10時30分

 P1020166 P1020168

レストハウス裏の登山口からユックリと登り始めます。
(秋田港から途中の朝食タイムを入れて、4時間弱。)
リフトの脇の、笹で覆われた登山道を腰痛の相方ユックリと進みます。
奈良から来たという、30名位の中・高年の団体さんが下山してきて、やり過ごすのに、少し手間取ります。

 P1020170 P1020171
ガスを伴った強風で残念ながら眺望スッキリしません。
強風のため山頂へ行けず、撤退してきた地元?の登山者も…

 P1020172 P1020173
既に木々の梢は葉も落とし、冬を迎えつつ有ります。
鳳鳴の鐘と避難小屋。
過去に雪崩で、若き命を落とした犠牲者への鎮魂銘板がはめ込まれてます。

11時25分‐11時55分 山頂

岩場の急登をクリアーし、1時間足らずで山頂です。
 P1020176 P1020177
 P1020179 P1020180
山頂には、岩木山神社奥宮、一等三角点、
山頂標識等が岩の上に点在。

社務所も有ったようですが、落雷にあい風除けのブロック以外焼失したとか。
強風の下、岩陰で風を避けながら軽めの腹ごしらえです。

ポツポツと登山者が登ってきます。

相変わらず、ガスを伴った強風は、一向に納まる様子が無く、下山開始とします。
往路を、落石に気を配りながら下ります。

リフト終点辺りから下は、樹林と笹に囲まれた登山道。

12時45分 登山口到着。

1,247m.の8合目から標高差400m.弱 所謂登山には該当しないかも知れません。
往復でも2時間も掛かりません。

何時か機会が有れば、下の岩木山神社から再度挑戦してみたく思います。
ミチノクコザクラも是非にも見たいし…

山岳信仰の山として、五穀豊穣を願う〝お山参詣〟の模様も見たいものです。

津軽富士も鳥海火山帯の一部、秀麗な姿も、見る角度や、登って見れば一変、幾多の噴火を繰り返すしてきた荒々しい姿を見ることになります。

スカイラインの途中に
   P1020183
  ブナの泉(しずく)なる清水が山裾の腹から…
勿論、飲んでみました。癖のないまろやかな味です。
丁度この付近紅葉の見頃です。

車は、九十九折れのスカイラインを何時か麓まで下ります。

 プラス α 編です。
 
その①

スカイライン過ぎて、温泉で有名な岳集落そして
岳キビ販売の街頭店が何箇所も、当然立ち寄り試食。
甘味たっぷり、実も大粒。

   P1020185

ゆで上がり1ッポン200円大きいので、相方と半分ずつ(ケチ?)

その②

岩木神社へ参拝立ち寄りです。
 P1020187 P1020188
鳥居が幾つも繋がり、大きな杉並木が続き…

 P1020194
 P1020192 P1020193
狛犬さんが…

 P1020196 P1020197
重要文化財素晴しい門です。歴史を感じます。
本殿からは天気が良ければ、奥宮を遥拝できるのでしょう。

その③
ここまで来れば、弘前城。
 P1020198 P1020199
日本一巨木の染井吉野 桜並木の公園
 P1020200 P1020201
 P1020205 P1020207
 弘前城、モデルは他所の方です。
多数の観光客で賑ってます。

桜であまりにも有名、何時か出来れば桜の時期にもう一度訪れたきものと強く感じました。

    ****************************

車は、明日の目的地に向かい、今夜のネグラを求め走ります。

                         続く

   

|

« 陽光求め、(安達太良編) | トップページ | きのうバテバテジィーが(BlogPet) »

登山」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
貴女と、あの方に見てもらえるかと?狛様入れたのですよ。
神社からのコースは変化が有り、面白いとの事なので、
天気の良い日に。再度登りたいと思ってます。
日本海と太平洋一度に見たいし…お花も見たいし…
欲は尽きません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月20日 (金) 14:04

きゃ~、かわいい狛犬さんだわ♪
逆立ちしてるじゃないですかぁ。
ラクチン往復コース登ってしまったので、神社に立ち寄ってないのですよ。次回はこちらから!と思っております。

投稿: まゆ太 | 2006年10月20日 (金) 12:40

sanaeさま
暖かき、お言葉頂戴頂き感謝申し上げます。
少し回復基調にあるようですが、検査結果は、スベリ症とか…
今度は、岩木山神社から登り、北海道も見てみたいですね!!
でも越後からも相当遠いですわ。
それにしても東北色んないいところ一杯有りますよね。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月18日 (水) 00:01

ぼんいぢさま
ジィ~ジ岩木山神社からミチノクコザクラが咲いていて、
北海道が見える、好条件の元、もう一度登ってみたいと
願ってます。でも越後からは、かなり遠~い。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月17日 (火) 23:51

なんと!連日のこのアクティブな山行、驚きました。
奥様大丈夫ですか?
私も八合目からでしたので、いつか下から登ってみたいです。
あまりに遠すぎていけない確率の方が高いですが、白神山地も行ってみたいですし・・・(^-^;

投稿: sanae | 2006年10月17日 (火) 23:14

おぉ。
じぃ~じ様も、次回は麓からの登頂狙ってるんですね。
ボクも麓の神社からがんばろうと心に決めて帰宅したんですが、ミチノクコザクラ狙いだとけっこう暑い時期ですよね?
うむむむ。

投稿: ぼんいぢ | 2006年10月17日 (火) 23:03

moeさま
お見舞の言葉感謝申し上げます。
お陰さまで、少し回復した様子で、ホッとしています。
貴女も若さに任せ無理なさらないように…
岩木山最低もう一回登らないと、山にも失礼?
是非お二方も再度挑戦されますよう!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月17日 (火) 22:57

輝ジィ~ジさま。
さっそくの情報どうもありがとうございます。
道は大丈夫そうですね。参考になりました。

さて、岩木山、私が登ったときは北海道まで見えました。
以前大千軒岳の頂上から岩木山がはっきり見えたことも記憶にあります。
次回は展望がよいといいですね。
それとミチノクコザクラも。

投稿: SHO | 2006年10月17日 (火) 19:36

私達も岩木山はスカイラインの駐車場から登り、山頂はガスで眺望がありませんでした。・゚・(つД`)・゚・。
ということで、私達もいつか岩木山神社から、リベンジしなければ・・・
弘前城はちょうど桜の時期に行ったことがあるのですが、とっても見事で感動しました!
奥様の腰痛、早く良くなるといいですねo(*・ω・*)o

投稿: moe | 2006年10月16日 (月) 23:30

山いろいろ さま
酔い醒めました?
眺望売り物の独立峰岩木山でしたが、ガスで遠望利かず、
何時かミチノクコザクラ求め、下から再度登って見ましょうよ。
(もち温泉付きで)
天気がいいと北海道まで望めるそうですね。
東北地方旨い物も一杯有り、魅力たっぷり!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月16日 (月) 21:53

SHO さま
ご無沙汰いたしております。
岩木山ミチノクコザクラ見るためにも、一度は神社から登ってみたく思います。天気の良い日に北海道も望遠したい…と
宝珠山実は昨日、カミさんの腰のリハビリ兼ねて行ってきました。無論大蛇山さえ行かず、断定は出来ませんが、近年夏道も大分整備され、routeもハッキリ見えていましたし、菱ヶ岳まで何等問題無しと思います。
私は3度ほど行きましたが何れも残雪期でした。
確か 地元山の会で刈り払いされた筈と思います。
又確認して連絡いたします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年10月16日 (月) 21:47

自分が登った時は、ガスで展望も無くて全然ダメでした。
唯一の売り物、360度の展望がガスではサッパリでしたわ。
岩木山は百名山ですが、静かな山です。まぁ、遠いですからね。

投稿: 山いろいろ | 2006年10月16日 (月) 21:11

 ご無沙汰しております。函館のSHOです。
岩木山登頂、おめでとうございます。
強風の中、お疲れ様でした。
私も昨年秋、岩木山神社から登りました。上部は沢状の地形を直登する変化に富んだコースでした。

さて、11月初旬に出張で新潟に行く予定です。
帰りに越後の山を登りたいと考えております。
菱ケ岳から宝珠山の縦走路の状態(やぶがどの程度か)がわかりましたら、教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿: SHO | 2006年10月16日 (月) 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/12303654

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの秋 その1:

« 陽光求め、(安達太良編) | トップページ | きのうバテバテジィーが(BlogPet) »